猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



生活保護

[生活保護]10.28 生活保護アクションin日比谷 25条大集会  厚生労働省への要望書

「10.28 生活保護アクションin日比谷 25条大集会」集会アピールを、実行委員会のご承諾のもと、こちらに転載します。
拙記事で早急に紹介したいのですが、皆様ご多忙で、未だ公式サイトにアップロードできていないとのことです。


2015年10月28日
要 望 書
厚生労働大臣 塩崎恭久 殿
10.28生活保護アクションin日比谷実行委員会
共同代表 雨宮処凛(作家)
同     井上英夫(金沢大学名誉教授)
同     尾藤廣喜(弁護士)

 日本国憲法25条1項は、すべての国民に「生存権」という人権が保障されていると言っています。「生存」権といっても、ただ「食べて寝て、生き永らえられればよい」というわけではありません。すべての国民は、「健康で文化的な生活」、つまり、人として人に値する生活(人間らしい生活)をおくることを「権利」として保障されているのです。
ところが、国は、老齢加算(2006年)等の廃止に引き続き、生活扶助基準を、2013年8月から、2014年4月、2015年4月と3回に分けて最大10%・平均6.5%も引き下げました。これは前代未聞の引き下げ幅であり、生活保護利用世帯の実に96%が引き下げの影響を受けました。2015年7月からは住宅扶助、同年10月からは冬季加算についても引き下げました。生活保護制度の削減・後退はとどまるところを知らず、就学援助などの生活保護基準と連動する他の制度への波及効果も既に明らかとなってきています。
 そして、生活保護制度を最初の突破口にして、国は、①70~74歳の医療費窓口負担割合の増加、②介護保険の利用者負担の増加、③介護度の軽い者の保険対象からの除外なども決め、さらに年金支給開始年齢の引き上げや医療費抑制策などが検討されています。
 憲法25条が保障する生存権は、既に骨抜きにされかかっていると言っても過言ではありません。
 そこで、私たちは、誰もが人間らしく生きることができるよう、国に対し、憲法25条の趣旨を守り、以下の施策を実現するよう求めます。

1 これ以上の生活保護を始めとする社会保障の削減は止めてください。
2 生活扶助基準・期末一時扶助・住宅扶助基準・冬季加算の削減は撤回してください。
3 物価の上昇局面に合わせ、特に生活扶助基準については引き上げてください。

[生活保護]10.28 生活保護アクションin日比谷 25条大集会 集会アピール

「10.28 生活保護アクションin日比谷 25条大集会」集会アピールを、実行委員会のご承諾のもと、こちらに転載します。
拙記事で早急に紹介したいのですが、皆様ご多忙で、未だ公式サイトにアップロードできていないとのことです。
貧困は、お金だけの問題ではない。
貧困は、人間の尊厳を破壊する。
人間関係を奪い、社会や他者への信頼も奪う。
教育の機会、医療へのアクセス、住む権利――。住民登録を奪い、選挙の機会も奪う。 
人並みの生活、そのすべてを奪い去る。

そして、自分は生きていい、価値ある人間なのだという自己肯定感も奪う。
自分は少しくらい迷惑をかけても助けられていい人間なのだ、SOSを発信していいのだ――。そんな気持ちも奪う。
貧困が奪うもっとも大きなものは、生きる上で一番大切かもしれない「助けて」という言葉ではないだろうか。

私たちは、無差別平等に生きる憲法と制度を持っている。
貧困に命を奪われないためのしくみはある。
私たちはもっと「助けて」と言っていいし、私たちはもっと「助けて」と言われていい。 
生活保護制度という命の砦を、私たちは守り、より良いものに作り変えていく義務がある。

誰一人、貧困に殺されない社会。
そんな当たり前のために、私たちは声を上げ続ける。


2015年4月5日 断酒3夜目・瑠の「遊んで!」攻撃・春の朝食

今朝は午前1時ごろベッドに入ったものの、なかなか寝付けず午前3時を回りました。
服薬を忘れていたことに気づき、とはいえ翌朝に残る薬は飲みたくない時間帯なので、ソラナックス 0.8 mg を飲んで再び横になったところ、スカっと寝付いたようです。
で、目が覚めたら11時過ぎでした。 
お酒を使わない睡眠のコントロール、しばらく試行錯誤することになりそうです。

血圧やや高め。思い当たる節は特にありません。体重は 81.9 kg。
2015-04-05-11-31-40
 
摩耶(17歳10ヶ月18日)、愛してるよ!
2015-04-05-11-25-26

珍しく瑠(6歳10ヶ月)のバッチリショットが撮れました。ちょっと暗いですけど。
image
 
本日の瑠、私にしきりと遊びをねだるのです。
2~3メートル離れたところから、「にゃーっ!」と呼びかけてきます。
私が近づくと、ちょっと逃げるふりをして、私の手の届くギリギリのところまで後退します。
そして頭や背中を撫でられ、またちょっと離れます。
しばらくすると、また「にゃーっ!」
以下同文。

朝食。
菜の花(上左)・ニシン(上中)・ウド(上右)・フキノトウ(味噌汁表面)と、春らしく。
2015-04-05-12-11-10
 
今日は予定を変更し、読書と勉強三昧ではなく、お仕事三昧に。
10日公開の「生活保護のリアル」、今日書き上げておかないと掲載間に合わないのです。
取材先チェックをお願いするために、英文に翻訳する必要がありますので。

2年ぶりの新著「おしゃべりなコンピュータ 音声合成技術の現在と未来」(共著)、明日発売です。


明日発売の「週刊東洋経済」4/11号、特集「貧困の罠」に記事2本(生活保護基準+お笑い芸人の「不正受給」問題)書かせていただいております。

 
雨も降っていることですし、住まいでおとなしく仕事しましょ。 

2015年2月22日(猫の日)・大浴場とマッサージチェア! 会議、一杯やって東京へ

朝、7時ごろ目覚めたような気がします。
このホテルは朝食の提供がないので、 自販機でパンを買って朝食としました。
2015-02-22-06-55-42
 
朝の血圧。血圧はいいんですが、やや頻脈気味です。はて?
2015-02-22-06-25-16
 
バリアフリーの大浴場があるので選んだ宿です。
大浴場で身体をほぐしたり動かしたりストレッチしたりの後、マッサージチェア(無料)で40分ほど徹底的にマッサージ。
ああ、リフレッシュしました。
今回の米国出張は、最後の2日、バスタブのある宿に泊まれたので、肉体的な疲労はあまり溜めずに帰国できたとは思うのですが、それでも結構ゴリゴリに背中や肩が凝ってました。

昨晩、CPAOの徳丸ゆき子さんにも渡そうと思っていたけれども、あまりにもお忙しそうだったので遠慮した、米国土産のオーガニックなミントタブレットを、すぐ出せるところに用意して、
2015-02-22-09-33-12
 
 ハローキティ電車に乗って、午後の用先のある天満へ。
手前の編みぐるみは、わが息子猫の故・悠(1998-2013)。キティちゃんには引き立て役になってもらいました。
2015-02-22-10-32-15
 
どうしてもカレーが食べたくて食べたくてたまらなかった私、天満の「梨花食堂」で、菜の花と牡蠣のカレーをいただきました。美味でありました。
2015-02-22-11-30-51
 
午後、生活保護問題に関する会議に参加しました。
会議終了後、天満駅前の小さい居酒屋がごちゃごちゃ並んでいる、日本の呑兵衛にとってはたまらない場所で、焼肉と焼酎お湯割りで一杯。ああ、ここは日本だぜえ!

新幹線で爆睡して西荻窪に帰ってくると、「西荻雛祭」 が始まっていました。
駅構内に毎年飾られているお雛様、パーツの一つといえども盗難に遭ったことがないそうです。
そのお雛様に、わが悠も参加させてみました。
2015-02-22-22-58-06

居心地よくなさそうです。
枕草子には「命婦のおとど」という猫が出てきたり、猫が「ねうねうと、いとらうたげに鳴く」と描写されたりと、猫はたいへん愛されてきているのですけどね。
2015-02-22-22-58-29
 
もちろん、家で待っているリアル猫たちも大切です。
帰宅したら、まず「ごはん!」コールに応えなくては。
ウエットフードを出し、
「お母さんが大阪でつかまえてきたニワトリ」
を、なぜか冷蔵庫から出して刻んでトッピングし、「猫の日」のごちそうとしました。
(この鶏肉は、20日に買ってきたものです。その日に猫たちに食べさせた残りはレンジ加熱して保存してありました)

お腹が落ち着いた猫たちの様子です。
瑠(6歳8ヶ月)、キャットタワーの上のお気に入りの場所にいます。
2015-02-23-00-13-34

 摩耶(17歳8ヶ月4日)、会いたかったよ!
2015-02-23-05-08-09

摩耶に夜のインシュリン注射と皮下補液を打ち(朝の分はペットシッターさんが打ってくださいました)、25時には寝たかと思います。

2014.8/1 生活保護引き下げ問題提訴に関する会見@厚労記者会 メモ

この日のお昼近く、私は持病の定期フォローアップのため通院しておりました。
異常がまったくなく、通院が予想外に早く終わったため、こちらの記者会見に駆けつけることができました。
13:00スタートでしたが、ちょっと遅れました。
あ、そういえば、お昼ごはん食べてなかったんだ、この日。

1310着席
●小久保哲郎弁護士
 就学援助等への影響の調査を説明。
 係数を変えていない自治体が多い。22自治体で影響。
 波及効果、当初から懸念されていたとおり非常に大きい。

●稲葉剛さん(NPOもやい)
 生保基準引き下げ。
 ちょうど1年前の2013.8.1に第一弾、今年4月1日に第二弾、来年4月1日に第三弾。

 影響、もちろん生保世帯の方々の生活に響く。
 たとえば今年は冷夏と予想されていたが、酷暑。
 高齢者、障害者がエアコンを使えない。
 費用かかる。でも使わないと健康、生命に影響が及ぶ。
 このこと取材してほしい。

 生保基準=ナショナル・ミニマム。
 国の国民への約束。これ以下の生活はさせない。
 それを引き下げるということの問題。

 就学支援。
 中野区では影響。批判を受けて経過措置として支援制度を新設。
 でも一時的な経過措置。

 生保基準の引き下げ、貧困世帯の子どもたちへの影響。
 子どもの貧困対策法と矛盾。

 審査請求、訴訟、国に貧困を拡大させないための取り組みとしても評価できるのでは。
 そういう視点からも取材してほしい。

●竹下弁護士(争訟ネット)
 
 1. 生保基準引き下げの根拠が誤り。裁判の中で明らかにされつつある。
   厚労省の動き、不自然。
   今年6月、介護保険改悪。根拠に問題があることを国会答弁で政府も認める。
   しかし改悪は既定路線として強行された。

 2. 生活扶助だけではなく住宅扶助、冬季加算なども引き下げ。
   厚労省は国民生活をどうしようとしているのかという危機感。
   争訟ネット、全国の審査請求や行政訴訟をつないでいる。
   意義あると思う。

 3. 厚労省、高齢者を始めとする生活保護世帯の生活実態から目をそらしている。
   実態を見させるための試みでもある。

●質疑

幹事社 非課税基準との関係? 子どもへの影響?

稲葉 非課税基準が最も影響。今年は生保基準に連動させないということに。
   来年以後はわからない。
   就学援助、多数の子どもが対象。影響大きい。

遠藤(毎日新聞)
   県名も上がっていない県は? 訴訟しない?

司会 秋田、沖縄など。一切やらないというわけではない。
   動きとして上がってきていないということ。

遠藤 「見送る」とされていないところは現在不明ということ?

司会 Yes

遠藤 時期?

司会・稲葉 年はまたがない方針。でも年明けもありうる。

遠藤 今、28都道府県で検討。
   原告220人(?)。どう受け止めているか。

司会 1万人審査請求、その2%以上が訴訟。1000人以上を目指す。小さくない。

竹下 老齢加算のとき、全国審査請求。6000人?くらい。
   提訴?人。
   その高齢者たちと接点を持った。
   裁判は、相当の勇気をもたないと決断できない。
   審査請求も「こんなことしたら、次から福祉事務所でいじめられるかも」。
   それほどの警戒心、恐怖心をもちながら、
   それでもこの人数が裁判に自分の声をと決断。
   非常に大きなことだと思う。


GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。