最近、スキンケア等をやるにあたり、効率良く効果を発揮する方法を調査しました。
*女性限定。

調査によると、女性は生理の周期に合わせると効率良く綺麗になれるようです。
まずバリバリ生理中はダメ。排卵日から生理が始まるまでの二週間も、黄体期なのでダメ。
気分もイマイチ、肌も荒れやすいので、食事には気をつけないといけません。

というワケでどの時期が良いかというと、生理が終わってから排卵日迄の約一週間である卵胞期が一番良いのだそうです。
女性としての魅力も一番バリバリだそうで、気になる彼へのアプローチや(笑)ダイエットやエステ、新しい化粧品等、この時が一番効果を発揮するのだそうです。

周期に沿って、もしくは頭の片隅に留めておきながら色々やってみると良いかも知れませんね。

…なんて事を考えていたら、ある事に気付いた。
つまり、女が一番快適なのって、これに沿って考えたら、一ヶ月中にたった一週間しかないじゃん(*_*)!
それによくよく考えると、女性は生理が嫌でも来るから、生理用品を買わなければならない。
すっぴんじゃ失礼だから化粧をし、毛が濃けりゃあみっともないから脱毛し、容姿で酷い事を言われりゃ整形。
女は男よりブスだのデブだのと言われる。
うーむ…女はかなり損&金がかかる生き物だ。女であるというだけで。

そこで。
世界規模で考えても、男性は女性を優しくリードする。食事をご馳走したり、プレゼントを贈る。
それは、「女が実はこういった大変な思い(という程でもないが)をしている事への報い」ではないか?と思った。
事実、化粧もしないで機能性しか重視していないとしか思えないような服を着たカラカラな女に、一体誰が振り向くだろう?

ちなみに一般的に「人は見かけではない」と言う人がいますが、これは慰めにもならない言葉。
人は見かけで判断しますよ。
でも「美男美女でなければならない」とか「金かけて着飾れ」という意味では決してありませんよ。
つまり、きちんと身だしなみに気を使っていれば、人はちゃんと中身を見るのです。
例えデブだろうがブサイクだろうが、モテる人はモテるのです。
それすら出来ていない人が「人は見かけではない」という言葉を信じるのは危険ではなかろうか?と。

そんなワケで、ちょっとした所を気にしたりしている姿だけでも女は可愛いと思いますが、そうやって研究している女は、ちゃんと報いが来るのだ、と思うのでした。

とはいえど。
女はそうやってアレやコレやを気にしたり悩んだりするのを楽しんでいるワケなのですな〜(笑)。
というよりも、楽しまなければ損かもね。だってルーティーンなのだから。