猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



ハウジングプア

シカゴなう!(現地10日目・NYC→帰国)+反省+謝辞

●2014年2月20日
 
いよいよ今回の訪米最終日です。

朝食。ホテル1Fの売店で購入したもの。喉が乾いていたので水を買ってしまいました。
私は米国なら水道の水を平気で飲むんですが、ホテルの居室には水道がなくて。
画像1
 
前日と別の低所得者向けアパートに行き、撮影。
この後、MoMAに1時間だけ。トイレを利用して出すものを出し、わずかな時間ですが展示物も見てきました。
私の趣味に付き合わされる、猫の故・悠。
画像1
 
外に出てホットドッグをかじり、Grand Central Terminal へ。JFK空港行きのバス(Airporter)に乗り、かなり時間に余裕を持ってチェックイン。
トラブルなく搭乗し、2014年2月21日深夜、無事、西荻窪に戻ってきました。

●反省

・今回は体調を崩したのがイタかった。
 シカゴの寒冷を甘く見て、ロクに対策しなかったせいだと思う。
 体感で「寒くない」と感じていても、常識的に暖かい格好をしておく程度のことはすべきだった。
・荷物はもうちょっと減らせたと思う。特に衣服のボトムス。パンツ2本にスカート1枚は持ちすぎだった。
・やはり、紙の地図と方位磁針は必須か。 

●謝辞

シカゴでのYさんとの同行で、他人様と一緒に何かすることに、ちょっと自信つきました。
協調性ぜんぜんないことに自信のある私が、
他人様と同一行程で旅行できるなんて。
考えたこともありませんでした。 
でも、出来ちゃった。やってみるものですね。 

さらに、
今回も長いお留守番をしてくれた二匹の猫たちと、 
雪の中、毎日来てくださったペットシッターのOさんに感謝です。 

シカゴなう!(現地9日目・NYC)

●2014年2月19日

午前中はシャワーを浴びたのみ。ぐてっとしていました。
前日からウツっぽくて熱っぽくて、なんとも、やる気が出ないのです。
でも体温は36.0℃あたりを推移。発熱しているわけでもないし。謎。

この日は、NYC在住のタケダさん(仮名)一家と昼食をともにする約束をしていました。
40代のタケダさん夫妻は長年、日本の出版業界で働いていましたが、自分たちのキャリア構築・日本の出版業界の未来・一人娘ミズホちゃん(11歳)の教育などを考えた結果、5年前に「一家で渡米する」という選択をしました。
12時すぎ、 タケダさん一家がホテルにやってきました。バスに乗り、ハーレムへ。
途中、低所得層向けに過去に行われたニューヨーク市の住宅政策の名残を見て撮影しつつ(日本の都営・区営住宅のようなものです) 、「最低賃金を上げろ!」という街頭アピールに行き当たって責任者に自己紹介して名刺交換をして撮影させていただいたりなどしつつ、一家が特別な日に利用するレストラン「Red Rooster」へ。ミートボール、マカロニグラタン、サラダ、ナマズ料理などを楽しみました(タケダさん、ごちそうさまでした!)。
 
この後タケダさん(夫)とともに、現在のニューヨーク市の住宅政策の一環でもある、低所得層向けアパートメントへ。
米国ではアポなし飛び込み取材は比較的歓迎されやすいのですが、ここは昨年2月に飛び込み取材を試みて断られました。
今回は改めて、アポを取って伺ったわけです。
直接担当しているNPO(ニューヨーク市から委託を受けている)の広報担当者と現場の責任者の方に案内していただき、お話を聞かせていただきました。もう、絶句・仰天の連続です。この取材に関しては、日本の低所得層向け住宅政策の問題とからめて連載「生活保護のリアル」で記事化する予定ですが、聞いてぶったまげた話を一言だけ紹介しておきます。
「私たちは市から、貧困を減らすために業務委託を受けています。だからホームレスを見つけること、ホームレスに住宅を提供することが、私たちの義務です(広報担当者談)」
何にぶったまげたか。
「貧困を減らす=貧困状態にある人を貧困でなくする」
なんですよね。
極東のどこかの国みたいに
「貧困を減らす=貧困状態にある人を不可視化する」
とか
「貧困を減らす=貧困の定義を変えて貧困状態にある人がいないことにする」
とかではなくて。
その住宅というのも、私も住みたくなるような素敵な個室(キッチン・風呂・トイレつき)なのです。日本の、どこか嫌がらせめいた、ヘンな規則だらけの公設シェルターのようなものではなく。
ホームレスを対象として、優先的に、そのような誰もが羨むような住宅を提供するには、もちろん背景や理由があります。ニューヨーク市やNPOのポリシーがあります。それは、そうしない場合に起こってしまう多様な問題を回避するためのものでもあります。
貧困・路上生活者・生活保護についてよく知らない日本人はしばしば、
「そういう人たちは、集めて、ぼろっちい専用住宅に住ませて(公共の)住居コストを下げればいい」
とか主張するわけですけれども、そういう政策は問題が多いわけです。ニューヨーク市は、過去にそういう方針で取り組んで苦い経験をしたので、現在は方針を転換しているというわけです。
極東のどこかの国でも、やればできないわけはないことばかりです。そんなに莫大な予算規模が必要な話でもないし。だいたい、ほとんどの場合はアパートメントを新規建造しているわけではないから、東京オリンピックのために新しい施設を作るのに比べれば驚くほどお金のかからない話だし。
このあたり、詳細にレポートしたいのですが、記事化までしばしお待ちを。
私の英語力を補ってくださったタケダさん、ありがとうございました。

夜は、デリで惣菜とビールを買って帰り、持ち帰らせてもらったお昼のマカロニグラタン・サラダで夕食に。そしてバタンキュー。明日は帰国です。
画像1
 
GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
カテゴリー
Amazon プロダクトウイジェット
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: