2014年12月14日

阪神ジュベナイルフィリーズ予想 レオパルディナの評価が低い

1人気が平均的に安定のレースではあるが、人気薄のつっこみも多く、穴党でも十分に楽しめるレース。

現在単勝1人気はロカ。
2戦目にして1番人気。前走新馬戦はそれだけインパクトのあるレースではあった。
スローペースで道中前目につけた馬が掲示板を上位を占める中上がり最速で、ぶち抜いた形。
が、いかんせん相手のレベルが低く、未勝利クラスレベルの馬相手に抜けた地力があったということしか証明されていない。
ここ通用の可能性は十分にあるが、レッドセシリアのように人気薄であればともかく上位人気に押された上で買うかといわれれば・・・。
こなしたレース数は関係ないレースだと分かった上で、初陣1800を勝った馬が有力であるとも分かった上で、前走が余裕残しの仕上げだったと陣営が言っていることも分かった上で、1番人気に押される未勝利レベルは圧倒できるとしか地力証明がされていない馬には手を出さない。当然無視。


2番人気はココロノアイ。
新馬戦でミュゼエイリアンに0.6差負けも、ミュゼエイリアンは葉牡丹賞で6着に終わったものの、2人気に押された馬。葉牡丹賞では力を出せるレースではないという理由で切ったが、地力は500万下上位なのはまちがいない。
ココロノアイはここではスタート直後の不利があった中で直線のみで2着と、2歳戦向きの馬ともいえる内容だった。
次走未勝利戦では完勝で、戸崎騎手もレース後「ここでは力が違う」とコメントするほど。
ただ、このレースでくだした馬は軒並み未勝利戦でそこそこ善戦している馬ばかりで、未勝利戦としてのレベルは高いもので、新馬戦で証明した地力をそのまま発揮した形。
3戦目となるアルテミスステークスでは、前走まででみせた地力は500万下レベルではないことを証明したレースだった。横山騎手が道中コントロールできないくらいというほど、かかって道中脚を使う展開にもかかわらずそのまま勝ってしまった。
このレースで2、3着だったレッツゴードンキ、トーセンラークが今レースで3人気、7人気に押されていることからも、このレース出走馬内で1、2番の地力証明がされている馬といえ、かつ距離もコースも不安がなさそう。
陣営が明らかに桜花賞を意識しており、ここを完全に桜花賞へのステップと位置付けていることが非常に気になるものの、問題は気性のみの現状。前走から日はたっていないうえに輸送付き、暴走大敗に賭ける手もなくはないが、無視は難しい。


3番人気はレッツゴードンキ。
新馬戦完勝で挑んだ札幌2歳で牡馬相手に3着。スタートで後手を踏んだことを考えると内容は非常によく、ココロノアイが新馬戦で敗れたミュゼエイリアンより先着している。
ココロノアイと同等もしくは上位の地力を秘めておりオッズもココロノアイと近くそれを示している。
騎手が毎レース乗り替わっていること、奇数枠であることを差し引いてココロノアイを上位にとるが、この馬も切る理由は気性くらいしかない。


4人気はコートシャルマン。
新馬戦で勝った相手は次走以降未勝利戦で善戦しており、そこで2着だったタマモパステルがりんどう賞で9人気になっていることからもりんどう賞の相手も悪くない。
ただ、りんどう賞の内容からダノングラシアスとの地力さはほぼないといえるので、おさえるならまだダノングラシアスの方か、買うなら両方買うか。
1400を2戦してのレースで福永騎手が海外遠征による乗り替わりと不安要素多く、手が出ない。


5人気はショウナンアデアラ。
新馬戦はクビ差で負けたナヴィオンがききょうS勝ち、デイリー杯1人気3着。3着、4着も未勝利を順当に勝ち上がっており、レースレベルは低くない。ただ、ナヴィオンが3着になったデイリー杯で1着になったタガノエスプレッソはダノングラシアスに新馬戦で敗れている。
脚元に弱さがあるとのことで、目一杯の調教はしておらずレースでも目一杯で走っていないとのこと。それでもこの戦績はすさまじいと見るか、まだ先をみてここも軽く走ってみるのかというところだが、前走の相手は500万下レベルとしても決して高くなく、未勝利勝ちの地力は有しているとしか言えない状況。金を賭けるには一押し足りない。
来年勝負でここは5着くらいを希望。もしここで勝つようであれば、朝日杯でナヴィオンの評価があがることでしょう。


6人気はダノングラシアス。
新馬戦での2着スマイルミーティアは次次走未勝利戦で新馬戦でショウナンアデラに0.1差負けのレッドブラッサムに0.5差負け。
3着タガノエスプレッソはデイリー杯1着。りんどう賞での内容を加味して、4人気と同等、5人気と同等もしくはちょい下の地力を有しており、岩田騎手の先を見て走らせている発言からここで買う要素は多い。岩田騎手がおらず乗り替わりになってしまうものの、オッズ差を考えるとおさえておきたいところ。


上位人気での馬券としてはココロノアイ、レッツゴードンキ組かダノングラシアス、コートシャルマン、ショウナンアデラ組かはたまたロカかどの組を地力上位に見るかということになりそう。レッツゴードンキを買おうと思うとしたら、ココロノアイも買うべきだし、コートシャルマンを買うならダノングラシアスも買いたくなる。
個人的には、1800デビューで当初からしっかりとこの路線をみているココロノアイ、レッツゴードンキ組を上位に見たい。
ココロノアイ、レッツゴードンキが突っ込んでくるなか、人気薄がそこに割り込むイメージで。


レオパルディナがおもしろい。
前走3着内にきていない馬が勝てないレースだと知った上で、それでも馬券内の可能性を持つ地力と展開が見えるこの馬を狙う。

そもそも外枠の複勝内率がいいコースで、2歳戦であるため差し勢が圧倒しているレース。
そこでレオパルディナ。新馬戦でスピードにモノをいわせ道中ハナにたって完勝。2,3戦目はハナにたっては先々のためにならないということで、逃げ馬を見る位置で競馬をし、1200地力上位を証明。
そして前走、武騎手もここを見て走らせたというもので、中団で折り合いレースを終えた。ここを見て挑んだ試走だとすると内容は相当にいい。上がりは2着ダノングラシアスと同じで0.1差の決着。

ココロノアイ、レッツゴードンキ組かダノングラシアス、コートシャルマン、ショウナンアデラ組か、ココロノアイ組を上位に取ったが、ダノングラシアス組のトップにレオパルディナがいてもおかしくない。その状況で単勝20.7倍(複勝、ワイドで買いたい馬だが・・)となれば勝負する価値はある。


他は、新馬戦1800というデータに合うカボスチャン、レオパルディナ基準でオーミアリス、ムーンエクスプレスを拾う。


◎レオパルディナ

○ココロノアイ

△レッツゴードンキ、カボスチャン、オーミアリス、ムーンエクスプレス、ダノングラシアス



mitutaka5 at 13:21│Comments(0)TrackBack(3)競馬予想 | G

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 阪神JC/カペラS 最終決断  [ 浪花のクマさん 穴馬券 ]   2014年12月14日 14:05
チャレンジカップ・・◎⇒▲ 馬単的中! 阪神JF・・コートシャルマン カペラS・・タールタン
2. 阪神JFをダウジングで予想  [ 御気楽猫生活2 ]   2014年12月14日 14:13
 今回のダウジングでの競馬予想は 阪神JFを予想してみたいと思います。 トラックバックはご自由にお願いします。
3. 予想・阪神ジュベナイルフィリーズ  [ ノースさんの競馬日記 ]   2014年12月14日 14:23
<阪神ジュベナイルフィリーズ> ◎11レッツゴードンキ 〇04ココロノアイ ▲01ロカ △16ショウナンアデラ 馬連 1−4−11−16 BOX馬券 コメント: 3戦くらいレースを見ると馬の実力がわかるのですが このレースはキャリア1戦の馬でも上位に来るので 予想

コメントする

名前
URL
 
  絵文字