2014年11月24日

東スポ杯2歳S簡易予想 マイネルシュバリエがおもしろい

相手関係を中心にレースレベルを測る僕としてはこの時期の2歳戦を全力で買うことはないのだが、
マイルCS、1着馬買わなかったのに、意外にプラスになった。
そういうわけで東スポ杯も数千円だけながら遊んでみようと思う。

ただ、馬券はともかく、来年の3歳戦で全力勝負をするには絶対にきちんと予想をしておいた方がいいレースであるのは間違いない。
一通り見るだけ見ておこうと。


現在1人気はアヴニールマルシェ。
新馬戦で戦った相手で、その後未勝利を抜け出したのは2頭。
2着ロジチャリスは、芙蓉ステークスでジャストドゥイングの2着、アイビーステークスはスワーヴジョージに続く3着とオープンクラスでも結果を出している馬。
5着ベルラップは野路菊ステークス5着、黄菊賞1着

ロジチャリスより地力高いと確定はできないものの、内容的にはこの時点では上でほぼ間違いない。そのロジチャリスがその後のオープンクラスのレースで一定の成績を残していることからも、この馬もオープンクラスで通用はほぼ保証されていると考えていい。

二戦目となる新潟2歳ステークス。
ハナ差負けた1着馬ミュゼスルタンはここが2戦目で、新馬戦ではソールインパクトに0.2差勝ち。
3着ニシノラッシュはくるみ賞勝ち(くるみ賞5着ダイワエキスパートは未勝利でソールインパクトにハナ差勝ち)、京王2歳ステークスでセカンドテーブル、サフィロスに続く3着。

予定外らしいが後方からの競馬もしっかりこなしての2着。
新馬戦も含め、幅の広さと脚があることも証明しているここで人気するのもわかる1頭、ではあるが、ソールインパクトは現在単勝9番人気、オッズにして10倍くらいの開きがある現状。
はたしてそこまでの地力さがあるかは極めてあやしい。
今レース出走の他馬に比べて、地力証明がされている方の馬とはいえ、オッズとこのレースへの投資額を考えると他の馬に食指が動く。おさえまで。


2番人気はクラージュシチー。
前走未勝利戦でぶっちぎっているのが人気の根拠であれば、相手が弱かっただけで一刀両断できるのだが、新馬戦の内容が悪くないのが無視できないところ。
いちょうステークス2着のネオルミエールにクビ差負けの新馬戦もネオルミエールとその当時は同等の地力は証明されているレース内容だった。
ただ、そのネオルミエールの新馬戦時の力は全く不明。陣営コメントやレース後騎手コメントをみても、比較的期待度の高い、来年春を意識されている馬のようで、新馬戦の勝負度合いはかなり低かった。それでいて勝つのだからネオルミエールが強いといえるか、クラージュシチーも含め弱かったとなるのか・・・。
2番人気で買う馬ではない。無視。


3番人気はグリュイエール。
血統や馬体が分かる人が買っているのだろう。
その辺が全くわからない僕は人気あり過ぎて手が出ない。末脚を見せた初戦と、レコード勝ち2戦目。それ自体の価値はわかるのだが、相手関係から地力証明にはなっていない印象。
新馬戦は6頭立てで百日草特別2着のペルーフに負けて2着。個人的にこのペルーフという馬はそこそこ強いのではないかと思っているものの、だとしても3番人気に押される地力証明はない。無視。


4番人気はサトノクラウン。
普通に勝った新馬戦。スタートも問題なく、前にもいけそうでここも内枠に入って普通に勝つかもしれない。
ここで勝って、来年春先に大活躍とかかっこいいなとは思う。
とはいえ、いきなりの相手強化なのに4番人気。無視。


5番人気はジャストドゥイング。
新馬戦で後に札幌2歳ステークスに完勝するブライトエンブレムに0.2差負け。
次走未勝利戦は相手が弱くて地力勝ち。
3走目となる芙蓉ステークスでロジチャリス、ストリートキャップをおさえての勝利。
今レースの中では最も骨のある相手と闘っており、結果を出している馬。
ここまでの相手関係を見るとここ通用の地力は証明されており、複勝圏内が最も期待できる馬。


さすがにどうにもならん。
もう2、3レース消化してくれないと、間接比較もできないし、僕の予想法では歯が立たない。
1頭ずつ見ていってもどのオッズも妥当ではない気がするし、どの馬も馬券に絡む力があるように感じてしまう。
ただ、派手なレースを一度でもしたことがある馬が人気してしまっている印象で、果たしてその馬は本物なのか?と思ってしまう。
過去の実績からも今レースが出世レースであることは明らかで、それもあって派手なのが好まれているのだろうか。


マイネルシュバリエがおもしろい。
現在単勝8番人気の22倍強。どう考えても人気がなさすぎる。

新馬戦で0.6差つけて勝ったアサクサリーダーは次走未勝利でソールインパクトに0.5差つけられて負けているが、そのソールインパクトは新潟2歳ステークスを勝つミュゼスルタンに0.2差負けの馬。
そして札幌2歳ステークス2着。
このレース内容がかなりいい。1番人気馬の逃げについていって残った形で、札幌2歳ステークス出走馬の中で地力上位は自明。
新潟2歳ステークス出走馬を加えても地力上位の可能性が高く、ここで通用の目途は十分に立っている。
その馬が8番人気であれば買うしかない。

他は、大外枠でなければ厚く買っていたかもしれないスワーヴジョージ、相手関係から最も経験値高そうなグァンチャーレにマイネルシュバリエ買うなら買いたいソールインパクトとストリートキャップ。
少額で複勝買っても仕方がないので、三連複用に相手馬多めに。


◎マイネルシュバリエ

〇ジャストドゥイング

△ソールインパクト、ストリートキャップ、グァンチャーレ
スワーヴジョージ、アヴニールマルシェ

mitutaka5 at 11:00│Comments(0)TrackBack(1)G 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 東京スポーツ杯2歳S/醍醐S 最終決断  [ 浪花のクマさん 穴馬券 ]   2014年11月24日 12:49
東スポ杯・・グァンチャーレ 醍醐S・・モズハツコイ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字