被リンク

ライターに書いていただいたSEO対策に関する記事を紹介しています。

被リンクを得やすいサイトって?

サテライトサイト等を使った被リンクの自演は、ある程度までいくと限界があります。とはいえ、待っているだけでもなかなかリンクはしてもらえない、というジレンマにイライラしてしまう初心者サイトオーナーは多いはず。ところが、サイトによっては、待っているだけでもどんどんリンクをしてもらえたりするのです。



では、どんなサイトが被リンクを得やすいかといえば、ずばり、まめに更新をしているブロガーに読まれているサイトということになります。というと、随分門戸の狭い話になるかもしれませんが、そもそも自分が狙うべきはターゲットワードでの検索順位上位表示ですから、関連のブログを書いている人たちに興味をもってもらえるクオリティと情報量のサイト作りを心がければよいわけです。
続きを読む

被リンクを増やすならソーシャルブックマークを意識しよう

SEO対策では、被リンクを受けることがとても重要になります。

多くの良質な被リンクを受けていることで、同じキーワードでのアクセスを狙う競合よりも検索結果上位に表示されることになりますから、検索からのアクセスが増加することに繋がります。



良質な被リンクとは何かというと、例えば、ソーシャルブックマークが挙げられます。

大手のソーシャルブックマークであれば、ブックマークされることによって、そこからの被リンクを獲得することになりますし、そのブックマークサイト上で話題になることでのアクセス増も見込めるということです。



多数のソーシャルブックマークではリンク属性がnofollowであることが多く、つまり、直接被リンク増に繋げることができるということなのです。続きを読む

被リンクが多くなるほど、そのWEBサイトの評価が上がるのです

WEBサイトの人気度を見る指標として、被リンクの質と量は、検索エンジンのアルゴリズムにおいても用いられています。

この指標は、検索エンジンでの検索結果において、上位表示させるためにはどうしても必要なものになっています。

被リンクが多いということは、そのWEBサイトの信頼度などと比例関係にあります。

そのため、被リンクが多くなるほど、そのWEBサイトの評価が上がるのです。

また、現在のネット上においては、ブログなどのソーシャルメディアが非常に進歩しています。

このようなネット上で、被リンクというのは、口コミから生まれた結果として発生しているために、被リンクの数が多いということは口コミがそれだけ広範囲に広がっているということを示しています。

続きを読む

サイト年齢と古くからの被リンクの重要性

googleの検索エンジンは、サイトの更新頻度を重要視するようにアルゴリズムを最適化しつつありますが、検索順位においてもうひとつ重要な要素があります。

それは、そのサイトがどれだけ古くから存在するかということです。

検索エンジンにおいては、古くから運営されているサイトを信頼度が高いとみなす傾向があるのです。



これは被リンクにとっても同様で、古くからの被リンクは価値が高いとみなされます。

私たちにとっても、古くからの友人と急に現れた同僚とでは、どちらを信頼しがちであるは言うまでもないですね。それが被リンクの古さが重要視される理由です。



サイトの年齢においても同様です。

若造とお年寄りと、どちらの言うことに重みがあるかを考えてもらえればわかると思います。



更新頻度も重要ですが、長くからの信頼も重要なのです。
続きを読む

被リンク

検索エンジンで上位表示されるために、被リンク対策も重要みたいです。自社のサイトをなんとか、yahooやgoogleなどの検索エンジンで上位表示させたいので、被リンク対策についてもしっかりと考えてみたいと思っています。今までは、内部対策に力を入れて来ました。検索エンジンで上位表示されるためには、内部の対策がしっかりとしていることも必要だそうです。それで、サイトの構成やキーワードなどに注意しながら、サイトをつくっていました。けれど、内部対策だけではなく、外部対策も必要ということで、被リンクについても対策を取りたいと思っています。なかなか難しい所でもありますが、頑張っていきたいと思っています。早急に取り組みたいです。続きを読む

被リンクことはじめ

SEO対策について自分でいろいろ調べています。運営しているブログのSEO対策を自分でしようと思っているからです。先週までは、主に、内部対策について勉強していました。SEO診断をしてみたりして、SEOの初歩を少しずつ勉強していきました。今週からは、被リンクについて調べ始めています。被リンクについては、サテライトサイトを作ったり、相互リンクをしたりと手間暇がかかってしまいそうです。けれど、検索順位を上げるためには、必要なことのようです。SEO対策について調べていると、難しいけど奥が深いなあと思います。インターネットの世界の裏側は、こんな風になっているとは思いませんでした。しっかりとSEO対策をして、上位表示を狙っていきたいです。続きを読む

サテライトサイトに被リンクをつけるには

SEO対策の方法の1つとして、自分で作ったサテライトサイトにメインサイトのリンクをつけるやり方があります。

この方法は確かに効果はありますが、いくつかやっておかなければならないことがあり、それが満たせていないと意味のないものとなってしまいます。

まずはそのサテライトサイトが検索エンジンから、どの程度の評価をされているかどうかです。

作ったばかりのサテライトサイトでは全く効果がありません。まずはそのサテライトサイトを充実させておく必要があります。

そうして検索エンジンに少しずつ認められて、初めてメインサイトのリンクをつけるSEO対策が成り立つわけです。

あとはサテライトサイトとメインサイトとの関連度によってもいくらか被リンクに左右される事を覚えておいてください。

続きを読む

被リンクを増やすための内部構築

外部的要素である被リンクを増やすこと時間を費やし、内部要素であるウェブサイトの構築をおろそかにしているケースがあります。ウェブサイトのコンテンツを充実させなければ、被リンクを闇雲に増やしても意味がありません。検索サイトのアルゴリズムに受け入れられるようなサイトの作成が必須なのです。SEOに適しているサイトをデザインする必要がありますが、サイトにはヘッダーやグローバルナビゲーション、メインコンテンツであるサイトマップやフッダーがあります。まずヘッダーですが、SEO対策に適しているサイトは信頼性の高いサイトです。このヘッダー部分には、自サイトの簡単な紹介や連絡先などを打ち込んでおきサイトの信頼性を高めることを意識すると良いでしょう。続きを読む

なぜ、被リンクを増やしたがるのか。

インターネットや情報誌において、ウェブページの被リンクを増やす方法が紹介されているのを頻繁に見かけます。こうした状況からわかることは、世の中にウェブページの被リンク数を増やしたいと考えている人が多いということです。では、人は何故、被リンクを増やしたがるのでしょうか。

最も直接的な目的の一つが、自分のウェブページの被リンク数を増やすことによって、当該ウェブページへの訪問者数を増やすことでしょう。あらゆるウェブページにおいてリンクが設置されれば、そのリンクを経由した訪問者数は増加します。それも、毎日のアクセス数が数万pvを超えるような有名サイトからリンクされるなら、訪問者数上昇に著しい効果が期待できます。そんなわけで、被リンク数の増加はアクセス獲得に有益なのです。続きを読む

質のいい被リンクを出来るだけ多く得ることが必要です

被リンクの数が多くなってくると、大手の検索エンジンから高く評価され、関係が大きいキーワードで調べた場合の上位表示が多くなってきます。

しかしながら、単に被リンクの数を多くすればよいといことではなく、質のいい被リンクを出来るだけ多く得ることが必要です。

そのため、どんな被リンクでも効果があるということではなく、直リンクということが必要です。

直リンクとは、リンクテキストにマウスのポインターを置くと、URLが出てくるようなリンクです。

また、被リンクのリンクテキストが、全部同一のものの場合には、検索エンジンから被リンクが不自然というように見られ、ペナルティンを受けることがあります。

そのため、リンクテキストは、ある程度違ったものでなければなりません。

続きを読む

被リンクチェックもほどほどに

ブログのお友達から聞いた話です。

お小遣い稼ぎのブログというのは、他カテゴリに比べて競合が激しいのです。そのため、ライバル合戦がすごいというのは私も実感しています。

それがエスカレートすると、相手の被リンクをチェックするようになります。

 

しかし、よっぽどの知識がある人でなかったら、SEOに効果的なリンクというのは分からないと思います。

リンク元サイトのリンクを調べるまでいけば重症です。



よくやっても、せいぜいグーグルページランクぐらいしか調べないでしょう。

グーグルの天才集団を前にそう簡単に太刀打ちできないというのが私の見解ですし、人工的な被リンクを作ろうものならグーグルが許さないと思います。

 

私は時間を有効に使いたいので、自分のブログをウェブマスターツールを使って研究する程度です。

続きを読む

被リンクの数やインデックスをチェック出来るようなツールがあります

最近では、インターネットによると、いろいろな無料のSEO対策ツールが紹介されています。

その無料ツールの中には、内部SEO対策に利用することができる、被リンクの数やインデックスをチェック出来るようなツールがあります。

その無料ツールでチェック出来る項目は、主に次のようなものです。

?大手検索サイトでのページランクをチェックします。

?大手検索サイトの被リンク数をチェックします。

?ソーシャルブックマークに登録している数をチェックします。

?各ディレクトリの登録している状況をチェックします。

?チェックするURLのIPアドレスをチェックします。

?チェックするURLの登録した日付をチェックします。

?ドメインの履歴をチェックします。

続きを読む

被リンクの設置時期について

SEO対策上、被リンクは有効な手段です。100の良質サイトからのリンクは、頼もしい援軍です。自サイトと同じ話題のコンテンツを掲載したサイトであれば申し分ないことです。

しかし、その100サイトが同時にリンクを張った場合はどうなるのでしょうか。gooleやYahooは、これらの100のサイトを無視してしまいます。人為的な操作とみなすからです。そのために、手間をかけて用意した被リンクは無駄なものとなってしまいます。約2週間から3週間かけて少しづつゆっくりとリンクを形成していくのが良いの形成方法です。

そして、リンク元のテーマは、自サイトと同じものであることです。もちろんリンク元も良質のリンクであることです。それは、リンク元が良質でなければリンク先のサイトも良質ではないと、検索エンジンから判断されるからです。
続きを読む

ニッチなジャンルを開発してコンテンツにして被リンクを集めるのはどうでしょうか

みんながやっている普通のブログ、普通のホームページだと簡単には被リンクは集まらないでしょう。ライバルサイトよりもクオリティーが高い、またはオリジナリティがが無ければ難しいはずです。そうなると隙間産業です。ニッチなジャンルを自分で開拓し、コンテンツにするのです。



需要はあるけど未だウェブ上では情報が少ない分野を自分で切り開くのです。どうでしょうか。ライバルはいません。そのかわり需要がちゃんとあるかどうかをしっかり見極めないと、サイトの作り損になるので注意しましょう。



しかしこ、の手のサイトが一発当たれば被リンクが自然と増えます。後発サイトからの相互リンクの申請もやってきます。ナチュラルリンクのほうも需要がちゃんとあれば集まるのは間違いありません。もし今、特定の狭いジャンルに詳しいなら、こんな方法でサイトを作り、コンテンツ化して被リンクを増やしてみるのも悪くはないと思います。



すでにメインサイトがあるのなら、このニッチなサイトと相互リンクすれば、メインサイトのSEO対策にもなって一石二鳥です。続きを読む

自分で簡単に被リンクを得る方法

サイトやブログのアクセス数をアップさせたいという方も多いでしょう。

せっかくウェブ上に情報を発信しているわけですから、多くの人に見てもらえると、楽しいですしモチベーションもあがります。



アクセス増に欠かせないのが、被リンクです。

多くの訪問者は検索によってやってきますが、被リンクがなければ検索エンジンに見つけてもらえないという事態にもなりかねず、それでは検索結果にも表示されません。



自分で簡単に被リンクを増やす方法は、もちろんあります。

例えば、相互リンクサイトやアンテナサイトに登録することです。たいていの場合、登録は無料で気軽に利用できるものが多いです。

また、ソーシャルブックマークに自分で登録するというのも手です。ほとんどのソーシャルブックマークでは、こうした行為を認めていますから、活用してみましょう。続きを読む

私のブログは他のサイトから被リンクを多くもらったのでアクセスもかなり多くなりました

私は数年前から自分のブログを作って毎日自分の日常生活、自分の感じた事、自分の趣味などを書いています。そしてブログを毎日書くだけでなく私は自分のブログを通じてより多くの人と交流をしたいと思っていたので自分が興味のある内容のブログの運営者にコメントを残して交流をしたりしています。



そして他のブログの運営者と交流させていただく時にある程度コミュニケーションを取ったら相互リンクのお願いをしています。なぜなら相互リンクをして被リンクを多くもらえればそれだけ自分のブログのアクセスも上がるからです。



そして私は相互リンクのお願いをコツコツしたことにより私のブログは他のサイトから被リンクを多くもらうことができ、それによってアクセスもかなり多くなりました。続きを読む

被リンクは、SEOということから見ると投票と同じようなものです

検索エンジンというのは、どこのWEBサイトがどこのWEBサイトにリンクしているかということを、全て内容を確認して索引をつけます。

バックリンクとも呼ばれている被リンクは、SEOということから見ると投票と同じようなものです。

一般的には、あまり変なWEBサイトや質が良くないWEBサイトにはリンクしませんね。

リンクを張るのは、利用価値がある、是非紹介したいというような場合です。

結局、リンクを張られたWEBサイトは利用価値があったのです。

そのため、これを一票として検索エンジンは評価を行います。

しかしながら、一票の価値というのは、WEBサイトによって異なっています。

より信用が高くしかも専門的なWEBサイトからリンクされた方が、評価が高くなるのです。



続きを読む

更新頻度の高いサイトから被リンクを集めよう

被リンクを集めたいということで、ブログを量産し、そのブログからリンクを貼る場合、気をつけるべきことがあります。

それは、更新頻度の低いサイトのページランクはどんどん下げられていくということです。

ブログを量産した後、ほうっておくと、そのブログのページランクはいずれ0になり、そのブログからの被リンクはほとんど価値はなくなってしまうのです。



そういう状態にならないようにするために、ブログにはまめに記事を投稿する必要があります。

ブログを量産するよりは、少数のブログを長く続けるほうが、効果は高いと言えるでしょう。



ちなみに、あるサイトの更新頻度を検索エンジン側がどう捉えているかは、アクセス解析によって分かります。

検索エンジンのクローラーが1日に複数回訪れていれば、十分、更新頻度が高いと認識されています。

一週間もクローラーが訪れない場合は、もうちょっと更新頻度を上げたほうがいいでしょう。続きを読む

質の良い被リンクとは

検索エンジンにおいては、質の良い被リンクがあると上位表示されるようになります。

被リンクを得るサービスにはいろいろなものがありますが、質の良い被リンクが必要です。

質の良い被リンクとは、同じIPアドレスからではなく、 独立したIPアドレスから得ることが必要です。

以前は、同じIPアドレスでも少しは効果が見られましたが、現在では、ウィルスと見なされてしまいます。

ウィルスとは、誘導することだけを目指して作られたWEBサイトや、アフェリエイトだけのWEBサイトのことを言います。

個人でWEBサイトを運営していくためには、このようないろいろな注意点があるので、非常に時間がかかります。

そのため、WEBサイトを運営するには、業者に被リンクサービスを依頼するのがおすすめです。



続きを読む

個人でのSEO対策

個人でブログを書かれている方もそうですが、ウェブサイトの運営で仕事をされている方にとっては、被リンクのSEOは非常に大切で死活問題とも言えるでしょう。



自分たちが頑張ってSEO対策をしても、他の業者や個人も同じように対策してきます。企業レベルならサイトの充実度や更新の頻度も高いはずなので他の企業や個人単位でからのリンクも増え、結果的にSEO対策ができると思います。逆に個人でのブログやサイトは、よほど充実しているかニッチな分野でない限り、SEO対策をしても限界があると思います。



Yahooにしろgoogleにしろ、キーワードを入れると大体有名サイトが上位にきます。それはやはりSEO対策をしている企業の努力だと思います。個人でSEO対策をされたい方は、こういった優良サイトと認定されているところと密接になっていくといいのではないでしょうか。続きを読む
  • ライブドアブログ