2009年11月

2009年11月22日

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない〜ユナイテッドシネマズ浦和〜2

「働くとは何だろう」
「何のために働いているのだろう」
といった事を全く考えず、常に「週2で働いて食っていく方法はないものか」を考えています。

研修で「君は何のために働いているの?」
という質問をよく受けますが、周りが「社会の役にたちたいから」とアホみたいな模範解答をいう中「え〜と生活のためです」なんてくそみたいな答えをしてしまいます。

駄目な奴です。俺は。


つーわけで、『ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない』を観ました。

ひきこもりをしていた男が、母親の死をきっかけに就職活動を始める。やっとのことで入社が決まったIT企業がブラック会社で想像を絶する仕事を負わされデスマに突入。限界を迎えるが、周りの人に励まされながら主人公が成長していく・・・・というお話。


〜20代までのひとなら何か感じることがある作品だと思います。
がんばる主人公。どんな状況でも結局何かしらつらいのだから現実を受け入れてがんばろうよってな感じでしょうか。
ただ、駄目な俺は、がんばることに価値があるのかな〜と思ってしまいます。
他のメディアはともかく、映画は「がんばらなくてもいいんじゃねーの」を描いてほしいな。
後がないから死ぬ気でがんばってる人はもちろんすごいと思うけど、すぐやめるすごさもあるように感じます。
なんでもかんでも長く続けることを評価する輩が周りにもすごく多いけど、続けること自体は大したことじゃないでしょ。

ブラック企業をコミカルに描くことで社会批判色を消し、極端なキャラクターを前面にだして、会社内の場面が多くぐだぐだになりがちなところを感じさせない映画にはなってました。
エンドロール後のかなりの毒がたまらない。観た後に残ったのは社長の言葉でした。社会はこの一言に尽きるのでは。
最後まで観ずにこの映画を語ることなかれ。

まーどこで働こうが何をしようが、周りにいる人が全てですね。


mitutakaeiga at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ハ行 | 小池徹平