猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



家族

「宗教学」という枠組みから家族問題を考える

佐藤優さんの「サバイバル宗教論」を読みました。


私にとっては、大変「役に立つ」知見がいっぱいでした。

私はキリスト教の幼稚園に通っていました。母親が強く希望したからです。小学校時代は、母親の強い意向で日曜日は教会の日曜学校へ。中学・高校時代も日曜日は礼拝に行っていました。母親に事実上強制されたからです。母親は、「教会に行かないとバチがあたる」とか「ヨシコは心のネジ曲がった人間なんだから教会に行って直してもらわないと」と言うのでした。母親のいう「神様」「教会」は、いつも母親の味方であり、私を母親の思い通りに改造してくれたり、母親の思い通りにならない私に罰を与えたりする存在でした。これはキリスト教、とくにプロテスタントの教義からいって、非常におかしな解釈です。
もっとも高校時代の私にとっての「教会に行く」は、共学だったり男子校(当時)だったりする別の高校に通う同世代の人たちと接触して会話するための貴重な機会でもありました。とりあえず教会に行っていれば母親は文句を言いませんでしたから、原家族からの貴重な息抜きの時間として、母親に支配された世界ではない世界を見る機会として、私は教会を利用させてもらっていました。ここで「利用」と書きながら、私は母親が
「利用だなんて、そんなことを言う心の汚れた人間は、悪魔の子だから……」
と目を吊り上げて怒りの言葉を発する姿を思い浮かべています。実際にそんなことが何回も何回もありましたから。

長年の間、なぜ母親が自分にだけ都合のよい、妙に土俗的で呪術的なキリスト教解釈をできるのかは、私にとって大きな疑問でした。キリスト教の中学校・高校に通い、高校時代に受洗し、その後も母校である中学校・高校や系列の教会と深く関わり続けてきた母親は、そろそろ60年以上もキリスト教と接しているわけです。礼拝や集会にも顔を出しています。であれば、そんなキリスト教解釈が「ただされる」機会は数多くあったはずです。なぜ、ただされないまま、母親は70歳過ぎまで、そういうキリスト教解釈を持ち続けてしまったのでしょうか?

私は「サバイバル宗教論」を読んで、自分の宗教観の方を「ただされる」思いでした。「◯派キリスト教」という揺るぎない存在があるわけではなく、人々は自分の救済のために、その地域が背負ってきた背景や歴史と折り合いの付く形で、「その地域のキリスト教」を作ってきたのです。であれば、母親が「自分のキリスト教」というべきものを作りあげてしまったとしても、不思議ではないでしょう。
礼拝や集会の場では、ひと通りの礼儀作法をわきまえて若干の貢献をしていれば、おそらく、周囲の人々に非難されることはありません。そこで語られたはずの話が母親の中に届かなかったり、母親にとって都合のよい内容だけが文脈や背景と切り離されて取り込まれたりしたとしても、不自然ではないと思われます。母親が、絶対服従を強いることの可能だった私に対して話し聞かせ、というより浴びせ続けたのは、教会の牧師さんや集会に集う人々が何を意図していたのかとは全く異なっているのかもしれませんが、母親の「自分のキリスト教」だった……。
私は、そう考えることで、とても気がラクになりました。

母親は長年、「自分の言っていることは自分の信仰ゆえに正しい」と主張していました。もしかすると、私に対して直接は言わなくなっただけで、現在もそうなのかもしれません。
「信仰ゆえに」「正しい」という母親の主張の内容は、メチャクチャで、私にとっては非常に破壊的でした。だから私は、母親の「信仰」「正しい」を突き崩さなくてはならない、と思っていました。中学生くらいで「この人の言っているキリスト教はなんだかおかしい」と思い始めたときから、母親の「信仰」が正しくなく、母親の「信仰ゆえに正しい」も誤りであるという根拠を探しつづけていました。
そのキリスト教の教団で「正しい」とされていることがらに対して誤っていると言うしかない点は、わざわざ探さなくても、母親が何か言い始めれば次から次に出てきました。
でも、私は母親に対して、ほとんど何も言い返しませんでした。会話が成立しないどころか、「親がせっかく言ってやっているのに反抗するから」という理由で、さらなる罰を加えられる可能性がありましたから。私は高校時代、3日にあけず、「高校を辞めさせて工場で働かせる」と母親に言われていました。母親によれば、そうすれば私は母親のありがたみを理解するのだそうでした(その高校に進学することを強く希望したのは母親だったのですが)。そのような時にも「自分は信仰を持っているから、自分の言っていることは神様が言っているのも同じ」というような言葉が、母親の口から発され続けていました。

母親は、母親自身が主張し続けたほど「正しい」人間ではないのだと思います。母親の属する宗派のキリスト教的価値観からも、母親の誤りを指摘することは容易です。でも、母親の「正しい」を否定し、「誤り」を示すことには意味はないでしょう。母親は、母親自身の「自分のキリスト教」の世界に住んでおり、その中で「自分は常に正しい」「自分は家族(少なくとも私)に対しては全知全能の神にも等しい存在であり、そうであるべき」と自己完結しています。その世界を壊されることに対して、母親が全力で抵抗するのは当然といえば当然の話かもしれません。

とにもかくにも、「サバイバル宗教論」を読んだ私は
「母親は、私には良くわからない宗教である『母親のキリスト教』の人」
と考え、母親の不思議な考え方の数々を
「『母親のキリスト教』の教義は、そのようなものであるらしい」
と捉えることが出来るようになりました。
宗教学という大きな枠組が可能にしてくれた新しい解釈は、私をとても気楽にしてくれました。
母親が何を考え、何を言い、何を行っても、
「『あの人のキリスト教』はそういうものだから」
と考えることができれば、私は個人として母親と対決したり闘ったりする必要がなくなります。
問題ある言動に困らされたときにも、
「『あの人のキリスト教』にはカルト宗教っぽいところがあるから、ええと、カルト宗教や信者に対する対策は」
と、対処を考えることが可能になります。
「たいへん困った人ではあるけれども、他ならぬ実の母親なのだから」
と考えると、
「その実の母親に対して、こんなふうに『苦しい』『辛い』『しんどい』と思っていいんだろうか?」
という自責につながりますが、
「なんだかちょっとヘンな、カルトっぽい宗教の信者」
と考えれば、自分を責めることなく、相手を逆上させる可能性もいくらか少ない対処を行うことができます。
このことは、私にとっては大いなる救いです。

「母親が宗教を根拠にして自分を困らせる」
という長年続いた事態に対し、
「母親が自分を困らせる」
に注目するのではなく、
「(母親の)宗教が自分を困らせる」
に注目することが、もっと早い時期に出来ていれば。
宗教学に接してみるという選択が自分に出来ていれば。
母親との間の不毛な争いごとと、それによって苦しめられることを、私はどれだけ減らすことができたでしょうか。
「学問によって解決できるかもしれない」
という発想を持たなかったことを、今、ちょっと後悔しています。

「焼け跡闇市」世代の親たちのエピソード

私の父親は1933年(昭和8年)生まれ、母親は1939年(昭和14年)生まれです。
父親は「焼け跡闇市」世代、母親は小学校以後、戦後教育を受けている世代ということになります。 

この数年で、「焼け跡闇市」世代の親たちに対して疑問を感じるエピソードを、いくつか耳にしました。
そして「戦後日本を支えてきた高齢者への社会保障は手厚く」という論理に対して、Yesと言えなくなりました。 
下記のエピソードは、全部実話をベースにしています。ただし個人を特定されないように、細部は変えてあります。

エピソード1 

一流企業のサラリーマンであった父親(故人)、終戦時に19歳、従軍経験あり。専業主婦であった母親(故人)、終戦時に15歳。一人娘、現在47歳。
両親は一人娘を大切に育て、短大を卒業させた。一人娘は短大卒業後、短期の就職経験を経て、一流企業のエリートサラリーマンと結婚。夫婦仲は非常に円満。子どもが三人。子どもたちは既に就職。
父親は定年後、自営業を開始。一人娘の夫は、借り入れ等の保証人となっていた。
両親は年金・自営業の収入などで、老後の生活を謳歌していた。
両親の死後、父親の莫大な借金が判明。一人娘夫妻は家屋などの財産すべてを失うことになった。しかし、そのことで一人娘夫妻の協力関係は壊れなかった。不幸中の幸い。

エピソード2

公務員であった父親、終戦時に20歳。大学生であったため従軍経験はなし。専業主婦であった母親(故人)、終戦時に12歳。55歳・52歳・48歳の3人の娘がいる。
母親は55歳のときに脳疾患で倒れ、19年間、娘たちの介護を受け続けた後で亡くなった。3人の娘たちはいずれも大学教育を受け、専門性の高い職業についていた。伴侶や子どもがいる者もいた。娘たちは自分自身の家庭や職業をかなり犠牲にして、母親を介護した。父親は、働き続けることによって妻の闘病を支えた。
母親の死後、父親は親類の男子を養子に迎え、その養子に全財産を残すという遺言を作成した。父親によれば、家の跡取りは男子でなくてはならず、娘たちはもう不要なのだそうである。

安易な世代論に走るべきではないとは思います。
「焼け跡闇市世代は」で同世代の方々をくくってもいけないと思います。
この世代の、人として尊敬できる方を何人も知っています。

でも、高齢者や政治家たちから「家族の支えあい」「家族の絆」「共助」という言葉が出てくるとき、私はこれらの エピソードを思い浮かべてしまいます。
家族や支えあいや助け合いを破壊したのは若年世代ではなく、現在、高齢者となっている世代なのではないかと思うのです。

親子の縁の切られ始め

このところ、本ブログのカテゴリ「家族」で、原家族との間に何があったかを書きつづけています。
次に起こりうることは、両親から「親子の縁を切る」と明確に言い渡されることでしょうか。
それはそれで、私にとってはむしろ喜ばしいことです。
ただ、それだけでは済まず、それ以上のこと、私の生存や生活が今よりも危うくなるようなことをされるだろうと予想し、警戒していますけれども。 

2007年9月だったと記憶しています。
福岡の父親から電話があり、
「来月、どこかの日曜日に法事をするので、そのつもりにしておいてほしい」
ということでした。
過去、父親からそのような電話があったときには、後日、場所や日時などが知らされました。
しかし10月の末ごろになっても、詳細はまったく知らされませんでした。
こちらから父親に電話してみると、父親は
「先週終わった、良い集まりだった」
と嬉しそうに語っていました。

以後、法事等の予定が知らされたことはありません。
近親者の葬式くらいは知らされるのですが、出席は強く拒まれます。
昨年夏、80歳になった父親の誕生日を祝う集いがもたれたそうですが、私はそれも知りませんでした。後に、他の血縁者からの伝聞で知りました。 

このブログの「家族」カテゴリの記事は、両親に、私との縁を切るための格好の口実をもたらすかもしれません。
でも、その7年前、両親は私との縁を切り始めていました。 

東日本大震災のこと(2) 発災後の親族の反応

東日本大震災発災の数時間後、福岡県に住む叔母(母の妹)から電話がかかってきました。
この叔母は子どもがなく、長年、私を我が子同様に心配し、愛してくれていました。
「発災直後から何回も電話していたがつながらず、やっとつながった」
ということでした。
「被災地へ電話をかける」は、災害時に行ってはいけないことの一つですが、そうせずにいられなかった叔母の気持ちは分かります。そして有り難く感じました。

この翌日、同じく福岡県に住む父親から電話がありました。
「壊れたりしているものはないか、こちらでも何か考えるから」
ということでした。
震度5強、かなり激しく揺れた築60年の我が住まいでは、門柱が折れ、部屋の中では本棚3本が倒れていました。二匹の猫たちを含めて誰も負傷しなかったのは、不幸中の幸いでした。
固定してあった本棚からは、段ボール箱に入ったままの「中井久夫著作集」が箱ごと飛び出し、私が仕事のときに座っていた椅子の上に落ちていました。もしそこに私が座っていたら、直撃を受けたわけです。
いずれにしても、生活ができるように屋内を片付けることが目先の課題でした(結局は、友人たちが2~3週間かけて行ってくれました)。
私は父親に、さっそく、明らかに補修等の手当が必要と思われるものの一覧表を送りました。Excelで、優先順位・重要度・対処の必要な時期などの情報を付して。それは特に多額の出費を要するものでもなんでもありませんでした。
父親からは電話があり
「受け取った、見た」
ということでした。この件について、父親はその後何も言っていません。3年後の現在に至るも、何も言っていません。何のために、父親はその情報を欲しがったのだろうかと思います。

次に父親と電話で会話したのは、2011年3月下旬か4月上旬だったでしょうか。父親は
「自分の意志で東京に住んでいるんだから、被災は自己責任」
と私に言ったのです。私に夫などの家族がおらず、子どもがおらず、一人で何もかもに対処しなくてはならないのは、父親によれば自己責任なのだそうです。私は人間の家族を持ちたいと長年望んでいました。そのことを話しても、父親は
「自己責任たい」
と繰り返すばかりでした。私は身体障害者なのですが、それも父親によれば
「自己責任たい」
でした。
私は
「つまり、父親は、私のために出費したくないということなのかな?」
と推測はしました。あくまでも推測です。
とにかくはっきりしているのは、父親が私に対して「自己責任」と言ったことです。それも、とてもとても嬉しそうな声で、軽い調子で。当時の博多では、居酒屋談義レベルでは、
「東北は気の毒だけど、東京はいい気味だ」
というような会話も、当然のようになされていたと聞いています。父親は、私に「自己責任」と言っても福岡の地域コミュニティでは許される、と確信していたのかもしれません。
どのような背景があろうが、言われた私は深く傷つきました。この悲しみ、この悔しさ、この情けなさは、未だに表現する言葉が見つかりません。

2011年4月ごろ、私の住まいでは屋根の雨漏りが発生し始めました。貯金を崩し、20万円ほどかけて補修し、他に損傷箇所がないかどうかを点検してもらいました。それは、住み続けるために、せざるを得ないことでしたから。父親には、補修についても費用についても話していません。大したことはなかったとはいえ、天災の被災を「自己責任」と言う人には、何も話したくありませんでした。
もし、父親の「自己責任」発言の真意が、
「どういう被害を受けていても、その被害状況について知りたくない、知ったら何らかの援助をせざるを得なくなるかもしれないから」
というところにあったのであれば、父親の希望は見事に叶ったということになります。父親とは、真意をきちんと質すような会話どころか、その後ほとんど会話といえる会話をしていませんが。
叔母は、その建物に住む私を心配し、「耐震補強をしては」と経済的援助の意志とともに申し出てくれました。いかし着工のタイミングを計っているうちに、昨年秋、着工どころではない問題が私の両親の方から持ち上がってきてしまいました。この込み入った事情について説明するのは容易ではありませんが、未だに着工できていません。
昨年秋以後、叔母との連絡も、ほとんど途絶えてしまいました。電話で会話したことが一度だけあります。私の方は、それまでと変わることなく話そうとしたのですが、叔母の方はそうではなくなっており、なんともギクシャクした会話となりました。その、最後の叔母とのギクシャクした会話も、何度も電話して出てもらえず、やっと出てもらえた時のことでした。
「ギクシャク」の原因として思い当たることは、私の方にはありません。その数日前に両親と接触して私が脅威を感じる出来事があったこと、私がその脅威感を正直にその場で表明したことくらいです。それ以外に思い当たることはありません。叔母と私が平穏に会話できなくなった理由の本当のところは分かりません。ただ、叔母が自分自身の平和な日常のために、遠く離れた東京に住む私よりも、身近で密接な関係のある私の両親との関係を重視するということは、むしろ自然なことかと思われます。
「電話しても出てもらえないのでは」「あの時みたいな会話になるのでは」と思うと、現在の私は、怖くて叔母に電話をかけることができません。それまでは月に一度は電話していました。近くに私の両親など近親者がいるとはいえ、一人暮らしの叔母が心配だったからです。でも、どうしているだろうかという気がかりを表明することも、できなくなりました。

さて、私の従妹の一人は、東日本大震災当時、福島県相馬市に住んでいました。従妹も福岡県出身なのですが、ご縁があって相馬の方と結婚したのです。
相馬は地震の揺れそのものが東京より激しく、その上、福島第一原発の問題もありました。従妹の一家は幸い、誰も負傷したり亡くなったりしなかったのですが、かなりの期間、避難生活を強いられたということです。従妹は、一時期は福岡の実家に身を寄せていたとも聞いています。
私は、従妹の被災について、「自己責任」とは思っていません。「大変だったんだろうなあ」と推察しています。
しかし、自分の意志で東京の大学に進学し、その後も東京に住み続けている私が東日本大震災に遭ったことを「自己責任」とした父親の論理によれば、自分の意志で相馬の方と結婚した従妹だって「自己責任」となるはずです。その父親は、従妹に対しては「自己責任」とは言いませんでした。ごく普通に、大変な目に遭った身内に対する同情や共感を示していました。 

なぜ相馬の従妹が「自己責任」でなく、東京の私が「自己責任」なのか。
未だに、私はこの違いを納得することができません。
東日本大震災以後、私は何度も何度も、父親の「自己責任」という発言を思い出して涙しました。
3年が経過して、私はやっと、
「もし私が相馬で同じような目に遭ったとしても、父親は私を『自己責任』とし、従妹は『被災者』にしたんだろう」
ということを納得することができました。
私が生まれてから50年、つまり父親との関係も50年ということになりますが、50年かけても、父親と私はそういう人間関係しか作ってこれなかったということです。ここまで破壊的な関係になっている以上、もはや改善の見込みはないでしょう。
今の私は、その身も蓋もない現実を認識することができるようになっています。その現実を認識できるようになって、よかったと思っています。
父親が不用意に、嬉しそうに「自己責任」と語ったからこそ、その認識に至ることができました。

今は、東日本大震災がきっかけで父親に本音をぶつけられた巡りあわせに、感謝しています。
 

「精神科入院」もろもろ

精神科入院は、慎重に選んで自分の意志で行うのであれば、そんなに悪いものではありません。
「慎重に選べば」「自分の意志で」は非常に重要な前提なのですが。
誤解されている「精神科入院」のもろもろについて、メモ書きしておきます。

・入院先は、どう「慎重に選べば」よいのか 

可能であれば、実際に入院した人の話を聞くのが一番です。それも数年前ではなく、せめてこの1年以内くらい。
少なくとも、虐待の噂を聞いたり、虐待が実際に報道されていたりするようなところは避けたほうが良いかと思われます。
しかし、
「閉鎖病棟・長期入院患者は悲惨だけど、開放病棟の短期入院患者には居心地がよい」
ということもあります。
私は2008年、ある都立精神科病院に2週間ほど休養入院をしました。開放病棟の一部に設けられた休養入院用の個室です(利用料は食費のみ)。建物が古くてボロいこと・身体障害を合併している患者に慣れていないようだったことを除いて、問題は何もありませんでした。他の患者からのプライバシーも保たれていましたし(室内に監視カメラはありましたけど)。ゆっくり休養して、ある程度元気になって退院することができました。
しかし同じ精神科病院の閉鎖病棟の方では、何回も虐待が報道されています。そこに入院した友人たちからも、虐待を受けたという話を何回か聞いています。
こういうこともありますので、病院名だけでは判断できません。

・「自分の意志で」行う入院の形態は?

自分の意志で入院するのであれば、任意入院以外はありえません。自分の意志で任意入院し、入院の必要がなくなったら自分の意志で退院することが一番です。
医療保護入院・措置入院であっても、可能な限り本人の同意に基づくことは求められていますが、これらの形態では退院が面倒なことになります。「病状が安定していて退院しても大丈夫そうだと医師が判断しており、本人も退院したい」というだけでは退院できない場合もある、ということです。

・携帯電話やパソコンは使える?

通信の自由を妨げないという観点からは、使用を禁止できません。ただ、医療機器への影響という観点・他の患者への影響という観点から「使用可能なエリアが限定される」ということはあります。また「その部屋の入院患者全員がパソコンを使ったらブレーカーが落ちる」という電力事情から「パソコンはご遠慮ください(携帯電話は可)」という精神科病院もあります。

・開放病棟か閉鎖病棟か

任意入院の場合は、ほぼ開放病棟となります。閉鎖病棟が選択されることもありますが、その場合も申請すれば外出は可能です。ただし、自傷他害の可能性が高い場合には「理由ともども書面で通知した上で閉鎖病棟へ、行動の自由はいくらか制約」がありえます。

・「保護室」って?

「暴れる患者を強引に閉じ込める場所」というイメージが強い「保護室」。未だにそういう運用がされている精神科病院があるという話を耳にします。一方で
「必要を感じた患者が自ら申し出て入り、必要なくなったら出てくる」
という運用がなされている精神科病院の話も、ここ数年は耳にします。患者が「必要を感じる」には、「外界からの刺激を減らして休養したい」といったことも含まれます。

・家族に無理やり入院させられたりしない?

現在は、3親等内の親族の誰かの同意で医療保護入院が可能です。だから、「その可能性は皆無ではない」ということになります。日常、家族に入院させられる可能性を考えてビクビクオドオド暮らさなくてはならないようだったら、家族と別居することを考えるのが現実的でしょう(まともな精神科病院なら、家族の一方的な申し出だけで医療保護入院させることは避けますが)。単身生活するだけの収入源を持っていない場合には、2014年3月現在ならば、生活保護制度を利用することができます。

・入院以外の選択肢は?

精神障害者保健福祉手帳を取得している場合には、障害者施設への短期宿泊・一時入所という選択肢もあります。「落ち着いた環境でストレス少なく休養する」が可能な施設もあれば、病気がひどくなりそうな施設もあるようです。

結局は、事前の情報収集が要ということになります。
日頃から、ご自分自身が信頼でき、情報が集積されている障害者団体・NPO・作業所・医療機関等と連携しておくことが、何よりも重要です。
たいていは、精神疾患と長く付き合っているうちに、そういうつながりが自然に出来ていきます。
よほど差し迫った事情がない限りは、無理やり連携する必要もないかと。


GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。