2006年08月21日

こんな日もあります

豊海橋から
 天気予報は曇り時々晴れ。久しぶりに日本橋川でもうろつこう、そう思って家を出た。チャンスがあればQTVRでも撮ろうかなと、お道具持参である。飯田橋近くのあいあい橋から歩き始めることにした。地下鉄を降りて、外に出ると雨。季節柄夕立というか雷雨はあってもいいのだが、そんな降り方の雨ではない。私がこの季節、とにかく嫌いなぬるい雨なのだ。折りたたみの傘は持っていたが、取り出す気にもなれない。濡れてもいいや、そんな気分で、あいあい橋までとにかく行ってみた。橋は完全に首都高速の下にある。そこで雨をやりすごせばいい。小降りになったら、撮影はできる。そう考えていた。ところが、あいあい橋に着いたら愕然である。いわゆる路上生活者のリヤカーが橋上の一等地にでんと置かれている。雨とか関係ない。これじゃ、QTVRなんか撮っれこない。
 雨の中歩く気もないので、地下鉄の駅に戻って茅場町へ。豊海橋近くのコーヒーショップで時間をつぶす。ちょっと、納得できない気分。何というか時間をムダに使っているような気がしてならないのだ。小一時間ほどして、ようやく雨が上がった。じとっ〜、というか外の空気は思い。雨上がりの爽やかさ、そんなものとは無縁の雨上がり。でも、豊海橋まで行ってみると、随分と空気が変わった。日本橋川が注ぐ隅田川には、川風が吹いている。少し機嫌を直して、カメラを取り出した。日曜日のこの辺りは、とにかく人通りが少ない。クルマの交通も少ない。橋上でまずQTVRを撮影する。ところが…。
 ついうっかり、QTVR撮影用自作雲台の要となるパノラマ・アジャスターを壊してしまった。ただの不注意。で、以後の撮影をする気が失せる。日本橋川沿いに歩く気もなくなる。隅田川の堤防内のベンチで、うだうだの始まり。ベンチで小一時間ほど居眠り。ふて寝に近いような眠り方。その後は、普通の撮影もいいやって気分になって、隅田川の堤防沿いを上に向かってダラダラ歩く。浅草まで行って、かき揚げそば食べて本日はオシマイ。こういう時って、家に帰るのも面倒臭くなっちゃうから困ったもの。やたら重く感じるザックを担いで、地下鉄の駅に向かった。


この記事へのトラックバックURL