朝、ピロートーク。

彼は午後からでいいようだ。
なんか、結構重い感じの話になった。
なんで朝から?

あたしが 自宅に帰らないのを気にしてのコトからだろうけどね。。
なんか 日頃の感じと違った。
たまに解らなくなる。。。

あたしは、彼を置いて先に家を出た。
そんな話ばっかりじゃ、やってられないし。。
彼もあたしと同じ思いでいるんだと思っていたんだけど
どうも、その話の内容は違うっぽく聞こえた。

それならそれで仕方ない。
確信を持ったり、落とされたり。。。
でも、違うなら違うで あたしも接し方が変わる。

彼にメッセをした。
「好きで好きで仕方ないくせに…」
「同じ気持ちでいると思っていたのに…」と。
あれから彼はまた寝ていたと思う。
返事がないのは 辛かったが、でもそんな話になるなら
きちんと聞いてやろうと思った。
そして、その返事が来るまでは、あたしから連絡しないと思った。

また運転中に連絡があった。
Bluetoothで話す。
明らかに『ヤバい』と焦っていた感じ。
あたしだけが想っているならば、それは無理だと思ったし
こんな風に飛び込むなんてもう出来ないだろう。
あたしは、この短時間でそこまで考えていた。
あたしたちみたいな関係はわそこがハッキリしてないと
無理な関係だもん。

彼はそうではないと言うような感じで話してきた。

とりあえず、お互い仕事なので切った。
あたしは動揺をしていたのか、切って少しした頃にミラーを擦ってしまった~汗
それを黙っていようかと思ったくらいに
あたしは彼に対してためらった。
でも、後で知られたら…と思い、とりあえずメールをした。
『絶対に無事故で…』という約束が守れなかった…と謝った。
メールをみた彼から返信が。
勿論 大丈夫か~? 身体は?
そりゃ心配するよね…

で、あたしも1日何だか動揺をしながら過ごした。

帰りは、また彼から連絡。
『どこにいるの~?』だった。

あたしは、絶対に連絡をしない!と思っていて
黙って帰ろうとしていた。
だけど、連絡があるってことは、やっぱ気にしているんだなと。。
ピロートークが少しきつかったので、ほんとは甘えたかった。
その日の彼の帰宅は珍しく早く、
『おまえは、俺といないとちゃんとご飯を食べないから、行くぞ!』
そんな感じで 合流することに。
迎えに行き車に乗る彼。
少し走ったファミレスに。。。
彼は既にビールを飲んでいた~

んで、ファミレスで話ながらご飯を食べる。
朝の話も…
もう解っているから。。

彼と向かい合ってなこの光景も慣れてきたなぁ。。。

そして、そのファミレスに隣接したドンキに繰り出した(笑)
あれやこれやと買い物をする。

『そう言えば、おまえいつ帰るの?』
「んん、まだ決めていない…」
『おまえが帰るなら、また一緒に車でって思っているんだけど…』
「ならば、あたしも帰る(笑)」
そんな会話もした。

そうよね、あたし家に帰らなさすぎよねぇ。。

そして、花火をしようか!ってことで線香花火を買った♪
彼なりに気を遣っているようだった。
どこか出来るとこないかなぁ。。。と探すがない。
結局彼の家まで来ちゃった。

でも、もう遅かったので花火はまたにした。
一緒に家に帰るのも 慣れたなぁ。。。