みわちゃん・いんふぉ リターンズ

ライター・みわよしこのブログ。猫話、料理の話、車椅子での日常悲喜こもごも、時には真面目な記事の「ごった煮」をお楽しみください。

正しい「他人ごと」の態度とは? 子ども・子育て問題と私



私の周囲は、出産ラッシュです。「少子化」とは、どこの誰の話なのでしょうか。

共通していることは、30代以上、それも30代後半以上での出産が多いということです。
避妊に失敗した結果の妊娠もありました。
悩みに悩み、迷いに迷っての妊娠もありました。
子どもを失ったお母さんの、最後のチャンスに賭けての妊娠もありました。 
共通していることは、 
「悩んだり迷ったりしたけれど、お母さんが、または両親が、主体的に選びとっての出産」
ということです。

父親たちの育児への協力ぶりは、いろいろです。
積極的に 育児に関わる父親もいれば、妻が嫌がるので「イクメン」にはならないという父親もいます。

かくいう私は、
「仕事も家庭も子どもも」
と強く望んで、失敗した口です。
仕事と家庭・子どもの二者択一で、私は仕事を取りました。
家庭と子どもがなくても、生きて行けます。
でも、仕事がなかったら、 生きていけません。
そして、子どもを持つチャンスを逃したまま50歳になろうとしています。 

子育ての経験はありませんが、子育てが大変なことは理解できます。
3人きょうだいで、一番下とは9歳違い。
ただ、子育てそのものを親として体験したわけではありません。
自分が子どもだった時期も、遠い昔になりました。
子育てにまつわる問題も、いま現在子どもである人たちの問題も、 理解はできますが共感はできません。
そして最近、それでいいんだと思うようになりました。

困難に向き合っている母親たちは、父親たちは、子どもたちは、共感してほしいと思っているとは限りません。
共感はできないからこそのクールな関わりと、当事者ではないからこその問題解決思考が、困難に向き合う人々を救うかもしれません。

クールに関われて、当事者の感情を持たないからこその問題解決思考をまとった大人として、
子育てという難事業に関わる人々や、
これから育っていくという難事業を成し遂げようとしている子どもたちの近くにいること。
無理をせずに支えられるときに支えること。

当事者じゃないからこそ、所詮は「他人ごと」だからこそ、できることがあるのでは。
最近、そんなふうに思うようになりました。



以下、アフィリエイトです。

私が「子どもをほしい」と思っていた時に読んでいた本です。


子どもの貧困は、ただ、その子どもが現在貧困であるということではありません。
数多くの機会を、将来にわたって奪うということです。

中学生と小学生の子どもがいる家族が困窮し、生活保護で周囲の人々ともども再生していく物語です。


拙著です。一章を子どもの貧困の問題に宛てています。
ソフトカバー版

Kindle版


12月4日発売の「フライデー スペシャル」に、インタビューを掲載していただきました。
貧困の中で子ども時代を送った生活保護当事者の方を、お一人紹介しています。
 

女性の障害者……だから何でしょうか?



今日は、生活保護に関する記者会見取材のため、厚労省内の厚生労働記者会に行って来ました。

いつも厚労省前では、さまざまな抗議運動が繰り広げられています。
このところ、秘密保護法に解雇規制緩和、もちろん生活保護法改悪、数多くの抗議すべき動きがあります。
だから抗議運動も盛んです。
もちろん私も、その多くには「抗議すべき」と思っています。
でも、立ち止まりません。笑いかけられても無表情を通します。ビラを差し出されても受け取りません。

私はなぜ、立ち止まって理解を示すそぶりをしなくてはならないのでしょうか。
私はなぜ、笑いかけられて、にっこり笑い返さなくてはならないのでしょうか。
私はなぜ、差し出されたビラを受け取らなくてはならないのでしょうか。

私に向けられる態度や笑顔は、たいていの場合、私の「女性の障害者」という見た目に反応しています。
私の前や後ろを通る背広姿の男性に対する態度とは全く違います。
私は、いわゆる「左翼的」な活動に対する理解、「いのち」「生活」といったキーワードへの共感を、暗に陽に求められていると感じます。私が車椅子に乗っている女性だからでしょう。
私は、親しみやすく共感的な態度を示すことを、暗に陽に求められていると感じます。これもまた、私が車椅子に乗っている女性だからでしょう。
私は、善意・好意と称して差し出されるものを、受け取ることを求められています。もちろん、私が車椅子に乗っている女性だからでしょう。
それがイヤなのです。

相手の活動が何であれ、相手の意見がどうであれ、私の身体は「女性障害者差別」に反応します。
そこで反応してしまったら、それ以上、相手と接触することはできません。
私は、ことさらに怖い表情を作ります。
私は、話しかけられても笑いかけられても表情を動かしません。
私は、差し出されるビラを受け取りません。目の前に突き出される場合には特に。

こちらから見れば、相手はニッコリ笑いながら、私の顔を傷つける位置に紙を突き出しているのです。
ニッコリ笑いながら攻撃。
私の身体は、これをイジメであると認識します。
私でなくても、拒否反応を示すのが正常な人間でしょう。
私は、人間として正常な反応をしてはいけないんですか?

そして、その人々をかきわけて厚労省に入ったからといって、一息つけるわけではないのです。
そこはそこで、私の生存や生活や活動の維持を脅かす動きの主戦場なんですから。



以下、アフィリエイトです。

生活保護法改正案・生活困窮者自立支援法案は、明日にも衆院で可決されて成立する可能性が高いと見られています。
でも、成立後が本番です。
すべての人々の生存と生活が、これから脅かされようとしています。
今日からでも遅くはありません。勉強をはじめましょう。

●稲葉剛さんの近著です。生活保護制度に関する最初の一冊としてお勧めです。




●生活保護・貧困・家族愛をテーマとした、さいきまこさんのコミックです。
12月16日発売。




●拙著です。
生活保護を利用している当事者、支援者、福祉事務所に勤務する公務員、学者など多様な人々の語りを読みたい方に、特にお勧めです。

ソフトカバー版


Kindle版



●石原伸晃さんのご著書です。



私は石原伸晃さんも、お父上の石原慎太郎さんも、まったく支持していません。
しかし、石原伸晃さんの事務所のスタッフの皆さんには、選挙のたびに感嘆しています。
その選挙区に在住している私は、よく石原さんが街頭演説されているところに通りがかるのですが、スタッフの皆さんは、一度として、私の目の前にビラを突き出したことがないんです。
腰をかがめる、あるいは膝を少し曲げるなどされ、私の手の高さにビラを差し出されます。
末端のスタッフのお一人お一人に至るまで、成人の障害者に失敬なことをされません。
少なくとも私は、石原伸晃さんの事務所の方々に失敬な扱いをされたことはありません。
素晴らしいことです。
「左」の皆さんも、こういうところは大いに見習うべきではないかと思います。

●共産党・小池晃参院議員の年金に関するご著書です。
実は私、まだ読んでいないのですが、小池議員は非常によく勉強されているので、年金に関する基本的な知識の整理という意味で期待できそうです。

 
 

生活保護について語る前に - 稲葉剛さん「生活保護から考える」(岩波新書)



稲葉剛さんご本人より、ご恵贈いただきました。ありがとうございます。



頂戴したからというわけではありませんが、強くご一読をお勧めします。

生活保護という制度は何なのか。
生活保護を利用している当事者たちは、どのような人々なのか。
生活保護という制度をめぐる政情は、どのような状況にあるのか。その意味は何なのか。
生活保護という制度は、日本の社会の中でどのような位置づけにあるのか。

どういうご関心をお持ちの方にとっても、その関心を満たす何かが得られる書籍であろうと思います。

●生活保護という制度は何なのか

第一章「崩される社会保障の岩盤」だけでもお読みください。
生活保護のせいで「正直者がバカを見る」としばしば言われますが、本当にそうなのでしょうか。
「高すぎる」とも「低すぎる」とも言われる生活保護基準は、どのように決められているのでしょうか?
生活保護制度を縮小することで困るのは、生活保護制度を直接利用している当事者だけなのでしょうか?
生活保護費は「働かずにお金がもらえていいなあ」という性格のものなのでしょうか?
生活保護からの脱却を難しくしているのは、怠惰な当事者なのでしょうか?
さまざまな視点からの意見が紹介され、本当はどうなのかが良く分かります。

●生活保護という制度を利用している当事者たちは、どのような人々なのか

第四章「当事者の一歩」を、ぜひどうぞ。
生活保護を利用している当事者として、身体障害者・元野宿者・DV被害者・精神疾患を持つ人 の4名が紹介されます。その生活史と現在を読めば、生活保護という制度のアウトラインがくっきりと浮かび上がってくるのではないでしょうか?
「真面目な当事者ばかり、わざと集めたんでしょう?」
というイメージを持たれる方も多いと思いますが、「大きな問題のある当事者を探すのはかえって大変」というのは、生活保護問題を追っている私の実感でもあります。

●生活保護という制度をめぐる政情は、どのような状況にあるのか。その意味は何なのか

第一章「崩される社会保障の岩盤」、第二章「届かない叫び声」、第五章「問われる日本社会」に、戦前からの公的扶助制度史が示されています。その歴史的視野によって、今とこれからが浮き彫りにされています。

●生活保護という制度は、日本の社会の中でどのような位置づけにあるのか

いわゆる生活保護バッシングは、日本の「イエ」「ムラ」を重視する人々と、個人をベースとした市民社会を重視する人々の軋轢でもあるでしょう。
第三章「家族の限界」には、生活保護と「イエ」制度・家族というものの関係とそれらの問題点、さらに生活保護法との関連が示されています。

12月4日にも、生活保護法改正案は衆院で(参院先議のため)可決されると見られています。
もし改正案が成立してしまったとしても、生活保護制度にまつわる問題はむしろ、さらに深刻さをもって広がっていくばかりでしょう。
そして、生活保護制度にまつわる問題の背景にある日本の貧困は消えてなくなるどころか、さらに拡大していくでしょう。
本番はこれからです。

本番に備えて、ぜひ、ご一読ください。


 
以下、アファリエイトです。

拙著「生活保護リアル」も、参考文献に挙げていただいております。感謝します。
ソフトカバー(左)、Kindle版(右)、です。

 
GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。