猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



2014年12月

仕事と共に年越しの大晦日

ここしばらくの心労で、心身とも参っているうえに、その参った心身で遅れた仕事に向かわなくてはなりません。

今朝は1時過ぎにベッドに入りましたが、3時近くまで寝付けませんでした。
「眠れないと明日も仕事にならない」
と焦りましたが、幸いにも入眠でき、8時前に起きました。
5時間ほどですが熟睡できた感じがありました。ありがたいことです。

しかし、120/80で維持できていた血圧が、12月に入ったあたりからとんでもないことになっています。
2014-12-31-09-04-12
2014-12-31-09-59-43
2014-12-31-16-59-46

私は、なんという愚かしいことをしてしまったのでしょうか。
私に「話を聞いて欲しい」としがみつく人々の、しがみつく腕を切り落としてでも、自分の時間やエネルギーを分けてはならなかったんです。
次世代の党や自民党が生活保護締め付けをウリにして選挙活動してる?
「ろくでなし子」さんが再逮捕された?
それは確かに大変なことです。私だって気になります。
でも振り回されていられません。守るべき家族、守るべき自分の仕事がありますから。
振り回されてパニックになるなら、私を巻き込んでストレスをかけることなく、自分で勝手にやってればよかったんです。
私にストレスをかけた時間泥棒・エネルギー泥棒の方々は、もし私に何かあったとしても、どういう責任も取らないし、取る気があっても取れないんですから。
私に何かあったら、猫の摩耶と瑠はどうなるんでしょうか? 誰が摩耶に毎日の皮下補液をするのでしょうか?
その人達が生活保護利用者? 関係ありません。なかったはずです。
私が思い込んでただけなんです。生活保護利用者のニーズには、なるべく応えなくちゃいけないと。
強引な「話を聞いて欲しい」を断れなかっただけです。
まったく、愚かな自分め。

最近になって、一連の出来事を、精神科看護師や精神科ソーシャルワーカーの友人たちに相談しています。
「具合悪くなるの当たり前だよ、ストーカー被害に遭ってたようなものなんだから」
と言ってもらえるのはありがたいんですが、そのストーカー被害に最初から遭わないことができなかったのは、ほんとに自己責任です。
相手が逆ギレするリスクがあっても、「会いたい」「話を聞いてほしい」を突っぱねるべきでした。

朝食は、自責して涙ぐみながら作ったショウガ・小松菜・卵の雑炊。
2014-12-31-09-31-34

昼食は回転寿司。
夕食は納豆おろし蕎麦。麺は買ってきた生麺です。
年に一度の蕎麦打ちを、今年は断念せざるを得ませんでした。
2014-12-31-21-10-45
 
麺類の大好きな摩耶、蕎麦を喜んでいただきました。
2014-12-31-21-13-04

泣きたくなるような年の瀬だけど、愛してるよ、摩耶’(17歳7ヶ月13日)。
2014-12-31-08-05-21

来年は、付き合いたくない・付き合ったら困らされることになる人たちを、可能な限り周辺から排除することが目標です。
「生活保護」「障害者」「失業中」と言われると、先方の期待するような付き合いを断ることが難しいんです、立場がら。
でも、断らなくてはいけません。
昨日51歳になった私、人生は残りのほうが少なくなっているんですから、付き合いたいと思う人とだけ付き合いたい。付き合いを強いられて仕方なく付き合う人はゼロにしたい。
そう思うのが自然じゃないでしょうか?
それを実行するのみです。
もちろん、「生活保護」「障害者」「失業中」といった属性を持っている方が
「付き合いたくて、魅力を感じるので、付き合う」
ということはありえます。
でも、そういう属性ゆえに、付き合いをお断りできなくなるというのは、どう考えてもおかしな話です。
だから今後は断固断らなくては。

さあ、来年は、自分が気持ちいい・生きていて楽しいと思えるヒトやモノや仕事で、自分の周辺を埋めるぞ。
後悔少ない人生後半戦に入るぞ。
きっと出来る。
きっと実現できるから。
……そう自分に言い聞かせていないと、12月中に手離れしていなくてはならなかった書籍の原稿を抱えて年を越すことになった自分を、責めずにいられません。

今日の蕎麦はこんな高級品じゃありませんでしたけど。
 

頑張れなかった誕生日

今日は51回目の誕生日でした。
今日も愛してるよ、摩耶(17歳7ヶ月12日)。
2014-12-30-07-42-09

朝、作る気力も食べる気力もなく、昼近くになって外に出てパエリアランチを食べました。
2014-12-30-13-05-14
 
自分の誕生日・お正月・猫の悠(1998-2013)の月命日(2日)をまとめて、小さな花束を買ってきました。
2014-12-30-15-20-20
 
15日前、友人が遊びに来たときに持ってきてくれたバラとカスミソウをマージしたら、大変豪華な感じに。
 2014-12-30-15-28-11

悠の骨壷(右手奥)のそばに飾りました。
男のコなんですが、華奢な体つきと優しい顔立ちで女のコと間違われてばかりだった悠、最後まで女のコと間違われてしまい、ピンクの骨壷に入れられてしまいました。彼らしいといえば彼らしい。
2014-12-30-15-34-03

夕ごはん。炊きおきのご飯、タクワン、梅肉、インスタント吸い物。
2014-12-30-19-19-44
 
原稿がどうじても進まないカーチャンを横目に、摩耶と瑠(6歳)は今日も仲良くまったりしていました。
 2014-12-30-10-47-33

林久右衛門商店さんのインスタント吸い物は本当に落ち着く味です。
修羅場でいただくと、ほっとして滋味が身体に染みこむ感じ。
お値段が良いので、ふだんいただくのは難しいのですが。
 

今日の朝食(2014.12.29)

進まない書籍の執筆が大詰めとなってきた本日です。
31日脱稿はなんとしても死守せねば。
しかし午前中は、ヘルパーさん来訪してまず金曜日以来の入浴などをこなし、ヘルパーさん来訪時に仕事するのは難しいので部屋を少し整理など。
書類等の行方不明状態がかなり解消され、すっきりしたところで、仕事に取りかかろうとするも、空腹でふらふらです。何も食べてませんでした。
でも料理する気になれません。味噌汁一杯作る気もしない。5分で済むんですが。
というわけで、昨日のご飯に林久右衛門商店のフカヒレスープと水を加えてレンジ加熱、柚子胡椒トッピング。
こんな日もあるさ。
本日夕方は、欧州在住の友人夫妻が一時帰国しているので飲みに行くという楽しみもあるし。
2014-12-29-12-11-10
 
昨夕、ささやかにお正月飾りなど。280円の小さなしめ縄。
2014-12-28-16-03-42
 
もちろん、摩耶(17歳7ヶ月11日)、愛してるよ。
2014-12-29-07-51-25
 
今朝、猫好きイケメンヘルパーさんがいる前で、摩耶に皮下補液・注射などの処置を行った時のこと。
ふだん、おとなしく処置される摩耶、イケメンヘルパーさんがいるせいか、おおげさに反抗アピール。通常の500%くらい(本猫比)。
本気度20%程度の「シャー!」、急速振り向き噛み付きのふりなど。
瑠(6歳7ヶ月)、心配そうに見守りながら「にゃー!」と姉貴を応援。
ヘルパーさん「瑠ちゃん優しいですねえ」と感心。ありがとうございます。
大変賑やかでありました。

そんな仲良し姉弟。昨日の写真ですが。
 2014-12-28-14-01-27

林久右衛門さんのフリーズドライ味噌汁・スープ類、心身とも疲労困憊しているとき、五臓六腑にしみわたるようで大変良いです。
お値段が良いので、ふだんは食しませんが、ここ一番の頑張りが必要だったり心身の調子が悪かったりするけれども自炊の時間がないときに、ときどき食べております。
 

今日の朝食(2014.12.28)+書籍2冊ご恵贈お礼

昨晩は21時ごろにエネルギー枯渇。
「仮眠で済みますように」と願いつつ22時ごろ横になり、10時間がっつり眠って起きました。

そんな翌朝の朝食。
今日はご飯を炊いたのですが(米は昨晩から水浸)、水加減火加減を間違えるということをやらかしました。 
45年くらい鍋釜でご飯炊いていますが、時にはこういうことが起こります。
途中で「これはまずい」と気づいて加えた修正が、まあまあの効果を上げたうえ、見事なおこげができました。
ご飯には、めんつゆに漬けておいた卵黄と柚子胡椒(昨年の自家製)をトッピング。
今年は柚子胡椒作れるかなあ……?
2014-12-28-10-09-24

全体です。
下右:味噌汁(卵白身、塩ワカメ)
上右:温奴(出汁パックの中身+水+片栗粉のあんかけ風)
上左:タクアン(八百屋さんのお手製)、イワシごま漬け(出来合い)
野菜少なすぎるんですが、いいことにします。
2014-12-28-10-09-20

温奴のダシがらあんかけ風にも、自家製柚子胡椒を豪快にトッピング。
2014-12-28-10-09-31


昨日ご恵贈いただきました書籍2点。
  • 「フォアミセス」2015年2月号
さいきまこさん「神様の背中」第3話が掲載されています。
ぜひ、読んで下さい。DVがどのように被害者を追い詰めてしまうのか、本当に「あるある」という感じで書かれていますから。
 2014-12-27-20-31-41


もう10年以上前ですが、肉体的暴力だけはなかったけど元夫のDVに痛めつけられ、追い出したはいいけれど、今度はそのことで非難されるようになった私、その時の辛さを思い出して 、涙しました。
今も住む西荻窪の人々、今も交流をゼロにはできない血縁者の中には、 当時、元夫に味方した人、刃物が振り回されるような家の中で私が仕事しながら猫を守っていることに全く関心をもたなかった人が、何人もいます。
私は未だに、その人々を許していません。
DV加害者の味方、DV加害を容認する人々を「許す」とは、DVを許容するということですから、許すべきではないと思っています。
西荻窪で、その時に元夫の味方をした人が今も経営するお店の前を通るときの悔しさ、やるせなさ、怒り。
その人は、もし今から私が声をあげても「覚えてない」と言い張ったり、「そんな昔のことを未だに言うなんておかしい」「そんなだからKちゃん(元夫)は仕事も家庭も失うことになったのだ」と私を悪者にしたりするだけでしょう。
正直、「もう、解放されたい」と思います。
「許す」「水に流す」ということができれば、どんなに自分がラクになるだろうかと思います。
でも、できません。
DVを許容することにつながる行為だから、できません。

「神様の背中」第一話・第二話は、こちらに掲載されています。単行本化が待たれます。
 
  • 東大教授が語る、東大新入生のための数学ブックガイド
2014-12-27-20-31-49
 


落合先生とは直接の面識はないのですが、京大の藤原耕二先生と日本数学会「ジャーナリスト・イン・レジデンス」のご縁で頂戴しました。
これから社会学・経済学に数理的手法による解析を結合して、公的扶助が社会にとってどういう役割を果たしているのかを解明する研究をしようと思っている私、高等数学のやり直しに迫られています。
高校・大学時代を通じて、実は物理より数学の方が好きだったんですが、専門に学んだわけではなく、しかも勉強してから時間が経って忘れちゃってることが多いですから。
個人的に大変役に立つ本をタイムリーに頂戴し、感謝しています。 
読めるのは1月下旬あたりでしょうか。でも大切に読ませていただきます。ありがとうございます。

そんな朝も、摩耶(17歳7ヶ月10日)、愛してるよ!
摩耶の方は「おかーさん、写真より、早く朝ごはんにしてよ!」と不満気ですが。
 2014-12-28-09-23-00

今日の朝食(2014.12.27)

昨日午後は、どうしても年内に終わらせておかねばならない野暮用のため杉並区役所へ。
杉並区役所そば、阿佐ヶ谷の商店街の八百屋さんには、この時期、私が東京一うまいと思っている手作りタクアンが並びます。三浦大根で作られたタクアン、一本180円。
そのタクアンの袋を車椅子の背中にぶら下げて、 霞ヶ関は厚労省へ。
昨日夕方、社保審・生活保護基準部会が開催されたので、傍聴でした。
暖房の効いた(といっても18℃程度だとは思うけど)会議室内で、背中のタクアンが臭いはじめました。
私は他人のふりをして傍聴メモをとり続けましたが、周囲の方、相当臭ったと思います。
すみません。犯人は私です。 

翌朝の今日。
睡眠時間は7時間と正常化しつつあります。
しかし料理のモチベーションが沸かないので、朝食は簡単に。

左:雑穀ごはん(レンジ加熱)、なんばん粕漬けトッピング
右:落とし卵とワカメの味噌汁
上:イワシごま漬け(出来合いを出しただけ)+タクアン(切っただけ)
2014-12-27-10-20-24

厚労省の会議室を臭くした犯人というか犯タクアンは、食べて証拠隠滅。
まだたくさん残ってますが。
 2014-12-27-10-20-36

味噌汁。ダシは昨日の残りだったので、5分で出来ました。
ダシの効いた味噌汁にシンプルな具、今日のコンディションにぴったりでした。
薬味はありません。なんか、考えるの面倒くさくて。
2014-12-27-10-20-29

もちろん、摩耶(17歳7ヶ月9日)、愛してるよ。
2014-12-27-09-46-04

瑠(6歳7ヶ月、日付までは不明)、いつも写真ないけど、愛してるよ。
キミの写真がないのは、シャッターチャンスが少ないから。
2014-12-27-11-51-04

摩耶と瑠は本当に仲良しです。
2014-12-27-11-21-22
 
さてと。今日もカーチャン、お仕事頑張るぞ。
無理はせずに、でもペースは上げて。 

ちょこっとアフィリエイト。
摩耶たちの、ほぼ毎朝の朝食です。
 
GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。