猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



[おやつ図鑑]泡盛ゼリー

2017年4月、沖縄の畏友に2個いただいたもののうち、最後の1つです。
畏友はケチなわけではありません。
仕事に社会活動にと多忙な、娘さんと2人暮らしの畏友は、少人数世帯にとって食品の贈り物はちょこっと多品種が嬉しいことを分かっていて、ささやかにくれたのだれうと思われます。
ま、ドカンといただいても、冷凍庫があるし。数ヶ月後、冷凍庫から出して思い出しながらいただくのも良いものなのですが。

くまモンカップに入れたコーヒーと記念撮影。石垣島の製品なのですね。

さまざまな銘柄の泡盛がゼリーになっているようです。

賞味期限、長いんですね。半年くらいはあるようす。独り者にはありがたい。

せっかくだから、お皿に出して。
いただきまーす。

爽やかな甘味とかすかな酸味、泡盛の風味。
沖縄の空と風を思い出す味でした。

[愛の貧乏メシ]おからで納豆

納豆の食べ方について語ると宗教戦争が起こりそうですけれど、私は納豆のネバネバが嫌いです。
納豆には、大根おろしや刻んだ野菜やダシや、出汁パックの中身の出し殻などを混ぜて、粘らないようにして食べています。しかも多くの場合はひき割り納豆。

ある日「!」と思いつきました。
納豆の形してなくていいんだったら、おからを納豆菌で発酵させれば上等なんじゃないの?
やってみると超簡単。
というわけで、ウチの納豆は「おからを発酵させた自家製」で定着してます。

おからをレンチンし、温度を90℃以上にしたところに、納豆1パックをよくよく混ぜます。
より確実を期するなら、納豆をカップに移して熱湯50ccほどを注ぎ、納豆菌液とともに納豆をおからに混ぜるとよいでしょう。
全体に納豆菌がまぶされた状態で、さっさと発酵が進むと、まず腐敗しません。

image


納豆菌は好気発酵をします。容器には蓋をせず、キッチンペーパーをかぶせておきます。
気になるなら、そのキッチンペーパーの上から台所用アルコールスプレーでも噴射しておくとよいです。納豆菌は超つおい菌なので、他の菌にはまず負けないのですけどね。

image



容器の底にカイロを貼り付け、全体をタオルでぐるぐる巻きにして、夏なら冷房のない屋内、冬なら布団の中やこたつ(あれば)の中に6~10時間放置しておくと、おからは納豆になります。

image


ジッパーつきポリ袋に移して空気を手でテキトーに抜いて、冷蔵庫に保存しておくと、1ヶ月程度はおいしく食べられます。
必要な量だけスプーンで取り出して使えるところが使いやすくて吉。
取り出す時は、スプーンは清潔なものを使用、袋の中に外から空気が入ることはできるだけ避けて手早く、といったあたりがコツです。

なお、納豆菌は自然界のどこにでもいます。
ヨモギなど食べられる植物をテキトーに摘んできて10分ほど煮出すと、煮出し汁の中で生き残っているのはまず納豆菌だけなので、それをもとにして納豆を作ることもできますが、納豆(もし手に入るなら納豆菌そのものでも)からスタートさせるほうが確実です。

以下、アフィリエイト。
納豆菌はフツーに売られてますし、安価です。


[5,000円以上送料無料]日本三大納豆菌だから安心! 納豆菌 粉末タイプ 3g×5本 セット 説明書&ミニスプーン付き M39M【RCP】
[5,000円以上送料無料]日本三大納豆菌だから安心! 納豆菌 粉末タイプ 3g×5本 セット 説明書&ミニスプーン付き M39M【RCP】

[園芸日記]春の「財テク」シーズン到来

春の「財テク」シーズンが、今年もやってきました。
野菜を育てて収穫し、美味しくいただく。
しかも買ってくるのに比べれば激安。
こんなウマい話はありません。

アバシゴーヤ
image


ミニゴーヤ
image


ミニトマト
image


八丈オクラ
image


今年も良く実りますように!

[食事の記録]自分史上最高!のタケノコご飯&タケノコづくし

春がやってきました。
タケノコが大好きな私の目から、タケノコの生えてきそうな季節が、また巡ってきました。 
そんなわけで、タケノコご飯に今年もチャレンジ。
タケノコは、八百屋さんが茹でたものを使用しましたが、自分史上最高! のタケノコご飯ができました。ポイントは米の吸水にありました。

●まずは全体像

タケノコご飯、タケノコの味噌汁、タケノコと豆腐の昆布あえ(上左)、タクワン+フキノトウをレンチンして刻んで昆布水をかけたもの(上右)、です。
image


●手順

前の晩に、米 400 cc を研いでザルにあけ、ザルを鍋の上に載せて水切りし、鍋蓋をかぶせて乾燥を防止(夏は水を切った米をポリ袋に入れて冷蔵庫へ)。
これは毎回、ご飯を炊く前の晩にやっていることなのですが、今回は炊くまでに4回水をかけ、米の真ん中まで水が染み込んで噛んだら崩れる柔らかさに持っていきました。
炊き込みご飯は、炊飯に入った後では米の中に水分が入りにくいので。
2017-04-09-12-21-06


お米研ぐのと同時に、水 400 cc に昆布 4 g を入れて一晩おき、昆布ダシを作りました。 
翌朝、そこに塩4gを加え、刻んだ茹でタケノコを加えて2時間おきました。
タケノコは、厚さ3mm・幅1-2cm・長さ2-5cmくらいに、繊維が斜め切りされて適度に歯ごたえが残るように刻んでいます。
2017-04-09-12-33-06


 昆布を取り除き、米・ダシ汁・タケノコを合わせて炊飯。

2017-04-09-12-35-17

  2017-04-09-13-10-52

小さな山椒の木があるので、山椒の葉は少しくらいなら自家調達できるのですが、「ふんだんに」とはいきません。
というわけで、粉山椒をパラパラした上に山椒の葉を叩いてトッピング。山椒の葉は少しだけでも、山椒風味に根拠あれば、納得感が。

2017-04-09-13-16-13

驚嘆しながら、「おいしー!」と絶叫しながら食べました。
昆布ダシ味と塩味をまとったお米がツブツブツヤツヤ、中まで柔らかいんだけど米一粒ずつが感じられ。
昆布ダシが外側に染みたタケノコは、口の中でタケノコの風味を放出。
おこげが適度なアクセントになりましたが、なくてもよかったかも。

●反省ポイント

タケノコの味付けが、やや物足りない感でした。
タケノコが浸るだけのダシ汁に塩全量を入れ(残るダシ汁は調味せず)、タケノコ周辺に少し強めの塩味がつくようにして、最後に全部を合わせて炊くとかすればよかったかな。

●ご飯炊ける間に和えものも

ふやけたダシ昆布は包丁で細かく叩き、米酢(大さじ1くらいだったかな)で味付け。
その上に、タケノコの姫皮の柔らかめのところを刻んでパラパラ。
大きさを揃えて切った締め豆腐(こちら参照)、木綿豆腐1/4丁分もパラパラ。
上から醤油をスプレーで噴射。タケノコと豆腐の片面にだけ醤油が染み込むわけです。
味の濃さを、わざと不均一にするという方法、私はよく使います。

ご飯が炊き上がる直前、山椒粉(わりと多め)を混ぜ、山椒の葉トッピング。
山椒粉は最初から昆布の叩きに混ぜておけばよかったかな。
2017-04-09-13-16-48

●味噌汁も

鰹節入りのダシパックで取ったダシで、タケノコの姫皮の硬めのところ・締め豆腐(こちら参照)少々・セリ・フキノトウの味噌汁。味噌は、米7:麦2:八丁1 くらいの混合。

2017-04-09-13-15-59


フキノトウは、まるごとポリ袋に入れてレンチンしたものを冷蔵しておくと手軽に使えますし、汁の実にしても汁全体の苦味コンタミネーション(汚染)が起こりません。
今日もそういうフキノトウが冷蔵庫にあったので、ささっと追加。

●材料

これといって、特別なものは使ってないんですが、一応紹介。

出汁昆布は、こういうときには羅臼昆布を使います。
「ここぞ」という時限定でチマチマ使うので、なかなか減りません。
2014年12月、Yahoo!ニュースのオーサーカンファレンスの帰りに日本橋で買ってきた羅臼昆布 40 g が、まだ残ってます。
Share on Tumblr

[おやつ図鑑]田舎のしゃれもの おからっきー

山形県で講演をさせていただき、主催者の方々から頂戴したお菓子です。

名は「田舎のしゃれもの おからっきー」、
製造元は、山形県鶴岡市の 特定NPO花の会 手づくりクッキー おからや さんです。 


袋の表では、猫が楽しそうに踊っています。
image

タグはこんな感じ。
image

image

 袋の裏面。
image
 
さて、中身です。まず、かわいいし!
image

甘みも、おからやバターの風味も前面に出ず、口に入れるとさらっと溶けて、合わせる飲み物を選びません。
お茶とコーヒーでいただきましたが、意外に、洋酒でもいけそうです。
image

パッケージ表面。踊る猫がオシャレで楽しいです。
さらに、中から猫型の冊子が出てきました。
image


冊子を開くと、
image
image
image
image

あなたの街の障害者を思い出して、というメッセージが素敵です。

いかにも障害者作業所「らしい」、裏紙利用であり、おからの利用でもあり。
やはり障害者作業所「らしい」、素朴な味わいでもあり。
でも、それらも活かして、美味しさとともに素敵なメッセージを訴えている総合力。
商品プロデュースとして、心から素晴らしいと思います。

他人さまにおすすめしたい作業所の製品が、一つ増えました。
 
以下、アフィリエイト。


 
GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。