猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



実験

実験スーパーテクニックの持ち主を過信することの危険性

STAP細胞問題では、一時期、
「中心となった研究者が素晴らしい実験テクニックを持っているのではないか」
という意見が散見されました。 
2002年に問題となったシェーン事件でも、当初、中心となった研究者の素晴らしい実験装置・素晴らしい実験テクニックによって成し遂げられた成功である可能性が取り沙汰されました。
Wikipedia:ヘンドリック・シェーン 

私は、実験における個人的テクニックの重要性を否定するつもりはないのですが、
「特別な実験テクニックを持った個人だから成し遂げられた」 
という物語に対しては懐疑的です。
実験テクニックでなくとも、「特別な個人だからできた」 と見ることに対して問題を感じるのですが。

かくいう自分、20代前半のころ、化合物半導体の分野で、
「これが出来る日本で2人のうち1人」
だったことがあります。
当時の私は、研究所の実験テクニシャンをやっていました。
実体顕微鏡を覗いて、手にカミソリの刃を持ち、目視で 0.25 mm × 0.25 mm × 0.1 mm というサイズにレーザダイオードを切り出す、という技の持ち主でした。目も良かったし、手先が抜群に器用でした。ちなみに、「日本に2人」のもうお1人、当時、日立中央研究所にいらした女性は、しばらく後に結婚退職したと聞いています。私は日本で1人になりました。

それは大変危険な状態です。
日本に何人もいないスーパーテクニックの持ち主である器用な個人に、研究が分野まるごと依存することになるわけです。
そして、そういう個人を雇用できない場では研究ができないわけです。

私が「日本で1人」になったころから、そのスキルを補うちょっとした装置や道具の工夫が数多く行われるようになりました。当時の「応用物理」誌の「技術ノート」(だったかな)というコーナーに、よく掲載されていたのを記憶しています。
その翌年ごろから、その手のスーパーテクニックは「お呼びでなく」なりました。装置や道具に置き換えられてしまったからです。

個人のスーパーテクニックに依存する状態は、長く続きませんし、長く続くべきでもありません。
もちろん、実験スーパーテクニックを持つ研究者やテクニシャンは数多く存在しますし、そういう人々による研究も存在します。しかしそれらは、そういう力量を持つ人を育成するシステム・長期に活動させつづけるシステム……というものがあって出てくるタイプの研究です。30歳にも達しない実験の天才がが「ぽっと」現れて超絶的な研究成果を上げるということは、あまり考えられません。
30歳未満の人の研究が、その人個人の持つ特殊な何かに依存して成立しているという状況は、それ自体がかなり不自然です。 
研究の現場の経験があれば、
「あの研究者の個人的な実験スキルが卓越していたので成し遂げられたんじゃないか?」
説は、「瞬間的に眉唾」ものであろうと思います、が……。

今回のSTAP細胞の一件で、そういう意見を科学界からあまり見かけなかったこと、非常に不思議でした。 

研究について:「実験ノートを書く」という訓練

大学の理科系学部に進むと、必ず「学生実験」というものがあります。
目的は実験そのもの+実験内容の理解だけではなく、実験にまつわる数多くのスキルを身に付けることです。
私は大学時代に勤労学生で、職場は研究所でしたから、「大学で身につけた」という意識はなく、かえって「あ、大学ではこういうこと教えるのね」と新鮮に感じるくらいでしたけど。

以下、どういうことを教えられるかについて書いておきます。どこまで徹底するかは大学によるかと思いますが。

-実験ノートを用意する
必ず綴込み式ノートのこと。ルーズリーフ禁止。
ページの抜き取りや改ざん、悪意がなくても紛失を防止するためです。

-その回の学生実験でやることの予定と、実際にやったことを書く
やることの予定を書くことまでは指導してない大学の方が多いかも。これ書かせておくと「レポートが書けない」という悩みが減るんです。レポートの構成や内容を意識して実験することになりますから。

-事実を書く
やってないことを「やった」と書いてはいけません。

-あとから再現できるように書く
「何をどうしてどうなった」を、成功するにせよ失敗するにせよ、後から可能な限り再現できるように書きます。
学生実験で、実験が失敗したからといってやり直させることはほとんどありませんが、失敗したときにこそ記録がモノを言います。

-具体的に書く
起こった現象・観察された結果などを具体的に書きます。定性実験(現象そのものを問題にし、数量をあまり問題にしない実験)であれば、「色はどうなった」「形はこうなった」「こういう刺激を加えたときの反応の傾向はああなった」などを具体的に書きます。

-思い・感想・妄想を書いてもいいけれど、事実と紛れないように 
もしかすると、それは後に「ひらめき」と呼ばれるかもしれません。思いついたら書いといていいんです。でも、実験で行ったことやその結果と、後に自分で混同しないように。 

この訓練は、「他人の知的財産権を守って、新しい知的生産を行う人を育成する」という観点から重要視されています。

参考:
実験ノートの書き方(野島高彦氏)
現役の大学教員による、大学1年生向けの「実験ノートの書き方」 。たいへんわかりやすいです。

研究を職業にするようになると、このような研究専用のノートを使用する場合があります。
ページの抜き取りや改ざんが困難なように作られています。
全ページに通し番号が打ってあり、上司等がチェックを行うための欄も設けてあります。
知的生産を「確かに自分が行いました」と、参考にした他者の知的生産ともども明らかにできるようにしておく目的のノートです。

通し番号が便利だし、紙質もよいので、私はふだんの取材に愛用しています。

こちらは、研究室に配属された段階の大学4年生以上(?)が対象と思われる、ラボノートの書き方です。 
ラボノートの書き方 
「なんのためにここまで細かく、糊の種類までうるさく言うんだ?」と思われるかもしれませんが、一つ一つ妥当なことばかりですよ。
こういうことを積み上げていった先に、大学院修士課程・博士課程・その後の研究生活があるわけです。 
GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。