こんにちは
今回からシリーズ物で通気工法をご紹介します

現場は三浦市にあるマリーナの直ぐ上
海が見える景色の素晴らしい所
DSC_0903


まずは、通気工法について

■外壁通気工法とは
外装材と断熱材の中間に通気層を設ける工法。

通気層により、壁内湿気を常時放出し、腐食や錆から躯体を守り、建物の耐久性を大きく向上させます。また2重壁構造により防水性能を向上させます。
っとコピペ

そして今回の現場は規模がとても大きいです
さぁー頑張って行きますよ
DSC_0889

しかーーーし、何か紹介するの難しいですね
DSC_0888

これは開口部分の防水処理です


DSC_0960

防水紙とラス網が一体化している物を張っていくのですが
網が硬くて切るのが大変です

DSC_0890

頑張っている親方
足場に上がっている人から
あれを切れ、それ取ってっと、こき使われております


いやいや、ここまで大きい建物の通気工法をやった事
無かったので、アタフタしてますが

気合入れて進めていきますよ


漆喰・珪藻土・土壁や住まいについての無料メール相談受付中!
左菊の無料メール相談



















☆☆☆壁創り100年の匠 漆喰・珪藻土とリフォーム☆☆☆
☆☆☆神奈川県三浦市の左官 有限会社左菊はこちら☆☆☆

☆☆☆親方ブログ☆☆☆
☆☆☆気の向くままに。。。左官編☆☆☆

☆☆☆見習い湯川ブログ☆☆☆
☆☆☆左官屋みならい日記☆☆☆

☆☆☆光る泥団子☆☆☆
☆☆☆イベント掲載☆☆☆