Miwa Marvelousのだらだら日記。

ダンス系パフォーマー Miwa Marvelousの、ピリ辛な生態記録でございます。

2005年05月

今日非常に気になった事。

やくみつる(はた山ハッチ)がテレビに出ていたんだが、やたらとモニターを気にしているのでこっちも気になって固唾をのんで見守っていたら、やく氏の頭頂部は相当おさびし山になっているのを発見!
プリン状態の金髪や、帽子でいるのはカモフラージュだったのか!
こんなにキてるなんて知らなかったのでビビった。
その後はやく氏のモニターチェックしながら頭頂部を映さない様にあごを上げたりしている涙ぐましい行動に釘付けでしたとさ(笑)。

ブランドバカの歴史

03297dc2.jpgこのブログを読んで頂くとお分かりの通り、私は買い物バカであります。
読み返してみて「うわ、結構買ってるな、オイ…」と、自分でも軽くショックを受ける位です。載せてない買い物もありますので…(汗)。

私は洋服を買うのも好きでして、「依存症?」と思った時期もありましたが、これには波がありまして、今の所洋服に関しては然程欲がないので、そういう時はめっきり買わないのですよ…って、それが依存症か!?

今思えば昔からブランドバカでした。
恥の多い生涯を送って来ました(by太宰)。
昔はコムデギャルソンやY'sなどが好きだったんですけど、数年前から「もうイイ大人だし、いわゆる高級ブランドを持ってもいい歳だろうし、同じ年代の人の憧れるブランドを使ってみよう」と考え、いわゆるシャネルやルイヴィトン等を今迄持っていなかったブランクを埋めるかの様に買い漁る事になったのです!…あわわ(笑)。

そうはいっても…やはり、そこはひねくれ者の私。どうにも流行の売れ筋ラインを見ても「あ〜ン!いいなぁ〜!欲っしいィ〜!」とは言えない…つーか思えないのよ〜(笑)!
ぶっちゃけ「ルイ・ヴィトンの村上隆のデザインはもう勘弁してくれ…」と思ってますし(汗)。

結局、自分で「コレはイイ!」と思って考えて買った物というのは、毎日何年使っても飽きないし、他のものも大していらなくなったりするんですよね。
実際、数年前にひったくりに襲われて、原チャリで引きずられながら死守したヴィトンは、今だに毎日通勤用や旅行に使っております。事故当時の血痕を付けてな(笑)。

エレガントなものも実は好きなんですけど、普段OLでもないのでストッキングを履く習性もなく、色々試行錯誤を重ねております。エレガント過ぎてもちょっと自分が苦しいし…(汗)。

高級ブランドと言われているものは賛否両論です。
「あんなモン高いだけ!」とか「高いンモンでも安いモンでも一緒!」って言い放つには、まずはそれを実際に試さない事にはヘタレになってしまいますからね。
実際、シャネルの靴の花が初めて履いたその日にもげた事もあったり、シャネルのバッグを買ったはいいけどギュウギュウにしないと必要な物が入らなくて後悔したり、ヴィトンのバッグもファスナー口が狭くて使いづからかったり、色々出て来るワケです(笑)。
そんな事を経験するのもまた楽しいもんです。

今回の画像はお気に入りの時計カルティエのパシャです。自動巻なだけに、私の性質からしてお分かりかと思いますが、結構半月程止ったままだったりしていざ付ける時に困っております(笑)。
関係ないけどタッキーってかわいい。

比類なきゲーム好き。

6645ca8a.jpgまたゲームの話ですんまへん!でも書きます(笑)。
最近ではファミコンあたりのゲームを「懐かしのオールドゲーム」等と言う表現を使うらしいが、私は今だに現役ユーザーですが何か問題でも(笑)?
今の時代はみんなソフトはCD形式だけど、私はカセットが好きなんです。ロード等を待たなくていいからです。
やっぱカセットだね!つーか、今だにゲームの事「カセット」って呼んでるからね(笑)。

ちなみにセガのメガドライブ、好きなんです。
画像も奇麗だし(ファミコン以上スーファミ以下)ピンジャック搭載でヘッドフォンも付けられる。
セガ!…ああ、素敵な響きッ!
昔ソニック君のパーカーを懸賞で当て、自慢げに秋葉原に着ていき、ラオックスに当時あったMac館でゲームをやったりして遊んでいたら、知らないお兄さんに羨ましがられた事があります(ささやかな自慢)。
その後もソニック君と悪者のDr.エッグ(だっけ?)のぬいぐるみ(UFOキャッチャーの人形)が送られて来たり、モニターのお誘いを頂いたり、セガって素敵!と思っておりました。
ゲームギアも調子こいて買ってしまいましたよ。
最近では『Nintendogs』に対抗して、当時購入した『ペット倶楽部いぬ大好き!』という犬育成ゲームをやりましたよ(笑)。しょっぺー(>_<)!

当時アルバイトで溜めた金でマックを買う計画が、全てゲームとブランドの服に消えていってしまいました。
セガサターンもドリームキャストもあります。あまりいいゲームないですけどね(涙)。

マイケル・ジャクソン好きとしては、やはりマイコー子供救済ゲーム『Moon Walker』は外せないね!これが目的でメガドラ買ったようなもんだからね(笑)。

それとやはりファミコンも大好き。
昔のゲームといえど、今やっても名作は名作ですよねぇ。
今は『オホーツクに消ゆ』を探しておりますが、なかなか見つかりません。ファミコンハアウスにあったときに買えばよかった…。
『サラダの国のトマト姫』もMSX時代にやりましたが、再びやりたい!ので、探しております。
どうやらドコモとauはアプリであるそうですが…。
『たけしの挑戦状』もあったんだけど、どっか行ってしまってねぇ。今は少し高めになって売ってますが…。世界の北野だからね。

そんな乙女の悩みを全て叶えてくれるブツを今日知人が私に見せて来たのです!
それはナント!ゲームボーイアドバンス用のへんてこりんな###で、それに***をすると、@@@が出来てしまうのだそうです!
おっと!思わず伏せ字にしちまったよ!だってなんだか裏社会の匂いがプンプンしたんですもの…(汗)。
…というワケで。今度私も###と***を入手して@@@が出来るようにしてみようかと思います。ウシャシャ!!!

画像は私の夢「2頭身でイラストを書いてもらう」の荒井清和氏がキャラの絵を担当しているファミコンの名作『いただきストリート〜私のお店によってって』です。

mixi初体験。

さわら嬢の紹介で「mixi」というコミュニティサイトに入ってみました。
このサイトは完全紹介制のサイトなのだそうで、なんだか会員制クラブみたいで面白いかな?と思いまして…(笑)。
勝手が良く分からないまま登録を完了させたら、早くも「承認待ち」の人が現れた!
この「承認」というのは、他の人と知り合った時にその人を「お気に入り」みたいな感じで登録が出来るらしいのですが、それをするには相手に許可を取らないといけないらしい。
「らしい」ばかりで頼りないですが、私自身よくわかってないのです(汗)。
ちなみにそれは、私が機械(楽器)やMacで困った時にいつもお世話になっているKATEのKaseo氏でした。
その後も「All about JAPAN」でお世話になった、素敵なオジサマの四方さん等を発見!

ちなみにこのmixi、自分のサイトを見た人が分かるのです。って事は、私の行動もわかってしまうのです。
なんとなくおっかない…。なんとなくクリスタル!
しかも、勝手が良く分からないので、何処まで皆さんが私の行動を把握しているのかも分かりません。
正直、「めんどくせーなー」(笑)。
ひっそりと生きていこうと思ったのに、それは出来ないってか。チッ!
…と、既に人見知りっぷりが露呈されてます(汗)。

…なんて書いていたら、昨日私がメイクをした知人(彼女の披露宴でした)から、お礼メールが届き、当日から険悪なムードだった花婿が帰りに結婚指輪を早くもなくした、というメールが届いた…。
mixiとは関係ないけどね(笑)。

今日は疲れた。

早起き。これは私にとって一番大変。早起きすると一日ダルいのです…。
今日なんか7時に起きちゃったよ!…まぁ、普通の人には普通かもしれませんが…。

午前中は披露宴のメイク、その後移動→普通のメイク+坂東玉三郎のような和装メイク→着付けをしました。
流石に今日は体力的に疲れたわ。移動がイカンな。
脳は26歳だった。

そうだ、今日はニンテンドーDSの『ボンバーマン』をやりました。
しかも4人で通信して!
初めてやる人もいたけど、これがかなり盛り上がりましたねぇ。
対戦だと、まさに『バトル・ロワイヤル』なんですよ。「爆発するかされるか」ですよ!
オソロシイ!
そんなワケで、みんな必死!
私は結構強かったので「どこだ〜!今行くど〜!」となまはげ気分で言いながら、他のボンバーマンを付け回したり、罠にはめたりして、性格の悪さを存分に生かしたプレイを堪能しました(笑)。
勝った時に写メ撮ればよかった…。というワケで、優勝したときの決定的画像は載せられなくて残念!

とうとう20歳!

4b220776.jpg…脳年齢がね(笑)。
今、さわら嬢ゴリ押しの『逆転裁判』をやっております。面白いね!コレ。
ただ、もうちょっと難しくてもいいかもなぁ…。
4話しか入ってないので、もう終わってしまうかと思うと残念。
携帯アプリもあるので(パート1が出来る)、興味がある方はカプコンのサイトでご堪能下さいませ。

MIWA式カラオケ美容法。

ハイ。本日は33歳(脳年齢)だったMIWAです。一気に老けました(笑)。
先日のフォトフェイシャルをやった為、昨日は顔がむず痒く、今日はブツブツが目立ってきました…といってもこれは失敗ではなく、こうなるモンなのです。代謝で中のカスとかが押し出される迄(一週間位)はガマンしないといけません。ふぅ。

で!今日は、先日予告したカラオケ美容法です。
「同時にいくつもの事をする」というADHDらしさ溢れる美容法ですが、慣れれば決して苦ではありません。むしろ合理的で、他の人よりも「しめしめ…」という感じでカラオケを楽しむ事が出来ます。
どうせ同じカラオケに行くのなら、歌う度に喉を枯らさず、歌唱力向上&美容的向上をしながら他の人と同じ様にストレスを発散した方がいいと思いません??

まず、これの効果は
@ストレス発散
@お腹の引き締め効果(以下、予定)
@顔の引き締め効果
@歌唱力向上
…です。
以上の事を私の持論でお話しします。
ちなみに上記の「予定」というのは、あくまでも私の持論を遂行出来れば、のお話です(笑)。

@ストレス発散
これはまぁ、一般的なカラオケの目的でもありましょう。しっかりした大きな声を出す事はイイ事です。
お腹の底から出せればパーフェクト!


@お腹の引き締め効果
これは「発声法」です。殆ど人が胸に息を溜めて歌いますが、これはNG!
胸で呼吸をすると、骨があるので空気を溜め込む量にも限りが出て来ます。
ところがお腹には骨がないので、鍛える程に多く溜める事が出来、更に腹筋を上手く利用して吐き出す量をコントロールする事により、腹筋を鍛える事が出来るのです。
吹奏楽や声楽等をやっている方にはこの方式が基本中の基本です。

「お腹に空気を入れ、吐き出す」という作業は、意識しすぎると出来ませんので、家でヒマな時に、呼吸をしている時のお腹の動きを見て、その感覚を意識しながら多く空気を吸い込んだりしてみて下さい。感覚が分かると思います。
ちなみに胸で呼吸するのに一番分かりやすいのは、溜め息です。肩が上がって、息を吐く時に下がる。
そう、胸で呼吸する=肩の力が入るので、肩にも良くないのですよ。
歌う時は肩には力を入れないようにして下さい。肩に力が入りやすいので、マイクを握り締めないように。肩に力が入っている時は胸で呼吸をしているかも…?


@顔の引き締め効果
これはですね。例えば選曲した歌手の顔芸をやるのが一番イイのですが、世の中そう器用な方は多くはありませんので(笑)他の方法を。
オペラ歌手が高音で「ア〜〜!」と歌っている時にもの凄い形相になってますよね?
実はアレがポイントなんです!
彼らは頬の筋肉を上げる事により、喉を広げて声を出しております。
高い声を出す時に喉を締めてあごを突き出す様に歌っている人が殆どですが、喉を痛めるだけで、結局1〜2時間もすれば「え〜、もう声出ないィ〜」とか甘ったれた事を言いやがります(笑)。
それは歌い方が間違っているから出ない=喉を壊すのです。
頬の筋肉が鍛え上がって来る=顔が引き締まる、という事です。歌う時に大きな口を開けて歌えば、口周りの筋トレにもなります。

年をとると顔全体がハの字に下がります。表情が乏しい人程、老いは如実に現れます。
喉を極力広げる感じで、大きな口を開け、そして先程の腹式で溜め込んだ息をダイレクトに外に吐き出すイメージで歌うとパーフェクト!

最近の曲は歌いづらいので、20年くらい前のメロディアスな歌で、最初はあまり高音が少ないミドル〜スローテンポの曲を歌うといいでしょう。
私は『風の谷のナウシカ』で練習しました。今も最初におとなしい曲で一度感覚を掴んでから歌います。


@歌唱力の向上
…上記の2項目を遂行する事が出来た時、以前よりも歌が上手になっていると思われます。
腹から声を出す、というのは大事な事ですし、それ自体がストレス発散になります。
高音を出しつつ、喉を痛めないのも勿論大事です。


以上でございます。最初ぎこちなくて「前より下手になったのでは?」と思うかもしれませんが、慣れれば歌う事が楽しくなってきますよ♪

ちなみに、これをちゃんとやってみると、結構体力使うんですよ。
「ラジオ体操をしっかりやると意外とイイ運動になる」みたいな感じですよ。
お腹を良く使うし、筋肉を使っているワケですから、お腹が空いて来るのです。
私もこの方法で歌う様にしてから、空腹時にカラオケに行くと気持ちが悪くなる程です(笑)。

歌った後に揚げ物とか食べ過ぎない様にお気をつけあそばせ〜(笑)!

お恥ずかしい出来事。

05-05-25_21-11.jpgウインナーかと思ったら、靴下の底に開いた穴から小指が出てた(>_<)!
底に穴が開いた経験がなかったから全然気付かなくてアッチョンブリケ(*_*)!

若返りの日。

beada310.jpg先日書いた『脳のトレーニング』を毎日やっております。
毎日やっている成果が出ているのか、本日はこのとおり!今迄の中で一番若い21歳でした!
やったー!いいねぇ〜。ウンウン。
このゲーム、20歳が一番若い=最高なのだそうです。
明日はもう老けるだろうなぁ…(涙)。

本日は、銀座の「ボーテラボ・スキンケアクリニック」というエステ&皮膚科や婦人科が一緒になっているポーラ化粧品系列のエステ(医者?)に行って参りました。
本日の目的は…フォトフェイシャル!
これはどういうものかと言いますと、顔に光(レーザーとはまた少し違う)を照射し、顔の毛穴やシミ、出来物を焼き払う、といったものです。
「焼き払う」というのは、この光は(レーザーもそうなのですが)黒いものに反応します。だから、顔の毛にも効果があります。ホクロも勿論です。
それに加えて、毛穴等に照射する事により、毛穴の深層を刺激し、コラーゲンの生成を促進させる、というものです。
ちなみに小ジワにも効くそうですが、深いシワには効かないそうです。
カウンセリングを受け、肌年齢をチェック。そしてなんとなくおっかない女医さん(女医さんによくあるタイプらしい)に診てもらってから施術してもらいました。

実際に体験してみて…痛みはレーザー脱毛のそれと似ておりますが、レーザー程ではないです。
レーザー同様、ホクロ等の黒い部分に反応するのですが、チクっとします。
「ゴムで軽く弾かれた感覚」というのをよくこのテの説明では使われますが…まぁ近いかな。
今鏡で見てみたら、赤みがまだ若干あります。ホクロも一部反応しているものがあるようです。鼻の下のホクロはチャームポイントなので、死守しました(笑)。
実際はこれを5回程やる事によって効果が明らかにわかるそうです。

その前にコンピュータを使った肌年齢のチェックをしてもらいました。
ナント!私の肌は実年齢よりもトータル平均して10若かった!
やったぜカトちゃん!
気になる毛穴だけは4歳しか若くなかった…。やはり、気にしているだけありますな。

担当して下さった看護士の肌もとても奇麗な肌をしておりました。若いからか!?
施術中、診察担当の女医さんを「ちょっと威圧感があって怖いんですけど…」と言っていたので、きっと普段チクチクやられているのでしょう(笑)。
早速その女医のモノマネを披露した後「合コンの時も男を前にしてあんなにおっかないのかな?と心配に思ったけど、指輪している所を見ると、ご結婚されているんですね。」と言ったら「凄い観察力ですねぇ!…あの、私はどういう性格か分かりますか?」
指輪していたら普通は見るよなぁ…。つーか、私は細木数子じゃないんだよ(笑)。
「う〜ん…結構おっとりしてますか?”早くしなさい!”とか言われたり…さっきの女医さんに(笑)」「え!…そ、そうなんですよ〜(言うか?こんな話。笑)」
という話をしたりしました。
それと、緑茶の効果の話、カラオケはちゃんと歌えばストレス発散だけではなく腹筋と顔のたるみに効果的だという話をした所、「勉強になりました」と逆に言われてしまいました(汗)。
緑茶の効果については前に書いたので、近々「カラオケによる美容法」を書きます。
ほぼ私の持論ですけど(笑)、理にかなっているものだと思います。

『The Tower』、ひとまずクリア。

以前にご紹介したGBA用のソフト『The Tower』をとりあえず終わらせました。
このゲーム、実は終わりなきゲームで、ひたすらビルを建て、50階に大聖堂を作って結婚式を誰かが挙げたらクリアなんですけど、だからといってエンディングが流れるわけでもないという、スッキリしないゲームなのです(笑)。
50階まで建てた時の結婚式で、サエキけんぞう氏の手がけた曲がセガサターン版同様に流れるのか楽しみにしておりましたが、鐘の音しか鳴らずに残念!
この曲の為に買ったようなものだったのに・・・。
 

ファミ通を愛する。

50ee473c.jpgさわら嬢に薦められた『逆転裁判』を試しに買おうと地元のゲーム屋に行ったけど置いてなかった。チェッ!
本日は『Nintendogs(以下、任天犬)』の飼い主が数名いたので、各々の犬を見たりして楽しみました。
みんな自分の犬が一番カワイイと思っている犬バカです(笑)。
みんながやっていると自分も欲しくなるというのが人情(違うか)。
ただねぇ…育たない所が気がかりなんですよねぇ…。
だって、ゲームに出て来る犬は15匹で、部屋に置けるのは3匹、ホテルに預けられるのは5匹、計8匹。8匹になってそれ以降新しく飼いたい時は、今いる犬と別れないといけないのです。
これは犬好きとしては困ったもんですよ。いっぺんに何匹も飼うのは大変だから、別々に飼いたいですよねぇ…。

私には好きなゲーム雑誌があるんです。それは、お気づきの通り『ファミ通』です。
これは昔『ファミコン通信』という名前だった頃から愛読しています。
私のゲーマーな日々には波があり、忙しかったりすると出来ないのですが、新しいゲーム機を買う時や「最近面白いゲームはないかな?」と思った時に購入しております。
この中で連載していたマンガの単行本も何冊か持っております(笑)。

今日は私が何故『ファミ通』を愛読しているかを書きます(やっと本題か)。
ゲーム雑誌で一番嫌なのは、アニメ調のイラストが沢山載っている事なんです。
ゲームは好きだけど、そのテのは好きではないので…(汗)。
「ゲームが好きだ」と言うと、うっかりするとそっちの人々に仲間にされそうになるのが困る所なんですよねぇ…。
そんな中、どういうキッカケかファミ通を読む事になったのですが、この雑誌はそんな私にはうってつけの内容でした。
購読し始めの頃は、スチャダラパーのアニや伊集院光などがエッセイを書き、読者の投稿コーナーのタイトル題字には高木ブーや、ナントあの坂本龍一が担当していた時期もありました。
現在も漫画家のなんきんや電撃ネットワークが題字やエッセイを担当しております。
他にもくだらないバカ企画や読者ページ等もあり、アニメ系の匂いは皆無といって良いでしょう。読者のイラストもアニメ系は載っておらず、むしろ昔のジャンプ放送局系(笑)。
だから安心して読めるのです。ゲーム雑誌界の任天堂みたいな感じか(笑)。

この雑誌の中に、今度発売されるゲームのレビューが載っているのですが、当時漫画を連載していた荒井清和氏が、レビューを担当する編集者のイラストを描いており、「私もいつかは荒井清和氏に二頭身でイラストを描いてもらうど!」というささやかな夢を抱きました。つーか、今も抱いております(笑)。
また、このイラストも相まって編集者のキャラが上手く引き出されており、入社を夢見た時期もありました(笑)。

『ファミ通』の中で一緒に漫画家デビューを試みようとした事もあるさわら嬢と、昔ファミ通の編集部を見学させてもらった事があります(笑)。
就職活動でもなくて本当の社会科見学感覚で行ったので、向こうの方は驚かれておりました。
前もってアポをとり、菓子折りを持って行きましたねぇ。
その時に案内をして下さった方に名刺を頂きましたが(今だに大切に持っています)、その方は現在レビューでイラストになっております。

編集部にはあまり人がおらず、当時のレビューに載っていた編集者もおらず、ちょっと残念…。向こうも珍しい来客に困惑したのか、「あまり見る所なくてすみません…」と恐縮(笑)。
そしたら帰りにナント!「本来は差し上げないんですけど…」といいながらファミ通のステッカーやネッキー(ファミ通のキャラ)がついたちょっと豪勢な銀のボールペン、そしてこのテレフォンカードを頂いちゃいました!
ラッキー!これは本来なら、ファミ通独自の通貨「ガバス」を集めないと貰えないものばかりなのです。
これを書いていたら、また見学に行きたくなった…。
社会科見学って楽しいから好きです。

DS仲間、増殖中。

7564e2a4.jpg私はイイ!と思ったものをすぐに人に伝えたがる習性がありまして、今迄にプロレスや食玩等のブームを生み出しました(身内限定)。
営業職や詐欺師ならきっとバツグンの成績なんだろうなぁ…(笑)。

そんなワケで、今ニンテンドーDSを周りにアピールしております。
最近DSを楽しそうに見せびらかした効果で『Nintendogs』をDS本体ごと購入して来た知人がおりました。
その犬で遊んで「いいなぁ」とつぶやいた別の知人に追い討ちをかける様に、雑誌『ファミ通』で『Nintendogs』が書かれている記事を見せたら、その数十分後に彼女は購入して戻って来ました(笑)。
先日の韓国料理屋の時も、GBAを購入したての(購入した時に私もいた)さわら嬢にDSと『Nintendogs』の性能をアピールしました。
…といっても、私は『Nintendogs』は持ってませんけどね(笑)。

そんでもって、今日は『大合奏!バンドブラザーズ』というゲームで『暴れん坊将軍のテーマ』を知人と二人でセッション演奏をし、その後DSの中に初めから入っている機能のピクトチャット(手書きしたものを無線で送り合ってチャットが出来る)を使って4人でお絵描きしりとりをしました。
みんな絵心があってかなり面白かった!
この時の自分なりの好プレーは「ツービート」でした(笑)。

韓国料理が好き。

f600ed06.jpgども!今日自転車でバリケートに突っ込んで転んだMIWAです。
「これやったら絶対転ぶに違いない」と思いながらも、自転車を漕ぎながら片手で服の袖口を直していたら(と書いたが実は、転ぶ直前の行動が曖昧me mine)案の上バリケードの縄に突っ込みました。
突っ込む直前に縄を目の前にして「やっぱり無理だったか…」と、冷静に思っている自分がおりました(汗)。

ブログ『オンナですもの色々あんのよ雑記』のさわら嬢と韓国料理屋に行きました。
ものすご〜く前の日記時代に書いた(と思う)小岩の「田舎家(いなかや)」というお店です。
私の心のベストテン第一位は新宿の「韓国食堂」ですが、ちょろっと寄るには「田舎家」がイイです。お店のお姉さんとも顔見知りだしね。
ちなみに小岩は韓国料理屋さんが多いので私としては嬉しい限りです。「イモネ」というお店も結構美味しいです。

ここで大好物のキムチチゲを食べました。馬鹿の一つ覚えの様に、韓国料理屋に行くと必ず注文します。
もはやキムチチゲが美味いかどうかでそのお店の評価をしております(笑)。

この画像のお惣菜(というのかな?)を見て下さい!
これが最初に必ずサービスで出るのです。韓国ではこれが普通なのだそうです。
その反面、これがあるから沢山注文出来ないのです(汗)。
毎回これらを完食出来なくて、一度「これも全部食べるど!」と気合いを入れて、苦戦しながらもほぼ全部制覇した所、「美味しかった?よく食べたね!じゃあおかわり持って来てあげる!」と言われ、もりもり盛られたお総菜が再び来た時は切なかったです…(涙)。

最近取材でドラゴンゲートを観に行ったさわら嬢と、その時の話をしたり、美容の話やゲームの話をしたりして楽しいひとときを過ごしました。

マッコリというお酒を呑んでいる(ちなみに、アジア映画のよっぱらいオヤジが呑んでいそうなとっくり&デカいぐい呑みだった)さわら嬢に脳年齢テストをやらせた所、同じ答えを何度も書くという奇行を繰り返していて面白かったです。
マッコリといえば、昔友人(女性)が韓国料理屋に行った時に「アレ頼みましょうよ!モッコリ!モッコリ!」と素で間違えていたのもオモロかったです。

脳を鍛える事にする。

2aac602c.jpg本日発売のニンテンドー用ソフト『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を早速購入。
今流行の『大人のためのドリル(notバカドリル)』のDSバージョンです。
朝、新聞の一面にデカデカと広告が載っていて、先週の『ファミ通』でチェックした時に「これ絶対買うー!(語尾を上げて発音するのが私流)」と、誰も聞いてもいないのに周りの人に言って回っていた自分を思い出した(笑)。

良く行く地元のゲーム屋(notファミコンハウス)は既に売り切れていたので、もう一件の支店にいったら一つだけ置いてありました。よかった〜。
2800円なら手頃だし、買っちゃうよね。

早速簡単な脳年齢をチェックすると、どうやらまだ活性化されていない&使い勝手がよくわからないのも相まって、ナント70歳代だった!
うむぅ…血液年齢=中学生、精神年齢=ピーターパンのこのワタクシが70歳だとぉッ!?
その後、毎日やるモードの脳年齢をやると46歳だったが…ううむ、老けたもんだよ…。

私がADHD故なのか、とても苦手な問題があって、記憶力のトレ−ニングは覚える時間2分、書く時間3分なんだけど、この2分が長くて飽きそうになるんですよねぇ…イカンイカン(>_<)!

ちなみに私が今の所このゲームの中で一番得意なのは、簡単な計算をひたすら解く問題。これも脳の広範囲を刺激するので効果的らしいのですが、つい最近『Nintendogs』を買った知人と通信対戦してことごとく打ち負かしました!
私が早く計算出来るのには、きっと小学校の時にこんな事があったからに違いない…ポワンポワンポワ〜ン(注:回想の音)。

私が5年生の時に、今で言う(当時も言ってたけど)暴力教師に当たってしまったのでした。
この江頭2:50に似た教師の家には当時毎日苦情の電話が殺到する程で、部活に所属していない自分の生徒は全員、この教師の趣味でもあるマラソンを含む運動を毎朝強いられたのです。
私は音楽部におりましたが、当時も既に立派な遅刻の常習犯、でも演奏は大して練習しなくても弾けるからパートリーダーにのし上がってしまったという、タチの悪い生徒でした(笑)。
だから、みんなが強制的に運動をさせられている時にコソコソと登校している姿を何度かこの教師に目撃され、他の全員の生徒の前で「朝の練習はあんな時間から出来るのか?」と罵られた挙げ句、別の日に宿題をウッカリ忘れて立たされた時に、他の生徒が5発殴られる所を「オマエは退部だ!」と勝手に退部させられた+延髄チョップ一発だけで済んだのです。
その後他の部員には「勝手に辞めさせられたので、事が治まる迄は休みます」と事情を話し、大事な合同練習以外はおとなしくしていたのだった…が!
教師的には、私が「部活を続けさせて下さいッ(泣)!」と懇願するアングルだったらしく、その後再びこっぴどく叱られ(辞めたのに文句を言われて困惑したわい)、最後は「部活を続けさせて下さい、ご主人様」と強制的に言わされて事が治まったのであった。…「ご主人様」は今勝手に付け足しましたけど(笑)。

話が大幅に逸れておりますが(汗)このキティGUY教師が熱を入れていたのが「百マス計算」だったのです。
これはどうやらある教育者が発案したもので、現在も多用されていると思われますが、11×11マスを書き、上段横一列と左縦一列に任意の数字を10づつ書き、可能な限り早くタテとヨコの数字をかけ算して答えを百マス埋めるのです。そして、その時間を縮めていく、と。
これ専用のノートを作らされ、そのノートにマスがあらかじめ作成されていないと勿論シバかれます。だからといって方眼紙状のノートを買って来た頭の良い生徒がいましたが、逆に罵られてました(恐)。
斜め後ろの生徒が宿題用の百マスを忘れただかしてシバかれたとき、その教師にグシャグシャにされたノートと一緒に北斗の拳の下敷きが私の机に直撃した事を思い出します(笑)。
そんな集団奴隷のような中で強要された百マス計算のおかげかも知れません。

ちなみにこのキティ教師の他のネタは別な日にでも…(笑)。

トカゲ発見!

カナ.jpg久々に現れた!
葉っぱに隠れてる!

ちびっ子だった。

トカゲ.jpg葉っぱが風に揺れてトカゲに触れたら動き出した!
木に登った所を指に誘導してみた。
ご覧の通り、前回より小さいです…って、前回のは大きさが分からないよねf^_^;。顔つきや肌のキメを見ると成体でないのがわかるかと思います。マニアには(笑)。
前のトカゲはお腹が凹んでいたので産卵後か?とも思ったが、その時の子供はこんなに早く育たないかf^_^;。
朝から戯れられて幸福だったけど、指に乗せて激写する私に母は嫌そうな顔をして「イヤッ(>_<)!なんて事してるの(´Д`)。」と嘆きました(笑)。

さよなら。

4-01.jpgもう出掛けなくちゃ。
最後はサボテンみたいな葉っぱに乗せてお別れをしました。
水撒きすると出るのかな?
また会えるといいな(^-^)。

届いた。

4d2bf95e.jpg先日書いたARSIONのDVDが届いたので、今観ています。
ちょっと録画DVDみたいにカクカクなっている部分が気になりますが、懐かしいやらで、当時一生懸命観ていた頃を思い出します。
このDVD、236分も収録されているのでかなりおトクだったです。

4年程前、メキシコのプロレス会場でキャンディー奥津に遭遇した時に思わず一緒に写真を撮ってもらった事がありますが(プロレス観る為にメキシコに行きましたが、何か?笑)、キャンディーは近くで見るともの凄くカワイくて、特に肌の美しさには羨望反面、「確か私と同い年だよな…」と、かなりショックを受けた記憶があります(涙)。

これは何故だかわからないのだけれど、女子プロを観ると(特に新人選手)、喉がグッとくるんですよ。泣く前みたいな、感極まるというか、そういう風になるんです。男子のプロレスはならないのに、女子に限ってなるんですよねぇ。
一生懸命やっている姿が健気だからかな?セリフがクサすぎるからか?なんでなんだろう??
そして、こんな状態になるのは私だけなのだろうか(汗)?
…あ!モチロン私はノンケですからね(笑)!

しっぽりと。

今日はお友達と銀座で食事をしました。
数年前からのお付き合いの同年代の友達なので、話が弾みます。

私は、学生時代の友達は非常に少ないのですが(屈折してますな。汗)、その反動か、社会人になってから友達になった人って、どういうワケだか同い年が多いのです。
カラオケに行っても気が合うし、お互いが全く違う環境で育っているので、意外な発見があったりしてイイものです。
今日は高校の話をしました。偶然知ったのは、友達が通っていた高校が、私が中学時代に先生に薦められた高校でした。
ま、私は「努力すれば行ける」と言われたので、どの道受からなかったでしょうけどね(笑)。
うーむ、もしかしたら彼女と同じ教室だったかも知れない。でも、そうだとしたら、果たして今のように一緒に遊んだりしただろうか?…おそらくしていなかったかも(笑)。
今だからこそ、きっと色々話が出来るのではなかろうか!?なんて事を考えながら帰りましたとさ。

ARSIONという美しい団体があった。

帰りに突然ARSIONの事が浮かんだので書きます。

先日六本木の路上で暴行を受けた女子プロレスラーAKINOがかつて所属していた女子プロレス団体の『ARSION(アルシオン)』という団体があった。
かつて全日本女子プロレスの広報だった小川宏氏が立ち上げた団体である。
この時に全女を中心とした選手を引き抜いて来たワケだが「ハイパー・ビジュアル・ファイティング・プロレス」と謳っているいるだけに、美しい選手が多かった。
私がENJU様に初めてプロレス観戦に連れて行ってもらったのもARSIONだった。

演出も観る側&闘う側のモチベーションを高めるようになっていたように思う。
最初にARSIONのテーマに合わせ、一人づつ紹介を兼ねてリングに登場。そしてVの字に並んだ後、その日のカード(試合の組み合わせ)を発表する。
これが恒例であった。

選手達も美しいだけではなく、体のしなやかさを生かした技(メキシコでは主流のルチャ等)も多かったように思う。
そして、選手によって技の特性も割と明確だったし、コスチュームも洗練されたデザインが多かった。
全女で黄色の鼓笛隊みたいな、どちらかというと鈍臭いキャラだった吉田万里子は、黒と赤を基調としたスクールなデザインに、関節技を多く使う所から蜘蛛をモチーフにした模様が入っていて、かつてのイメージを一新させた。
長身で手足の長い大向美智子は、より洗練されたデザインのコスチュームになり、美しさに磨きをかけた。
GAMIさんは職人気質で、様々な技をひょうひょうと繰り出した。そのタイミングは絶妙である。

他にも同性から観ても美しくカッコイイ選手が沢山おり、本当に観ていて楽しかった。

その後男子のプロレスに興味を持ち出してから私自身も足が遠のいてしまい、あれよあれよという間にARSIONという団体は崩壊してしまったのだが、私にとっては今でも女子プロレスの団体の中ではARSIONが一番好きかも。
先日、そのARSIONの6年間をまとめたDVDが発売された事を今思い出し、これを書きながらAMAZONで注文しちゃったよ(汗)。
欲しかったのに忘れてたわ。プロレス関連の所に最近行かないから忘れちゃうのよね(笑)。

ちなみにこのブログを書きながらメールチェックしたら、sawara嬢から、ストーカー市川と三島(ドラゴンゲート)の画像が送りつけられて来ていた。
…いじめ(笑)?


2_IMG_0391mini
Miwa Marvelous

ヘアメイクを駆使し、性別や国境を越えたクールで若干コミカルなパフォーマンス&ダンスで笑いをお届けするさすらいのパフォーマー。FUJI ROCK'10に出演。気が向いた時に作曲、映像編集等も手掛ける。愛犬家。


Recent Comments
twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

counter
携帯版はコチラ
QRコード
  • ライブドアブログ