2006年09月

2006年09月30日

c8f8262f.JPGおはようございますo(^-^)o

毎朝 目が覚めると思います。

ここは どこだ(・_・;)?

写真には
東京体育館
東京タワー
国立競技場
国会議事堂
迎賓館
新宿御苑
が 写っているらしい…

目の前は タカシマヤタイムズスクエアが
やたら
大きいです。

今日の 会場には徒歩で行くしかないらしい…(-_-#)
今年 最大のピンチの朝だ★


mituko77takaguchi at 07:21コメント(34)トラックバック(0) 

2006年09月29日

0d63b3fd.JPG名古屋:業務改善セミナー 三日目
参加しました。

名古屋に また やられた気分…いやいや イカン★イカン★
こんな愚痴っぽい気分じゃ イカン★なぁ。

写真は なのはな軍団のみんなです♪

愚痴だと思って聞いて下さい。

まず引膳された食器が お盆(プレート)にのったまま そのままプレートごと重ねる。
おかしいだろ★
自分が使った食器を そんな扱いされたら 嫌だろう?
お年寄りの前で残飯処理するのも 問題だけど せめて同じ形の食器を整頓して重ねるぐらいのことはしようよ。

自分の姿勢に合わない机・イスで三年間ほぼ全食介を受けていたおばあさん。机・イスをあった物にしたら 自分で茶碗持って食べ出した。
自分にあってない物をいつまでもあてがわれるということは 自分の存在を日々否定されているということ。それでも食べてくれるその人を意欲の低下と言わないな。

行事で焼ソバを食べるおばあさんが ミキサー食をあてがわれている。
なかなか全量食べてくれない…って それは姿勢とかも大切だけど 食事がまずいからだよ。ミキサー食をおいしいとは誰も思わない。それでも食べて頂けるのは 命と引き換えだからです。
ミキサー食に あまりに 無頓着過ぎないか。

ちり紙をパンツに入れる。失禁・放尿・放便・自己摘便・便器内で手洗い・介護抵抗・大声・徘徊…って
これを問題行動と言うけれど
見当識がわかり難くなったのに 出来るだけ自分のことは自分でしたいのに 信頼出来る普通の人が 自分の周りにいないから混乱しているだけでしょう。

便は自分でトイレに行くけれど オシッコはいかない。いつもズボンの前を汚している。パット交換したその時は出ないのに その後すぐオシッコでパットを汚す。
これだけ聞けばまずこの方が年齢相応の前立腺肥大に障害として加わった片麻痺に苦しんでいる心情を まず想像しませんか?
せかしていませんか? 嫌な顔をしていませんか?
それがADLの阻害因子です。

組織も上司もチームも未熟は百も承知なんだから
そこに向かって 概念 意識改革を先に 持って来る 君が 無理だ。
今日の目の前の一人のお年寄りの一項目の介護を表現出来ない者の言葉を人は聴かないさ。

入浴委員会ならば
お風呂の高さ 深さぐらい ソラで言えるようにしておきなさい。


…(-"-;)
現場で 介護の基本を 誰も 教えていない。

教えてくれないのか
教えられないのか

介護の世界に
長く身を置く者の一人として
申し訳ない気持ちになった
今日の 名古屋でした。


mituko77takaguchi at 19:49コメント(46)トラックバック(0) 

2006年09月28日

d1e15ee2.JPGただいま タコから(`ヘ´)
本文なしで
ただ この写真一枚が
メールで送信されて来ました(*`θ´*)ぶうっ★

私が思うに
今パソコンでこのブログを見ると
もれなく
この写真がついて来るのでは なかろうか。。。(〃_ _)σ‖
きっとそうだ★

皆さんの 書き込みの 動揺振り★を察するに
間違いなかろうo(><;)(;><)oえーん★

しかし…私は
いつ こんな顔を したっけなぁ…('〜`;)
覚えてない自分が 怖いわいのぉσ(^◇^;)ははは★


mituko77takaguchi at 18:49コメント(74)トラックバック(0) 
5e19f81d.JPG東播磨ブロック
介護リーダーの実践力養成講座 三回目に 参加しました。

本日のみ 小野市うるおい交流館 えくら にて開催されました。
写真は その大ホールです。
今日の写真を撮っていないことに 参加者の方が 帰られてから気がついて 慌てて撮りました。

三回目は 新人教育(中途採用も含む)と指導のポイント
が テーマです。

今回は 虐待のことが岡山の老人ホームの報道を見て昨夜から 改めて気になり 共依存の深刻化としての虐待の構図の説明に時間を取りました。

対人援助の現場は虐待が起こり易い要素があることをリーダー自身が自覚すること。
もっと言えば 人が集団でいる所には 家庭でも学校でも職場でも いじめを始めとし 虐待は有り得る。と心構え
だから
自分は 何をするのか 何をしないのか
を自らの中に リーダーこそがしっかり持つことが 必要となる。

虐待が 話題になるたび
法人理念 それに裏打ちされた職員研修のあり方

人員配置 または業務体制のあり方

職員に対する精神面も含むケア・フォロー

などが取り沙汰され 結論が出ないまま 立ち消え そして再発の繰り返しである。

三好さんに言わせると
虐待が話題になるたび その施設その職員への糾弾が強くなるが
じゃあ 国は今まで何をして来た
病院は 何をしている

責め易いちっぽけな介護職員の一人を つかまえて論評し
そこの施設長の退職一つで ケリを付けたふうな気分になる風潮が 嫌だとなる。

そうだよなぁ。

私は その指摘になんの異論も無いのだけれど
今 目の前のこの虐待は
私は 現場リーダーの視点 発言 行動で かなりのお年寄りと職員が 守られるのではないかと 思っている。
そのリーダーを 守りきれない実態がある。
リーダーを守りきれない何かを 整理すれば
老人ケアの現場の虐待の様相は
少しは 変わらないか…と 期待のような 仮説のような 祈りのような気持ちで

今日も リーダー研修を 喋ります。

さあぁ☆
明日は 名古屋だ☆
名古屋注目の
業務改善セミナー 三日目です( ̄ー ̄)


mituko77takaguchi at 18:37コメント(17)トラックバック(0) 

2006年09月27日

6338fb9d.JPG本日も一日
鶴舞乃城です。

写真は
まる♪まる♪一番◎頼りにしている
設計担当の長田さんと堀内さん
そして
家具担当の吉川さん

調理器具全般を担当して頂いている
原川さん

に ききょうの郷まで
試作品を持って来て頂き
栄養士の望月と一緒に
流し台を 確認しているところです。

高さと深さを
私 どうしても決めきれない…(`ヘ´)★うーん

いろんなお年寄りの
いろんな場面が
浮かんで来ると
長さ 色 形 位置…の一つひとつを決めることが
出来なくなる。

私ってこんなに 優柔不断っけか(ΘoΘ;)

加えて今日は
高校生の面接が ありました。

学生は 変わっても毎年志望動機は 何故だか 殆ど同じ(o^-')b

へえぇ('.`)
そんなに介護の仕事が したいの?

はい(^o^)/

表情は明るく◎素直◎
なんの悪意の微塵も無い(*^_^*)

それでね 介護を仕事にするって
いうことはね(^_^)b
身体やいろんなことが不自由になって 困っている人から
お金を頂くって ことなんだけど
介護でお金もらっても いいと思っているんだね( ̄ー ̄)

この問い掛けに
殆どの学生は

☆(◎o◎)☆

という顔をする。

しかし そのあとに 学生の個性が 出てくる(^-')

私 お金要りません★
私 お金は 要るけど…残ったら 寄付します★
私 ごめんなさいって言いながら もらいます★
私…私…わかりません★
私 私が責任持ってお金もらえるように 私をします★

自分でも 何と言っているのか
わからなくなるほど
本人は 混乱することが 多い。

さぁ これから一緒に 考えて行こうね(^_^)v

社会人として
職業人として
初めて入職した その職場が
若い君達に 与える影響は 大きい。
君達と 同じくらい 私も 緊張して来ました(^-^)

そして
当然では ありますが…
新卒新人〓平成生まれ
なんですね☆

はあぁ≡§


mituko77takaguchi at 22:37コメント(48)トラックバック(0) 

2006年09月26日

b38ac6d2.JPG今日は
朝から夕方まで
介護支援専門員試験対策講座の二日目…で 結局 最後まで 行き着かず
少し落ち込む…
うーん(`ヘ´)★
これでは
東京 大阪の試験対策講座は 思いやられるわい★

講座終了して そのまま熱海に移動しました。

熱海は雨です。

熱海伊豆海の郷

複合型介護福祉施設として
今年の春開設しました。

職員は わりと若い人が 多く…写真を見れば一目瞭然?
新規事業の大変さも ともかくですが

やはり自分たちの介護を ゼロから造り出す大変さに 正面から 向き合っていました。

とにかく 一日一日一日を 乗り越えて行くみたいな感じです。
と 職員が少し照れながら話してくれました。

帰り道は
ウサギが 飛び出して
ビックリw(☆o◎)w
熱海には
タヌキ サル ウサギが
出るそうです。

なんと サル警報とかも あるんですよ(^_^)v

へえぇ(・。・)

今度は また晴れた日に おじゃましたいなぁ(*^_^*)

皆さん お疲れ様でした(^o^)


mituko77takaguchi at 23:12コメント(51)トラックバック(0) 

2006年09月25日

d77b0536.JPG介護支援専門員試験対策講座
いよいよ本番モード突入☆

介護保険制度導入までの
当時の社会情勢

今までの 老人福祉と老人医療のどこが不備だったのか

ここらへんは 自分の体験 特に老人病院が 必要悪とまで言われた当時を思い出してしまう
二度と あの時代を繰り返したくない

そして介護保険制度がうまれる

導入後何が 変わったのか

社会保険方式の全体概要を
介護保険で もう一度置き換えて説明する

これから私たちが 勉強する項目は 全体において どこに位置することかを 認識して学習しよう

介護支援専門員とは何か
ゆずって ならないモノは何か
ついつい力が入る

なんと言っても 平成18年4月の改定のポイントと その背景
そこから透けて見える これからの介護保険制度は
試験には直接関係ないけど ちょいと 言わせてもらいます

つまり 今日は
社会背景と
全体概要
そして 全てに通じる
基本的な 見方考え方

明日は いよいよ 面倒な項目の一つひとつになります

今年の受験生は 本当に 大変だけど

やりがいは ありますね(^_^)v

私も 今から
復習と予習です

毎年思いますが…
自分の受験の時より 勉強しますな

それでは また 明日…
Σ(`・ω・屮)屮ほりゃっ!


mituko77takaguchi at 23:14コメント(50)トラックバック(0) 

2006年09月24日

7b0fdc44.JPG介護老人保健施設 秋篠が 9月1日にオープンしました。

写真は多床室(4床室)の様子です。

前回は オープン前の秋篠を 紹介しました。が
今回は お年寄り皆さんが職員と一緒にいらっしゃり いよいよ本番☆を確実に迎えていました。

なんと言っても 秋篠の凄さは
開設一か月未満で100人の入居を果たし 来月6日には150床満床を 予定していることです。

この実績を 結果として出したのは
相談員・ケアマネの 並々ならない努力とフットワークが あったからでしょう。

約半年の時間をかけ近隣事業所をまわり
担当ソーシャルワーカーよりご紹介頂いた方の自宅に直接伺い 秋篠の説明をする。

まだ建物も見えない施設に 安心を持って入居を決心して頂く最大のポイントは

相談員自身が
「秋篠の介護を信じることだ」と
相談員は 語りました。

ハード ソフト なにより職員一人ひとりの介護に対する 思いを信じて

「おまかせ下さい」

の一言に自分の思いと責任を 込めること。
これが開設前の 相談員・ケアマネの仕事だと
言いきっていました。

この入居のペースは現場にとっては 確かに大変です。

夜勤明け・休みで 次出勤したら 名前もわからないお年寄りが あちらこちらにいらっしゃって

お年寄りとご家族を 間違えたり 笑うに笑えない すったもんだが 日常茶飯事の状態。

介護職が一番しんどいのは
お年寄りの 顔と名前が つかめないまま
その方の気持ちをつかめないまま
同じトコロを何度も行ったり来たり
同じことを何度も言ったり聞いたり

なんでこんな無駄なことする?
私たち何してる?
明日はどうなる?
みんな これでいいと思ってる?

という
身体のしんどさ
心の焦り
膨らむ不安を
一人で抱え込んだ時です。

秋篠は
まだ大きな事故はありません。
今日も お年寄り皆さんが お食事されていました。
個浴初めての職員も一生懸命でした。

秋篠は 充分頑張っています。

毎日 増えるように見えるお年寄りは
秋篠職員への 信頼の大きさです。
秋篠職員を信じて 秋篠を紹介した相談員の思いを
受けてたつのが 看護 介護 リハビリ 栄養 です。

これが 介護老人保健施設の使命である地域連携の原型です。

受けた信頼は 裏切らない☆

上記 想定される
職員の不平不満は
全て現場をあずかる中間管理職の責任です。

ここで 中間管理職が ぶれたら
秋篠は くずれる。

ハードが 整い
お年寄りは 集まり
職員は 出勤している


中間管理職たちへ
全て揃いました。
あとは あなた達の本気を 見せるだけです。
職員が知りたいのは ただ一つ。
リーダーは どんな介護がしたいのですか?

応えてあげて下さい。


mituko77takaguchi at 19:37コメント(64)トラックバック(0) 

2006年09月23日

7aa1c386.JPGエル大阪にて 業務改善セミナーの
三日目 に 参加しました。

今回の 大阪は なかなか味が ありました。

途中までしかないトイレのカーテン

設立8年目で 初めて お年寄りを 積極的に トイレ誘導した施設。悔しかったら君がアタマを取りなさい。

例えば、誰も 反対出来ない「世界平和」のスローガンだけを言い張るのは 時に暴力になる!ことに 気付かないままの 真面目職員。

人は 2時間座れば お尻が痛くなり それで お年寄りが ゴソゴソしても それでY字ベルトはないでしょう。

効果のない介護にモチベーションが上がらない。そんな職員は 介護する資格なし。

業務改善が進まないのは 施設の資金 就業規則…と先に発言する君の発表は もう いい。

深いお風呂に 入った小さいおばあちゃんの
笑顔と ベロベロベー♪が いいねぇ。

自分の感受性は自分で守る。
出来るか出来ないかではなく
やりたいかやりたくないか。
この言葉を 大切にしてくじけそうでも 続けてきました。

以上が
本日のハイライトシーンです。

参加者の皆さん
お疲れ様でした。

発表者の皆さん
ありがとうございます。

本日 写真を撮るのを 忘れてもたので
はまちゃん一人残った 会場を 撮りました(*^_^*)

さぁ☆ 今夜は 奈良だぜ(o^-')b


mituko77takaguchi at 19:03コメント(63)トラックバック(0) 

2006年09月22日

9ff1e7a5.JPG今日は一日
鶴舞乃城の日でした。
写真は 鶴舞乃城の正面を 向かいの道路から 撮りました(^_^)v

まだシートが かかっているので
殆ど わかりにくいですね★

でも 工事が随分と進んでいることは わかると思います。

今は 手摺や取っ手の位置の最終確認

トイレの前手摺は本当にいるのか?
仮に前にテーブルを置くとしたらどんな造りがいいんだろう?

日常的に使う
食事 排泄 入浴はもちろん
整容 調理 音響 医療など
に使用する物品の選定が迫ってきます。

機能ばかりを重視すると 生活感がなくなる。
雰囲気 見栄えに配慮すると 結局使えない人が 出てこないか?

うーん(`ヘ´)★
考えれば 考えるほど 決まらなくなる。

何かを切り捨て
何かを活かす

この繰り返し☆

まだ 出会っていない お年寄りと職員の 笑顔だけを想像しながら
一つひとつを 決めて行きます。

なかなか 決まらないことの一つに
お手洗い…トイレに関する 操作ボタンの位置

右片麻痺 左片麻痺それぞれを 想定して
トイレの位置は 決まったけど

トイレの操作ボタンには
後始末として 流すボタン
緊急時に知らせるボタン
陰部を洗浄するためのボタン

さて(*_*)
複雑にならず 分かりやすく
尚 移動の為の手摺を使うに 邪魔にならず

そして トイレットペーパーが
足に当たらず 手の届くところに…(?_?)

なんだか パズルを並べては 組み替えるの 繰り返しです。

随分と時間を かけて結局 最初の案に 落ち着いたり(^。^;)

これを 打ち合わせと言います☆
と設計士さんに 励まされ
今日も 慣れない図面と 格闘しております。

自分の 基本が 問われます。


mituko77takaguchi at 20:53コメント(30)トラックバック(0) 
訪問者数

Profile
高口光子(たかぐちみつこ)
高知医療学院理学療法学科を卒業後、福岡県の医療グループに勤務。同グループの医療費不正請求事件による混乱を目の当りにして、老人医療の現実と矛盾を知る。これが原点となり老人の生活に密着した介護現場での活動をすることとなる。特別養護老人ホームシルバー日吉に介護職として勤務、介護部長、デイサービスセンター長、在宅部長を歴任したのち、2002年4月に医療法人財団百葉の会、法人事務局企画教育推進室室長及び介護老人保健施設 ききょうの郷 生活リハビリ推進室室長を勤める傍ら介護アドバイザーとして全国を飛び回る毎日。 
最新コメント
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ