miyabitti2002

“Major Style - Indie Spirit”ヤマモブログextra.ver.

プロレス・格闘技、そして人間が好き。業界を縦横無尽に駆けるヤマモがお贈りする、OPENだけどSECRET、そしてVERY SMARTな日々。

15 8月

プラム麻里子選手

プラム麻里子の事故の後も残念ながらリングで起きうる重大事故に関する決定的な対応策は出来上がっていません。
しかしこれはプロレスという分野の特性上仕方の無い事だと自分は思いますし 業界がそれに対して手抜きをしているとはけして思いません。

しかし、最も大事だと思うのはプロレスで人が死んでしまったという現実を完全に受け止めて肝に銘ずる事で
「天国の麻里ちゃんが見てくれている」などというセンチメンタリズムを持ち込むべきではないと思います。

日常から危険防止の意識を持って、それを追悼興行のその日だけでなく一年365日、忘れずに反映する事こそが大事で
怪我を誘発するような不摂生や練習不足などは、プロレスラーとして天につばを吐く行為だと思います。

リングでの事故をゼロにする。
そして、それに向かって努力したその成果をプラムに報告する。それこそが追悼だと思います。

追悼とは、二度とあのような悲しい事故を起こしてはいけないという事を
選手・スタッフ、マスコミを含めた全員が改めて心に刻む作業であると自分は考えます。

AEDが“流行った”時だけ「AEDをみんなで学ぼう」と声高に叫ぶ。
集まる。記念写真。

追悼試合で故人のテーマ曲をかける。故人の技を使う。
集まる。記念写真。

はい、また来年。

定例化すると公言された事故防止セミナーが、あれからもう何年も行われていない。

そのあたりの部分に関しては もっと、もっと みんなシビアに考えて欲しいと思います。
13 7月

無料ダウンロード配信!山本雅俊4作目『JWP誕生とフロント考 リキッドルームから新宿FACEへ』

ヤマモ30周年記念プロジェクト続々公開!!
yamamotoma004-460
山本雅俊の弊社刊4作目が満を持して登場。
電子書籍としての週刊ファイト10周年を記念して、無料ダウンロード配信いたします。
=ファイト!ミルホンネット

『JWP誕生とフロント考 リキッドルームから新宿FACEへ』
http://miruhon.net/item/index.php?main_page=product_info&products_id=882


【一般参加の昼飲み会やります】
ヤマモ・デビュー30周年イベント番外編
『 昼のヤマモ酒 』 開催!
8月6日・土曜日
お昼12時30分~15時30分
中野Hamlets(JR中野駅・南口5分)
参加費1,500円
※ドリンク・フードは各自持ち込み制
http://blog.livedoor.jp/miyabitti2002-yamamosiki/archives/47939520.html
4 7月

ヤマモ・デビュー30周年イベント番外編!!

1436767141519【一般参加の昼飲み会やります】

ヤマモ・デビュー30周年イベント番外編

『 昼のヤマモ酒 』 開催!

8月6日・土曜日
お昼12時30分~15時30分
中野Hamlets(JR中野駅・南口5分)

参加費1,500円
※ドリンク・フードは各自持ち込み制
お好きなお酒やおつまみを、それぞれ好きなだけ持ち込んで下さい。
持ち込み料金はいくら持ち込んでも無料で、参加費以外はお金は必要ありません。

お皿やコップなども持ち込み
缶・食べ残しなどのゴミは各自持ち帰り


予約制です
氏名・人数・携帯番号を書いて以下のメールアドレスまでお申込みを
yamamosiki@outlook.jp

当日参加は500円増しです。


ヤマモがプライベートでゲリラ的に行っている昼飲み会。
今回は一般ファンの皆様と楽しく飲んで盛り上がりたいと思います!

・昼間の酒は意外にキキます!調子にのって飲み過ぎてクダをまいたりしないように。
・プロレス以外の世間話でもOK。
・お互いの好きなプロレスのスタイルが違っても殴りあったりしないように。
・喋らないで、ただ飲んでるだけでもOK。

会場詳細
中野Hamlets(JR中野駅・南口5分)
東京都中野区中野3-33-20 SNクロスビル3F (クリーニングスワローチェーン脇の階段上がる)
【お店への御問い合わせは禁止です。イベントに関する詳細は上記のメールアドレスまで御問い合わせ下さい。】
29 6月

ミルホンネットに絶賛掲載中です。

912129_523948114341939_85858719_nミルホンネットに絶賛掲載中!!自分と大仁田さんとの秘話が掲載された拡大版も是非ご購入下さい。
【『リキッドルームから新宿FACEへ』堺屋太一 吉田豪x尾崎魔弓】written by 山本雅俊


「リキッドルームに電話を入れ、プロレスに使用出来るかどうかのコンタクトから始まって
各種の折衝を行い、観客の安全確認などを経て、ようやくリキッドルームの許可を得る事が出来て大会開催となりました。(中略)
 さて、改めて明言致しますが、新宿FACEの前身のリキッドルームをプロレス及び格闘技の会場として開発したのは自分・山本雅俊であり、借用名義はJWP女子プロレス=JWPプロジェクトです。」・・・
http://miruhon.net/?p=43699

12 6月

いよいよ本日、猪木VSアリ!!

写真は昨年6/19に行われた舟橋さんをゲストにお迎えしてのヤマモ・トークイベント(左は小佐野さん)


■「猪木vsアリ」“世紀の一戦”をノーカット完全放送 =オリコンスタイル


IMG_01026月3日に亡くなった元プロボクサー、世界ヘビー級王者のモハメド・アリさんを追悼する緊急特別番組『蘇る伝説の死闘「猪木vsアリ」』がきょう12日(後8:58~11:10)にテレビ朝日系で放送される。番組内では、1976年6月26日に行われたアントニオ猪木vsモハメド・アリの“世紀の一戦”を15ラウンドすべてノーカットで放送。今回は“音声”に着目し、最新の技術でアリ、猪木両選手のほか、セコンド陣の会話や指示もクリアに再現する。


改めて試合中の音声を聞いてみると、スライディングからの回し蹴りを執拗に繰り返す猪木に対して、アリが「臆病者!東京(猪木)の臆病者!立って戦わない臆病者!」と叫び、激昂していたことがわかる。さらにこの試合展開は、アリにとって大きな誤算だったことも試合中の言葉から伺い知ることができる。


第7ラウンドにはアリのセコンドが猪木に詰め寄る場面もある。猪木のセコンドについていた“プロレスの神様”カール・ゴッチからの指示や、60人と言われるアリ軍団からのひっきりなしの指示などを徹底解析する。


 そのほか、アリのファイトマネー約20億円を工面した新間寿氏、猪木サイドのセコンドについた当時プロレスラーの坂口征二氏、試合に備えて猪木のスパーリングパートナーを務めた藤原喜明氏、そして試合の実況を担当した当時のテレビ朝日アナウンサー、舟橋慶一氏、それぞれが間近で体験した“世紀の一戦”の裏側を語り、衝撃の新事実が次々と明らかになる。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ