2009年01月20日

感染列島 〜広島宝塚〜2

世の中では今、この瞬間もいろいろなことが起きていて、いろいろなことを感じている人がいる。
死を意識している人もいれば、国の行く末を憂いている人もいる。
満足に食べられない人がいて、駅前でいちゃついている人がいる。
働かない上司に腹を立てている人もいるし、働いていないことに不安を感じている人がいる。
そして、コンビニでどのおにぎりを買おうか迷っている俺がいる。

店員さんが2人いて、立ち読みしてるやんちゃ坊主がいて、ケーキを買おうとしてるカップルがいる。コンビニの中だけでも、俺を含め5人の人生があって、5つの思いがある。
いろんな人生や思いがあるのが現実。ただ、物語とするからには誰かどれかにしぼらにゃならんでしょ。


つーわけで『感染列島』を観た。

未知のウィルスによってパニックに陥った日本を描く。その時、医者、看護師、患者・・・は何をして何を思うのかといったようなお話。


とにかく詰め込みすぎ。どの話がいらないのかもよくわからんくらい全員の話が薄い。
ウイルス感染が実際に起こったら・・・と考えさせられはするけれど、ばっちし化粧の女医と、めちゃハードだろう日々にもいっさいのかっこよさを失わない医師。リアルを追うのか、フィクションだとわりきるのかひどく中途半端だったような気が・・・。どちらにせよ、スポットをあてる人をもっと絞らないと映画として面白くはならないような気がします。竹山の話はもっと膨らましてほしかった。


あ〜だめだいろいろやりすぎてどうまとめればいいのかわからん。そうだ、みんながしってるだろうりんごの樹の話で終わらせよう!っていうのがありありとわかる終わらせ方・・・。
「たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える。」
中学生の頃この言葉を本で見た時は感動したものです。

この映画を観て、この言葉に感動する子供がいたら素敵だな。
ま〜今の俺は、明日世界が滅亡するなら・・・・ひとまず今日を全開で楽しむだろうな。明日につながることは出来ない大人になってしまった・・・。

mitutakaeiga at 00:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!カ行 |  妻夫木聡

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔