猫と食事と西荻窪、ときどき旅する車椅子

ライター・みわよしこの日常つれづれ話



血圧

[猫ばか日記][健康]本日の摩耶・瑠+わが体重・血圧

摩耶、17歳11ヶ月18日。
今日もマイペースで、好物はパクパク食べ、ちょっと遊び、良く寝ております。
BlogPaint

 朝、起こされている私。
2015-05-01-08-04-03

瑠(7歳0ヶ月1日)と摩耶。
2015-05-06-11-27-13

摩耶、今日も愛してるよ!
2015-05-06-09-35-18
 
そんな私の今朝の血圧。ん、まあまあ。
2015-05-06-09-30-38
 
今朝の体重は80.1kg。
今年1月に84.5kgだったのを、概ね1ヶ月に1kgくらいの無理ないペースで減らすことに成功しています。
この程度の「ゆるふわ」ペースの減量だと、ストレス感じないし「リバウンド?」 もなさそうです。
引き続き、今年中に70kg台前半、来年中に65kg以下を目指すことにします。

2008年に購入した我が家の体重計、誤動作が増えてきたので、そろそろ買い換えようと思ってます。
こんどは体脂肪率計つきにしてみようかなあ?
体重と一緒に体脂肪率が下がっていく様子、運動すればさらに体脂肪率が下がっていく様子をモニタリングできると、減量が楽しくなりそうです。


しかし体脂肪計つき体重計、安くなったものです。
センサなどの部品メーカは大変でしょうね。
沖電気に勤務していた時期、営業にくっついてタニタさんに行ったことあるんですけど、いや、もう、その、けっこうシビアでしたよ。価格競争力に対する要請が。
その時も、ヘルスケア市場の次期製品に採用する部品ということで、対象製品は体重計だったと記憶しています。
どういう体重計だったのか、沖はどういうデバイスを売り込もうとしていたのかまでは覚えていません。

[食・健康]2015年4月18日 痛飲後、また断酒一夜経過+朝食

前々日の2015年4月16日夜は、痛飲しました。
新大阪駅・駅ナカで生ビール一杯と串かつ 6本。
東京へと戻る新幹線の中で、ビール 1200 ccと薩摩揚3枚。
帰宅してから日本酒2合と焼酎1合。

翌朝の昨日朝、それほど二日酔い感がなかったところを見ると、「基本、断酒!」を続けることで、肝臓の調子はかなり良くなってきているようです。
「基本、断酒!」ということにしておくと、時々、美味しく気持よく飲めて、酔いつぶれもせず、かえってお酒が楽しめるようですね。
というわけで、また断酒に戻りました。
ただ、昨日はひどいウツで、料理する気力がなく、お昼は近所のカフェでエビカレー(サラダつき)、夜はコンビニのビーフン。

そして、一夜明けた今朝は、食欲・食事作りの意欲とも、復活。
見た目をかまう意欲は、半端にある状態です。
味噌汁の具は、辛味大根の葉+葉の付け根あたり、麸、フキノトウ。
2015-04-18-10-49-48
 
辛味大根の大根おろしを常食するようになると、もう青首大根には戻れませんねえ……。


我が家の大根おろし器は、受け皿と一体型になっている一般的なタイプです。
こんな高級品ではなく、近所の西友で100円で買ってきたオールプラスチック製品ですが、特に不満は感じていません。


血圧。まあまあ、ですかね。
2015-04-18-10-10-34
 
今月はじめ、断酒を基本にしてから、一時期は睡眠時間が一日12時間~13時間になっていました。
しかし先週ごろから、常識的な大人の睡眠時間に落ち着いてきた感。
今朝は午前1時過ぎに寝て、起きたのは9時過ぎでした。8時間寝ていたことになります。
できれば6時間くらいまでは減らしたいところですが、自然に、といいますか、自分の身体に任せてみることにします。

体重は81.4kg。少しずつですが、順調に減っています。 


血圧計を持とう

2014年3月、血圧計を購入しました。消費税アップ前の駆け込み消費です。

 IMG_2532[1]

以後2ヶ月近く、ほぼ毎朝、起きたらすぐに血圧を測っています。
総合的な体調のバロメータとして、血圧は非常に役に立つのではないかという気がしています。
血圧には、
  • 直前数日間の食事
  • 現在抱えているストレス
  • 本日の体調(発熱していないか、など)
といったことがらが、総合的に反映されるようです。
病院に行かなくても自宅で測定できますし、痛くも痒くもありません。 時間もかかりません。
たとえば「食事に気をつける」 といったことが独善に終わっていないかどうか、実際に効果を生んでいるのかどうかは、血圧である程度は把握することができます。
高血圧にならないように配慮した食事を摂っているつもりなのに血圧が高めになっているとすれば、食事への配慮が不十分なのか、あるいは食事以外に原因があるか、です。
一例をあげましょう。
私は毎日の血圧計測で、向精神薬の急激な減薬の影響について、身をもって知りました。血圧が 150/100 mmHg 程度にまで上がってしまい、一方で脈拍は一分間に 55 回 程度の徐脈となりました。この不可解な現象について、友人の精神科看護師が「減薬の影響ではないか」とアドバイスをくれました。私は薬の量を元に戻してみました。血圧も脈拍も正常値に戻りました。
血圧を測っていなければ気付かず、原因に思い当たることもなかったでしょう。
 
病気になってから慌てるのではなく、日常の健康のレベルを維持し高めるために、血圧計は大いに役に立つようです。
「低所得層に対して無料配布する」などの方針が検討されてほしいところです。ムダな受診を抑制する必要性があるならば、ムダではない効果的な受診を勧めてほしいものです。日々の血圧モニタリングは「ムダではない効果的な受診」に大いに役立つかと思われます。
また、ネットカフェに血圧計の設置を義務付けてほしいとも思います。
特に、いわゆる「ネットカフェ難民」の健康レベルは、たいへん気になるところです。健康を維持出来る食生活はまず不可能でしょうし、明日どこで寝泊まりするか分からない毎日のストレスが健康に良い影響を与えるわけはありませんから。
いきなり深刻な病気が発覚して、誰が拠出するかはともかく多額の医療費を必要とする事態に陥らないためにも、病気を遠ざける日常が、あらゆる人に保障される状況であってほしいものです。 
GoogleAdsense
Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Google Adsense に参加しています。アフィリエイトが嫌いな方は、ご注意ください。
「みわちゃん・いんふぉ」内を検索
カテゴリー
連絡先
原稿等のご依頼・情報提供・ご意見・ご感想・ご相談などは
ライター・みわよしこ 連絡受付フォーム
よりお願いします。
Amazon プロダクトウイジェット
楽天市場
著書です(2009年-)
「おしゃべりなコンピュータ
 音声合成技術の現在と未来」
(共著 2015.4 丸善出版)


「いちばんやさしいアルゴリズムの本」
 (執筆協力・永島孝 2013.9 技術評論社)


「生活保護リアル」
(2013.7 日本評論社)

「生活保護リアル(Kindle版)」
あります。

「ソフト・エッジ」
(中嶋震氏との共著 2013.3 丸善ライブラリー)


「組込みエンジニアのためのハードウェア入門」
(共著 2009.10 技術評論社)

Part5「測定器、使えてますか?」は、
東日本大震災後、
環境測定を始められる方々のために
gihyo.jpさんで無料公開
しております。