無垢材のシステムキッチンへ

長い年月、奥様がご家族の為に腕を揮い
愛情溢れる料理を作り出してきたキッチン。

DSC_0545

もう少しだけ頑張れるけど
随分と頑張ってくたびれてきたから、そろそろ引退させてあげてもいい頃合いかな。

と言う事で、キッチンリフォームのスタートです。

今までのキッチンは右側が直に壁ではなく
50㎝程奥まり、コンロ台と同じ高さで造作されていました。

まずは使い込まれたキッチンを撤去し
給水給湯、排水管を新しいキッチンに合わせて切り回し。
同時にコンロ用のガス配管の切り回しも行いました。

DSC_0549

そして翌日。

DSC_0550

次は大工さんによる下地工事と電気屋さんによる配線作業です。

新しいレンジフードが付く位置に12㎜の合板を柱と間柱の間へ入れ込み
レンジフード用と手元灯用の電気配線を切り回して

DSC_0552

壁面にプラスターボードを張り、排水管の切り回しで開口した床を塞いで
下地工事は完了。
システムキッチン据え付け後の使い勝手を考慮して
匠が小技を利かせているんだけど、この時点で分かった人は凄いかも^^

そうそう
今回、換気扇はプロペラファンからシロッコファンへと変更になるんですが
以前の開口部がそのまま使えそうな高さだったので

DSC_0556

こういった変換部材を使用しました。

そして、いよいよシステムキッチンの組み立てです。

まずはキッチン背面、キッチン右手の壁面にキッチンパネルを貼り

DSC_0558

吊り戸棚を固定してレンジフードの取付へ。
ちなみに、吊り戸棚の耐荷重は一つが10kg程ですが
70kg程の荷重を掛けても動じないようなテストを行いました。
吊り戸棚へそんなに重い物を収納しないだろうけど
一応、念には念を入れてって事でね。

DSC_0559

こちらは排気ダクトを先程の変換部材へ接続している様子。

キッチンパネルを貼る枚数が多かったので
完了は暗くなる頃かな~と思っていたけど
そこは手慣れた職人さん。
黙々と作業を進めて明るいうちに組立作業は完了しました。

そして翌日
給水給湯、排水管とガス配管の接続を済ませ
漏水、ガス漏れの点検を行い不備の無い事を確認して
全ての工程が終了しました。

肝心な完成画像は









次回で!

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 17:11  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器 | 自然素材 

たかが壁紙、されど壁紙

天井や壁の仕上げ材として
壁紙は一番良く使われる内装材です。

珪藻土や漆喰等の塗り壁と比べ
機能で劣る部分はありますが
コストパフォーマンスとデザイン性に優れているのが壁紙です。
その反面、種類やバリエーションが多いので
迷う事が多い素材であったりしますね。

様々な種類のある壁紙ですが
柄の選び方でガラッとお部屋のイメージが変わったりします。

トイレを例に挙げて、壁紙のイメージを変えてみるだけで

トイレ

トイレ4

トイレ2

トイレ1

トイレ6

トイレ5

これだけの違いがあったりします。

なので自分の好みでオンリーワンなお部屋を作れるのも
壁紙の魅力ではないでしょうかね。

貴方の選んだ壁紙でイメージを想像し

クーカキッチン

そして私達が、そのイメージを創造する。

IMG_70941

素敵なお部屋造り、一緒に楽しみませんか?

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 15:38  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

ダイニングバーへの改装工事~完成~

お施主様による内装工事も無事に完了したところで
最終段階である設備機器の設置、配管類の繋ぎを経て
ようやく完成となりました。

IMG_06461

IMG_06531

IMG_06541

この限られた空間の中に
飲食店としての許可を受ける事と
お施主様のご要望の機器として
*コンベクション付ガスレンジ
*一槽シンク3台
*食洗機
*冷凍ストッカー
*製氷機
*テーブル型恒温高湿庫
以上の業務用厨房機器を設置しました。

この空間の中に上記の機器の配置を設計士が考え
それを形にした職人技が冴えた出来栄えとなりました。
シンク側の床は使われるお施主様の背丈に合わせ
且つカウンターが高くなり過ぎないよう考慮し
5㎝程上げて作りました。
そして、一階には配置するスペースが取れなかったワインセラーは
一先ず二階へ。

IMG_06601

客席用の手洗い器です。

IMG_06621

トイレ。

そして二階の客席用の手洗い器には

IMG_06681

アンティークなミシン台を加工して手洗い器と水栓を取り付けました。

IMG_06731

外部はサッシの枠が見えないように装飾を施し

IMG_06701

テントを3面に設置。

これにて全ての工事が完了となりました。

ちなみに、入り口の木製ドアもお施主様が自ら塗装して仕上げました。

ご自身で手を加える事によって
より愛着の持てるお店になったんではないでしょうか。

こちらのお店は
DINING&BAR L・f様
平塚市明石町24-17

希少価値のあるお酒が並び
修行を積んでこられたお施主様のご子息が創作する料理に
至福のひとときを過ごせる事でしょう。
是非とも足を運んでみてください。

色々と緊張感のある現場でしたが
無事にお引渡しを済ませる事が出来て
私達も感無量です。
S様、有難うございました。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 11:35  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 店舗・施設  

ダイニングバーへの改装工事~その2~

二階の木工事が終わると
次は厨房と客席となる一階の工事へと取り掛かります。

1

新たに配置するカウンター内の機器に合わせて
配管類の切り回しを行います。

そして造作工事は着々と進み

2

レンジフード用の排気ダクトを降ろして
カウンターの天板を取り付け
天井と壁に石膏ボードを張りつけていきます。

客席と厨房エリアの天井高を出来る限り高くとりたかったので

3

構造用の梁は見せるのではなく
トイレと階段エリアで梁を隠すように天井に段差をもうけ
その段差へモールディングを取り付けて装飾しました。

4

カウンター板の端にもモールディング装飾をし

6

ダークブラウンにて着色。
厨房壁面のグレーに見えている部分は不燃パネルです。
床には二階同様、店舗用長尺シートで仕上げました。

ここまで仕上がったところで
床以外の内装の仕上げはお施主様ご自身の手でという事で
一先ず内部は一旦終了です。

7

頑張ってパテ処理から塗料の塗布まで行っていましたよ。
こういう風に自分で手を加える事により
より自分のお店に愛着が持てるようになるんではないでしょうかね。

さてさて、内部をお施主様に頑張ってもらっている間に

11

外部の工事に取り掛かりました。

窓廻りと壁面の一部を見栄え良く造作し

10

コンクリートが剥き出しだった入り口下にはタイルを張りました。

そして造作部に塗装を施し

12

テントを取り付けて完成!

お施主様による内装が完了し、厨房機器を取り付けて
いよいよ内部も完成となります。
そちらはまた次回にでも。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 14:42  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 店舗・施設  

ダイニングバーへの改装工事~その1~

元々は小料理屋さんだった店舗がお店を閉じた為
今回新たにダイニングバーへ改装したいという
お施主様のご要望で工事はスタートしました。

CIMG3124

施工前のお店の外観です。

そして内部は

CIMG3127

5坪程のスペースに厨房と仕切りのカウンターがあり
そのカウンターに面して客席があるような配置でした。

まずは解体撤去からという事で
諸々の設備機器等を撤去し
カウンターや天井、壁を解体してみると

DSC_0016

構造体の梁が腐食し
いつ梁が落ちてもおかしくないような状態でした。

なので急遽構造体の補強からの仕切り直しです。

腐食してしまった梁には二階と屋根の荷重がかかっている為
既存梁の下へ新たな梁を入れて一先ず補強してから
慎重に既存梁を撤去。
もうこの時点で大工さんと共に変な汗かいてました。
それ程緊張感満載の梁入れ替えだったんですけどね。

DSC_0022

無事に腐食した梁を撤去し、新しく入れた梁の上へ

DSC_0028

もう一本補強の為に梁を抱かせて金物で接合し
補強用の桁と柱も入れ終わって
ようやく二階の床組が出来るようになりました。

DSC_0030

そして壁の下地組を経て諸々の電気配線の切り回しを行い
石膏ボードを張り終えてから

DSC_0078

床に店舗用長尺シートを貼って仕上げました。

二階が終わると、次は一階の工事となります。
そちらは次回にでも!

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 17:51  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 店舗・施設  

新しい空間

元々はウッドデッキが設置してありました。

ウッドデッキ 施工前

長年親しんできたウッドデッキも
経年劣化で乗る事も危険になってきた為に
新たに屋根の付いた空間を造る事が
お施主様のご希望でした。

当初は木製サンルームをとの事でしたが
雨仕舞と強度の問題から
長く使われるならと弊社がご提案したのは

ウエスタンレッドシダー

ちゃんとしたお部屋としての空間でした。

木製サンルームがご希望でもあったので

ウエスタンレッドシダー 外壁

外壁にはウエスタンレッドシダーを使用し

杉パネリング

内壁と天井には杉のパネリングを張って仕上げました。
そして床にはカバの無垢フローリングを張り
掃出し窓から外へ降りるのには

セランガンバツ

セランガンバツで造作したステップを設置しました。

内外共に木を使い
天然木本来の温もりを感じながら
新しい空間を利用して頂けたらと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 21:06  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 自然素材  

オーダーメイドのウッドデッキはいかがですか?

img004

高さや広さを思いのままに
完全フルオーダーメイドなウッドデッキを
新春特別プライスでご提供しています!

使用する木材はセランガンバツ。
丈夫で長持ちする木材です。

色を塗らずに素材そのままでも大丈夫。
経年経過で変化する木材の色を楽しむ事も出来ます。
勿論屋外用の塗料で着色もOK。
貴方好みのオンリーワンなウッドデッキに仕上げます。

新築で新たに設置を考えておられる方
今のウッドデッキが老朽化して危ないから新しくしたい方
まずはご相談ください。

0463-57-7233

info@miwakenchikukoubou.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 17:57  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! イベント・キャンペーン  

年末年始は綺麗なお部屋で!今年最後のキャンペーン本日から開催

img001

本日号のタウンニュース平塚版に掲載しています。

今年も残りわずか。
綺麗なお部屋で年末年始を迎えませんか?

平塚以外の地域の方からのお問い合わせも大歓迎!

皆様からのご連絡をお待ちしております。

お電話の方は 0463-57-7233

メールでのお問い合わせは
info@miwakenchikukoubou.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 18:20  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! イベント・キャンペーン  

手洗い器あれこれ

☆トイレ用

IMG_9521001

IMG_5316

IMG_7927

IMG_7980

IMG_7979

IMG_06621

☆洗面所用

CIMG2966

CIMG2910

☆店舗お客様用

IMG_06601

☆厨房用

IMG_7963

そして極めつけは、こちら。

DSC_0142

年代物のミシン台を加工して手洗い器と水栓を取り付けました。

IMG_06641

最近はカウンターに置き型の手洗い器が増えてきているんだけど
角型タイプで極力埋め込みが少なく、且つこのミシン台に納まるサイズの手洗い器が
なかなか見つからなくてね。
ようやくサイズ的には問題の無い物が見つかったけど
実際ミシン台に設置出来るかを職人さんと入念に検証し施工しました。
水栓の取り付け位置もそうだけど、色々な障害物がある中での排水管の切り回しは
まさに神業的な収め方で施工しました。

このようにお客様のご要望に出来る限りお応え出来るよう試行錯誤しながらも
最終的には収めてしまうのが弊社の強みかもしれませんね。
あっ、出来ない物は出来ないって言うけどね。

色々とイメージはあるけれど、実際にそれが形に出来るのかどうか不安な方は
一度弊社にご相談してみてくださいませ!

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

ご相談は0463-57-7233か
こちらからメールにてお願いします。
info@miwakenchikukoubou.com

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 11:18  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器  

テントへLED照明の取付

前回の記事で新設した荷捌きテント。

昼間の雨天時の作業では雨に荷物を濡らす事無く
荷捌きが出来るようになった訳だけど
夜間や冬季の早朝はトラックから荷物を積み下ろしするのに
フォークの照明だけでは危険との事で
照明器具を取り付ける事になりました。

まずは特注したブラケットを取り付けて照明器具の設置。

DSC_1229

DSC_1226

下から見てると物凄く器具が小さくて
照度計算はしたものの、果たしてこれで光が拡散するのか少々不安に。

DSC_1230

照明器具の取付が終わると、配線工事へ。

DSC_1231

全てが高所での作業なので、慎重に慎重を重ねて作業していきます。

そして器具への配線が終わると建物からの電源と接続。

DSC_1234

点灯試験も完了して、無事に作業終了。

明るいうちに作業は終わったんだけど
夜になった時の照明の明るさが気になったので
辺りが暗くなるまで待機。

そして、すっかり中が真っ暗になってきたので
いよいよ点灯。

DSC_1241

充分光が拡散していて隅々まで明るく照らしていました。

DSC_1243

当初の提案では照明器具を2列設置で明るく照らすプランでした。
コスト的な事もあって、灯数を減らして尚且つ明るさが保てる照明器具を
再提案したプランでの工事だった訳だけど
これでも必要十分な照度を確認する事が出来たので
安心して帰路につきました。









miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 17:24  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 店舗・施設