image

ホテルのあるニゴンボまで車で移動

窓から見える景色が(当たり前だけど)今まで全く見たことないものばかりでワクワクする

そしてとにかくみんな運転が荒い
そこらじゅうでクラクションが鳴り響いている
対向車線にも平気で侵入する
ワイルドだ

牛と犬をたくさんみた
牛は茶色で優しそう
犬は日本の犬より大分野性味がある
臆病な武蔵はここでは生きてはいけないだろうな、と思う

教会もたくさんみた
日本のよりカラフルで小さくて可愛らしい
ちょこんと建っていた真っ青な教会がお気に入りになった

ホテルに近づくにつれて街灯が少なくなって 不安な気持ちになる
いまは橋の上?とかみんなで予想して励ましあっていたら
突如オアシスのよう今晩お世話になるホテルJetwing Lagoonが現れた

神殿のような見た目がとてもゴージャス!!興奮する

車から降りたらホテルの人がプルメリアのレイを首からかけてくれた
南国っぽい 興奮する

はーい!歓迎の儀式を行いまーす!
とコーディネーターさんに言われ
みんなで整列

ホテルのロビーの真ん中に置いてあるオブジェのようなものに1人1人火を灯していって下さい、と説明され

image

代わる代わる灯していく

灯し終わったら イェーイ!みたいな感じで儀式が終わった

なんだったんだろう!
でもおもしろかった

一旦それぞれ部屋へ行き、その後集合して夕飯、明日からの撮影の打ち合わせという流れになり部屋へ移動

びっくり

ひと部屋がコテージ1棟だった
みんなで ぎゃ! となる

ひとりでコテージ一棟・・なんて贅沢な!

中を探検したらお風呂がお庭にある!
ぎゃ!
アメニティも充実していてバスソルトやバスオイルまで完備されていた

image

お姫様気分とはこのことだな・・
今まで感じたお姫様気分はなんだったんだろう
ベッドも特大サイズで枕ももちもちのやつがどっさり

お仕事なのにこんな贅沢させてもらっていいのかな、と考える

いっか!と思う

夕飯へ
ホテルのなかでビュッフェを頂く

メニューが読めないので勘でよそっていく

image

このお皿の形の生地のうえに卵がのったもの 興味津々でよそってみる
この料理は毎日常備してあったので、ポピュラーな食べ物なのかな

全体的にすごくスパイシーで奥深い味
底から突き抜けてくるような
好みの味!

あとデザートがどれもすごくあまーくて
これも好みの味!

明日の打ち合わせをして
おやすみなさーいして部屋へ戻る

参った
部屋が広すぎてさびしい

お風呂でダウンロードしておいた内村さまぁ〜ずを見る

スリランカまで来て内村さまぁ〜ずを見る

image

この神殿のような雰囲気がたまらないなぁ

わたしはなんでも完璧なシンメトリーになっているものが好きで
この国はそうゆう魅せ方が多かった気がする

image

美しくて気持ちいいね

さびしくて眠れないかも、なんて思っていたのに倒れるように眠りにつく

海外はこれがいい
体は泥のように疲れているから眠れないって恐怖がない(私はね)

日の出前に起床
朝日に照らされて部屋の前の池が神々しいことに

image

これはエリーちゃんが撮ったもの
エリーちゃんが撮る写真が好き 完璧で

image

蓮の花が綺麗
大きすぎなくて綺麗

この日の朝は美しすぎて困った
空気も湿度も景色も音も体調も、全てがピタッとはまってしまって
なんで一人の時に、そんな感じになっちゃうのかな〜って悔しかったほど

image

昨晩は暗くて見えなかったながーいプール
1キロあるそう
飛び込みたい

オープニングの撮影をしに庭へ

image

朝日に海
反射して柔らかい光が眩しい

エリーちゃんといちゃいちゃしながらオープニングの撮影を終え、アーユルヴェーダのカウンセリングに向かう

image

家の前までマネージャーさんが迎えに来てくれた

旦那さんと武蔵に見送ってもらい車に乗り込む

エリーちゃんのお家経由で空港に向かうそう
エリーちゃんにはお会いしたことがない
ずっと可愛いな、と思っていた先輩にお会い出来るのは嬉しいけど、勿論緊張もする

エリーちゃん宅に到着
娘さんとも少し会えた
お母さんと離れるのが寂しい様子
とっても可愛い
エリーちゃんも 当たり前だけどとってもとっても可愛い

車内ですぐお喋りが止まらなくなる
こんなことは珍しい
人見知りのわたしは基本的に挨拶を終えたらうまく話せなくなってしまって
なにも喋らなくなる

エリーちゃんの柔らかくで眩しい雰囲気のおかげだろうな
更に旅が楽しみになる

空港でスタッフさんと合流
衣装のあいちゃんも

マネージャーさんはここでお別れ
いつもマネージャーさんにべったりだから心細くなる

スタッフさんはみんな優しそう
安心する

ごはんを食べにレストランに入る
日本食は暫く食べられないだろうと思いしゃけ茶漬けを注文する

エリーちゃんはビールを頼んでいて、かっこよかった
飛行機に乗る前にお酒なんて、かっこいい

久しぶりの飛行機にどきどきした
コロンボ空港まで9時間のフライトだ

スリランカ航空の制服の可愛さにギョッとする

へそ出しのデザインでセクシーなのに鮮やかな緑色だからヘルシーな印象
アイラインもがっつりひいていて、エキゾチックで皆さん とても素敵

image

隣の席の男の人はスリランカ人のようで、少し緊張していたら、流暢な日本語で
「スリランカはじめて?」と話しかけられて拍子抜けした
聞いたら彼は6年前に日本に来て茨城でたこ焼き屋をやっていているそうで、スリランカにはお父様のお葬式で久々に帰るのだと話してくれた

ごはんはなにがおいしい?と聞いたら
やっぱりカレー。スリランカカレーは本当においしい。との答えに更に期待値が高まる

機内食は早速スパイシーで美味しかった
なにか分からないけどカレー風味で美味しい

image

そのあとは寝たり起きたり映画を観たり寝たりして到着

荷物を待っている間にトイレへ行く
手を洗っていたら、知らない女の人にタオルを渡されたから(スリランカにはそうゆうお仕事のひとがいるのかな?)と思い受け取ったら、チップをくれ、と言われた

なるほど
まだ円しかないし、悔しいからあげないけどね

よその国に来たぜ!という感じ
みんなでわくわくする

なぜか冷蔵庫や洗濯機ばかり売っている通りを抜けて 外へ

独特の甘い香りとじめっとした空気が毛穴に入り込んでくる

なんとなくバリ島を思い出す

これからホテルへ移動
素敵なホテルみたいだから楽しみ

image


image
命が燃えているかどうかは

誰かがいないと実感できない

命を燃やしてくれる 誰か が ね

image

映画「地の塩 山室軍平」公開中です

映画は映画館でね 是非

スクリーンの中に別の人生があることは、わたしにとっていいことなんだと思います

ひとりなんかじゃあ なんの価値も意味も
ありゃしない


image

テレビ東京
本日夜0時52分〜放送

「デッドストック〜未知への挑戦〜」

第8話

今夜から出演します

よろしくお願いします

image

こんな役 やってみたかったな〜って役です

いちいち 人の人生を頂いていて
そのぶん楽しみもありますが
どんどん窮屈にもなっています

どうしてでしょうかね

image

どうしてでしょう、と聞かれても
いや、知らないよ って話ですよね

↑このページのトップヘ