《しいばたかしの世界》

《 Last Christmas 》
この季節になると必ず世界中のどこかで流れてくる曲である。
原曲の意味は、悲しい恋の結末・・片思いの曲である。イブ
の夜にお目当ての女性は来ない。「一人きりのクリスマス」
さて、今年のクリスマスは私にとってはどんなイヴを迎え、
そしてどんな夜になるのだろうか?
子供がいた頃は、プレゼントに頭をひねり・・・楽しい笑顔
が溢れていた。もう子供達も独立している。そんな中で「人生
の黄昏」を感じ取る年代なのだ。昨日内幸町ホールでの
シャンソンライブを観てきました。正直疲れて帰って来た。
「何かが違う」素直に喜べない自分がいる。この暮れには
必ずそんな風景に出会うこと、「イライラした他人の姿」
を見ることがある。「なぜ?」そう寂しいからか?他人
にぶっける姿は、痛ましく見えてしまう。寛大な心で、平安
に生きてゆくことは理想なのだろうか?そう思う。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

takashi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ