2007年09月19日

ワルボロ 〜チネチッタシアター4〜1

小学校時代、佐竹に憧れて空手を習っていたmitutakaです。

本当にかっこよかったんですよ、佐竹雅昭。強いのに優しいというのが子供心に衝撃で、NHK教育でやってた「天才テレビ君」で子供に柔らかい笑顔を見せる佐竹は素敵でした。ラジオ「佐竹・林原の無法塾」もしっかり聞いてましたとも!当時は佐竹になりたい一心で空手を習っていたのですが、今考えれば、けんか強く悪い奴に憧れていたのかも・・、と思うことがあります。誰しも、男なら、子ども時代ちょっと悪くて、好き勝手やってる奴に憧れたりしたのではないでしょうか。またそういう奴がモテたりするんだよな〜これが。

つーわけで、『ワルボロ』を観ました。
ゲッツ板谷原作の青春映画。ゲッツ板谷は大好きで、今もSPAの連載なんかはしっかり読んでいるほどです。ヤンジャンで連載しているワルボロもしっかり購読中です。マンガはそこそこ。映画は・・・。

勉強一筋だった中学3年生のこーちゃん(松田翔太)は幼馴染で不良のヤッコ(福士誠治)に頭突きをかましたことをきっかけに不良に転身。同じクラス憧れの山田(新垣結衣)はそんなこーちゃんに呆れているが、こーちゃんは同じ中学の仲間と錦組を組み付近の中学と喧嘩の毎日へ・・・というお話。

友情、恋愛、親子関係、病気・・・いろいろ盛り込まれているのですが、逆にどれも中途半端に終わってしまったような感じ。結局どたばたやっただけで終わってしまったような気がする。青春・喧嘩のあつさみたいなものも伝わってこなかったし、この手の作品によくある仲間との絆の強さみたいなものも描ききれてないし、山田が病気であることを描く必然性もわからんし、とうか山田が登場する必然性すらないような・・・。自伝的小説が原作だとはいえ映像化するなら何かに絞って作らないと映画としては成立しないように思います。

観前:「ビーバップ系っぽいな〜。ゲッツ板谷好きだしすっきりした映画になってそう。HEROは観る気ないしこっち観とくか」

観後:「客少な!公開からまだ日が浅くて、学校帰りの時間なのにどうしちゃったんだろう。ま〜この内容じゃ仕方ないかな〜。ベタでも仲間との絆を中心に作った方がまだよかったんじゃないかな。それにしてもがっきーの出演時間短かった〜。」

良かったところ:「負けんじゃねーぞ!」

にほんブログ村 映画ブログへ

mitutakaeiga at 17:52│Comments(0)TrackBack(1)clip!ワ行 | 松田翔太

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 新垣 結衣 映画 レイプ流出動画 パンチラ お宝 動画  [ ゆうじさんのブログ ]   2007年10月05日 16:44
新垣 結衣 映画 レイプ流出動画 パンチラ お宝 動画 画! 新垣 結衣 (アラガキ ユイ)1988年06月11日生まれ ふたご座  沖縄出身 ティーンファッション誌「nicola」のカリスマモデルから2年、昨年に日本テレビ系で放送された学園ドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒー...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔