猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



料理

[食事の記録]七草粥を食べました

2015年9月に猫の摩耶(享年18)を喪って以後、食欲不振が続いております。
2015年12月10日ごろから自炊に復帰したのですが、主食はご飯だと重くて、お粥にしてます。
というわけで、昨日1月7日朝も、お粥を炊いてました。

昨年1月7日の摩耶さんと私。

お粥が炊き上がるころ、ツイッターを見て、今日は七草粥の日だと気付きました。
プランターに植えた植物、勝手に生えた植物、近所の空き地に生えてる植物などから食べられるものを採集。
5分足らずで、これだけ集まりました。

お粥に乗せて食べるのに適したサイズに刻み、常備の5%塩水を噴射。しばらく待ってレンチン。
  
中央上左から時計回りに、スミレ、ハコベ、コオニノカタビラ、ハルジオン、アシタバ。どこかにヨモギが隠れてるはず。
一種類足りないので、この後、ニンジンの葉を追加。

めんつゆに数分間漬けておいた卵黄とともに、お粥にトッピングして出来上がり。

アボカドのレモン汁かけ、お粥に使わなかった茎と庄内麩の味噌汁。
この他、出汁パックの中身と卵の白身を混ぜてレンチンしたものをいただいた、朝昼兼用ごはんでした。
2016-01-07-12-08-24


季節のご飯ものを工夫するとき、今、一番参考にしている本です。
でも全部は必要ないので、所有せず、必要になったら図書館で見てくるようにしています。
「1ページいくら」で、必要なページだけ電子版で売ってくれたらなあ……。 
 
  
食べられる野草、コンパクトで充実した図鑑は、現在ないようですね。
今だったら、写真撮ってツイッターにアップして「これ何? 食べられる?で済むのかもしれませんが。 

[ウチのおかず]凍りゴーヤの冷やし味噌汁

相変わらずの酷暑とはいえ、少しずつ日差しは秋っぽくなりつつある今日このごろです。
わりと暑さに強い私ではありますが、この夏は、暑くて料理する気力どころか朝食を食べる気力も萎えがちな日が続きました。
味噌汁は寝る前に作っておき、朝、冷えた味噌汁に冷えた具を参加させ、氷を入れて食べるのが、この夏のマイブームとなりました。
一番登場回数多かったのは、この夏に独自開発した、凍りゴーヤの冷やし味噌汁。
まだ「これだ!」という仕上がりにはなっていない試作レベルですが。

ゴーヤは、2cmくらいの角切りにして冷凍庫で凍らせておき、フードプロセッサーのグラインダーで砕きます。
この日は、味噌汁一人前に、ゴーヤ1/6本程度を使いました。
2015-08-12-13-45-01

ゴーヤのかき氷。
2015-08-12-13-46-28

味噌汁椀にゴーヤのかき氷を富士山のように盛りつけたところ。
2015-08-12-13-48-30
 
ここに、冷えた味噌汁を注ぎます。
凍ったゴーヤが融けて、若干水気が出て薄まるので、味は強めに作っておきます。
味噌を増やすだけだと塩分摂りすぎになるので、塩麹・めんつゆなども少し使用。
本日、味噌汁に予め入れておいた具は、汁に入れっぱなしにしておくと味が染みこんで大変具合よい庄内麩のみ。他にレンチンしておいたマイタケ少々も。

泡は間違いなくゴーヤから出てきているのですが、何なのか、どこから出てくるのかが気になるところ。ワタに含まれている空気かな?
2015-08-12-14-02-13

夏野菜たっぷりの朝食でありました。納豆は、面倒くさくてパックのままでした。
ご飯には、ちりめんじゃこと刻みトマトをトッピング。
左手は、ナスの皮とショウガを刻んでピクルス風にし、大根おろしに混ぜたもの。
2015-08-12-14-02-28


「ゴーヤを凍らせて砕く」という方法は、納豆にゴーヤのすりおろしを混ぜたくて発見。
凍らせてから砕いたゴーヤを納豆に混ぜると、納豆は納豆、ゴーヤはゴーヤという感じで味が独立してるんです。
なぜそうなるのか、来年の夏は「夏休みの自由研究!」してみたいところですが、この夏はちょっと無理。
混ぜた食物がゴーヤ味に占領されないのであれば、汁物に混ぜてもよいのかも。
というわけで、冷やし味噌汁に混ぜてみて、まあまあの成功には至っています。
ただ、何となく納得いかない感が残ります。来年の夏に、またチャレンジかな?

料理どころか食べる気力も萎えそうなとき、スティックミキサーがあるので辛うじて何か作って食べられることが、私にはよくあります。というわけで。
 

レシピ:インチキ冷や汁風

料理したくない。熱いもの食べたくない。
そんな怠け心から、手軽でおいしい冷や汁(のようなもの)ができました。

55

  • だしパックでだしをとって、そのまま冷ます(実は前の晩にだしを取ってあったのですが、朝、どうしても暑い味噌汁飲みたくなかったし、火を使いたくなかったんですよね。そこで下記を試してみたわけです)
  • だしパックを取り出して軽く絞り、中身を別の容器にあけ、味噌小さじ2(今回は豆味噌)とよくよく混ぜる(ここ重要←水で味噌を確実に溶かすため)
  • だしパックの中身と味噌を混ぜたものに、少しずつだし汁を混ぜて味噌を溶かす
  • つかみ崩した豆腐(今回は1/2丁)を混ぜる
  • 温かいご飯(今回はレンジ加熱したパック白飯)を丼に盛り、冷や汁もどきをかけ、薬味(今回は青じそとみょうが)を乗せる
だしパックを使う習慣をお持ちの皆様、どうぞお試しを。

だしパック、私は「林久右衛門商店」のものが一番好きです。
中身の粒子が細かいので、再利用がやりやすいし。
楽天市場では取り扱いがないようなので、同社のインスタント吸い物を貼っておきます。
 

ナスの皮を美味しく食べる方法

今朝の朝食。
左下:三分づき米+アマランサスのご飯
右下:鳥手羽元と豆腐のスープ
左上:アボカドとトマトを刻んで混ぜたもの
右上:ナスの皮・青じそ・ミョウガの和え物
2014-06-27-09-15-24
 
右上の一皿。
2014-06-27-09-15-31
 
こんなふうに作りました。
  • ナス2個の皮を剥き、刻み、塩をまぶして数分。
  • 塩を洗い流して水気をよく絞り、ひたひたの三杯酢に3分ほどひたす。
  • 削り節2グラムほどを加え、ナスに吸われなかった三杯酢を吸収させる。
  • 大葉3枚、ミョウガ1個を刻んで混ぜる。
塩漬けされたナスの皮、刻んだだけの生の大葉とミョウガが調和して、爽やかな風味でした。

 

本ブログに料理メモを書いている理由

「みわちゃん・いんふぉ」は最近、ほとんど料理ブログと化しております。
 世には既に、数多くの料理ブログがあり、飽和状態です。
料理のノウハウやレシピを提供する目的で料理ブログに参入し、それなりの結果を出せたら、もう「偉業」というべきでしょう。
私は、ノウハウやレシピの提供を目的として料理の話を書き始めたわけではありません。その路線で結果を出すのは私には無理だろうと思いますしね。

書き始めたきっかけは、STAP細胞問題で研究者のノートへの注目が集まり、誤解も広まったからです。
紙のノートである必然性はありませんし、冊数も使用するノートのタイプも書き方も、「これでなくては」という基準があるわけではありません。
実験や研究が必要かつ充分に記録されていればよく、そのためには最初から研究用に作られたノートが都合よい、誰にとっても目的を果たすような方法にしたがって記録するのが都合よい、というだけの話。

しかしSTAP細胞問題は、実験ノート・研究ノートへの誤解のみならず、「実験屋の仕事」への誤解を世の中に広めているように思えます。
実験屋は、指示されたように手を動かすだけの労働力ではありません。「ピペド」と呼ばれる人々の存在や、労働力をふんだんに提供する「ポスドク問題」「大学院問題」はありますが。
私自身、筑波大時代の元指導教員に「言われたことだけやってりゃいいんだよ」と言われたことがありますけれども。
実験研究は、実験をやれば出来るようなものでもありません。
STAP細胞問題の背景には、「ピペド」に代表されるポスドク問題・大学院問題があります。大学教育にも研究機関の体制や採用プロセスにも、問題がなかったとはいえないでしょう。さらにファッション、お化粧、「オヤジ殺し」スキルなど数多くの問題が絡んでいるようです。

私は「実験屋の仕事」の中身を理解する手がかりを提供したいと思いました。
私自身、発生生物学の実験ノート見せてもらったってワケワカですから。
でも料理好きな人になら、料理の実験ノートならば「実験屋のアプローチ」「実験屋の考え方」といったものが何となく伝わるんじゃないかと。
それに、ほぼ毎日料理していて、小さくとも新しい知見や発展は毎回得ているわけです。それを記録して公開したら、誰かの役に立つかもしれないという思いもあります。人間の家族がいない私は、「食べてもらって家族の反応を見る」ができません。自分で作って自分で食べて自己満足する世界で閉じてしまうのは、ちょっとさびしいんですよね。
それに、人間に目の前で「美味しくない」と言われるのは非常に辛いものがあります。18歳のとき、作った味噌汁を母親が目の前で「まずい」とつぶやいてひっくり返したこと(他の家族は不満を言わずに食べていました。少なくとも、捨てるほど不味いものではなかったのだろうと思います)、2回の事実婚の相手がどちらも料理に関しては、両方フルタイム勤務の共働きなのに「作ってもらえて当たり前、自分好みにしてもらえて当たり前」というタイプの男だったことなどがトラウマになってもいます。

料理メモの公開だったら、そういう結果につながらない分だけ、いくらか安心です。
「他人の実験メモ、参考になることもならないことも、あって当然」
と割りきって読んでいただくことが、最もありがたいです。 
GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。