みわよしこのなんでもブログ : 猫

みわよしこのなんでもブログ

ライター・みわよしこのブログ。猫話、料理の話、車椅子での日常悲喜こもごも、時には真面目な記事も。アフィリエイトの実験場として割り切り、テーマは限定しません。


[猫ばか日記]猫の食欲喚起 「幕の内弁当」作戦

 12歳男子・4歳女子・3歳女子の3猫を抱えた我が家、この夏は特に、12歳男子の食欲不振でヤキモキしました。
 ウエットフードの固形分とスープを組み合わせる「一汁一菜」作戦と、ドライフードを少量多品種風に演出する「幕の内弁当」作戦で、なんとか乗り切りました。

 写真は再掲になりますが、慢性腎不全を抱えた12歳男子・瑠(りゅう)の「幕の内弁当」です。
 「幕の内弁当」とは、ドライフード4種類を、なるべく混ざらないように食器に入れたもの。
 瑠の食べ方を観察していると、あくまで彼自身の選択であること、「この味が食べたい」という時に確実に食べられることが重要なようなんですよね。その状況に近づけてみると、ビンゴ! でした。

IMG_9576

 「4種類も?」と驚かれそうですが、シニア用1種類(30%くらい)、腎臓病療法食2種類(60%くらい)、4歳と3歳の妹たちも食べている成猫用1種類(10%くらい)の組み合わせです。

 腎臓病療法食の1種類だけが瑠のツボだった日。出したらそれだけパクつかれました。
IMG_9457

 4歳の咲・3歳の灯は、今のところ、煮干しを砕いて混ぜた「味付けごはん」です。
 煮干しが大好きなふたりを自分たちのごはんに誘導し、お兄ちゃんの前日の食べ残しもレンチンして軽く乾燥して混ぜ、お兄ちゃんのごはんに手を出される可能性を低めています。
 IMG_0763

 ちょっとした工夫でも、たとえば「瑠が自分の身体に合わせた療法食を多めに食べられる日が3日続く」という結果につながると、嬉しいものです。


[猫ばか日記]夏場の猫の水分摂取 「一汁一菜」作戦

 夏を無事に乗り切れそうでホッとしている猫家族の皆さん、今年は多そうですね。
 12歳男子・4歳女子・3歳女子の3猫を抱えた我が家も、ホッとしています。
 この夏は、「一汁一菜」作戦と「幕の内弁当」作戦で乗り切りました。

 「一汁一菜」とは、固形分とスープの組み合わせです。

瑠(12)の「一汁一菜」。彼はドライフード派なのですが、スープを舐めるのは好きです。
image

咲(4)・灯(3)の分は、固形分の方が多くなっています。
image

 「一菜」と「一汁」の組み合わせは、少し水を加えたウエットフードに猫用スープ(0.5倍~2倍の水で薄める)を組み合わせたり、味付けの濃いウエットフードを水で薄めてスープと固形部分に分けたりして作っています。
 つまり、なんとしても水分を摂取する機会を増やすということ。あまりにも水っぽくすると食べてくれなくなって逆効果。そこは、前日やその日のその時間までの食べっぷりで調整します。

 「一汁」部分には、乳酸菌サプリ(たいていは粉末青汁)が耳かき半分くらい混ぜてあります。ほんの少しで大丈夫です。効果は、UNKOのアンモニア臭が薄くなることで確認できます。腎臓の疲弊が少しは減らせているだろうと期待しています。
 既に腎臓が悪くなっている瑠(12)の「一汁」には、慢性腎不全の薬を砕いて粉末にしたものとリン吸収サプリも混ぜてあります。瑠に14歳を迎えてもらい、「息子が中二病」と冗談を言うのが夢です。
 IMG_0770

夏場の猫の水分摂取に、大変有用なスープです。しかも安価です。
 
 

[猫のいる生活]夏場の食欲不振対策 ドライフード編

 まだまだ残暑が続きますけれども、秋の気配が見えてきました。
 高齢だったり病気がちだったりする猫と暮らす皆さんは、今年も無事に夏を越せる見通しとなり、ホッとされていることでしょう。
 慢性腎不全もちの高齢猫・瑠(りゅう・12歳)がいる我が家もです。
IMG_0479
 瑠は昨年から、歯を失いはじめました。理想は「全身麻酔かけて抜歯」ですけど、基礎疾患があるため難しく、持続性の抗生物質を注射して様子を見てきました。歯が全部なくなるまで、なんとか凌げそうです。
 それは良いのですが、歯がダメージを受けてても噛んで食べたい瑠の食欲は、7月末の梅雨明けから顕著に不振に。
 ドライフード、ウエットフード、おやつを組み合わせ、瑠の水分とカロリー摂取ぶりに注意を向けつつ、若い咲(4)と灯(3)には適した食事。さらに肥満が目立つ咲のカロリーはなるべく抑えつつ。
 でも3にゃんだと、誰が何を食べたくて実際に食べているか、事実上コントロールできないんですよね。今、流行の「ナッジ」で、「何もしないよりマシ」のレベルを少しずつ高めるくらいが精一杯です。

 さてこの夏、重要性に気付いたことの1つは、「選択肢を並べて、選択は本猫に任せる」ということでした。
 複数のドライフードを混ぜることは、猫の食欲をそそるノウハウとして一般的ですが、混ぜられたフード(腎臓病食2種類(概ね60パーセント)、高齢猫用1種類(概ね30パーセント)、成猫用1種類(概ね10%))の中から「今の気分はコレ」の1種類を口にしようと必死の瑠を見ていて、
「もしかして、混ぜない方がいいのかな?」とヒラメいたのです。

 そこで8月は、同じ皿の中に、なるべく混ざらないように並べてみました。
 
 8月1日。縦ストライプ状に4種類並べました。
IMG_9368
 咲と灯の大好物である煮干しを砕いたものが、少しだけ上にかけてあります。これは咲と灯に対する「お兄ちゃんだけ特別なご馳走を食べているわけではない」というカモフラージュです。
 
 8月7日。同じくフード4種類の縦ストライプ。煮干しトッピングはありません。
IMG_9427
 咲と灯のフードを煮干しまみれにし、「あなたたちの方がご馳走」という演出に切り替えました。また、煮干しがそれほど好きではない瑠を、若猫用フードより自分のフードに引き寄せる作戦でもあります。

 8月14日。出してから数分後。
IMG_9457
 この日は腎臓病療法食の1種類がツボだったようで、それだけ食べられてます。
 もう1種類は大粒で、食べにくそうに見える時があります。この時期は瑠の食欲もあまりなく、硬かったり噛みにくそうな形状の粒はハサミで割ってました。苦労して噛まなくても内側の美味しい成分を味わえるため、食欲増産に役立ったようです。
 翌朝、食器を見てみると、どのフードが昨日嫌われたか分かります。それを参考にして、本日のフードの配合や各々の目立たせ方を考えることができるようになりました。混ぜると、こうはいきません。

 8月17日。円グラフ風に。
IMG_9509

 8月23日。円グラフ風にしたつもりですが、混ざっちゃいました。この頃から、瑠の食欲は回復を見せ始めました。
IMG_9576

 8月30日。成猫用と高齢猫用のフードを下に敷き、その上に腎臓病療法食2種類を混ざらないように並べてます。妹たちと差別してないことを、匂いで示しているわけです。
IMG_0764

 この日の3猫のドライフード。
 左上は咲、右下は灯、右側は瑠。
IMG_0763

 猫ゆえの「飽きる」という問題に、盛り付けの工夫は有効な対策であるようです。
 腎臓病療法食をパクパク食べてくれるからといって、そればかりにすると、2日目や3日目にはほとんど手がつけられず、瑠が咲と灯の成猫用通常食ばかり食べていることに気がついてガックリするわけです。
 高齢猫を含む多頭飼いのお宅は、どちらも、この問題で頭が痛いことでしょう。
 結局は、特定のフードを食べてほしい猫がなるべく自然にそうするように工夫するしかありません。
 盛り付けの工夫が「飽き」対策になるのであれば、「ウチのコが療法食を食べてくれない」という悩みが緩和されるのではないかと思います。「あ、飽きられたな」と思ったら、配合や盛り合わせ方を変えれば済むわけですから。

 今朝の瑠です。
 もう、噛める歯の組み合わせは無くなっているはずですが、残っている歯で噛んで味わって食べてくれました。
 IMG_0770

 愛してるよ、瑠。長生きしてね。

 瑠愛用の食器はこちらです。高さが足りない時は本を積み上げ、食器台代わりにしてます。

 現在、瑠が食べているフードとサプリです。フードはなるべく、かかりつけ動物病院で買いましょうね。

[猫ばか日記]摩耶の慢性腎不全発覚から10周年

ちょうど10年前の今日である2010年8月2日、猫の摩耶(当時13歳)は慢性腎不全に罹患していることが判明しました。
 しかも、いきなりクレアチニン 3.0 mg/dl 超え。病期分類では、最も重いステージ4の前、ステージ3に該当。人間のステージ5(透析)は、猫には現実的に考えにくいのです。大げさにいえば終末1歩手前。

2015-08-25-08-03-28
在りし日の摩耶と私。2014年ごろ。

 摩耶の弟分、当時12歳だった猫の悠は、2009年末から慢性腎不全(ステージ2)と甲状腺機能亢進症を患っていました。
 投薬による甲状腺ホルモンの調節になかなか成功せず、2010年夏には激しく体調を崩し、サイロイド・ストームを起こしました。獣医さんともども「夏を越せるか?」と危ぶんだ悠ですが、悠・摩耶・私の3者の協力で持ち直し、2013年3月まで生きてくれました。

悠20121210
すぐに探し出せた悠の写真。2012年12月。

 悠のことでてんやわんやだった私は、摩耶の尿量が増えていることに気づいていましたが、「まあ元気そうだし」と検査を先送りにしていたのでした。そして10年前の今日、大慌てしたわけです。
 それは、2009年12月から2015年9月までの5年10ヶ月にわたる高齢猫闘病シリーズの始まりでした。
  • 慢性腎不全(悠:2009年12月~2013年3月、摩耶:2010年8月~2015年9月)
  • 甲状腺機能亢進症(悠:2009年12月~2013年3月)
  • 糖尿病(摩耶:2012年10月~2015年9月)
  • がん(悠:2013年1月~3月、摩耶:2015年8月~9月)
 大変でしたよ。あらゆる面で。でも、なんとか乗り切れました。
 私たちは、本当に幸運だったのでしょう。

2015-05-15-10-46-53
しっかり者で自己主張が激しくてアネゴ肌、でも弟たちがいないところでは甘えん坊の摩耶。

 猫たちは、医療や個々の治療行為の意味を理解し、協力的になってくれました。悠なんて、胃のムカつきが酷くて吐いてしまったとき、夜中に私を起こして薬を飲ませてほしいと依頼するほど。
 月単位、年単位で時間がかかる慢性疾患だからこその成り行きでした。
 幸せでした。大変だけど「永遠に続いてほしい」と思うほど。だって、その大変さが終わるということは、摩耶の寿命が尽きるということなのですから。

2015-03-31-07-25-56
抱っこされながら激しく自己主張する摩耶。

 摩耶は10歳を過ぎたころから、日本語の単語をしゃべるようになりました。最初は「おかか」、そして1歳下の悠と競い合うように、「ごはん」「うん」「いや」とボキャブラリーを増やしていきました。
 摩耶はなんと「k」「g」の発音までこなしましたが、「おああ」で「おかか」、「おわん」で「ごはん」と通じることを学習すると、子音を省略するようになりました。



 慢性腎不全がかなり進行した2015年5月、皮下補液・インスリン注射・投薬を受ける摩耶の動画です。派手に難色を示す摩耶ですが、口先だけ。皮下補液のための保定は不要でした。そこまで協力的になってくれていました。



 生後2ヶ月の摩耶が我が家の一員となってくれた1997年6月18日から、摩耶を見送った2015年9月9日までの18年3ヶ月を今から振り返ると、夢のように暖かく幸せな時間だったように思われます。
 この間、私には数々の苦難がありました。勤務先の上司(1997年)および訪問医療の医師(2007年)から「猫を処分しろ」と言われたりもしました。
 摩耶が亡くなった後は、近隣の「保護猫愛護原理主義」的な勢力からペットシッターさんへの圧力がかかりました。そのペットシッターさんは毅然と圧力をはねのけたのですが、そうでなかったら、私の仕事の継続は危うくなったことでしょう。

 私は結果として、摩耶(1997-2015)の18年の生涯、そして悠(1998-2013)の15年弱の生涯を、守り通すことができました。そして今は、摩耶の最後の2年半を共にした瑠(2008-)、そして摩耶の他界語にやってきた咲(2016-)・灯(2017-)の3猫と楽しく暮らしています。

 ありがとう、摩耶。
  • 我が家で使ってきた猫フーズ・サプリ・グッズ類
 摩耶の使っていた猫用サプリのうち、「必要に応じて今でも使うかな?」と思えるのは、「カリナール1」だけです。腸内のリンを吸収するサプリ。今は、摩耶の弟分の瑠(12)が使ってます。この50gパックが、だいたい猫1匹の100日分になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カリナール1 犬猫用 50g【あす楽】
価格:1836円(税込、送料別) (2020/8/2時点)


 慢性腎不全のように緩やかに進行する病気は、長期戦になります。最初の半年か1年くらい、基本的な勉強をしておくと良いと思います。猫の身体はどういう作りで、どういう特徴を持っているのか、とか。
 しかし、良い本があまりないのです。摩耶のときもそうでしたけど、現在も。
 こちらは、買って読んでみようかなと思っている本です。


 猫の腎臓をくたびれさせないために、腸内のアンモニア発生を抑制することは重要です。だから、有用菌サプリも飲ませたほうがよいと思います。
 摩耶たちには、万田酵素の「きゃどっく」を飲ませていました。後継品が「フェルミック」という後継品が出ているようです。便の臭いをかぎながら効果を確認して使うと、量は節約できるでしょう。私もそうしていました。



 摩耶が亡くなった後、大変安価な代用品を発見しました。人間用の乾燥青汁です。
 猫に有害な材料が含まれていないのを確認のうえ、1日あたり耳かき0.5杯程度をなにかに混ぜて服用してもらうと、UNKOからアンモニア臭が漂わなくなり、効果を確認できます。残りはクリップで袋の口を止めておき、湿気ってきたら人間が青汁として飲んでしまいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酵素青汁 3g×24包 送料無料
価格:498円(税込、送料無料) (2020/8/2時点)




 摩耶が闘病していた時期は、シニア猫だけだったり、そろそろシニア食に切り替えてもよい年齢の猫がいたりしました。ドライフードは、メディファスの高齢猫用と療法食(動物病院で購入)を混合していました。理想は「療法食オンリー」かもしれませんが、猫は必ず飽きます。
 なお療法食は、かかりつけの動物病院で買いましょうね。ネット通販の若干の安さのために獣医さんとの信頼関係を壊すのは、バカらしいと思います。



 ウエットフードは水分摂取を主目的とした半嗜好品と割り切り、栄養は主にドライフードで摂ってもらってます。3匹もいると、猫の食費は家計をそれなりに圧迫しますから。
 体調を崩したときに、食べられるもののバリエーションは多い方が有利なので、あまり猫をそそりすぎない、おとなしめの味付けと風味のウェットフードをいろいろ取り混ぜて食べさせています。
 おやつは定番の「ちゅーる」「焼きかつお」「焼きささみ」あたり。毎回、1本を3つに分けてます。3匹いると、半端な食べ残しがないので助かります(何)。

 現在の我が家で愛用している猫砂は、おからが原料で固まるタイプの砂です。
 中空タイプで軽く、固まりやすく、ほどよく崩れやすいのが「ちょうどよい」という感じです。
 厚さ5cm程度を敷いておき、尿で固まった砂と便を取り除いて砂を足しながら使っていると、1週間くらいで粉状に崩れた部分が多くなってくるので補充はやめ、10日くらいで砂を総入れ替え。
 意外と長持ちします。1袋で3匹のトイレ2個に対して3週間分くらいはある感じ。
 私は生協で購入してます。


[猫ばか日記]日本国憲法に名前をもらった猫

本日は憲法記念日。
お天気は曇り。日中は雨にならないようす。
窓辺のキャットタワーでは、猫の灯(あかり、0歳9ヶ月28日)がリラックスしています。

後ろ脚を絡めて、尻尾とともにキャットタワーの下に投げ出している姿。
なんともいえません。

FullSizeRender

おーい、灯、あーちゃん、あっちゃん。
今日は憲法記念日。
キミの名前記念日でもあるんだよ。
なぜだろうね?

振り向く灯。
FullSizeRender

京都生まれの子猫、後の灯がウチにやってくるご縁は、昨年2017年9月に浮上しました。
そのころ、社保審・生活保護基準部会では、2018年10月に実施される見込みの基準見直し(ほぼ引き下げ)の議論がたけなわ。
同じく社保審・生活困窮者自立支援及び生活保護部会では、現在、国会で審議されており衆議院を既に通過しやがった(怒)生活保護法改正案に関する議論がたけなわ。
生活保護法改正(政府)案は、こちら。生活困窮者自立支援法とセットで大変わかりにくいんですが。

どちらも、少しくらいのアメ、真っ暗闇だから目立つ程度の小さな灯りは含んでいるものの、全体として「アメ1個にムチ10000本」、どろどろグログロ、悲嘆と絶望の未来しか見えないようなもの。
社保審の傍聴は、ほとんど行ってませんでした。部会委員の中には頑張って抵抗する方もおられるのですが、結果として、政権・財務省・厚労省の暗黒面の思い通りにしかならないだろうという感じでした。
たまに傍聴に行くと、毎回泣きながら帰ってました。
たいていは傍聴に行く根性がなく、資料を読んでは、ハアハアハアハアと溜息をついていました。



他にも、あれがありーの、これがありーの、それがありーの。
公も私も、仕事も学業も、地域生活も障害者福祉も、何もかもが脅威に吹きさらされ、仕事の意欲どころか生き続ける意欲まで失われそうな日々の中で、なぜか、子猫を迎える縁談は順調に進みました。
2017年11月24日、子猫は私と一緒に新幹線に乗って、京都から東京へとやってきました。
あれやこれやに翻弄されたあげくに書籍企画を1本失った2時間後のことでした。

我が家にやってきた2日後、2017年11月26日の灯。生後4ヶ月。耳が警戒信号丸出しです。
IMG-3083

いきなりお姉ちゃんにされた咲(当時1歳6ヶ月)は、イジけました。
押入れの天袋でイジケていたところ、私に声をかけられて機嫌をなおして「みゃあ」と話しはじめた咲。
2FA60342-2BE5-4129-99A0-A89FB7F4BC24


シェルターの大所帯で5歳近くまで過ごした兄・瑠(当時9歳6ヶ月)は、すぐに積極的に子猫に接近し、話しかけ、仲良くなり、家族への統合を働きかけはじめました。
また、イジケる咲のフォローもしてくれました。
私は「お兄ちゃんイニシアティブ」に任せておいて大丈夫そうだと判断。実際にそうでした。

素晴らしいイニシアティブを発揮してくれた瑠。2018年1月。
IMG-3554

新しい妹を迎えた兄猫の瑠、姉猫の咲とのテンヤワンヤにまぎれて、失った書籍企画は、私の気持ちの中で全く引きずられずに済みました。不幸中の幸い。
現在は、むしろ「私が書く巡り合わせにならなくて、かえってよかった」と思っています。書いてしまったら、「その書籍を書いた人」というイメージに縛られてしまいます。その書籍を書かなかったから出来ることを、いま、やれていますし

さて、問題は子猫の名前です。
当時の私の頭の中に居座って私を悲しませていたのは、生活保護基準引き下げの可能性であり、生活保護法改正の可能性でした。
さらに、思い浮かべるとさらに悲しく情けなくなるのは、生活保護制度を創った厚生省(当時)官僚・小山進次郎の有名な自立論です(下線は私によります)。情けないのは、この生活保護の姿が、今の生活保護から消し去られようとしているようだからです。

最低生活の保障と共に、自立の助長ということを目的の中に含めたのは、「人をして人たるに値する存在」たらしめるには単にその最低生活を維持させるというだけでは十分でない。凡そ人はすべてその中に何等かの自主独立の意味において可能性を包蔵している。この内容的可能性を発見し、これを助長育成し、而して、その人をしてその能力に相応しい状態において社会生活に適応させることこそ、真実の意味において生存権を保障する所以である。社会保障の制度であると共に、祉会福祉の制度である生活保護制度としては、当然此処迄を目的とすべきであるとする考えに出でるものである。従つて、兎角誤解され易いように隋民防止ということは、この制度がその目的に従つて最も効果的に運用された結果として起ることではあらうが、少くとも「自立の助長」という表現で第一義的に意図されている所ではない。自立の助長を目的に謳つた趣旨は、そのような調子の低いものではないのである。
(小山進次郎『生活保護法の解釈と運用』(1951年) 92ページ)




生活保護制度の目的は、生活保護法第一条に示されているとおり、最低生活保障と自立の助長です。しかし「自立の助長」に対しては、制度発足直後から「働いて生活保護が不要になること」のみの狭い意味に押し込められる圧力が働き続け、今やそれ以外の側面は「風前の灯火」といってよいほどです。なんとも調子の低くなってしまった生活保護制度を、日本人は「当たり前」と思い込まされ続け、疑いを持たなくなっています。

子猫を迎えるにあたり、私は生活保護制度の根源である日本国憲法の「生存権」という明るい灯火にちなんだ名前をつけて、自分を励ましたいと思いました。
小山進次郎にちなんで「コヤマちゃん」だの「進次郎ちゃん」だのという名前をつけるわけにもいかないので、この自立論の意味を反映した名前をつけようと考えました。

職業生活の最初が光半導体だった私は、「光をはなつ」「光る能力」という意味合いがある名前にしたいなあとも思いました。光を生み出すこと、光を生み出す力。
故・林厳雄さんに始まる日本の光半導体研究の歴史があったから、半導体は光るようになり、少ない電力消費でパワフルに光るようになりました。そして街角の信号機はLEDに置き換えられ、中村修二さんたちがノーベル賞を獲得しました。
誰かが「光らせたい」「光らせよう」「光らせられるはず」と思ったから、半導体は光り、半導体の光が世の中に満ち溢れるようになったのです。まさに地上の星。


なんとも強欲な猫の名付けですが、まずは、「光(光ること・光るもの)」「花咲く」あたりでしょうか。
「瑠」は兄貴猫、「咲」は姉貴猫の名前で”予約語”となっています。
だったら「光」かな? 「花」かな?  呼んでみると、しっくり来ません。
「三輪 光」「三輪 花」で画数占い(笑)をしてみると、大変よろしくありません。
それに「光らせたい」「開花したい」という希望、「光らせよう」「開花しよう」という意志、「光らせられるはず」「開花できるはず」という意欲こそ、子猫の名前に反映したいものでした。
今は調子を低くされているかにみえる生活保護制度の光を見出し、すべての人の可能性が開けるように方向灯がかざされてほしい。
自分だけで出来るとは思いません。
でも、多くの人が少しずつ「やりたい」「やろう」「やれるはず」と思ったら、出来るかもしれない。

というわけで、子猫の名前は、最終的に「灯(あかり)」となりました。
「三輪 灯」は、画数占い(笑)の結果も上々でした。
自分自身が54歳という年齢ですから、灯が天寿を全うするまで自分が生き延びられない可能性も、充分に考えられます。
何があっても守られてほしいのですが、現実的な備え以外に出来ることといえば、運のよさそうな名前をつけること程度。とはいえ、占いは信じてません。
この程度のことで、わが”ね子”の幸せを願いたい養母の欲が満たされるなら、ま、よいではないか、よいではないか。
IMG-3096

命名のころ、2017年12月3日の灯。だいぶウチに慣れてくれました。
IMG-3113

灯を警戒していた咲ねーちゃんも、すぐに仲良く遊ぶようになりました。
2017年12月16日。灯がやってきて約3週間後。ケージ生活は避妊手術が終わるまででした。
IMG-3184


日本国憲法の生存権規定と生活保護法と小山進次郎さんと、日本の光半導体の歴史に名前をもらった灯さん。
とりあえず私の日々の生存を励まして、終わらせずに今日も維持し、少しでも前に進ませる力になってくれてます。
自分が絶望にうずくまる時の「ごはんちょうだい!」、悲嘆に暮れる時に響き渡る猫トイレがひっくり返される音。
そこにあるのは、空腹が満たされたら満足し、出すもの出したら快適、惹きたい関心を惹けたら嬉しいという、基本的な生の喜びの数々です。
それが自分にもある限り、まあ、今日死ななくていいんじゃないか?
生存権と生活保護法と小山進次郎さんにちなむ名前を持つ灯さんが、今日も楽しそうに過ごしているんだし。
FullSizeRender

もうすぐ夕方。
街に街路灯が灯りはじめ、家々の窓から灯がこぼれるでしょう。
光半導体に関わってきた多くの人々、私もその末席につながる人々が光らせている地上の星。




生存権と生活保護法と小山進次郎さんと、関わった人々が生きて命あったからこそ出来た光半導体に名前をもらった灯さん。
灯さん・瑠にーちゃん・咲ねーちゃんに励まされながら、カーチャンの私は今日も生き、夜になったら眠ることにします。

『あたらしい憲法の話』は、猫への読み聞かせには、ちょっと難しいかな?



咲と灯が大好きな猫用ベッドです。









アフィリエイトにご注意
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense・バリューコマース に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意を。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。
新聞を応援
現在は東京新聞電子版を購読中。
もう1紙なら日本経済新聞。
さらにもう1紙なら、朝日新聞・毎日新聞・読売新聞のいずれかを月替りで選びたい。
雑誌を応援
書籍を応援
本当は、出版社さんや街の本屋さんを直接応援したいのですが。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場