猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



減量

[猫ばか日記][健康]本日の摩耶・瑠+わが体重・血圧

摩耶、17歳11ヶ月18日。
今日もマイペースで、好物はパクパク食べ、ちょっと遊び、良く寝ております。
BlogPaint

 朝、起こされている私。
2015-05-01-08-04-03

瑠(7歳0ヶ月1日)と摩耶。
2015-05-06-11-27-13

摩耶、今日も愛してるよ!
2015-05-06-09-35-18
 
そんな私の今朝の血圧。ん、まあまあ。
2015-05-06-09-30-38
 
今朝の体重は80.1kg。
今年1月に84.5kgだったのを、概ね1ヶ月に1kgくらいの無理ないペースで減らすことに成功しています。
この程度の「ゆるふわ」ペースの減量だと、ストレス感じないし「リバウンド?」 もなさそうです。
引き続き、今年中に70kg台前半、来年中に65kg以下を目指すことにします。

2008年に購入した我が家の体重計、誤動作が増えてきたので、そろそろ買い換えようと思ってます。
こんどは体脂肪率計つきにしてみようかなあ?
体重と一緒に体脂肪率が下がっていく様子、運動すればさらに体脂肪率が下がっていく様子をモニタリングできると、減量が楽しくなりそうです。


しかし体脂肪計つき体重計、安くなったものです。
センサなどの部品メーカは大変でしょうね。
沖電気に勤務していた時期、営業にくっついてタニタさんに行ったことあるんですけど、いや、もう、その、けっこうシビアでしたよ。価格競争力に対する要請が。
その時も、ヘルスケア市場の次期製品に採用する部品ということで、対象製品は体重計だったと記憶しています。
どういう体重計だったのか、沖はどういうデバイスを売り込もうとしていたのかまでは覚えていません。

車椅子族の体重管理:「体重を増やさない」は意外に簡単

電動車椅子族である私にとって、「体型維持」「減量」は非常に大きな課題です。
なんといっても、運動に障害があるから電動車椅子を利用しているわけです。



「ちょっとそこまで徒歩または自転車で買い物に」
というほどの運動もできないということは、

毎日の消費カロリー ≒ 基礎代謝量

ということです。
「食べない」「食べるのを減らす」で減量するしかないのですが、
食べなきゃパワー出ません。
一日中空腹を抱えていては仕事にも集中できません。
というわけで、現在は

身長 158 cm 
体重 85.8 kg 

という立派な肥満体です。
ちなみにBMIを計算してみたら

34.4


となりました。
見た目にも大きな問題がありますけれども、
ここまで肥満すると健康リスクを抱えることにもなります。
 
何度か、「食べない」系の過激な減量を試したことがあります。
また、ショッキングなできごとがあって食事が喉を通らなくなると自動的に体重は減ります。
3.11の直後に7kg、2013年5月に生活保護法改正案が国会に提出された直後に4kg、 体重が減りました。
でも、すぐに元に戻ってしまいます。

最近、「体重を減らす」は困難としても、「体重を増やさない」はストレスなく可能になってきました。 
具体的に心がけているのは、

・朝 
ご飯・汁物・野菜料理・豆・卵などを中心に、がっつり食事する(果物を欠かさない)

・昼 
ふつうに食べる(パスタ・カレーライス・丼ものが多い←外食になることも多い)

・夜 
炭水化物はなるべく摂らず、肉・魚を多めに食べる

です。
夜の「炭水化物を摂らない」 を確実に実行すれば、少しずつですが体重は減るんです。
しかし、これが今、一番実行の難しい課題となっています。
「炭水化物って、どうしてこんなに美味しいんでしょう」 
というほど、ご飯・パン・麺が大好物ですから。

 今年は、1ヶ月あたり 1~2 kgの減量を目指して、無理なく食生活を改善していきたいと思っています。

現在活躍中の料理家で最も尊敬する辰巳芳子さんのご著書は、
ストレスなく野菜料理をたくさん食べるために、
大変役立ちます。
手順をすべてそのとおりに行うのは困難でも、
考え方は生かせます。
どこから始めればよいのか迷う方は、
まずスープから始めてみられることをお勧めします。
副産物としておかずが作れたりもします。
比較的安価な新書が出版されています。
 

2013年12月31日から2014年1月4日までの食事と体重

年末年始、けっこう食べたいものを食べまくりました。
そして体重は微減。
以下、実際に食べたものの記録です。

●2013年12月31日

- 朝・昼 覚えてない
- 夜 辛味大根のぶっかけ蕎麦(手打ち)
- 深夜 記憶にないけど、パック白飯にしらすを乗せて食べたらしい。

今年使った蕎麦粉。



●2014年1月1日

・朝
- リンゴ1/2個

・昼
「元旦の茶事」ということで、懐石のコースらしきものを作ってみました。
- 食事 インチキ博多雑煮、カズノコ、紅白なます、〆鯖、おから煮
- お茶(1) 抹茶、ミント黒糖
- 一杯 ブルーチーズ、スモークレバーなど+日本酒
- お茶(2) 抹茶、花びら餅

沖縄産「ミント黒糖」は、干菓子の代わりに充分イケます。
お茶とミント風味って合うなあと思います。


・夜

辛味大根のぶっかけ蕎麦(手打ち←大晦日の蕎麦だねが残っていたので)

・夜食
柿ピー(小)一袋、泡盛お湯割り

これがイケるのです。


●2014年1月2日

・朝
リンゴ1/2個、三分搗きご飯、ワカメ・干ししいたけ・ポーチドエッグの吸い物、大根の皮と葉の塩麹漬け

・おやつ
蕎麦粉のパンケーキ風(大晦日の蕎麦だねの残りがこれでハケた)、ニンジンのピクルス(自家製)、ブルーチーズ(いただきもの)

塩麹漬けとピクルスのレシピは、荻野恭子さんのレシピと方法を参考にしています。



・夜
ラーメン(小)、寿司5皿@「くら寿司」

・晩酌
スパークリングワイン(白)、ライ麦のパンケーキ風、柚子ジャム(いただきもの・手作り)、生ハム、ブルーチーズ

●2014年1月3日

・朝 
リンゴ1/2個

・昼 
博多風雑煮(丸餅2つ、小松菜、ブリの塩麹漬け、大根、ニンジン、干ししいたけ)、高野豆腐とこんにゃくの煮しめ、カズノコ、紅白なます

・おやつ

黒糖入りちんすこう風(自家製)、コーヒー

・夜 
3分づきご飯、牛ステーキ100gくらい(←若者来訪。肉を食べてもらいたかった)、クレス(生)、ジャガイモ1個(レンチン)

・晩酌
生牡蠣の3倍酢、柿ピー(小)一袋、日本酒、泡盛

「がちまい家」は、かつて私の住まいの近所にあったお菓子屋さん。
お菓子のレシピの多くを学ばせていただきました。


●2014年1月4日

・朝 
リンゴ1/2個、三分づきご飯、ひきわり納豆、大根の皮と葉の塩麹づけ

・おやつ
ちんすこう

・昼
野菜カレー、サラダ、ナン@ネパール料理店

・おやつ
花びら餅

・夜
三分搗ご飯、クレソン・ジャガイモ・タマネギのポタージュ、ローストビーフ、クレソン(生)、スパークリングワイン(いただきもの)
(昨日に引き続き若者来訪。肉を食べてほしいのでローストビーフ)

ポタージュは辰巳芳子さんのレシピを参考に。


ローストビーフは「ポリ袋調理」です。


ポリ袋調理、私はスーパーのサッカー台でもらえるビニール袋でやっています。
専用品もあるようです。


●体重

86.2 kg → 86.1 kg

微減でした。




GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。