miyabitti2002

“Major Style - Indie Spirit”ヤマモブログextra.ver.

プロレス・格闘技、そして人間が好き。業界を縦横無尽に駆けるヤマモがお贈りする、OPENだけどSECRET、そしてVERY SMARTな日々。

20 5月

ヤマモ酒in軽井沢は6月24日に行います。

ヤマモ酒in軽井沢 6月24日

プロレスイベントの可能性を拡げるヤマモ酒。
今年も軽井沢でのワンアンドオンリーなひと時をお届けします。

ゲストのLINDAさんは全日参加されますので皆さんどうぞ宜しくお願い致します。

政府発表を順守しながら行います。
皆様ご協力よろしくお願い致します。
---------------

2020・6・24

ヤマモ酒in軽井沢〓令和編

スペシャルゲスト
LINDA (信州プロレス/信州ガールズプロレスリング)全日出演
長野を元気に!地域密着のタレント活動も行っています!!

2020年6月24日(水曜日)

15時30分JR軽井沢駅周辺に集合
(場所はご参加の方にお伝え致します)

参加費 3,000円

打ち上げ会費は別途ワリカン(観光地値段ではない一般的な料金設定の居酒屋さん

特!前回よりも打ち上げスペースを広くしました


6・24イベント内容

仕事を休んで、あるいは辞めて、あるいは身内をだまして
とにかく軽井沢に集合

ヤマモの愛する旧軽井沢を散策・前回と違うコース
道中、好評のクイズコーナーと有り

マスク着用、お仕置き凶器の鞭を持参のLINDAさんとの写真撮影タイムも決行

夕刻迫る軽井沢の美しい景観を堪能

居酒屋に突入しヤマモ酒in軽井沢

盛り上がる

果てしなく盛り上がる

新幹線での日帰りが各方面に可能な時間帯にお開き

☆居酒屋での飲食代は別途ワリカンです。
観光地値段では無い一般的な料金の居酒屋です。

☆なお、前回よりも打ち上げスペースを広くしました。

【 ご参加要項 】

事前のご予約が必要です。
参加お申込みはFacebookとtwitterの山本雅俊へのメッセージで受け付けます(LINDAさん経由でお申込みの方を除く)。

ご予約の際に

・お名前
・携帯番号

を御明記下さい。

【 必ず、お読み下さい 】

軽井沢の天気は非常に不安定です。
当日がどんなに晴れていても「 折りたたみ傘 」を必ずご持参ください。

6月の軽井沢は、寒暖の差が激しい気候です。概念としては春ではなく「秋」。
夜間は勿論、昼間でも晴れ・雨に関わらず突然寒くなる事があります。着衣のケアをお忘れなく。

楽しい時間になるよう団体行動を御心がけください。
酔ってあちこち歩くのは軽井沢の風紀上、あまり宜しくないので移動中の飲酒は御自重ください。
④体調不良(アルコールの飲み過ぎも含む)や貴重品紛失、その他のトラブルなどには対処出来ませんので 各自ご自覚頂きますようお願い致します。

もし、大荷物なら事前に駅のコインロッカーなどに預けてください。
集合時間を過ぎるとすぐに移動します。

軽井沢は北陸新幹線が停まるので東京、また長野や金沢などから日帰り参加も充分に可能です。

ヤマモ酒を初体感したい方、またLINDAさんのファンの方も
皆様のふるってのご参加をお待ちしています(^_−)−☆

・各自、必ずマスクをご持参下さいませ。

以上、宜しくお願い致します。FB_IMG_1589966849706
4 3月

ファイト・ヤマモ酒復活 ゲストは新井健一郎


【 ヤマモ酒とは何か?】

自分にとってプロレスの良さと言うのは予測出来ないアドリブが飛び交うジャズに感じるものに似ていて
あまりに何から何まで出来上がっている感があり過ぎると、例えばそれがどんなに優れた動きで、名が知れた選手同士の攻防でも実は全然興奮出来ません。

もちろん「ああ凄いな」と思う事はありますが、なんと言うか、それは非常に高度なアクロバットとか京劇とかを観ているような感覚とほぼ同じで、特にそれがプロレスである必要を感じません。

そこでヤマモ酒なのですが

そもそも、ヤマモ酒の原点と言うのは業界仲間との飲み会と言う非常に軽薄なものです。
当然プロレス関係者と飲むと、情報交換や噂話が飛び交います。

ただ当然そこでの話の多くは、一般の皆さんに安易に公開するべきものではありませんし、また それをするのはプロレスの良心に反します。

しかし、今のファンの方々は我々以上に情報通で、スマートな考え方を持つ人が多くて
我々が話せる範囲のことでも、その裏やカラクリを読む作業をして楽しんでくれます。

会場での立ち話などでファンの方の鋭い分析力に触れてハッと思うことは本当に何度もあり
このインタラクティブな世界をなんとかイベント内で再現出来ないかとずっと思っていました。

しかし、既存のトークイベントでは単発の質問コーナーはあれど、やはり出演者からの発信をお客様が受け止める作業に止まっていました。

自分的には、このネット時代にせっかく同じ場所にわざわざ皆が集まるのだから、発信側と受け止め側とで直接刺激し合うのもアリと発想。
これは正にトークのジャムセッション。
しかもお客様参加型。
その日のメンバーやムードで雰囲気が変われば冒頭に述べたように型にはまらず予測出来ない展開が生まれて、同名のシリーズイベントなのに 毎回カラーが違うものが提供できる。

そして、辿りついたのが
演者とお客様の立ち位置をより同じく、また、より近くすることが出来る居酒屋トーク=ヤマモ酒の形です。

ヤマモ酒は自分のこれまでのイベントの中ではヒット作に値します。
しかも「何をやっているかはわからないけど“ヤマモ酒”というワードだけは知っている」という関係者が目に見えて増えているので、自分の思惑はおそらくかなり成功しているようです。

【 そして、3・24ファイトヤマモ酒が復活。ゲストは新井健一郎!!】

さてファイト版のヤマモ酒が復活します!!

浅草橋ラゲージルームカフェの営業終了に伴い、一時休止していましたが池袋に会場を移し来たる3月24日に行われる事になりました。

ゲストはここ数ヶ月のドラゴンゲートの大きな政変により、正に奇跡的にドラゲーのリングに勇躍復帰!
今、人生で何度目かの絶頂期を迎えつつある アラケンこと新井健一郎さんを再度お迎えします。

前回の超濃厚トークの記憶も冷めやらない中で
その立ち位置が劇的に変化したアラケンさんの、このタイミングでのトークは正にプレミア!!

皆さま、これは是非ご期待ください。
また、今回が2020年の都内初のヤマモ酒開催となります。

参加者の皆さんには、週刊ファイト最新号送付などの 付録・特典がいっぱい!!

ヤマモ酒スタイルなのでみんなで飲みながらやります。
お酒、フード持ち込みOK。
恒例の参加者全員による居酒屋TIMEも勿論あり。
※缶やペットボトルなど、ゴミ類は各自お持ち帰りをお願い致します。

参加者の皆さんには、週刊ファイト最新号送付などの 付録・特典がいっぱい!!
3つの事業部門の違いをわかりやすく解説【999円ファイトクラブ】【easypay電子書籍】【MP3/MP4easypay】
※週刊ファイトTシャツ3000円販売 アラケン関連販売あります
※プロレス格闘技の貴重VHS大量にあります。進呈可能ですが事前連絡下さい。
お問い合わせ:fight@miruhon.net
#ファイトカフェトーク

■ イ ベント詳細

ファイトヤマモ酒 in 池袋
出演:新井健一郎 山本ヤマモ雅俊

日時: 2020年3月24日 火曜日 夜 7時〜9時50分終了・撤収
会場:by Anlnnovation =池袋陽光ハイツNO.409号室 池袋駅東口3分
参加費: 3000 円(希望者にはもれなく週刊ファイト最新号送付。SNS や個人ブログでトークライブの様子をアップしてくれた方には次号も計 2 冊プレゼント、参加費にも相当する豪華プレゼント有)

※当日割り増しはありませんが
miyabitti2002@yahoo.co.jp
からヤマモ経由でご予約頂けた方にはお土産があります!
表題に3・24池袋ヤマモ酒とお書きください。

※フリードリンク制 弁当 / スナックやアルコール持参可。
お問い合わせ  fight@miruhon.net 03-5391-6378

会場詳細

東京都豊島区東池袋1丁目36-3池袋陽光ハイツ NO.409号室

詳しいアクセス
JR池袋駅東口、西武鉄道池袋駅より徒歩3分
【会場へお越し頂く方法】
まず池袋駅を東口もしくは西武口から出ます。
左手側にビックカメラがありますのでそちらを目指してください。

そこからヤマダ電機、ツクモ電気、ルノアール、アコム、アイフル等が見える方向
(駅と離れていく方向)へ2分ほど歩きます。

サンマルクカフェを越えた先に「そば地酒」という金看板が見えてきます。
そのそば・うどん屋の入っているビルが当スペースの入居するビルです。

「そば地酒」向かって左手側にビルへの入り口があります。
当スペースはビルの4階ですので入口正面のエレベータで4階にお越しください。
エレベーター降りて左手側手前に位置する「409」になります。

※こちらのビルには貸スペースや会議室が数店舗入っております!
お間違えないようにお気をつけください!

以上

12CE7C2D-502D-4AD9-ADB6-58AE538C0A89
23 1月

3・1 夢のアイドルレスラー『超絶』大戦!工藤めぐみvs府川唯未

主催します。皆様よろしくお願いします


【イベントタイトル】
3・1 夢のアイドルレスラー『超絶』大戦!対抗戦ブーム、もうひとつの「真実」
工藤めぐみvs府川唯未

協力・彩図社 闘道館
主催・山本雅俊


昨年11月に出版され、発売忽ち重版出来となった話題作『憧夢超女大戦 25年目の真実』(彩図社・刊)。その出版を記念して、あの対抗戦ブームの最中でも実現しなかった「夢の顔合わせ」が令和の世にまさかの初遭遇! 平成最強のアイドルレスラー“邪道姫”工藤めぐみと、90年代を席巻した“かわいすぎる女子プロレスラー”府川唯未が「あの時代」をとことん語り尽す至高の2時間。MCは『憧夢超女大戦 25年目の真実』の著者にして、が現在はももいろクローバーZやHKT48などホンモノのアイドルへの密着取材でおなじみの小島和宏。そして、JWPのリングに数多のアイドルレスラーを登場させた仕掛人・山本雅俊。この顔合わせでしか聴くことができない「ここだけの話」が炸裂しまくること必至‼️

【開催要項】
日時 3月1日・日曜日
開場13時40分
開始14時
会場 巣鴨・闘道館

出演 工藤めぐみ 府川唯未
聞き手 小島和宏 山本雅俊

入場料金
前売り5000円
当日5500円

☆参加者全員に小島和宏著
“童夢超女大戦 25年目の真実”を
工藤めぐみ・府川唯未の寄せ書きサイン入りで、もれなく進呈!

☆工藤めぐみ・府川唯未それぞれとの2ショット及び3ショット撮影権も参加料に含まれています!

【参加お申込み方法】
闘道館
TEL 03-5944-5588
或いは info@toudoukan.com

イベント名:3/1 対抗戦ブーム、もうひとつの「真実」
お名前:
お電話番号:
申込人数:
イベントを知った経緯:
をお伝えください。

【注意事項】
※参加費をお支払いいただいた順に整理券をお配りいたします。(店頭にてお支払いください)
※開場時間に整理番号順にて、ご案内させていただきます。

以上67AF8B75-61CE-4112-A6E7-E83F5BB30793
22 11月

【ゲスト“X”来場】12・30 昼のヤマモ酒大忘年会

FullSizeRIMG_0603FullSizeRFullSizeR12・30 昼のヤマモ酒大忘年会

ヤマモ酒発祥の地、中野Hamletsで今年も大大大忘年会であります。

今年はなんと、ヤマモ酒にぴったりのゲスト“X”が来場(当日まで秘密)。

笑いと感動と興味本位。

ただの飲み会なのに信じられないような達成感がある。

みんな幸せそうな顔をしていますがけして酒に薬物を混ぜて飲んだりしてません。

また、壺や水を買わせるような 新興宗教でも無いので皆様どうぞご安心下さい。

と、言うわけで今年の年末もみんなで一緒にプロレス万歳!!

※写真は良く来る方々。


初参加大歓迎。おいでおいで。

プロレス業界関係者の方も、どうぞお気軽に遊びに来て下さい。

ヤマモが手厚くおもてなし致します。

出演 
山本雅俊と、ゲスト“X”、当日飛び入りのプロレス業界関係者の皆様


昼のヤマモ酒・イベント詳細
12月30日・月曜日
14時15分~17時45分
中野Hamlets(JR中野駅・南口5分)

参加費3,000円
予約制ではありませんので、当日お気軽にご来場ください。

★ドリンク・フードは各自持ち込み制★
お好きなお酒やおつまみを、それぞれ好きなだけ持ち込んで下さい。
持ち込み料金はいくら持ち込んでも無料で、参加費以外はお金は必要ありません。

お皿やコップなども持ち込み
缶・食べ残しなどのゴミは各自持ち帰り


・昼間の酒は意外にキキます!調子にのって飲み過ぎてクダをまいたりしないように^_^;
・プロレス以外の世間話でもOK(^_-)-☆
・喋らないで、ただ飲んでるだけでもOK(*^。^*)

会場詳細
中野Hamlets(JR中野駅・南口5分)
東京都中野区中野3-33-20 SNクロスビル3F (クリーニングスワローチェーン脇の階段上がる)
【お店への御問い合わせは禁止です。イベントに関する詳細はmiyabitti2002@yahoo.co.jp
のメールアドレスまで御問い合わせ下さい。】
16 11月

【情報解禁】憧夢超女大戦 25年目の真実【2019-11-27発売】

74883960_2555858471157428_3327636812926550016_nこの本のインタビューで御会いした旧知の小島さんと、版元の彩図社の権田さんは話の「聞き上手」。
当時の生々しい記憶が戻ってくると共に、それに付随した数々のこぼれ話も出てきて
あの暑い夏の一日は、とても貴重で楽しい時間でした。

自分が話した事は、もちろん全て本当にあったことです。
また個人的には女子プロレスの検証本としてFMWの側からの証言を得ているのが非常に興味深く、小島さんならではのアプローチだと強く思いました。

あと、もうひとつですが、団体って潰れることによって明らかに価値が上がりますね。
他のジャンルでもありがちですが、プロレスではそれが特に顕著だと思います。


1994年11月20日、この日、東京ドームで史上初の興行が開催された。全日本女子プロレス主催の女子プロレス興行「憧夢超女大戦(どうむちょうじょたいせん)」である。「憧夢超女大戦」は女子プロレス史のエポックメイキングな出来事として語られる一方、「団体対抗戦ブームを終わらせた失敗興行」と酷評されることもある。はたして本当に失敗だったのか。ブームに終焉をもたらしたA級戦犯だったのか? 当時、『週刊プロレス』の担当記者として女子プロレスを追っていた小島和宏がロッシー小川(元・全日本女子プロレス広報企画部長)、山本雅俊(元・JWP代表)、風間ルミ(元LLPW代表)、工藤めぐみ(元・FMW)、シャーク土屋(元・FMW)ら団体対抗戦のキーマンを直撃。25年の時を経て、真実の憧夢超女大戦の姿が浮かび上がる!


[目次]
【第一章】平成元年5月6日
 ~女子プロレス「暗黒時代」のはじまり
【第二章】平成4年7月15日
 ~禁断すぎる「対抗戦勃発」の舞台裏
【第三章】平成5年4月2日
 ~本当の「ブームのピーク」は初のオールスター戦だった!?
【第四章】平成6年11月20日
 ~誰もが「最初で最後」と思っていた落日の「憧夢超女大戦」
【第五章】平成9年10月21日
 ~対抗戦バブル、崩壊。そして、全女解散


[著者略歴] 小島和宏
1968年10月、茨城県生まれ。1989年、大学在学中に『週刊プロレス』の記者としてデビュー。全日本女子プロレス担当を務めながら、FMW、W☆ING、みちのくプロレスなどインディー全体を追いかけることになる。対抗戦ブーム時には、女子プロレス増刊号のチーフを任されることも多く、ほぼすべてのビッグマッチを取材。特に北斗晶と工藤めぐみに関しては「番記者」的な立ち位置で密着取材を敢行し続けた。現在はフリーライター&エディターとして活動。アイドルの取材、執筆をメインとしており、ももいろクローバーZの「公式記者」として全国を飛び回っている。プロレス関連の主な著作に『ぼくの週プロ青春記』(朝日新聞出版)、『ももクロ×プロレス』『アイドル×プロレス』(ワニブックス)、『ゴールデン☆スター 飯伏幸太~最強編』(小学館集英社プロダクション)、『誰も知らなかった猪木と武藤 闘魂Vスペシャル伝説』(メディアックス)などがある。

プロフィール

山本雅俊

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ