132411474ご無沙汰にご無沙汰を重ねたこちらのブログ。
ネタももう2ヶ月も前の話で恐縮でございます(^_^;

去る4月29日に、東京レインボープライドに出演させて頂きました!

どういったイベントかというと、セクシャルマイノリティーな方々のイベントでございます。
セクシャルマイノリティーというのは、主に同性愛者の方達ですね。

原宿〜渋谷を練り歩くパレードがあって、その後代々木公園の野外ステージにてダンスを見たりして、最後は〆!
…という流れでした。
私は友人のライス・フロッグママちゃんと共に最後のステージで踊って参りましたよ!

私は「ええじゃないか」と書いた例のふんどしを仕込んで、午前中のリハから夕方の出演時間まで家に一度帰ったり念入りに準備をしたにもかかわらず、本番で調子に乗りすぎてしまい、気づけば演目の最後の最後にババッと下ろすハズのふんどしが演目前半で既に下がってきてしまっていて、しかもぐちゃぐちゃになってしまっていた、という大失敗をしてしまいました(><)!!!

今まではタイミングに合わせて上手くふんどしがおろせるかという微調整に力を入れていたのですが、まさか外れてしまうとは思いもよらず、個人的には非常に悔しい思いをしたのでありました…(T_T)

とはいえ、大盛況で、皆様大変盛り上がっていらっしゃいました!


ドラッグクイーンや女装子のお姉様達とも楽屋でわいわいとお話ができたりして、大変嬉しく思いました。
私は女装メイクを長年やってますが、ドラァグ・クイーンは特に大好きでして、やっぱりいいなぁ〜と思いましたねぇ。
何が良いというと、やはり過剰にきらびやかで華やかな所ですね。
まぁ、だからこそ「ドラァグ・クイーン」と言うんですけどねw



セクシャルマイノリティに関しては私は小さい頃からニューハーフの世界などにも興味津々だったし、女装メイクも楽しいなぁと思ってるので全く抵抗はないのです。
よく「あの人達(女装者)はオカマなの?」という質問をよく受けますが、おそらく大半は違います。
女装とニューハーフは違うものだし、女装の中にも色々な人がいるので一括りでは考えられないものですが。

で、中には「オカマ!気持ち悪い」と毛嫌いしてしまう人も見受けられますが、別に本人達はそうなろうと思ってなってるわけじゃないんだから、相容れないとか理解できないのは仕方ないと思うけど、毛嫌いする必要はないと思うのであります。
ほら、例えばだけど、SMが好きな人とか別に「自分は今日からSMを好きになるぞ!」と思って好きになったワケじゃないじゃんw
女装サロンに来られている方でも、最初は「自分はHENTAIなんじゃないか?」とか苦悩があって、けどサロンに行ってみたら意外とお仲間がいっぱいいて「なーんだ☆」と気持ちが軽くなる事もあるようです。

それに、毛嫌いして攻撃的になる(意地悪をするとか)人というのは、動物が嫌いだからといってわざわざ捕まえて虐待するのと同じくらいクズだと思うのです。
これはセクシャルマイノリティだけに言える事ではないのですけどね。

うむ、まとまりがなくなってきたw


そんなワケで、今回のレインボープライドを通して、そういう事を色々と考えさせられた機会でもありました!