2007年02月

2007年02月28日

d05651e1.JPG
鶴舞乃城の
ユニットは
5グループにわかれます。

ユニット・グループ名は

白雪
紅梅
青葉
松露
玉露

となりました。

ユニットカラーから
つけた名前です。
ぜひ見に来て下さいねo(^-^)o


mituko77takaguchi at 22:42コメント(12)トラックバック(0) 

2007年02月27日

d423e5e1.JPGまぐれも含めて
ここまで来ました☆

今までの自分の介護を信じて
やるだけ
やるだけ!

緊張と勝負だ!


mituko77takaguchi at 23:44コメント(21)トラックバック(0) 

2007年02月26日

210b5c6c.JPG本日 めでたく
澤田姉が
鶴舞乃城に入城致しました\(^o^)/万歳☆

澤田姉は大阪から自家用車で
400劼瞭擦里蠅鬚燭辰唇貎佑
鶴舞乃城に乗り込んで参りました◎

ありがとうございます(*^_^*)
これからもよろしくお願いします(^_^)v

とりあえず
今夜はあたふたと
二人で鍋でございますV(^-^)V

いっただきまぁ〜す~ヽ('◎`)ノ~


mituko77takaguchi at 21:39コメント(27)トラックバック(0) 

2007年02月25日

8d622fa6.JPG本日の研修会にたらこがやって来ました( ̄ー ̄;)

そばさんは途中まで来たそうですが…会えず終いです★残念★(;_;)

たらこは主催者の御厚情に甘えて
なんとチラシを配ってもらいました(^_^)v

【チラシの内容】
こんにちは。やりたい介護会です。
このやりたい介護会は、平成18年9月4日にスタートしました。
まだまだ歩き始めたばかりのひよこの会ではありますが
この度、『一周年記念セミナー開催』の運びとなりました。
早速3月1日(木)より第一回実行委員会を行います。
皆様の実行委員会の参加とセミナーのご参加を心よりお待ち致します。

日時:平成19年9月2日(日)
10時〜16時の予定
(日にちは決まったが時間がまだハッキリ決まっていない)

会場:福岡国際会議場

内容:(検討中…希望があったら教えて下さい)

講師:鳥海房枝
〈特別養護老人ホームあじさい荘副施設長…日本看護協会理事 厚生労働省身体拘束廃止委員会委員
生活の場の看護師の役割を述べたら今の日本にこの方の右に出る人はいないのではないか!〉

下村恵美子
〈宅老所よりあい代表…民間デイ 宅老所 小規模在宅ケアなど現在のケアの理想ともいうべきケアのあり方をその実践で示し続け地域で人を支えきる取り組みの草分け的存在〉

高口光子
〈介護老人保健施設鶴舞乃城看介護長…皆さん御存じの通りのオッチョコチョイ〉

参加費・申し込み:現在検討中
〈これでチラシ配る度胸がやりたい介護会である〉


以上です。

私は鳥海さん・下村さん各氏とジョイントしたことはありますが
この三人が同時に揃ったことはない★
本邦初公開☆
今年の厄払いにぜひご参加下さいね(^o^)/


それと

まるちゃんの【つどい場さくらちゃん】情報☆

NPO法人立ち上げのための理事会が開催された様子♪
北海道の安永道生兄も参加され
方向がついたようですが
NPO法人立ち上げまでの資金集め
それからまるちゃん個人が今まで一人で抱え込んだ借金を
本気で返そう!
と話し合われたとのことです。

このブログを通じて会費納付頂いた皆さんのお名前はちゃんとまるちゃんが記録され
高口にもお知らせがありました(*^_^*)
皆さん本当にありがとうございますo(^-^)o

介護保険を超えた
小さな取り組みが
今 個人から法人へと変わろうとしています。
世の中いろんなお金があるけれど
心意気一つで集まったお金の積み重ねを
社会的信頼〓「さくらちゃんは潰したらアカン」
の証しとして
大阪は頑張っています。

いつか立ち寄りたい場所として
皆さんと
大切にして行きたい~ヽ(^ー^)ノ~

世の中捨てたモンじゃないことを
まるちゃんに教えてやろうじゃないか!(σ ̄∇ ̄)=〇)`ν゜)・;'


mituko77takaguchi at 19:20コメント(34)トラックバック(0) 
4a0ee827.JPG主催:福岡県地域介護実習・普及センター

場所:第3セクター株式会社西日本医療福祉総合センター・ウェルパークヒルズ

テーマ:ケアストレスマネジメント

『ケアする人をケアする』

主たる介護者としての家族他を「ケアする人」としてそのストレスマネジメントを整理したテーマはある。
今回のテーマは介護現場でプロとして働く
「ケアする人」をケアする構図を整理・説明するのが目的である。

介護職のストレスを
社会からみた一方的な介護の評価→早い話世間で何て言われているかってことだな。

職場の不合理→何故思いと言葉は擦れ違うのか。

お年寄り・家族との付き合い難さ→対等な関係とは何なのか?そもそもそんな関係有り得るのか?

ケアストレスを考えるポイントは以上となる。

しかし最も重要なのは
自分が何をやっているのかわからない→自分で自分を見つめられない…自分をごまかすことばかりに長けていく自分。

これが一番やっかいなストレスである。

人のせいにし
その場の勢いで不平不満を無責任に
垂れ流しているウチはまだいい。
その時の状況にあわせ都合のいいことをいう力もついて来た。
仕事してる振りしながら上手に責任を逃れる術も殆ど自覚なく取ることが出来るようになってきた。
ヤリダマにあがるようなへボはしない。
今となってはモウ誰も自分を指さし注意することはなくなった。
アテにされることもなくバカにされた扱いもなく無視されている感じでもないが
不得意な本質は避けることは出来ている。

このストレスは
やっかいである。

自分にさえ嘘をつけるその態度をどこで身につけたかまでの辿りが必要だが
その辿りは一人では出来ない。

その前にこの得も言われぬ空虚感・虚無感がどこから来るのか…というよりこの虚無空虚が随分と長い間のことなので
つまり常態化しているから
それさえなんだかよくわからなくなってくる。

それでも何から逃げたとしても自分から逃げることは出来ないので
いつかは帳じりを取らなくてはならないのだが

その帳じりを年を取り「死」を意識して生活する頃まで持ち越したら
これはしんどかろう。

これで認知症なんてことになったら
苦しいだろうなぁ。

皆さん
気持ちよく
より楽にボケるためにも
自分を見つめ
ストレスは溜めないようにしましょう(^_^)v


mituko77takaguchi at 18:19コメント(18)トラックバック(0) 
d8cc96d1.JPG記事立てが遅くなりました!
ごめんなさい★

先の2月23日
熊本:小川町総合文化センター『ラポート』
にて
主催:熊本県介護支援専門員協会

テーマ:『プロの認知症介護とは』〜人として生きることの支援を考える〜
の研修会が開催されました。

写真は熊本県介護支援専門員協会
今回直接の担当となられた宇城支部の皆さんです(^_^)v

逆反射している白石さんが副会長さんで
いろいろお世話になりました。

すでに他の記事で感想他を書き込み頂いている参加者の皆さん
ごめんなさいね★

昨日の移動中にこの勉強会のことを紹介したいと思っていましたが
事故でバタバタしてしまいました(・ω・;)(;・ω・)

今回の勉強会は400人からのお申し込みを頂きました。
参加者は
在宅ヘルパー・看護師
通所サービス職員
短期入所事業所職員
地域包括ケアマネ
居宅ケアマネ
相談員
施設・病院・グループホーム・有料・高齢者住宅…他

さすが“ケアマネ”主催の勉強会◎
いろんな職種・職域の方が集まられました。
貫く『認知症』というテーマを頂いて整理してみました。

学生・一般の『痴呆』のとらえかた
在宅での家族の葛藤
サービス利用を決心するまでの経緯
サービス利用開始の頃
家族とお年寄り本人に
時間・空間が別になる頃の生活再建
家族に出来ないプロにのみ出来る介護展開の視点
そしてターミナルケア

わずか2時間ではありましたが
地元の暖かさを勢いにして
喋りあげました。

改めて
『認知症老人』
の力を思い知った気持ちです。

私たちが現場で欲しくてたまらないことのあらゆるを
『認知症老人』は本気で求めれば私たちに教えてくれるということ。

一番わかり易く教えてくれる
大切な人です。

熊本の皆さん
お世話になりました。
これからもよろしくお願いします(^o^)/


mituko77takaguchi at 08:23コメント(8)トラックバック(0) 

2007年02月24日

ae89b74d.JPGもうすぐ
もうすぐ
博多駅…
と何度も何度も
アナウンスされるのに
…博多駅に着かない(-"-#)

今夜のうちに
北九州に行きたいのに(∋_∈;)

博多駅★
どうしちゃった(・_・;)

私…どうなる('〜`;)

博多駅で今!
何が起きてるの( ̄○ ̄?)


mituko77takaguchi at 20:52コメント(14)トラックバック(0) 

2007年02月23日

58d7a991.JPG「介護びっくり日記」

2007年2月26日
講談社より発行!

今まで高口は
介護現場の見方・考え方
具体的な取り組み
などを
仕事として介護をしている人を想定して
書いて参りました。

この「介護びっくり日記」は
仕事として介護をしている人のみではなく
介護に興味の有る人・無い人に関わらず
むしろ
「介護のことに直接関わったことなど今までありません」
そういう人を想定して
介護現場の見たまま聞いたまま
やってきたことそのまンまを
聴き語りに書き出してみました。

今までの高口本とは
ひと味変わっておりますから
お楽しみ下さいねo(^-^)o

写真は45頁の挿絵です。
そう♪挿絵は川上京さんが書いてくれました(^_^)v

講談社発行ですから
本屋さんでスグ手に入ると思います。

また感想を教えて下さいね(*^_^*)


mituko77takaguchi at 08:57コメント(40)トラックバック(0) 

2007年02月22日

9d405e87.JPG講談社から
新刊出ました(^o^)/

「介護びっくり日記」
です。

1300円☆

よろしく(^_^)v


mituko77takaguchi at 23:54コメント(14)トラックバック(0) 

2007年02月21日

86a43322.JPG写真は
鶴舞乃城に
作業療法士として入職する

病院から来た渡邊くんと

老健から来たラガーマンこと加崎くん

です~ヽ(^◎^)ノ~

今日はお年寄りが日常使う食器の選定を栄養士の望月さんとしてもらいました。

鶴舞乃城には
作業療法士5名
理学療法士1名
言語聴覚士1名
計7名の訓練士が内定しています。

今回訓練士の募集で
作業療法士の反応が一番早く強かった。

フロアの作りが
お年寄りの力を
・引き出す
・維持する
ために設計されているため
見学に来た専門職のなかでは
作業療法士の興味は
とても高いモノでした。

生活の場の専門職としてのセラピストとは
いったい何を仕事とするのか
彼ら彼女たちと
もっと具体的に整理して行きたいと思っています。


リハビリは生活に出会えるのか…なぁ。

生活リハビリ道場の松本くん
いろいろありがとう(^o^)

訓練器材は全部この二人が決めましたから
ぜひ◎いつか報告しますね(^_^)v


mituko77takaguchi at 23:06コメント(20)トラックバック(0) 
訪問者数

Profile
高口光子(たかぐちみつこ)
高知医療学院理学療法学科を卒業後、福岡県の医療グループに勤務。同グループの医療費不正請求事件による混乱を目の当りにして、老人医療の現実と矛盾を知る。これが原点となり老人の生活に密着した介護現場での活動をすることとなる。特別養護老人ホームシルバー日吉に介護職として勤務、介護部長、デイサービスセンター長、在宅部長を歴任したのち、2002年4月に医療法人財団百葉の会、法人事務局企画教育推進室室長及び介護老人保健施設 ききょうの郷 生活リハビリ推進室室長を勤める傍ら介護アドバイザーとして全国を飛び回る毎日。 
最新コメント
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ