2005年10月

2005年10月19日

今、話題のゲルマニウム温浴!5

 さて、今回は今話題のゲルマニウム温浴の三大効果についてです。

「脂肪燃焼」
新陳代謝が活性化することで大量に発汗、体脂肪が燃焼して楽に効率よくカロリー消費ができます。続けることで体脂肪が付きにくいカラダに。

「エステ効果」
細胞が活性化されることにより肌のハリとうるおいを保ち、全身の筋肉のおとろえを防ぎます。小ジワやシミ、女性の大敵セルライト対策などにも利用されています。

「健康効果」
老廃物が排出され血液サラサラ状態に。血行促進、新陳代謝効果でカラダをアルカリ性に保ち、肩こりや冷え性、腰痛、婦人疾患や慢性的症状の改善に効果があると言われています。最近では自然治癒力を高めるという報告もあり注目されています。

こんな方にオススメです!

「体脂肪、肥満、疲労、肩こり、腰痛、便秘、冷え性、しみ、しわ」などに☆

当院でも,ゲルマニウム温浴を体験できます。、みなさんに上記の三大効果も含め健康なカラダづくりをしていただくために安心の環境、価格でゲルマニウム温浴を体験できます。

ご質問があればお気軽に投稿してください!

miurakairo at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月05日

手首、指の痛み(腱鞘炎)3

 さて、今回はディスクワークや工場、内職など手をよく使われる方などの、手首や指の痛みについてです。

 同じ姿勢で長時間仕事をされていると、首、肩、腕、手首などに疲れが溜まり、時に痛みを発することがあります。その中でも特に手関節に「ピリッ」と痛みが走ったり、うまく指が伸びなかったりするのが「腱鞘炎」と呼ばれているものです。

 腱鞘炎とは、筋肉の一端は、ひも状の腱(けん)となって骨ついています。腱鞘はその腱を包む鞘(さや)(カバー)で、なかに滑液(かつえき)(油)を満たし腱の動きを滑らかにしています。この腱と腱鞘の間で滑らかな動きが障害され炎症を起こしている状態です。
 
★治療、予防

 腱鞘炎の治療においてまず第一に大事な事は、患部にアイシングして炎症を抑え安静を保つことです。機械的反復刺激(仕事などによる同じ動作)が慢性炎症の原因になってるわけですから、使わない、使った後は常に冷やすといったことを心がけましょう。また余計な力が入り腕や肩といったところ前後、左右のバランスも崩れているものです。カイロプラクティックや整体などでバランスを調え、鍼やマッサージにより使いすぎている筋肉をほぐしたりすることが必要です。

 ただ、手指はどうしても毎日使ってしまいますので、痛みがとれるまでに時間がかかることがあります。痛みがひどくなる前に早めに上記の予防しましょう!

 
  

miurakairo at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)