LDK改装工事⑥・完成

ガス管はキッチン組立日の夕方に接続を行い
給排水、給湯配管は翌朝に接続を行いました。

そしてコンセントやスイッチプレート
新たに新設する照明器具を取り付けて
全ての工程が完了しました。

IMG_75341

天井にはシーリングファンも取り付けました。

IMG_75691

室内の空気の循環だけでなく
冷暖房の効率を上げてくれるので節電にも繋がるのがシーリングファンです。

キッチンカウンターの上にはLEDペンダントライトを設置。

IMG_75521

こちらは他の照明の昼光色とは違い、電球色になっているので
ペンダントライトのみを点灯させているとムーディーな室内を演出してくれます。

そしてキッチンライトはLEDの埋め込みタイプを取り付けました。

IMG_75451

キッチンと収納の空きを75㎝にしたので
収納の吊戸棚に干渉する事もなく、スッキリと納まりました。

今回設置したシステムキッチンは
クリナップ社製のラクエラシリーズです。

IMG_75361

白を基調としたコンセプトだったので
扉カラーもコンフォートシリーズのアロマホワイトを選択。
それにワークトップを人工大理石のシュガーホワイトを組み合わせているので
とても明るいキッチンに仕上がりました。

IMG_75561

収納はフロアカウンタータイプを選択し
家電類はカウンターの上に乗せて使用する為
コンセントを増設しました。

キッチンの配置が変わり
床材を今までの茶系からホワイトにした事で
ガラッと室内のイメージが変わりました。

IMG_75541

御施主様にも大変喜んで頂き
こうして生まれ変わった空間でご家族との新たな時間を重ねていくと思うと
こちらまで嬉しくなりました。
有難うございました!

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 21:36  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器 | 内装 

LDK改装工事⑤

いよいよシステムキッチンの組立です。

それまでは壁面付けのキッチンでしたが
今回は対面型に替えて吊戸棚を付けない為
今までキッチンのあった壁面に収納カウンターを
設置する事にしました。

システムキッチンと収納カウンターを据えた時の空き寸法は
事前の打ち合わせで御施主様から60㎝位でと御話がありました。
60㎝なら人が立って調理するには支障はありませんが
収納カウンターの横に冷蔵庫を置く事もあり
それらも考慮して寸法を決定してもらう為に
60㎝から15㎝刻みで広くした場合のパースを作成してご提案しました。

キッチン600

こちらが60㎝。
袖壁と冷蔵庫との空きが少なく、人の出入りには狭いですね。

キッチン750

こちらが75㎝。
15㎝広がっただけでも、随分と余裕が出てきましたね。

キッチン900

そして、こちらが90㎝。
かなり人の出入りには余裕があり、キッチンスペースも広くなりますが
その分室内側が狭くなってしまうというデメリットがある為
今回はキッチンと収納カウンターの空きを75㎝にて設置する事にしました。

キッチンを組み立てる職人さん共々8時半前には到着していたものの
肝心なキッチンが到着しないというアクシデントが発生しましたが
手際良くキッチンの組立が進められました。

DSC_2564

最後に収納カウンターの吊戸棚に化粧の幕板を取り付けて
組立作用は全て完了!

DSC_2568

75㎝の空きは、このような感じです。

対面式キッチンへ変更する場合
付随する家電製品や収納の配置等も考慮して寸法を決定していきます。
平面図だけではなかなか分かりにくい部分も
出来上がりのイメージパースを作成する事で
御施主様にも仕上がりのイメージを想像してもらいやすくなり
双方のイメージの共有にもなるので、パースは欠かせませんね。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 20:56  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器 | 内装 

LDK改装工事④

クロス工事の前に
キッチンカウンターに塗装を施しました。

集成材のカウンターとはいえ
木の素地感を活かした仕上がりにしたかったので
塗装にはワトコオイルを使用しました。
その中でも今回はホワイトを塗付。

まず塗装を始める前に、表面をペーパー掛け。
そして塗装の開始です。

DSC_2527

当初はナチュラル色で仕上げる予定でいましたが
床や壁にホワイト系を多用するにあたり
カウンターをナチュラル色で仕上げてしまうと
どうしても黄色味を増したような色合いに仕上がってしまいます。
なので今回は、あえてのホワイト色を使用って事ですね。

一回目を塗り上げてから30分程時間を置き
拭き上げてから再びペーパー掛けを行い二度目の塗付へ。
仕上げの拭き上げ後がこちら。

DSC_2530

ウレタン塗装のように木目が見えなくなる程白くなる訳ではありませんが
黄色くならず、素地に近い色で仕上げたい場合にはホワイト色がお勧めです。

そして翌日から、クロス工事の開始です。

DSC_2538

充分に下地のパテ処理を施し
クロスを貼っていきます。

DSC_2544

LDKのカウンター廻り以外の壁面と天井
階段室の壁面と天井は白系のクロスで統一。
そしてカウンター廻りの壁面は
淡いブルーのクロスを使ってアクセントとしました。

DSC_2548

さあ、翌日にはいよいよ新しいシステムキッチンの組立です!

それはまた次回に!

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 18:26  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器 | 内装 

LDK改装工事③

フローリングを張り終えてから
透かし階段の蹴上がり部に蹴込板を造作して取り付けました。

DSC_2505

DSC_2524

材はパインの集成板を使用しました。
仕上げには自然塗料を塗付し、木目をハッキリ浮き出させた蹴込板にしております。

そして、新しいキッチンを据える為の
カウンター廻りの壁造作です。

DSC_2514

テーブルとしても使用するカウンター材には
厚み30㎜のタモの集成材を使用しました。
高さは御施主様と相談して、ハイカウンターではなく
床から70㎝の高さにしました。
キッチン側から見てみると

DSC_2520

このような感じになっております。
一部ベニヤが張ってあるのはレンジフードを固定する為の下地です。
カウンター上部の壁は床から110㎝にし
室内側から見て水栓やキッチンの中が程良く見えない高さで仕上げました。
笠木にもタモの集成材を使用しております。
こちらは18㎜の厚さだけどね。

DSC_2525

そして石膏ボードを張って
カウンター廻りの造作は終了。

同時進行で新しく照明器具が着く場所へ配線を切り回したり
増設するコンセントの配線等の切り回しも行いました。
それらが終わってから、クロス下地のベニヤを天井に張り
幅木と廻り縁を取り付け、その他諸々の下地補強を加えて
ようやく木工事完了となりました。

次はクロス貼り工事となります。

続く。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 21:25  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器 | 内装 

LDK改修工事②

御施主様が冷蔵庫以外の家具類を
工事に合わせて全て移動してくださっていたので
スムーズに取り掛かる事が出来ました。

まずは今まで使っていたキッチンの解体からです。

DSC_2504

水栓とガス管を外してプラグ止めし
次々とキッチンが解体されて運び出されていきます。

DSC_2509

一日目は解体で終了。

二日目には、新しくキッチンを据える位置まで
給排水、給湯配管、ガス管の切り回しを行いました。

フローリングを今までよりも明るい色に変える為
幅木や廻り縁も全て撤去です。

そして真新しいフローリングの上張り。

DSC_2513

今回御施主様が気に入ってくださったフローリングは
LIXIL社製のラシッサDフロアのホワイトペイントです。
経年変化したような木の質感と
木目を際立たせる浮造技法により
強い立体感と素朴な味わいがあるのが
このフローリングの特徴です。

濃い茶のフローリングからホワイトの明るいフローリングへと変わっていくので
仕上がった時のお部屋のイメージもガラッと変わる事でしょう!

では続きは次回で。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 10:14  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器 | 内装 

LDK改装工事①

長年使い馴染んだキッチンは壁面付けのタイプでした。

DSC_1939

御施主様のご要望は、対面タイプのキッチンへと変更して
食事が出来るカウンターを付けて欲しいとの事でした。

御施主様の様々なご要望をお聞きし
弊社がご提案したプランはこちら。

キッチン750

吊戸棚を取り付けない代わりに
今まであったキッチンの場所に収納を据え付け
キッチンカウンターはストレートタイプではなく
食事が出来るようにストレートと楕円を組み合わせた
カウンターの形でした。

新たに張る床材は色々なサンプルを持参して
一番気に入ってもらえた床材を使用する事にし
クロスもカウンター廻りを他と変える事でアクセントとして見せ
収納とキッチンとの空きも御施主様と入念に打ち合わせを行い
着工日を迎えました。

DSC_2497

さあ、これから工事のスタートです!

次回に続きます。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 15:25  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器 | 内装 

長女の自由研究

長い長い子供達の夏休みも
あと少しで終わりを迎えます。

小学4年生の長女は
沢山出された宿題の他に
自由研究でログハウスのキットを
製作する事にしました。

全ての材料が寸法通りに切り揃えられている訳ではなく
柵や屋根材、その他諸々の細かい部材は自分で寸法を測り
切断していかなければなりません。

細部の加工はお手伝いし
後はアドバイスのみで長女に任せ

DSC_2615

半日でここまで作り上げました。

さすがにここまで作るのに相当な集中力を発揮していたので
日を改めて残りは仕上げる事に。

そして昨日、屋根を組み
デッキや階段、建物周りの柵やポストを取り付けて
ようやく完成!

DSC_2682

建物の中には豆電球を仕込んであるので
点灯させるとログハウスの温かみが演出されますね。

親の仕事を見ているからか
将来は「家を造る仕事がしたい!」とも言っている長女。
まだ小学生なので将来なりたい職業なんて変わっていくだろうけど
建物を造っていく醍醐味を僅かながらでも
今回の事で理解してくれたら良いなと思いました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 14:11  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 戯言  

植木剪定と芝刈り

冬にウッドデッキ新設と芝生張り
庭木の移植工事を行ったH様邸。

今回は伸びた芝生と植木の剪定をご依頼頂きました。

DSC_2454

DSC_2460

玄関前の植栽は2Fベランダまで届く程成長し
冬に張った芝生もしっかりと根付いて青々と良く伸びてくれました。

早速玄関前の植栽から剪定のスタートです。

DSC_2620

随分とさっぱりしましたね。

お次はお庭の植栽と芝の剪定です。

DSC_2636

背丈以上に伸びてしまうと
なかなか自分では剪定が難しくなってきます。
こういった工事も弊社では行っておりますので
お気軽にお声掛けくださいませ。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 13:42  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! エクステリア  

洗面所改装

限られた空間である洗面室。
その中でも洗面化粧台の存在は
かなり重要になってきます。

W様のお宅の洗面化粧台は
横幅は60㎝ながら、奥行き50㎝の物が取り付けられていました。
洗濯機と横並びの洗面台が60㎝の横幅だと
無駄な空間が出来てしまう。
そして奥行き50㎝だと何だか出っ張りすぎてるような・・・。
そのような思いがW様にはあったので
出来る限りご要望に沿えるようなご提案をさせて頂きました。

新しい洗面化粧台を据える為に
洗濯機パンを一旦外し、床を開けて排水管と
給水、給湯配管の切り回しを行い補修工事を経て
内装工事に取り掛かります。

DSC_2622

洗面化粧台が取りつく面の壁だけ淡いグリーンのクロスをアクセントとして貼り
その他の壁と天井は真っ白なクロスで統一しました。
そして床は木目本来の自然な温もりを感じるような柄の
クッションフロアで仕上げました。
この柄のクッションフロア、乗ると分かってしまうけれど
パッと見は無垢のフローリングを張っているようにも見える程
良く出来た柄だと思います。

内装工事が終わると、いよいよ新しい洗面台の取付です。
W様のご要望は横幅が広く、奥行きが今までの洗面台よりも少ないタイプ。
そして鏡は出来れば三面鏡が欲しい!との事でしたので
弊社がご提案した洗面化粧台はこちら。

DSC_2625

LIXIL社製のエスタです。
こちらの洗面台は横幅が90㎝、奥行きが45㎝と
W様のご要望に限りなく近づけたのではないかと思います。
フルオーダーの造作洗面台なら、サイズなんていくらでも作れるのでは?
と思うかもしれませんが、そこは予算ありきですからね。

そして、この洗面台のシリーズには
三面鏡タイプのミラーキャビネットの設定が無かった為
同じLIXIL社製のオフトという違うシリーズの三面鏡を組み合わせました。
照明をLEDタイプにした事で、三面とも鏡を上部まで有効活用出来るので
ドレッサーとしても使用している奥様にも重宝して頂けると思います。

W様、有難うございました。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 12:39  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 水廻り・住設機器 | 内装 

間仕切り壁新設

レンタカー会社様から
今まで簡易的に仕切っていた客室側と事務室側を
造作した壁で仕切りたいとのご依頼でした。

DSC_1944

新設する間仕切り壁は空調の関係で
天井までではなく、出来るだけ空間を取って欲しいとのご要望でしたので
取り付ける入口ドアも既製品の高さでは上部の空間が狭まってしまう為
人の出入りに無理がない高さを考慮してサイズオーダーして取り付けました。

DSC_2204

事務室側の壁はクロス仕上げ。

そして客室側は横木目のダイノックシート張り仕上げとしました。

DSC_2220

勿論、ドアもダイノックシートに合わせて
横木目柄を選択。

DSC_2218

店舗などでは多く使われるダイノックシートですが
住宅でも凹凸の無いドアやアクセントで壁一面だけ等にも使えますので
重厚感を持ちたい、ガラッとイメージを変えたい場合に使うのも
良いかもしれませんね。

株式会社 美和建築工房 一級建築士事務所

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

miwakenchikukouboumiwakenchikukoubou  at 11:58  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 内装