2006年09月

サイクリング in Hawaii ☆カイルアビーチ編☆

朝9:00にホテルを出発、全米第2位のビーチ、カイルアを目指します。

山を越えた方が距離は近いのですが(私的にはこちらも魅力的!)、気持ちのよい海岸線を走りたいと言うことで、センチュリーライドと同じルートを選択。 

なんせうちのクマゴロウ(=だんなちゃん)は、初めてのロングツーリング、サンダル&水着で最後まで走れるのでしょうか。ちょっと心配。 

まずカピオラニ公園沿いから、ダイヤモンドヘッドを回り込むように走ります。(上りません!)
それでも若干坂道で、見晴らしはとても綺麗。遠くにサーファーがたくさん見えます。 

そのうち幹線道路72号に。
けっこうな交通量ですが、ちゃんと自転車レーンがあるんです!

自転車の標識


自転車レーン


ハワイでは基本的に自転車は歩道走行禁止だそうで、かなりの割合で自転車レーンがきちんと配備されています。うらやましい!! 

車のプレッシャーにさらされる事なく、快適に進みます。 

しかし、それとは別に我が自転車に不具合が・・。ギアチェンジをしても、勝手にギアが落ちてきます。何度やってもまた元通り。。。どうやらある一箇所でしか安定しないらしい??オヤジ~(><)

スピードは上がらないし、この先きつい坂があったらど~すんだ!! 

幸いクマゴロウの自転車はFELTで、けっこう性能良さそうです。 

ハナウマベイ(めちゃ美しい保護湾)に向かう長い坂道の前に、ショッピングセンターでちょっと休憩。
やたらでかいマンゴースムージーが美味しかった♪ 

坂道は、斜度距離共にたいしたことはありませんでした。
が!クマゴロウは初めてのヒルクライム(?)、だんだん体が斜めにかしいできました。
がんばれ!面白いので、後ろからカメラでパチリ。彼は後ほど、坂の記憶は全部消去したそうです。

坂を激走する竜
 

坂を越えた後は、オアフを代表するview pointが続きます。ホントに美しい!!気持ちいい!!レンタサイクルした甲斐があったというもんです。

ハナウマベイからの下り
 

サンディ、マカプウビーチパークを過ぎて、ワイマナロへ。ここは曙の故郷だそうです。大きな銅像がありました。 

ワイマナロのバーガー屋でランチタイム。

例に違わず、これまた巨大肉厚!ドリンクは1ℓサイズ、ポテトもドカン!です。自転車仲間Aさんなら、泣いて喜ぶところでしょう。

Jack in ths boxのバーガー


こんなの毎日食べていると、曙が出来上がるんですねぇ。きっと。 

海岸沿いを離れて徐々に内陸に入っていきます。ここまで来たら勝ったも同然♪とクマゴロウの顔にも笑みが。 

しかし!ダラダラ続く小さなアップダウンに嫌気が差してきたクマゴロウは、目の前の大きめな坂を見て突如敵前逃亡!「もう坂をよけて回り込もうぜぃ」と左折してしまいました。

これが間違いの元で、この後住宅街を右往左往、ストリートの名前もパウメレ?パハレメ??似たようなのばかりでとつぼにハマってしまいました(><) 

なんとか迷路を抜け出て、ようやくカイルアビーチに到着!

全米第二位のビーチ☆
 

ハワイには珍しい(?)白いパウダーサンドのビーチです。
ごちゃごちゃしたビーチアクティビティのおもちゃは一切なく、パラソルも乱立していません。
手頃な木がビーチ沿いにたくさんあるので、その下で十分くつろげます。 

私の(乏しい)経験の中ではBEST 1☆の、気持ちのよい心からリラックスできるビーチでした♪ 

帰りは、クマゴロウの腕とお尻が限界だったので、自転車をバスに乗せることにしました。 
ハワイにはその名もThe BUSと言うのがあって、バスの前面に2台自転車を乗せられます。 

けっこうな時間バスを待っていると(時刻表もテキトーらしい)ようやく1台やってきました。あっ!すでに1台自転車が乗っている(><)こうなると次を待たないといけません。が、運よくその自転車の男の子が下りてくれたので、乗せることが出来ました。ラッキー♪ 

バスは山を真っ直ぐ突っ切るようにワイキキへ。30分程でアラモアナに帰り着きました。やっぱり速いなぁ。 

珍道中でしたが、楽しいサイクリングでした。ちゃんちゃん♪ 

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

サイクリング in Hawaii ☆レンタル編☆

遅い夏休みをとって、ハワイに行ってきました。 

残念ながら、ホノルルセンチュリーライドのちょうど1週間前。

うちのクマゴロウ(=だんなちゃん)と一緒に、そのコースを半分ほど走ってみることにしました。 

まずはレンタサイクルです。
「ワイキキのあちこちに自転車ショップがあるよ」と色んな人に聞いていたのですが・・・・これが全然見つからない!
テキトーなレンタサイクル屋はあれど、長距離ツーリングに耐えそうな自転車は皆無(><) 

ガイドブックで調べた、ちょっと離れのお店に行ってみました。店頭には一応MTBが何台か並んでいます。 

陽気なオヤジが出てきて「乗ってみろ~」と適応サイズのバイクを出してくれました。 

サドルの角度が前上がりだったので、調整してほしいと頼むと「これがベストポジションだ!」って。。。
でもフラットにしてほしいとさらに頼むと、かっと目を見開いて「I know the bicycle ! I KNOW THE BICYCLE !!」と聞き入れてくれません。ん?オヤジ何だか酒臭いぞ?酔ってる?? 

それでも何とか直してもらいました。やれやれ。 

酔いどれオヤジはトライアスリート&サイクリストだと言うので、目的地までの道などを質問すると、「This is $%$#=)~+*<> and ?*+L)JY'% very ()) !! がっはっは!!」どんどん陽気になっていきます。
もはや私の乏しい英語力では、何が何だかわかりません。 
「オッケーオッケーサンキュゥ~♪」と日本人的あいづち&笑顔で、無事契約成立。 

2日間借りたのですが、親父曰く「3日目の朝10時にここらへん(ってどこ??)に置いてくれればいい。もちろん追加料金なんか取らない。わしは気のお~きい男だかんな!だっはっは!!」最後までご機嫌でした。 

地図もそこらへんの本からビリビリ破いてくれました。 

割引価格で、2台2日間100$でした。オプションでヘルメット&鍵(すごく頑丈そうなヤツ)です。ワイキキの相場が、1台1日20~30$だそうなので、まぁ妥当でしょう。 

あまりに酔いどれオヤジのインパクトが強かったので、日記にしてしまいました。 

次回(まだ続きます、スミマセン)いよいよサイクリング編です!! 

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村





記事検索
プロフィール

rockinblack

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ