2007年01月

2007年01月31日

053aea73.JPG不思議な経歴の方で
聞くところによると前職はサファリパークかアフリカにお勤めだったとか
そこで猛り狂う野生のサイを
お客様を守るために槍一本で倒したのは
あまりに有名な話し

それから何の御縁かいわゆる老人病院に勤めること
なんと15年☆

最初はただただ仕事を覚えるのが精一杯で一日があまりに早かった。

彼女の名前はそばと言い
職種は看護助手でした。

職場の不平不満はどこにでもあると
巻き込まれることなく淡々と過ごしていましたが

老いて不自由な身体になって
ただ死んで行く人に
同じことの繰り返しを続ける自分に
「何だか変だ」
と思い始めました。

でも上手く言葉にはならないし
そんなことを言っても誰がわかってくれるのだろうか…と思っていました。
時々こんなモノだと割り切ろうとしている自分も見えました。

ある日なんとなく参加した勉強会で
講師がまるで今の自分の職場を映し出すような
話しをし始めた。

みると他の参加者も心当たりがあるようで
大声で笑っていた。
一緒に参加した同僚も自分と同じ思いを語り出した。

言ってイイんだ。
やってイイんだ。

そう思った途端
今までの現場が更にクッキリとその仕組みの矛盾も含めて見えてきた。

見えてきたからこそ悩む同僚
踏ん張る同僚
もっと頑張るという同僚

病院はそれだけで
老いにとっては矛盾となる

その矛盾を
医療の慣例
看護の苛立ち
介護の都合
で日々やり過ごして行く。

深いところで
病院と老いの接点に絶望さえ感じる

でも お年寄りはそこで生きているんだなぁ。

聖も俗も
良いも悪いも
天使も悪魔も
生も死も
常識も非常識も
誇りも堕落も

病院というそもそもが非日常と位置付けられたはずの時空間で日常を営む介護の仕事で
彼女は力をつけました。

『行って来なさい』

とお年寄りが彼女に告げたのでしょう。

今月を持って彼女は職場を去り
来月から
新しい現場を求めて行きます。

そばさん
お疲れ様でした(*^_^*)

また どこかで
会えるといいねぇ(^_^)


mituko77takaguchi at 18:13コメント(58)トラックバック(0) 

2007年01月30日

905cbf5a.JPG今日は 研修センターそてつで
中部ブロック・リーダー研修に参加しました。

研修の応援にタコが来てくれたので
研修終了後
「鶴舞乃城を見に行こうぜ!」
「行きましょう!」
ということになり
夜の鶴舞乃城をタコに紹介することになりました。

タコは鶴舞乃城の設計の段階で
デイのコンセプトや配置・動線を具体的に提案してくれました。
職員のゴミ捨ての動線も繰り返し見てくれました。

そのタコに出来上がった鶴舞乃城を直接見てもらうのは少し緊張しましたが(^_^;)

現地に到着して
まず
正面玄関を見て
「お(^○^)!イイなぁ♪施設っぽくなくてイイなぁ◎」
と言ってくれました(^_^)v

浪漫館の鈴木所長の“建物検査”に引き続きの緊張でありましたが

まずは
良かった♪
良かった♪

「どんなお年寄りが来るのかなぁ(^-^)楽しみだなぁ♪」

帰りの車の中では
そればっかりでした。

ワクワク ドキドキ
であります。


mituko77takaguchi at 20:45コメント(42)トラックバック(0) 

2007年01月29日

972054a8.JPG本日より
家具の搬入が始まりました(^-^)

畳ベット30床
お部屋の引き出し家具40台
事務机18台
本棚12個
水屋2個
家庭復帰訓練室家具1組

写真は
新しい机を並べた引っ越し直後の
事務所です。

この事務所は
”長以下事務職員
∋楡濮蠱粍・ケアマネ
5鐶陬吋▲泪
に問系

以上の 銑い凌Πが1フロアで仕事をします。

当初は通所リハビリの職員も入るかもしれないなぁ('▽')ゞ

だんだんその内容の形を見せて来た鶴舞乃城であります。

加えて
昨日に引き続き
職員内定者内覧会の二日目を行ないました。

既卒・新卒一同に会し元気な互いの笑顔で
これからの仲間を確認しました。

群馬からの看護師・介護職も
面接兼見学に来られました。

この看護師さんが
『入職します!』

入職を決意すれば
鶴舞乃城の開設は確定となります。

介護職も看護師もなかなかの
ファイト☆だったので
仲間になれればイイなぁ(*^_^*)


一日一日が
飛ぶように過ぎて
行きます(・m・;)(;・m・)


mituko77takaguchi at 21:49コメント(20)トラックバック(0) 

2007年01月28日

8c1f4002.JPG写真は
伊勢の神様に仕える
何故 そこまで上れたか
自分でも わかんないけど
上りきり

不安定でギリギリなところに
余裕で居座っている
幸運のニワトリです(*^_^*)

いってらっしゃい受験生!

応援してくれる
大切な人を思いながら
ここからは一人です◎

帰りをここで
待ってます(^_^)v


mituko77takaguchi at 06:51コメント(73)トラックバック(0) 

2007年01月27日

619a7a14.JPG今日は朝から
鶴舞乃城は大緊張★

以前(1/14)に 報告致しました"大阪のオバチャンはやっぱり濃ゆかった(^。^;)"
の宴会で初対面の『女梅沢富美男』の
ほたるの里の下城さんと

宴会に出た"焼きそば"を不味い★不味い★としきりと文句言っていた
ドスのきいてる澤田さんと

多治見でなごやんと勢いだけの勉強会をやってしまっている杉浦さんが

突然!嵐のように鶴舞乃城の
陣中見舞に来られました。

私は引き渡し以来の緊張感と
途中で火を吹くンじゃないか
ドン≡§と床を踏んだら鶴舞乃城が壊れるンじゃないか★(・ω・;)★(;・ω・)★

ハラハラ★ドキドキ★

しながら御三方をお出迎え致しました(-.-;)

えぇい★<(`^´)>
『来るなら来い★』

こうやって並んで見ると
まるで
『日本◎おばはん見本市♪』
となってしまいました(=^・ω・^)ホホウ◎

鶴舞乃城だけでは
とても太刀打ち出来ないので
浪漫館にお連れして
「一番おいしいデイの昼食を出して」
と厨房にプレッシャーをかけました( ̄ー ̄)

最後に
「今の鶴舞乃城は入居申し込みの御本人・家族か 入職内定の職員にしか 見学は許可してないンです('◇')ゞ 一般公開は実は竣工式のあとナンですよ('ー`)」

と少しは恩を着せなければと
勇気をふり絞ってチョイと軽い嫌味をオソルオソル言ってみました('〜`;)ドキドキ★

すると…
「あ・そう…ここに入居するか入職すれば見てイイわけね(*`θ´*)入ればイイのね★じゃ・入るワ(^ヘ^)」
と言われるではありませんかw(☆o◎)w えぇっ★

竜巻のように
お見送りをさせて頂き…財津課長に報告◎

「入ってくれるって(◎o◎)!」

「どなたが入居でどなたが入職なンですか(^∀^;)」

( ̄○ ̄;)へ★


それは…わからない (´;ω;`)

あぁ…今夜から
また眠れません(〃__)σ‖


mituko77takaguchi at 17:43コメント(34)トラックバック(0) 

2007年01月26日

892780e3.JPG本日は
介護福祉士試験対策講座の
最終回☆

焦っております★
イライラします★
疲れも出てきます★
今までの自分がハガユイ★

試験は明後日☆

受験を決めたのも
不器用な受験勉強をしてきたのも
いよいよ試験当日を迎えるのも

全部自分です◎


大好きなお年寄りの名にかけて
最後の最後まで
頑張って下さい(^o^)/


mituko77takaguchi at 21:55コメント(55)トラックバック(0) 

2007年01月25日

544ebb6f.JPG長崎・佐世保から
大村を通って
箕島大橋を渡ると
長崎空港です。

長崎は今日も
晴れ◎でした(^o^)/


mituko77takaguchi at 10:01コメント(87)トラックバック(0) 

2007年01月24日

dfcceac6.JPGぶれた写真は
たらこが撮ったからであります(^。^;)

写っているのは
菊地病院の若い女性の理事長
表に裏に支える副院長
しっかり者の事務長
そしてご存じ
そばおばはん
小豆
であります(^_^)v

職員研修に
理事長以下
医師
そして
保育園の保育士
視覚視能士
事務職
衛生婦など
看護師 介護士 リハビリ 栄養士
以外の職員も含め
全職員参加の研修会でした。

私自身 いわゆる老人病院の職員として働いた頃と
重ねてこの研修会に参加させて頂きました。

病院はその時々の時代の要請により
感染症…結核
救急…交通事故
癌…臓器移植 緩和ケア

と見事にその社会状況に応えて来ました。

しかし
老い…高齢社会
には
まだまだ充分に応えられたとは言いきれていません。

老いは病(やまい)ではないからです。

生活の中の医療に挑戦し続けて来たのが
長期療養病棟…療養型病床群

医療は生活に出会えるか!

とその矛盾を正面から受け止め
必要悪と揶揄されて なお 老人病院は 今 ここにあります。

菊地病院職員研修参加約90名が
明日 一人のお年寄りに一項目

トイレの訴えにその時応える
一対一で座って食事介助する
落ち着いて入浴誘導・介助を行う

明日90人が一人のお年寄りに一項目です。

90人でなくとも
1人一項目行った時
菊地病院は変わります。

それが職員研修です。

それでも
変わらない人のことを
チンピラ・水牛と
人は呼ぶのです。


mituko77takaguchi at 23:50コメント(23)トラックバック(0) 
2c33f429.JPG
菊地病院の職員研修を 終えて

やっとヤレヤレ
一息つこう♪

としたトコロに

たらこ★そば★
乱入★(・ω・;)(;・ω・)

はぁ★今夜はどうなることやら≡§


mituko77takaguchi at 22:50コメント(38)トラックバック(0) 
009a5670.JPG
念願かなった
菊池病院の勉強会
只今☆移動中☆

病院が介護職の提案で
外部講師による勉強会を開催するのは
やはり なかなか大変なことです。

なんとかここまで
こぎつけました◎

あとは到着して
しゃべるだけ(^o^)/

ケリはお年寄りに付けて頂きましょう( ̄ー ̄)


mituko77takaguchi at 17:12コメント(343)トラックバック(0) 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
高口光子(たかぐちみつこ)
高知医療学院理学療法学科を卒業後、福岡県の医療グループに勤務。同グループの医療費不正請求事件による混乱を目の当りにして、老人医療の現実と矛盾を知る。これが原点となり老人の生活に密着した介護現場での活動をすることとなる。特別養護老人ホームシルバー日吉に介護職として勤務、介護部長、デイサービスセンター長、在宅部長を歴任したのち、2002年4月に医療法人財団百葉の会、法人事務局企画教育推進室室長及び介護老人保健施設 ききょうの郷 生活リハビリ推進室室長を勤める傍ら介護アドバイザーとして全国を飛び回る毎日。 
最新コメント
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ