猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



睡眠

[食・健康]2015年4月18日 痛飲後、また断酒一夜経過+朝食

前々日の2015年4月16日夜は、痛飲しました。
新大阪駅・駅ナカで生ビール一杯と串かつ 6本。
東京へと戻る新幹線の中で、ビール 1200 ccと薩摩揚3枚。
帰宅してから日本酒2合と焼酎1合。

翌朝の昨日朝、それほど二日酔い感がなかったところを見ると、「基本、断酒!」を続けることで、肝臓の調子はかなり良くなってきているようです。
「基本、断酒!」ということにしておくと、時々、美味しく気持よく飲めて、酔いつぶれもせず、かえってお酒が楽しめるようですね。
というわけで、また断酒に戻りました。
ただ、昨日はひどいウツで、料理する気力がなく、お昼は近所のカフェでエビカレー(サラダつき)、夜はコンビニのビーフン。

そして、一夜明けた今朝は、食欲・食事作りの意欲とも、復活。
見た目をかまう意欲は、半端にある状態です。
味噌汁の具は、辛味大根の葉+葉の付け根あたり、麸、フキノトウ。
2015-04-18-10-49-48
 
辛味大根の大根おろしを常食するようになると、もう青首大根には戻れませんねえ……。


我が家の大根おろし器は、受け皿と一体型になっている一般的なタイプです。
こんな高級品ではなく、近所の西友で100円で買ってきたオールプラスチック製品ですが、特に不満は感じていません。


血圧。まあまあ、ですかね。
2015-04-18-10-10-34
 
今月はじめ、断酒を基本にしてから、一時期は睡眠時間が一日12時間~13時間になっていました。
しかし先週ごろから、常識的な大人の睡眠時間に落ち着いてきた感。
今朝は午前1時過ぎに寝て、起きたのは9時過ぎでした。8時間寝ていたことになります。
できれば6時間くらいまでは減らしたいところですが、自然に、といいますか、自分の身体に任せてみることにします。

体重は81.4kg。少しずつですが、順調に減っています。 


究極の「頭寒足熱」枕

肩こり・首こり・不眠傾向が強い私、枕はいろいろと遍歴しましたが、結局のところ、バスタオル1~2枚とタオルで作る枕に落ち着いています。
バスタオル一枚を短辺方向にぐるぐる巻きにしたものを芯にして整形し、タオルやバスタオルで巻いて枕にする、というものです。
精神科医・神田橋條治氏のご著書で見て、試してみたら大変具合がよかったので、自分の流儀に合うようにアレンジして現在に至っています。
夏バージョンは 、凍らせて飲む仕様のペットボトルドリンク(凍らせたもの)を仕込んでいます。バスタオルが固く巻いてあれば、ペットボトルに過大な負荷がかかって割れるようなことはありません。
2014-08-31-14-53-32
2014-08-31-14-53-50
 
「頭寒足熱」そのものの効果もあるでしょう。
さらに、「後頭部を冷やす→寝る」が習慣になっていると、眠くなくても後頭部を冷やせば寝られるようになります。「出張先にいつもの睡眠導入剤を持ってくるのを忘れた(足りない)」という場面で使える手がひとつ増えるというわけです。

参考にした神田橋條治さんのご著書はこちら。


氷結ペットボトル飲料はこういうものです。


上の写真のタオルは、今治の「残糸タオル」です。バスタオルはいただきものでブランド不明です。
GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
カテゴリー
Amazon プロダクトウイジェット
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: