猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



慢性腎不全

[猫ばか日記]猫きょうだいの医療拒否チームプレイ

延べ4猫と暮らしてきた私、現在は摩耶(女子・17歳11ヶ月)・瑠(男子・6歳11ヶ月)と暮らしております。

摩耶と私。ただただ一緒にいられることが嬉しく、毎朝、こんな写真を撮っています。
13歳ごろから、慢性腎不全(5年目)・糖尿病(3年目)と高齢ゆえの病気を抱えるようになった摩耶には、毎日の医療的ケア(皮下補液・インシュリン注射(一日2回)・服薬)が欠かせません。
2015-04-18-09-56-14

瑠です。多頭飼育崩壊のお宅から救出され、シェルターで5年過ごした後、5歳で我が家にやってきました。
まだ私に抱っこはさせてくれません。
2015-04-17-12-52-05

摩耶と瑠は、たいへん仲良しです。
2015-04-17-12-45-01


本日午前、摩耶に皮下補液を行おうとしたところ、摩耶・瑠姉弟、頭脳戦の協力プレイで対抗してくれました。
私が準備を始めると、瑠が摩耶を寝室に誘い、ふたりでベッドの下に入りました。
摩耶を奥に。瑠が手前に。瑠は私にガン飛ばして「こっち来るな!」と意思表示。
瑠、お姉ちゃんを守らなきゃと思ったようです。
ところが私が近寄ると、逃げてしまうお根性なしの瑠でありました。
その間に摩耶はさらに奥に潜り込みました。
ううむ。

摩耶の大好きなカツオ節を出し、袋をシャカシャカ言わせて
「おかかだよー」
と声をかけてみましたが、出てきません。
摩耶は、初めて発話した日本語の単語が「おああ(おかか)」だった、というほどカツオ節を愛好しておりますが、そのカツオ節も、今日の摩耶には有効でありません。
ううむ。
 
ふたりの大好物「カツオ棒(猫用の小型なまり節)」を取り出し
「カツオ棒だよー!」
と言うと、摩耶が出てきて、慎重に近寄ってきました。
本当にカツオ棒が出てくるのを見て、周囲に注意を払いながら食べ始めました。 
瑠も出てきて、摩耶に分けてくれないかとねだりましたが、摩耶は拒否。
もちろん瑠にも与えました。
 
食べ終わり、速攻でベッドの下に潜り込もうとする摩耶を身柄確保。
摩耶の医療的ケアのために自分で作った歌
「動物虐待たいへんだ」

「がんばれ摩耶ちゃん」
を歌いつつ、瑠に背中の後ろで
「にゃーっ!」
と抗議されつつ、摩耶の皮下補液・インシュリン注射・服薬は、今日も「粛々と」行われたのでありました。

こんなおバカな生活が続いてきて、今日も続いていることが、たまらなく幸せなのです。 

摩耶の服薬に欠かせない「ピルポケット」。
ペースト状のスナックで、薬を包み込んで「おやつ」として飲み込んでもらえます。

私は、かかりつけ動物病院で買ってます。その方が安いので。
一部動物病院による動物用医薬品・療法食のネット通販には、多くの獣医さんが悩んでこられました。
その状態が数年間続いた後、現在、「ネット通販の方が安い」というケースは、ほとんど見られなくなっています。 
若干、動物病院の方が高いとしても
「かかりつけ動物病院との信頼関係を壊してまで、こだわる価値はあるか?」
という程度。
大切な家族に、必要な医療を必要なときに与えるためにも、かかりつけ動物病院との信頼関係、超重要。
というわけで、私は
「あああああ! 連休に入っちゃった!」
というような場面を除いて、 療法食やサプリは、かかりつけ動物病院に相談して取り寄せていただくようにしています。

猫の闘病記:サプリ「カリナール」を使ってみました

我が家の猫の摩耶(女子・17歳6ヶ月)は、13歳のときに慢性腎不全(ステージIII)に罹患していることが発覚しました。
その後糖尿病にも罹患しました。
幸い、なんとか維持・管理を続けることができております。
慢性腎不全(4年4ヶ月目)も糖尿病(2年2ヶ月目)も発覚以後に大きく悪化させることなく、今日を迎えております。

毎朝、嬉しくてたまりません。摩耶と朝を迎えられることが。
2014-12-04-08-28-14

さて、摩耶の慢性腎不全闘病に、サプリはこれまで
  • Renalzin(食事からのリン吸収を抑制するペースト状のサプリ)
  • きゃどっく(有用菌サプリ・粒状・ドライフードにちょっと混ぜる。匂いが強い。ウエットフードに混ぜると我が家の猫どもは嫌がる)
  • 人間用ヨーグルト(ほんの少々をウエットフードに混ぜる)
を用いてきました。
「きゃどっく」は製造中止となり、現在は下記製品に置き換わっているようすです。

もちろんこの他に、薬物療法・食餌療法も行ってきています。
薬物療法は今のところ
  • 降圧剤(内服) アピナック 12.5 mg/日(2010年8月~)
  • 皮下補液 65 ml(50 ml シリンジいっぱいいっぱい)/日(2012年11月~)
  • インシュリン皮下注射(2012年11月~) 現在はレベミル 0.6 単位を朝晩
です。
食餌療法は、「少しくらい、そのまま一般食を食べさせるよりはマシ」を目指すようにしています。
摩耶が慢性腎不全を発症した時、もうひとり慢性腎不全猫の悠(1998-2013)がいましたから、
「全面的に療法食に切り替える」
を試してみようとした時期もあるんですが、我が家の猫たちには受け入れてもらえませんでした。
そこで、一般食(なるべくシニア用)+リン吸収阻害アプリ(「Renalzin」「カリナール1」)で、
「ま、療法食に少しは近くなってるんじゃないかな?」
でいいことにしています。
それでこれだけ維持できているわけですから、少なくとも、うちの猫たちには悪くなかったんでしょう。

臨床獣医学の論文を読んだり、猫の闘病に関して調べられるものは調べてきたつもりなのですが、結局、家庭で無理なくできることは
「なるべくリンを吸収させないこと」
「腸内を弱酸性に保って、アンモニアがなるべく腎臓に回らないようにすること」
に尽きている感じです。
しかし、このところのポンド高で、Renalzinを購入する意欲がなくなりました。
日本に発送してくれる業者がイギリスにしか見当たらないし。
そもそも、普通の家庭で無理なく使えるようなお値段に抑えられています。
1ポンド150円程度だと、まとめ買いすれば、送料を含めて1ヶ月あたり700~1000円くらいの感じになります。
だったら、「ま、いっか」と思えるのですけど、1ポンド170円となると「うーん……」です。
いずれにしても、ペーストのRenalzinはドライフードには混ぜられないので、しばらく前から「よい」と評判の粉末サプリ「カリナール」を使ってみることにしました。「1」がリン吸収抑制剤、「2」が腸内で働く有用菌です。


「2」は17歳の摩耶・6歳の猫の瑠が共通して食べるドライフード・ウエットフードに混ぜ(それぞれ、1盛りあるいは1食あたり付属のスプーン1杯)、さらに摩耶のウエットフードには「1」も混ぜる(1食あたり付属のスプーン1杯)、という使い方です。
ドライフードは成猫用20%・高齢猫用80%の比率で混ぜ、6歳の瑠が好んで食事する場所に置く食器に成猫用がほとんど入るようにしています。
ウエットフードは、どこのスーパーでも無理なく入手できる製品を、シニア猫用を中心にいろいろと用いています。瑠はドライ党でウエットフードをあまり好まないので、シニア猫用でもあまり問題はないかと。

さて、「カリナール」を1.5ヶ月ほど使ってみて、摩耶の毎月の血液検査を2回経過したところでの感想です。
  • 「1」、効果は確実に見られている様子。少なくとも摩耶のCRE・BUNは悪化していない。
  • 「2」も効果てきめん。摩耶・瑠とも大便からアンモニア臭がしなくなっている。
  • 問題はお値段。「2」をウエット・ドライの両方に混ぜていると、あっという間に減ってしまう。1ヶ月で使い切ってしまう感じ。これはイタい。
というわけで、今後はこんなふうにしてみる予定です。
  • 「カリナール1」は引き続き、17歳の摩耶のウエットフードに混ぜて用いる。
  • 「カリナール2」は割高感が激しいのでやめる。ドライフードにふりかける有用菌サプリは「きゃどっく」に戻し(一袋で3年くらいはラクショーでもちます。1日あたり耳かき3~5杯分ほど使えば、猫の便通は顕著に改善されます)、ウエットフードには人間用ヨーグルトをちらっと混ぜる。
猫の闘病、長期にわたって無理なく続けるためには、「費用は抑制して効果は出す」という工夫がどうしても必要になりますね。
愛する者のために頑張っている仲間、猫家族の皆様のご参考になることもあるだろうとと思い、まとめておきました。

机の前をちょっと離れていた間に、猫たちに占領されてしまっていた机の下のフットヒーター。
左・瑠(6歳・男子)、右・摩耶(17歳・女子)。

2014-12-04-12-59-54

GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。