猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



[憲法記念日スペシャル]”ね子ども”たちにお母さんが贈る、日本国憲法前文解説

瑠ちゃん、咲ちゃん。
今日は「日本国憲法」という、ここで一番大事な決まりが生まれた日です。

2017年5月1日、9歳の誕生日を祝われる瑠(りゅう・男子)。

 
同日、リンゴに関心を示し、1かけもらったけどオモチャにする咲(さき・女子・0歳11ヶ月)


 
ずーっと昔の今日、瑠ちゃんも咲ちゃんも、身体のなくなった摩耶お姉ちゃんも悠お兄ちゃんも美晴お姉ちゃんも、それからお母さんもまだ生まれていなかったとき、70年前の今日、「日本国憲法」ができました。
「日本国憲法」は、日本という国の、一番大事な決まりです。
その「国」って、何なんだろうね?

「国」を定義する

このおうちには、瑠ちゃんと咲ちゃんとお母さんがいます。
おうちのなかに、猫のヒトがふたりと、人間のヒトがひとりいます。
こんなおうちが、たくさんたくさんあつまって、「国」が出来ています。
ここは日本という国だけど、他にもたくさんの国があって、ヒトやおうちが集まって暮らしているみたいに、国が集まって暮らしているのが「世界」です。

憲法の最高法規性と上位法の優越(国連と条約の話は今回はやめておきました)

「日本国憲法」は、日本の一番大事な決まりです。
だから、日本の中のどこのおうちでも、一番大事な決まりです。
だから、日本のどこのおうちの、どの猫のヒトも人間のヒトにも、一番大事な決まりです。
瑠ちゃんと咲ちゃんにも、日本国憲法が、一番大事な決まりなんだよ。

日本国憲法前文について

一番大事な決まりの一番大事なことは、「前文」というところに書いてあります。
「これから大事なことを言うよ、大事なことはね……」ということを言うのが「前文」です。
その「前文」には、何が書いてあるのかな?

日本国憲法前文の内容

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

わたしたちは「このヒトなら自分の大事なことを大事にしてくれる」と思う人間のヒトに、世の中のことをお願いします。
何をお願いするかというと、このおうちの瑠ちゃんと咲ちゃんとお母さんと、これから生まれる小さい猫のヒトたちと小さい人間のヒトたちが、世界の全部のヒトたちと仲良くして、みんな「のびのび、したいようにしていいんだよ」というふうにして楽しく暮らして、「戦争」という悲しくて苦しくて痛くてお腹が空いて大変なことが、もう二度とないようにすることです。
「このヒトなら自分の大事なことを大事にしてくれる」と思った人間のヒトが本当にそうしてるかどうか、わたしたちはちゃんと見ます。
なぜなら、わたしたちのことは、わたしたちが決めるからです。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

わたしたちは、「このヒトなら大丈夫」と思うから、大事なことをおまかせします。
わたしたちが一番だから、わたしたちが、このヒトは大丈夫かどうかを考えて、おまかせしていいかどうかを決めます。
みんなで大事なことを決めるためです。 
みんなで決めるのは、みんなで幸せになるためです。
世界のどこでも、そうするのが一番いいんです。
だから、日本でもそうなっています。
知らないところで誰かが決めて、気がついたら、みんな幸せじゃなくなって楽しくないのは、ダメなんです。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

日本のわたしたちは、ずっとみんな幸せで楽しいのがいいです。
ケンカや取り合いがあるのは普通だけど、気に入らないヤツは死んでしまえばいい、誰かのものは自分が欲しかったら取り上げて自分のものにしていい、ってことにしたら、幸せじゃないし楽しくないです。自分も殺される、自分も取り上げられるということだからね。
猫のヒトはだいたいそういうふうにできるけど、人間のヒトは、戦争でいっぱい悲しくて痛くて辛い思いをして、もう絶対イヤだと思って、やっと「日本国憲法」という決まりを作って、言葉で「こうしましょう」ということにしたんだよ。
猫のヒトは、人間のヒトよりも、賢いところがあるんだよ。こうすればいいんだって、教えてあげようね。
(猫は日本国民であるかどうかという議論はスルーしました)
日本という国の中で、
「みんな幸せで楽しくて、殺される心配とか取り上げられる心配とかしなくていいのがいいよね?」
と決めて、本当にそうしていたら、他の国の人間のヒトが、
「日本って、日本の猫のヒトたちと人間のヒトたちって、何だかいいね」
と思ってくれます。
国と国がそんなふうにお付き合いするのは、ものすごく難しくて、まだ出来てないんだけど、いつかできると思うよ。
だって、しなきゃいけないことだから。
しなきゃ、世界の全然見えないどこかで、猫のヒトが幸せじゃなくて、人間のヒトが楽しくないから。それはイヤだよね?

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

猫のヒトも人間のヒトも、「自分だけよかったらいい」と思ってたら、自分だけでも幸せじゃないし、楽しくなくなります。
国もそうです。「自分の国だけよかったらいい」と思ってたら、自分の国が幸せじゃなくなります。
だから、日本の猫のヒトも人間のヒトも、他の国も、他の国の猫のヒトも人間のヒトも、「自分だけよかったらいい」はやめましょう。
そうすると、みんな幸せになれるし、みんな「あなたすごいねえ」と言えるし、みんな「あなたすごいねえ」と言われて楽しいんです。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

ここは日本という国だから、まず日本の人間のヒトが、この「日本国憲法」という大事な決まりを守ります。
猫のヒトはだいたい守れているから、「守ります」と決めなくていいんじゃないかな。
でも人間のヒトは、頭はいいけど賢くないところがたくさんあるから、こういう決まりを作って守ると決めないといけないんです。

日本国憲法の現在・過去・未来

お母さんが生まれてなかった昔、70年前の今日のもっと前の昔、長い長い戦争がたくさんありました。
世界のたくさんの国が、殺したり取り上げたり、たくさんしました。
お母さんのお父さんのお父さんも、殺されました。
世界のたくさんの人間のヒトたちが、したくても、したくなくても、殺したり取り上げたり、殺されたり取り上げられたり、たくさんしました。
猫のヒトも、たくさん殺されました。
みんなみんな、「もう、こんなのはイヤだ」と思いました。
日本の人間のヒトたちは、いちばん「もう、こんなのはイヤだ」と思いました。
だから、この「日本国憲法」という大事な決まりを作りました。
 
瑠ちゃんも咲ちゃんも、この決まりを大事にして、これからも、みんなで、おうちの中を楽しくて嬉しくて幸せな場所にしようね。
お母さんも大事にするからね。 
ふたりとも、愛してるよ(はぁと)

Share on Tumblr

[猫ばか日記]新しい家族とともに

本日記を長らく更新していませんでしたが、我が家は新しい家族を迎え、一家3名、ぼちぼち過ごしております。

咲、7ヶ月女子。
image
 
2016年8月13日、生後おおむね3ヶ月で、我が家の一員となりました。
彼女は生後1.5ヶ月くらいだった7月はじめ、暑い路上で衰弱しているところを、動物愛護NPOに保護されました。
数年にわたってTNR活動が続いており、子猫が生まれなくなっていた地域でのことでした。
近辺に子連れの猫がいたという情報もなく、「たぶん捨てられたのでは」ということです。
幸いにも保護され、元気に育ててもらえた強運幸運の子は、我が家にやってきて、さらに元気にのびのびと成長しています。
誕生日は分からないので、2016年5月18日にしました。
我が家の故・摩耶ねーちゃん(1997-2015 参考)・悠にーちゃん(1998-2013 参考)と一緒です。
迷い猫だった悠は、分からないので「お姉ちゃんと一緒!」ということにしたのでした。
摩耶も悠も、幸せに猫生を全うしました。同じ幸せの誕生日を咲にも、というわけです

瑠は8歳7ヶ月になりました。
image

一人息子生活をそれなりに楽しんでいたところに子猫がやってきて、やはり最初は面白くなかったようです。
最初、咲はケージに入れておいたのですが、咲を出すと、瑠が追いかけ回し、追い詰めて怖い思いをさせたりしていました。
不満をションベンに変えた瑠は、布団や旅行カバンへのションベンバイオテロも頻発させてくれました。
毎度のことではありますが、羽毛布団にやられてクリーニングが必要になったのは、イタかったです。
一方で、子猫らしく私に甘えてケアされる咲を見ているうちに、瑠は
「このニンゲン、もしかして、いいやつ?」
と私を再認識したり、
「自分もこんなふうにかわいがってもらっていいのかな?」
と考えたりするようにもなったようです。
仲良くさせるのを焦らず、咲は私の寝室で、瑠はそれ以外の場所で過ごさせていたところ、寝室のドア越しに、互いにストレスをかけない交流が行われるようになりました。
この正月休みは、玄関に猫飛び出し防止扉を設置し、家の中で咲と瑠をのびのび過ごさせてやれるようにしようと考えているところです。
もう咲も他の猫に配慮のできる月齢だし、テリトリーはなんとなくそれぞれに確保させてるし、きっと大丈夫でしょう。

以下、アフィリエイトです。



 

[猫ばか日記]悠、8歳にして日本中から生誕を祝われた件

猫の故・悠(1998-2013)が8歳だった、2006年秋のこと。

近所の神社に、荻窪駅前の「ルミネ」に、そこらじゅうに、「悠」「生誕」「おめでとう」という文字が踊りました。
少し経つと、書店やコンビニに並んでいる雑誌やムックにも、同じように「悠」「生誕」「おめでとう」という文字が並びました。
ウチに「悠」という名前の猫がいることを知っている人が、そんなに数多くいるわけではないのに。
だいたい、悠が生誕してから、もう8年以上の年月が経っているのに。
でも、世の中が一斉に、悠が生まれ育ち、今日も元気に楽しく暮らしていることを祝ってくれているような気がしました。
もちろん、お祝いを言われているのは、ウチの悠ではありません。
天皇家のお孫さんです。

悠は1998年6月18日、雨の中、西荻窪駅近くの空き地でウロウロしているところを近隣の方々に保護されました。 
生後1ヶ月ほどの子猫でした。
我が家にやってきて1週間後の写真です。
EPSON001 - コピー
 
可愛さをアピールするのが上手なコでした。ちなみに、悠は男子です。
2009年、11歳のころ。
左側のボロボロの木材は、昔、我が家の本棚の一部であったものです。
我が家の歴代猫全員の爪とぎに使われてきました。
IMG_0396
 
悠は2013年3月、14歳10ヶ月で天寿を全うしました。
すべての猫が、すべての子どもが、もちろん天皇家のお孫さんたちも、健やかに幸せに暮らし、育ち、生涯を全うできますように。

悠の好物を並べてみました。
 

[猫ばか日記]瑠(8)、「遊ぶ」が上手になりました

2016年度になってから、人間と猫じゃらしで遊ぶことを覚えた瑠(8)。

本日2016年8月5日の瑠(8歳2ヶ月4日)。珍しく、至近距離で写真を撮らせてくれました。
image


2015年9月、姉貴・摩耶(享年18)を喪ったばかりの瑠の前で、私が猫じゃらしを振り回してみたところ、「自分を攻撃している」と誤解され、唸られて本気で引っかかれてしまいました。 
幼少期に虐待されており、生後半年でアニマルシェルターに保護されて5歳まで過ごした後で我が家に来た瑠は、「人間と遊ぶ」ということを知らなかったようです。
それでも2016年度に入ると、遠くで振られる猫じゃらしを目で追ってみたりするように。
2016年6月25日、本気の狩りと遊びの区別はついていないようでしたけど、とりあえず遊べました。本猫初の快挙。
しかし、瑠は本気で猫じゃらしを押さえこみ、私の手から取り上げてしまいました。
参照:[猫ばか日記]瑠(8)、初の「撫でて」と本気猫じゃらし遊び

この頃の遊びっぷりです。2016年6月27日。緊張がうかがえます。


その後も、瑠は進歩を続けています。
約一ヶ月後、2016年7月21日は、「遊び」 というものを理解して楽しめているようです。

本気の押さえ込みで、私から猫じゃらしを奪うこともなくなりました。
それをやってしまうと遊び続けられなくなることも、理解したようです。 

瑠にはこれからも、楽しいこと嬉しいことを、たくさん覚えてほしいものです。
キミの大好きな摩耶ねーちゃん(1997-2015)も、きっと見守ってくれてるからさ。

一年前の今日、2015年8月5日の摩耶。衰えが目立ってきていました。
私は、摩耶を抱いていられることが、ただ幸せでたまりませんでした。 03

[猫ばか日記]瑠の不器用な接近は続く

毎朝、瑠(8)のお皿にドライフードを盛り。

彼の好む居場所、書類箱を積み上げた上に、お皿を持って行って「ごはんだよ」と言って匂いをかがせ、

「いつものところに置いとくよ」と言って、お皿をベッドの下に置いております。 

ビビリの瑠が安心して食事できるのは、ベッドの下なのです。 


 お気に入りの居場所で、カーチャン接近にちょっと警戒する瑠。
image
 
本日の瑠は、ドライフードをお皿に入れる音を聞いた段階で、お気に入りの居場所から降りてきて待機していたようです。 トテトテと足音がしたのでわかりました。 

「近くに来てるんだろうなあ」と思いつつ近づいたら、瑠の姿があり、顔と顔が合いました。
 

瑠、カーチャンが来ることは分かっていたでしょうに。
というか、そのために、そこで待機してたのでしょうに。
カーチャンの顔を見たら
「あ、あ、あ」
と、いう感じで、うろたえてました。
 

どうしたものかなあと思いながら、皿を持ったまま、私は瑠に近づいていきました。
間合い1メートルで、瑠は私に背を向けて、いつもの居場所に登っていきました。


この不器用な接近ぶりが、なんとも可愛いのです(親ばか)。

GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。