2006年06月23日

いい女☆は周りを充たす

お久しぶりですかおりんです。

みわつんは、ほんとにがんばっています去年まで、あんなに勉強から逃げていたのに・・・

今年は、どうしてがんばっているの?って聞いたら、「みんなが一緒にやろうって言ってくれたから。」みんなの期待を素直に受けたんだね

なんで屋さんカードにも、、、

「いい女の条件」

1、肯定性・・・周りを肯定視できる女はいつも充たされた笑顔。その充足が回り  に伝わる

2、応合性・・・素直な女は期待に応え周りを活かす

3、柔軟性・・・楽しめる女は飲み込みが早い。たから仕事ができる

補足すると、、、

1→ やだ〜とか、出来ない〜とか(自分発の)否定ばかりでは、ダメまず、相手(周り)を受け入れてみる。

つまりは、、

2→素直にみんなの発信(期待)に応える。すると。。。みんなに喜ばれる。

それは、

3→状況により、柔軟に対応出来るという事。

なんで屋カードには、こんな言葉もあります

「女は太陽 いい女はいつも充たされているから その充足で周りも充たされる」

そして、この構造にも、ちゃんと理由があります

るいネットより、、

>生物史上、雌が「生殖存在」として進化してきたことから来ていると思います。多くの生物種の雌が繁殖活動を行う縄張り空間では、“食”を始め様々な本能欠乏を充足した安定状態が雄によって提供されます。これは、生殖という雌の役割負担がそれだけ重く、いかに安定した生殖空間に雌を置くかが雄雌双方にとって決定的に重要だからだと考えられます。また、猿や人類のように群をつくり高度な子育てを行う=より生殖負担の重い種では、食確保や外圧から防御はもちろん、群内関係や(子育て中の母親の強い不安が子供に悪影響を及ぼす例からも分かるように)雌自身の意識状態も安定していることが重要になります。だから、雌は常に充足状態に自らの身を置くべく本能・共認回路のアンテナを磨き、順応性や肯定性、或いは「自分自身が充足することで周りにも充足を与える」という“充足の能力”を発達させてきたのではないかと思います。

つまり、女の人が充たされて、そして周りも充たされる、、という構造は、本能レベルで、刻まれている事なんです

そして、もっとも重要なのは。。。

>「周りに充足を与える」ということ。周りから充足をもらって、自分自身だけが充足するだけなら子供と一緒。みんなに安心、活力、充足を与えられるようになって、初めて女になれる。

周りに充足を与えられるいい女

みんなにとっていい女

これが、今求められるいい女像ですね

ぶた


 

 

 

 



miwapao0409 at 19:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年06月20日

季節は梅雨・・

気付けば6月。梅雨ですね

みわつん、結構、雨好きなんです。

「ぬれるからいや。。

ってゆうひともいるけど、なんだか雨のシトシトって音は落ち着きますよね。。

さてさてみわつんは、今、大学受験以来、10年ぶりに受験勉強しています。

1級建築士の勉強です。受験資格はずい分前からあったんですが、さぼってました。。

しかし、今年は、後輩が

「一緒にがんばりましょう!」っていってくれて、

「よし、頑張ろう

ってなりました。みんなの力は大きいですね

類塾ネット「友達に話すと忘れにくくなる。」

      「よーいどん。でといてみるよ。」

子供たちも、みんなで勉強してるんですね。

1月から毎日やっています。

しかし、急にはじめたからといって、いままでサボっていたので、なかなか思うように成績があがりません。

とはいっても、本番まであと1ヶ月!

がんばります

 



miwapao0409 at 14:54|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!

2006年04月12日

コンニチワ☆

お久し振りです。みわつんです。

早いもので、もう春ですね〜。

みわつんも、4月から社会人6年生になりました。

大阪生活も、6年目突入です

みんな、どんな毎日おくってますか?

今日は、後輩に

「ブログみてますよ〜。更新してください〜。」

と則されて、こりゃいかんと、更新です。

今日は、久し振りに、同期の友達の家にご飯食べにいきました

赤ちゃんがいて、いっぱいあそびました。

そのこが、良く笑う子で、今日の気付きは

「ああぁ、こんなに素直に人をもとめるのね〜

っておもいました。ニコニコして、こちらを向いて、全身で表現してきます

すごく、素直な気持になりました。思えば、いつも回りの人は、素直に期待してくれている。それを、なんとなく受け流していませんか?

期待はいつでも、まわりにあふれているんですね。

指摘にせよ、期待にせよ、
それは常に「ある」んだということに気づかねばならない。
それをキャッチするためにアンテナを伸ばす。
(自分からみんなへと判断軸を変えていく)

るいねっとより

春ですね。。みんな、今年もアンテナのばしていこー!!



miwapao0409 at 22:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年03月23日

新生活☆吸収する事から始めよう!〜聞く事って大事!〜

こんにちはかおりんです。

4月は、進学や就職など、新しい生活に変わる月ですね。

ちなみに、私の妹(みわつん)は小さい頃、春になると学校のクラスが変わったりするので、いつもドキドキしていたそうです。。(お友達出来るかな〜とか・・

確かに、新しい生活って不安がいっぱいですよね。。もちろん希望も沢山のはずなんだけど、、これから新しい事に向かうって、『何が起こるかわからない』って未明な部分が不安感を増徴させてるんですかね。。私も、就職やその後の転職の時など、新しい職場になれるかな〜と心配でしたこれは、何も、新生活に限った事ではなく、仕事や日常生活でも新たな課題に直面した時等、同じ様に不安や心配事はあります。

そんな時、『聞く事』って大事だな〜と思いました

『聞く』→相手(周り)の言わんとしている事を掴む。

→それは、状況を見極める

→つまり、情報を収集する

この情報を伝に、進む方向(何をしたらいいか)を探る。考える。そして、迷ったらまた聞く。。

しかし、新しい事って、なんせ今までやった事の無い事で、『状況を見極める』って言っても、見極めるすべも分からないって事も多いそんな時は、とにかく『聞いたこと』をそのままやってみる事が大事つまり、『思い込みはいらないって事』「失敗しちゃうかも」「出来ないかも」など。。『〜かも』は、見えない先(結果)に縛られて、進む道を塞いでいるだけ

聞いた事をそのままやるってみるには、相手(周り)に気持ちを委ねる事⇒不安や心配などをいったん置いて、素直に(そのまま)やってみる

上手な人、うまくやってる人の行動をそのまま真似る事も素直に聞いたままやってみると同じ事かも

その積み重ねは、進む方向を探る材料として、蓄積されれゆくと思います

聞く⇒情報を収集⇒進む方向を探る(考える)⇒迷ったらまた聞く

何か始める時この、循環を試してみよう

私も、4月から新しい生活が始まります新たな出会いもあるかもしれない新環境にドキドキしつつ、『聞く事』=吸収を続けて行きたいと思います

御馴染みるいネットより、お薦め投稿です合わせて読んでみてね

意識はみんな(社会)の中にある『出来るようになるには共認機能の再生が必要』

思い込みってこういう事「脱「自分」思考」

ぶた



miwapao0409 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月10日

品川露店報告☆

こんばんはかおりんです。

みわつん、2月最初の投稿ありがとう!ホントに女の子は充足存在として、役割まっとうしなくちゃね。周りを明るく出来るのは、みんなの期待に応えるいい女改めて、しかと胸にしまって、期待に応えたいと思ったよ

先日、しばらくぶりに露店へ行ってきましたちょっと間隔をあけてしまうと、腰が重くなっちゃうなーって思ってたんですが、やっぱり路上へ出ると元気が出ました場所は品川。新幹線口が出来、新しいビルも沢山あって、人通りもなかなか。。営業中に立ち寄ってくれた、笑顔の素敵なOLさん。一緒に『ライブドアを斬る!』のデモを聞いていってくれました。カードの言葉が良いと言って、ミニカードを5枚、ご自分用に買っていってくれたおじさん

『期待されたら嬉しいよね、相手も一緒だよ。相手も一緒、期待されるのを待っているだったら、全部自分で決めるんじゃなくて、みんなに期待』

みんなに期待されて嬉しいって気持ちがあるのに、ついみんなに期待するって事忘れがちですよね。。って話をしたら、すっごい嬉しそうな笑顔でうなずいてくれました路上って囲いもないし、誰もが立ち寄れる場。でも通り過ぎて行く人ももっと沢山。。その中でも立ち寄ってくれた人って、それだけで、何か発信してるんですよねだから、笑顔の一つ、会話の一つをしっかりと受信したいと思いました

また、この日は、次から次へと店主さんたちが、デモを披露してくれて、とても勉強になりました。『ライブドアを斬る〜ホリエモンの焦りって何?〜』『景気がよくならないのなんで?』『勉強しなくちゃいけないのなんで?』

あまりにデモに聞き入ってしまった為、お客さんを逃してしまったかなって反省点はあったので、次回はもっと動けるよう周りを見たいと思いました

なぜ、路上に出ると元気が出るのかな?みんなの中にいるって安心感か?。。。露店を運営するっていう課題を共有しているっていう、目的あってこそ獲る事の出来る充足感かな??次回聞いて見よう!!

とっても充足する事が出来ました。店主さん、一緒に行ってくれた宮谷さん。ありがとう

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶたおっって思ったら、クリックお願いします



miwapao0409 at 23:35|PermalinkComments(5)TrackBack(1)clip!

2006年02月09日

もうすぐバレンタイン(o゜▽゜)o

コンバンワみわつんです

今月はバレンタインですね身近な廻りの人に、感謝を込めてってかんじで、渡してます。会社の人とは普段そばにいるけど、そんなにお話とかしない・・とかわりといるので、毎年これをきっかけに話し掛けてくれたりすると、ちょっとうれしいです。。

女の子はやっぱり充足存在でなくっちゃね

って最近あらためておもいます。充足存在って、そんなに難しい言葉じゃないです。女の子がいると、声もやっぱり男の人より明るくって良くとおって、ぱぁっと明るくなるし、洋服だって明るい色だし、ニコニコ笑っていやだな。なんて思う人いません。そんなのを含めて、

「女の子っていいな

っておもってもらえる存在なんだとおもいます。

そんなところをみて、男の人は元気になってるし、まわりに元気をあたえられる。

そんな存在。

女の子みーんな、「そうなりたいな」って思ったら、いいなーって思います。

るいねっとから「女の充足を伝えたい!輪を広げていきたい!」

わたしも最近そんな気持ちでいっぱいです

チョコにもそんな気持ちをこめて、おくりたいと思います

みわつん



miwapao0409 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年01月08日

〜追求〜『みんな課題』★

あけましておめでとうございます今年初書き込みのかおりんです

毎年思うんですが、一年があっという間です。2005年も早かったな〜・・振り返れば、るいネットに投稿するようになってちょうど一年になりました。去年の年明けが初めての投稿でした。

最初は、露店や劇場会議に参加する事から始まりました。なぜ参加するようになったかと言うと、シンプルに、『答え』があったから。。。こう書くと大げさなんですが、要はおもしろい!と思ったからです。なんとなくぼんやりしていた事。たとえば恋愛、仕事、家庭の問題、自分の性格。それらを、『私』個人の目線でなく、世代や社会全体の事、さらには人類がサルから進化した過程で成り立っている所まで遡って紐解いて行ってくれました。そう考えると、今まで、頭のなかでこんがらがっていた事がみるみる繋がりました。そこまで行ってしまうと、もう『自分』というレベルで解決される問題ではないな。。。と感じました。

もちろん最初は問題を社会全体と捉える事に抵抗もありました。あまりに対象が広いので、どこに目線を合わせてたらいいの?と思ったからです。でも、個人も家庭も、社会を出発点にしないと成り立ちません。今まで、「自分の勝手でしょ」「人それぞれだから、、、」と言った言葉は、答えが出せないが故の逃げでしかなかったな〜っと感じました。

人々の意識は流動しています。それは、人々は常に外圧に対応(適応)しながら進化しているから。その為には追求が必要であり、それでしか答えは出して行けないのだと思います。個人や家庭の問題はそのまま社会の問題と直結しています。だからこそ、追求こそが『みんな課題』であり、社会の当事者としての役割だと思います。一人で考えるとなんだか恐い気がしますが、みんながいると思うと進んで行ける気がします。

だから、、みんなに感謝です

今年も、もっともっと追求して行きたいと思います



miwapao0409 at 19:01|PermalinkComments(2)TrackBack(2)clip!

2006年01月07日

「真面目な話できてうれしかった」・・・友達からのメール

コンニチワみわつんです

お仕事のみなさんは仕事始め、学生さんは3学期始まりましたか?

みわつんは、やっとこ休みボケから脱出しました(?)

2006年もがんばっていきましょー

さてさて、このお正月は、いつもどおり高校の友達や、中学の友達と会いました。みんな元気で相変わらず。。。ココまではいつものお正月だったんですけど、今回は、なにやら少し変化感じました。

大体は、彼氏がどう、彼女がどう、だんながどう。って話に終始するのですが、最初の2時間はこんな感じでした。しかし、後半1時間は、1人の子が仕事の話をしだした(自営業を切り盛りしている)ら、そこから、みんな色々真面目な話になりました。

姉歯問題を聞かれたり(みわつんは設計事務所勤務です)、保母さんをしている人は、教育問題を話したり。。。。

あっという間の1時間。

答えや課題の共認まではまだまだだけど、解散した後、みんなでやっているメーリングリストに、

「今年は真面目な話いっぱいできてうれしかった。」

ってコメント、入りました。

みんな出口を探している。答えを探している。

なんだか、嬉しく、心強い、年の始まりです

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶた←真面目な話。したい!って人、ぽちっとな・・

宜しくお願いします



miwapao0409 at 17:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年01月01日

あけましておめでとうございます☆

明けました〜今年もよろしくおねがいします

今日は、家族でお墓参り・・・そのあとは、六本木ヒルズにいきました〜。

都心に人は少なく、割とすいていました。

真下に東京タワーを見下ろし、六本木通りを見下ろし、なんだか全部がおもちゃみたいに感じました。

東京は、どんなに高いところに上っても山は見えません

ひたすら続く、ビル。この光景って、東京だけです。

ちょっとビビってしまいました・・・

そんな、新年の始まり。今年もよろしくおねがいします。

←六本木ヒルズから。なんだかおもちゃみたい

ブログランキング・にほんブログ村へぶた今年もよろしくおねがいします。ぽちっと・・・



miwapao0409 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(3)clip!

2005年12月22日

情熱大陸〜ある花屋から学ぶ〜

こんにちはお久しぶりですかおりんです

つい数ヶ月前、まめな更新を宣言したはずなのに、、、あれやこれやと理由をつけて怠ってしまいました。。『受信⇔発信』忘れちゃいけないな。。。

さて、先週の日曜日、TBS系「情熱大陸」を見ました。ある人物を取り上げ、その人の生き方を追ったドキュメント番組で、今回はある花屋さんの仕事ぶりを追った内容でした。その方は、花屋へ勤めたあと、独立し、お祝いやイベント等、オーダーメイドで花を作っている方です。

印象に残ったエピソードを幾つかあげます。

〇埔譴愡兎れに行った時、隅の方に枯れてそのままになっていた花がありました。花を『物』として扱いすぎる、生きている物なのに悲しい。。。

花の陳列の仕方。(スタッフの人がいい加減に花を陳列していた事に関し)この花たちはこれからお客さんの元へ行くのだから、きちんと飾って大切に保管しなければいけない。また、綺麗に並べる事は、配色など、お花を活ける際の勉強にもなる。

お客さんの事を第一に考える。贈った人、贈られた人。双方に喜んで貰えるようする。その為の念密な打ち合わせ。

前編通して、お客さんの事を第一に考えているんだな〜って印象を受けました。

ある、お店のショーウィンドウのディスプレイの仕事の時、まさに飾っていたところへ、そのお店のオーナーの人がやってきました。一言、「これでいい!」と言ってもらった時の、花屋さんのホッとした顔。。どんなに自分が良いと思う作品が作れたとしても、やはり、お客さんの納得する物が作れなければ、それは単なる自己満足でしかないと思いました。

これは、花屋に限った事でなく、どんな仕事に置いても共通する物だと思います。

世の中、物が溢れる時代。では、どこで勝負するのか?といったら、どれだけ相手(お客さん)に同化し、何を求めているかを引き出す事。だと思いました。そしてそれを具現化する事が、創り手の仕事。そこが出来、プロ⇒お金を頂き、ご飯を食べる事が出来るのではないでしょうか?

今、活力源は「みんなに喜んでもらう事」に移行しています。自分に何が出来るのか?は対象を見る事で、初めて生まれる

例えば、綺麗な、センスのある物を作る。この『センス』も、一人の中から生まれるのではなく、世の中の潮流や、みんなの意識を掴んでこそ、『良いセンス』として、みんなに認められるのではないかと思います。

『答えを出していく事』⇒『求めている物(事)を掴む』これが、今、求められる仕事なのではないかと思いました

今回も、お薦めるいネットピックアップします。合わせて読んでね。

「何のために働くの?」露店仲間山崎さんの投稿

「再生と言葉」いつもするどい発信をしてくれる露店仲間の先輩阿部さんの投稿

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶたおっいいねと思ったらお願いします



miwapao0409 at 15:04|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!

2005年12月19日

子育て☆

コンニチワみわつんです

毎日さむいですねぇついついお家で、ヌクヌクしてしまいます

今日は、「子育て」について。

私はまだ結婚もしてなくて、子供もいませんが、まわりの友達なんかはそろそろママさん増えてます。ママさんになるとやっぱり前みたいに遊べなくなって、疎遠になってしまっているのが正直なところ・・・

本当は、ママさん達も色々話したいし、私たちも聞きたい。。。

この前、友達のママさんに赤ちゃんダッコさせてもらったんだけど、とても暖かくて、最初はコワゴワだったので、赤ちゃんもコワゴワ・・・。でも、みんなに「力抜いてさ・・・。」って言われているうちに、赤ちゃんも少しづつ慣れてくれて、スゴクうれしかったです。。

いままでは、ダッコさせてもらっても、泣いちゃったりすると、すぐママさんにお返ししてたんだけど、赤ちゃんもママさんも辛抱強くダッコさせてもらったので、なんだか、初めて自信がつきましたありがとう

こうやって、少しづつ赤ちゃんに慣れて、面倒見れるようになれば、その友達の赤ちゃんも預かったり出来るようになればいいなぁ。って思いました。。

そして、このママさんもブログしています。

これも、みんなに繋がる大事なツール

みんなで考えて⇒実行していければいいな。っておもいます。

みわつん

 



miwapao0409 at 11:56|PermalinkComments(1)TrackBack(3)clip!

2005年12月10日

気付きをそのまま発信〜リアルな発信〜

こんばんはかおりんです。

最近、どうも考え込む癖がありまして・・・それと言うのも、いつも、参加しているるいネット。ここでみんなで議論して出た答えを投稿(書き込み)しているんですが、その内容がなかなか浮かばない事があります。なぜか??

>それをそのまま伝えているだけ。実はそれがいちばん相手に伝わるんだと思う。そしてその時相手が『なるほど!』って思って、他の誰かに伝えた瞬間、そして新たに「なんでだろう?」って考え始めた瞬間、その人もまた新たな『媒体』になる。(74467)

そう!この感覚を忘れていた事に気付きました。まとめた文章を書かねば・・・とか、少しでも、認識に繋げる様な文章にしなければ・・・とか、いろんな事考えちゃってたんです。つまり、せっかくみんなで議論し、出た『なるほど』に対し、再度自分のフィルターを通し、こねくり回してしまっていたんです・・・るいネットで、出た発信は、社会へ向けられ、その対象は常に『みんな=社会を担う人々』です。そして、発信する人々(るいネットに参加する人々)も『みんな=社会を担う人々』です。社会が現在どのような構造で、成り立っているかを新認識に照らし合わせ、ずばっと答えを出してくれる人もいます。また、『答え』に対し、新たな気付きを発信してくれる人もいます。『答えを出す人』『新たな気付きを出す人』この両者とも、かなりの認識力と、状況を構造化する力が備わっていないとなかなか難しいです

なので、ここまでするには、かなりのハードルがあります。でも、『なるほど』と思った事をそのまま伝える、または、もっと日常レベルで思った疑問を投げかけるだけなら、私のレベルでも出来るんはず!対象も、供給者も社会の人々。ならば、私もその社会の一員。発信した疑問は、みんなの中へ。そして、より多くの人々によって、答えは導き出されると思いました

気付き、疑問をそのまま伝える。

基本的な事を忘れてました。。リアルな疑問。沢山発信して行きたいです

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶた

ランキングご協力お願いします



miwapao0409 at 00:41|PermalinkComments(4)TrackBack(1)clip!

2005年12月08日

にほんブログ村に登録しました〜

コンバンワ

本日もさむいですねぇ〜プルプルです

本日から、にほんブログ村にも登録しました〜姉妹力を合わせてブログ頑張っていきますこれからも応援宜しくお願いします

さてさて、ついでに最近感じた嬉しいそして引き締まる出来事を1つ。

みわつんは、設計事務所で働いているのですが、今年で5年目。後輩も増えてきました

仕事上では、男の子なんでや露店やなんでや会議では女の子。たくさんの後輩に囲まれています。

そんなみんなが、スゴク色んな事(次々と)問いかけてくれます。

「今、こんな物件やってて、こんな事があるんですけど、みわつんさんどう思います?」

「今日、こんな投稿したいんですけど、どうですか?」

などなど、色んなこと聞いてくれます。そして、なによりも嬉しくそして力みなぎってくるのは、みんな真剣中途半端な答えじゃなくって、本気の答えを欲してます。

これが何よりも力になります

これからも、みんなと色んな事話していけるようにがんばります

みわつんでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぶた



miwapao0409 at 23:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2005年11月29日

12月といえば、クリスマス(o゜▽゜)o

コンバンワみわつんです

昨日、「もう12月だよ〜。師走だねぇ〜」って、みんなにいったら、

「12月って言ったら、クリスマスだよ・・・・。みわつん・・おじさん」(←おばさんじゃなくって、おじさん・・って)言われました・・・。

ちょっとショックです・・。

そんな感じで、クリスマスといえば、彼氏彼女でなんかするの?(ってこれも古い気がするけど。)ってやっぱりありませんか?心のどこかで。

彼氏彼女関係って衰退しているけど、「男女のこと」ってやっぱり女にとっては最重要の関心事(課題)だし、やっぱり捨象はできない!っておもうんです。ちょっとヒアリングしてみました。

「彼氏(彼女)とクリスマスってどうよ?!」

廻りに聞くと、

「なんかしたほうがいいのかなぁ・・・。」「みんなはどうしてるのかなぁ・・・」

こんなことは頭をよぎってるみたいです。

さっき、後輩の男の子2人に聞いてみたんですけど、学生の頃は暇なこともあいまって、結構色々やってたらしい・・。(夜景見に行ったり、ムーディーな食事したり・・・)

「今となっては考えられませんよ〜。イベント。廻りに乗っかってやってましたね・・・」

って言ってました。確かに、町はイルミネーションデパートにならぶプレゼント・・・完全に踊らされてます。でも、

「自分の中では『踊らされてんな・・・』って思いはあるんですけど、一方で相手が喜ぶ顔は嬉しかったゆうのはありましたね」

と彼らも言っていました。ちょっと嬉しい言葉です。

「周りが嬉しい時、自分も嬉しい。当たり前だけど、大切なこと」

そして

「男女は充たしあうためにある」

なんで屋さんの言葉です。大切なのは、「相手」がいるってこと。独りよがりの気持ちでは相手に響きません。

男女関係。どうしていいかわからない。でもそこで止まらないで、新しい男女関係を作っていくことが大切。みんなで一緒に考えよ!!

るいねっとには真剣に考えている人いっぱいいますみんなも参加してみて!

 

みわつん

 

ぶた

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

miwapao0409 at 22:26|PermalinkComments(3)TrackBack(2)clip!

2005年11月22日

いってきました!立命館大学祭★

コンバンワみわつんです

長い間、ブログ更新かおりんに頼ってました〜ごめんなさい。

かおりん、ありがとう

この前、立命館大学の大学祭に行ってきました

なんで屋さんの大学祭シリーズ後半戦で一番もりあがたのでは

前半に開催したくぼあき露店の成功を元に、あさだっち露店中心の出店

路上では、やっぱりあんまりでにくいお題ですが今回は18題もでて、店主たちは殆ど答えっぱなしでしたその中でも、19歳の最年少露店主 西村くんの生き生きした、ゴマカシのない、こたえっぷりに感動すら覚えました

そして、答えを聞き入る人達。

最初は笑ったり、ちょっと半信半疑だけど、どんどん真剣な顔つきになって、最後は、「ありがとう!気付きでした」って言ってもらえました。

いっぱい、迷って、「いい女ってなに?」を聞いてくれた、みはるちゃんとあきえちゃん。(ブログ見てくれたかなぁ〜もし、見てたらコメントくれたら嬉しいです)2人ともお題を聞きながらどんどん質問してくれて、最後の感想には「いい女は、外見とかじゃなくって、笑顔なんだー!!」って書いてくれました。ほんと、嬉しかった〜

ここまで言ってくれたのに、

「一緒に露店ひろめてこ!!」

って言えなかった・・・もう一歩ですね・・・

でも、この露店で一番気付いたのは、

「みんな、答えを欲している!」ってこと。

こちらが、お題を進めると、驚くほど

「おもしろそう!聞いてみたい!」

って言ってくれました。もっともっと、お勧めしていこうと思います

そして、「一緒にやろっ!」

って言って見ます

みわつん

ぶた



miwapao0409 at 21:50|PermalinkComments(1)TrackBack(3)clip!

2005年11月21日

なんで屋あれこれが熱い☆

お馴染みるいネットの投稿の中で、最近『なんで屋あれこれ』のカテゴリーに関する投稿が活発に動いている様に感じますまた、投稿者の方は、各露店に来ている弟子やお手伝いさんなどが多いような・・・読んでみると、日々の露店の気付きや提案など、実際露店で起こっている問題が現在進行形で伝わってきます

以前は、それぞれの露店内、もしくは、露店会議等の場で発信してきたのではないかと思われますが、ネットの様に誰もが見る事の出来る媒体に投稿して貰うと、そこに参加しなくとも、露店に携わる同じ立場として多くの意見に接する事が出来ますどこにいても、現在の露店の流れなどを掴める事は、次回の参考にもなるし、みんながんばってるな〜っていうのがバシバシ伝わり、何よりの圧力になります私もがんばろぉ〜!!って思います露店で感じる気付きや問題などは、現在の社会全体にも起こっている事と重なっていると思います露店の流れを掴む事は、社会の流れを掴む事それは、日常の仕事や生活の場面に置き換える事も出来ます

『なんで屋あれこれ』の投稿を読む事が楽しみです。とっても参考になる意見が沢山ありますよ

と、いう事で、お薦め投稿リンクします

ぜひ読んでね

いつもするどい意見を的確にまとめて発信してくれる東京娘露店の宮島さんの投稿。とっても共感しました

RE:『現業に立ち向かうとはどういうことか?」

同じく東京娘露店、充足系石井ちゃんの投稿

「男性露店主と女露店主で一緒にやりたい」

いつも笑顔を絶やさず、とってもしたしみやすいオジサマ、大阪露店主の橋口さんの投稿。

「なんで屋カードの使用例」

大阪のお手伝いさん古座さんの投稿

「指揮を執るのはみんな」

 

ぶたランキング押してちょかおりんでした

 



miwapao0409 at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2005年11月13日

役割充足☆

こんにちはかおりんです。

先日参加した学祭でのなんで屋。そこに携わったみんな、とっても良い顔していましたブースのすぐそばで、バンドがものすごい音で演奏していたので、声を張り上げないと聞こえない悪条件を吹き飛ばすかの様に、店主さんは次から次へ来るお客さんに対し、バシバシと答えを提示していましたみんな真剣にお客さんに向き合い、何を求めているのか?を探るべく、じっと目を見つめながら話を聞き、問いかけ、そのやり取りの中で、『答え』に向かって、導いていました

今回の学祭にて、強く感じた事。

『役割充足』

>役割充足というのも、必ずしも自分の役割をまっとうしさえすれば充足が得られる、というものでもありません。だって全体がコケたら、たとえ自分が部分的に評価されたとしても嬉しくないものです。というか意味がないと感じることのほうが多いでしょう。つまり、それぞれの役割をまっとうして、それことが"全体(みんな)の成功”に繋がってこそ、"全体が上手くいってこそ”=外圧に適応できてこそ、充足がある。それなしの充足は不十分だし、自己満足の可能性だって高い。(るいネットより)

この『役割充足』が、活力源になっているという事近年、若者は、福祉、介護の仕事に就きたい人が増え、おじさんの定年後のやりたい事にはボランティア、NPOなど・・・(一方、役に立つには介護やボランティアなど、目先(表面)だけを追い、なんとなく良い物として認識し、現実の問題に直面した時、「こんなはずじゃなかった・・・」と自分の思い描いていた幻想とのギャップに悩む人も多いようです。)本当に『役に立つ』ってどういう事なのか?本当に『社会が求めている事って何?』って事をもっともっと、考える必要があると思いますが、若者〜年寄りまで、『役割』を求めている流れは、顕在化しだしていると思います。

役割をまっとうし、その役割に評価があり、その結果が『みんなの成功』に繋がる

この学祭の時の、充足感ってなんだろう?って考えたら、この3つがばっちり重なっていた事に気付きました。「お手伝い」という役割があり、「来てくれて助かった〜」ってみんなに言って貰えて。。。それにみんなで、同じ課題に向かい、みんなの充足する顔が見れた事みんなの充足が自分の充足に繋がっている。これ無しでは、本当に満足できる充足を感じる事は出来なかったのかもしれません。『誰かの役に立ちたい』その対象は、特定の人(もちろん自分でなく)だけでなく、社会全体に向けられている方がその充足度は高いと感じます。なんで屋の空間は社会へ向けて発信しています

『本当に役に立つ仕事』→みんなの充足+自分の充足を感じる事の出来る場=なんで屋

密室化した家庭、学校、職場。。。それだけでは、???なんとなく物足りない。。って感じている人多いと思います。狭い空間の中のしがらみ、問題のごまかし、劣化、など。。???の部分はそんな違和感ではないでしょうか?人は共認動物(共に認め合う事の出来る存在)多くの人と関わる事で、その共認力も高まる

もっともっと『みんなで充たしあう関係』作って行きたいと思いました

今回も関連するお薦め投稿(るいネットより)をリンクしますぜひ読んでね

上記引用の投稿「男と女は充たしあうためにある」

高齢者の役割「じじ様の信念」

なんで屋さんのお手伝いの役割「露店の手伝いは重要な共認圧力源」

 

ぶた←押してちょ



miwapao0409 at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(5)clip!

2005年11月08日

学園祭♪inなんで屋

こんにちはかおりんです。秋も深まってキマシタもう11月ですね。紅葉もそろそろかな〜・・・

さて、先日学祭で行われた『なんで屋』へお手伝いに行って来ました

事前の、打ち合わせ会議から参加させて貰ったので、課題共認ばっちり!次代の弟子、お手伝いさんを獲得すべく、私たちも一致団結し、次々とお客さんに話し掛けましたお題は、まず4つのメインテーマに絞り、デモという形で展開しました。(「国の借金800兆に増えたのなんで?」「いい女いい男って?」「次代の活力源は?」「マスコミ情報ってビミョ−」)また、3つのブースに店主さんが座り、その他のお題に個々に対応しました学祭という雰囲気もあり、「なにか面白いものないかな〜・・・」っていうお客さんの探索反応がひしひしと感じられました。

充足系かわいい笑顔の女子高校生3人組みは、「いい女いい男って?」のメインお題を真剣に聞いてくれました。「やさしい男ってどうなの?」って疑問が出たり、最後は、女の「充足する」「安心する」って存在になりたい!と言ってくれました

また、学校見学に来たという男子高校生2人組みは、「やりたいことが無いのはなんで?」を聞いてくれました。大学の学部までは決まっているけど、その先社会に出たときの事を考えるとぼんやり・・・。やりたい事をいくら自分の中に探しても見つからない。では、みんなの中に探してはどうか?これから知り合うたくさんの人に触れ、いろいろな情報を吸収する中にやりたい事が見つかる。路上のなんで屋は、そんないろいろな人と真剣に話を出来る場なんです。と展開しました。2人もとても共感してくれて、さっそく弟子候補!!

この様に、なんで屋さんみたいに、「真剣に話をする場があったんだって」思ってもらえた事がすっごくうれしかったし、なっとくしました、いい女(男)になりたいです!って共感して貰えた事もうれしかった。

お客さんの探索⇔こちらの探索

この引力を強く感じましたもっと沢山の人になんで屋。知ってもらいたいな。。



miwapao0409 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年10月20日

やっぱり女は充足存在☆

こんにちはかおりんです

昨日は、結婚式のブーケの打ち合わせで、渋谷へ行って来ました

花嫁さんになる方は、だいたい迷うもの・・・あれもしたい、、これも。。。等、希望も盛り沢山でも、ほとんどの方は、(自分の結婚式をする事が)初めてなので、なにを基準にしたらいいか(価格、お花の雰囲気含め)分からないのが大抵です。そこでこちらは、出来るだけ相手の希望を聞きだし、実現出来る範囲に近づける様、話をします話をしやすい雰囲気を作る意味でも、相手に合わせて、話し方を変えたりもします。昨日の方は、知り合いのお友達で、若い娘さん(すっごく笑顔のかわいい充足存在)だったので、私も友達に話しかけるように、説明を混ぜつつお話をしました最後は、当日が楽しみですって、笑顔が見られ、励みになりました

女の子は、『そこにいるだけで、笑顔でいるだけでみんなを充たす。充足存在』

先日も、とっても充足した事がありましたある露店仲間が、話をしてくれました。私も、ずーっといろんな話がしたいな〜って思っていたし、まずその機会を作ってくれた事に感謝しました。始めは、彼女自身についての事ではなかったんですが、話をするにつれ、彼女の不全も出てくる形になりました。。それは、

「不全を相手に出す事」について。。

曰く、不全って出してもいいの?って疑問。「周りに不全を出して、周りの活力を下げる位なら、だまっている方がいいんじゃないか?」みんなで、考えました確かに、単なる愚痴、なんにも解決へ向かわない、「もうどうでもいいでしょ、しかたないでしょ」みたいな不全は、周りの活力を下げますでも、「どうにかして!」「答えが欲しい!」っていう、探索型の不全ならば、みんなで向かうべき課題として受け止められるのではないか?現に、この場で出た不全に対し、そこにいたみんなが、真剣に考え、「どうしたらいいか」という応えに向かいました

それにね、周りは、本人がいくらだまっていても、分かってしまう物。実際、「なんか元気ないね?」とか、みんなにばれてた事がよくあったそうな。。。

『女は充足存在』  この基本を忘れちゃいけないこれからは、女もいろいろな課題に対し、正面から向かっていかなくてはいけない一人ではどうにもこうにも出来ない社会問題に対し、女みんなが集まって、解決していく事が、最善だと思う。その為にも、みんながまず充足存在としての役割を真っ当しなければ、集団としても機能を発揮出来なくなるのでは??その充足は確実に、みんなに伝わる。相手が嬉しい時、自分も嬉しい

この話をした後、とっても充足感があったたぶんその場にいたみんなもそう感じたと思う話を聞きながらも、その問題を自分の事のように思えたし、気付きも沢山得た充足感がみんなに伝わった出来事でしたこれからも、この様にみんなで、話、探索する機会を作って行きたいと思った

今日も関連するお薦め投稿ぜひ読んでね

充足を実感・・・「みんなの中にいるからいい女になれる」

充足存在だけではダメ・・・「女も、淘汰されていく時代」

一歩前進、闘う女へ・・・「女には女の闘いがある」ぶた

 

 

 



miwapao0409 at 12:42|PermalinkComments(3)TrackBack(10)clip!

2005年10月15日

供給側へ

こんにちはかおりんです。

今日は、朝、市川まで、踊りの演奏会用のお祝いのお花を配達に行って来ましたお花は作って、配達。そしてお客さんに実際に見て貰ってやっとホッとします。今回は現場が舞台だったので、作って目の前にあった時より、お花が小さく感じられ、舞台栄えさせるにはもっと大きくてもよかったかな。。。と、思いましたこの様に、実際に置いた感じも気になるとこ。。仕入れ〜製作〜お届けまで一人でするのは大変って思うところもあるんですが、直接すべてをチェック出来るので、その辺は利点と思えるところです。

さて、今日は、『供給する』ってお話

『相手に喜んで貰えて、自分も嬉しい気持ちになる』って誰もが経験した事があると思います。この、とっても当たり前のような事。実はこれ、『供給者』としての、りっぱな第一歩

>「誰かの役に立ちたい」
「自分や自分の家族のため」よりも「必要としてくれる誰かのため」役に立ちたい。そんな気持ちが世代を超えて生起しているのだと感じました。「社会統合課題」なんかも期待してみたら、案外多くの人がやりたいと答えてくれるんじゃないかと、そう思えました(るいネット、東さん「役に立てるのならば、時間もお金も惜しくない」より)

供給≒需要

供給するとは、つまり、相手に対して何かをする事。(相手発)

需要するとは、つまり、消費のみの行動。。(自分発)

消費のみって、限界があると思う。何か問題に対しても、消費するばかり(自分発の、どうにかして。。。や何とかして等)は、結局、、もういいか等の諦めへ。。もしくは、相手がこうしてくれないといったような他者否定へ・・・

そこで、発想を転換相手に喜んで貰えたら自分も嬉しい⇒『誰かの役に立つ』という、『供給』側へ立つ。。ここで、間違っちゃいけない所は、自分が嬉しい時相手も嬉しいは、必ずしもではない事。これは自分発の思い込み

供給側へ立つ=相手発の発想への転換は、いろんな場面で、活力のきっかけになります。その為には、現実をしっかりと見極める事も必要だし、相手が何を思っているのか。。を注視する事も必要。需要⇒供給へ。日々の生活の中の些細な事でも、供給者となりえる場面っていっぱいあるはず。。肯定視する(受け入れる)って事も、供給へ繋がる一歩だと思うな

お馴染みのるいネットでの、お薦め投稿も読んでみてね

供給者になりたい!って思う人に・・・「答えの供給者になろうと思ったのは?」

需要ばかりでは、活力でない・・・「需要を喚起するのではなくて、供給者を創り出す」

子育の場面も供給者に・・・「みんなで育てる」を供給側からの視点で考える

ぶた



miwapao0409 at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!