miyabitti2002

“Major Style - Indie Spirit”ヤマモブログextra.ver.

プロレス・格闘技、そして人間が好き。業界を縦横無尽に駆けるヤマモがお贈りする、OPENだけどSECRET、そしてVERY SMARTな日々。

2015年07月

22 7月

「日本プロレス事件史・VOL11」女子プロ“団体対抗戦ブーム”に新興団体JWPが果たした功績と、先兵役・関西&尾崎が残した実績

現在発売中の「日本プロレス事件史・VOL11」の70ページ。
先日自分が取材を受けたJWP対全女の対抗戦開戦秘話が掲載されています。
関西と尾崎、そして第一期のJWPが女子プロレス界に残した功績が非常に読みやすくまとめられています。

こうした“検証系”の出版物では、選手を中心とした表舞台の登場人物達Effectplus_20150722_205031Effectplus_20150722_205130Effectplus_20150721_005811の意見や談話が掲載されるパーセンテージがかなり高く
新日本のようなメジャー団体は別として、インディーや女子プロなどの我々フロント・裏方にまで取材申込みが来る事はなかなかありません。

その為、ひとつの事象に対して 全くその場に居なかった選手や無関係な人の意見・憶測が一人歩きして 
いつの間にかそれがあたかも事実であったかのごとく残っていってしまう歯がゆい思いを、これまで自分は何度も味わってきました。

今回、自分に希少な機会を頂く事が出来て
ベースボールマガジン社発行媒体と言う信頼できる公の場で「史実」を語る発言が出来た事は本当に嬉しいです。
元・週刊プロレス編集長の浜部さんを始め、編集スタッフの皆様本当にありがとうございました。

この「日本プロレス事件史・VOL11」は現在発売中で
本来、このVOL11が最終号であったのが、読者・購買層から大好評を得た為にシリーズ続刊が決まっている必読のヒット本です。皆様是非ご購入、ご一読下さい。

山本雅俊PRESENTS

「原点・新日本プロレス」
2015・9・16 18:45

初代ワールドプロレスリング実況・舟橋慶一氏
スペシャルアーカイブトークイベント
http://blog.livedoor.jp/miyabitti2002-yamamosiki/archives/44474975.html

15 7月

東京03の豊本さんのコラムがまだ続いていたとしたら、豊本さんは佐野君の両国の事をおそらく書いてくれていただろうなと・・・

インディーという言葉を使うと論点が若干ずれてしまうので、別の言葉を使いたいのですが
やはり佐野直選手を語る時にはインディーのレスラーとして表現するのが最も伝わりやすいと思います。

皆様既に御存知のように、今回彼が何と両国国技館大会を主催するのですが 彼にとってこの大会は業界の意表を突いたゲリラ行為だと自分は考えています。

ただ、佐野君のこのゲリラ行為はけして突発的なものではなくて彼がここまで歩んできた純・インディーの選手としての道のりを考えれば 会場のキャパが大きいだけで、自分にはとても整合性が取れた物語のひとつの転換期、或いは長い続き物語の途中にある第一章のクライマックスだと思っています。

佐野君はプロレスラーとして、またプロデューサーとして少しでも高い評価を得ようとこれまで活動し続けて来ました(プロレスラーとしてこれは当然の努力。むしろこれを忘れてただ漫然としか試合をしていない選手のなんと多い事か!)。

佐野君は場所を選ばず、可能な限りありとあらゆるインディー団体(メジャー系にも)に出場。
そして後楽園ホールでも単独で主催興行を行い、新木場クラスの会場ではほぼ日常的に興行を打っています。

ですが、マスコミの後ろ盾と言うか煽り記事などが彼の場合は何時の時でも、何故か殆どと言っていいほど得られていません。
いわゆる「どインディー」と言われるシーンからデビューし、今もその範疇の選手であるとマスコミが佐野君をカテゴライズしているのでしょうし 実際彼のフットワークから「どインディー」を外す事は出来ないのは事実です。

しかしながら彼のレスリングのスキルと身体のコンディションを維持する能力が、既にどインディーのレヴェルでない事はここ数年に渡る彼の試合を見れば一目瞭然です。

では彼が不当な評価を強いられているのかと言うと、これは業界から距離を置いて実感するのですが
各誌(紙)媒体にはそれぞれの編集方針があり、それは彼ら記事を書く側が自身の生活を賭した行為ですので
それに対して、自分は偏見であるとか不公平であるとは全く思いません。

例えばメジャーと言われる団体の報道に関しても自分は「もっとこの選手の事を書いて欲しい」とか「あの試合はとても良かったのに、この扱いではちょっと・・・」と感じる事は日常茶飯事です。 

自分たったひとりでもそう思うのですから

自分も含めて、関係者やプロレスファンの意見・感想を全て媒体に反映させる事などは到底不可能であって
ましてやそれをしてしまったら、それぞれの本の個性が薄れてしまって逆につまらなくなるとも思います。

しかし、それらを何かにつけてつらつらと考えていると

マスコミの決定的な応援が無くとも、自分のレスラーとしての能力を黙々と高める中で 新木場→後楽園そして両国開催を決意し 遂にあと数日というところまで辿り着いた佐野君に 本当に今回の一度だけでもでいいから良い思いをしてもらいたいと強烈に感じる、判官びいきに似た想いが自分の中に大きくあるのが正直なところなのです。

例えば、過日の週刊プロレスのハチミツ二郎さんのコラムで大日本プロレスの両国大会の事が書いてありますが もし東京03の豊本さんのコラムがまだ続いていたとしたら、豊本さんは佐野君の両国の事をおそらく書いてくれていただろうなとか 考えます。

以下にいよいよ迫った「7・17佐野直万博・両国国技館大会」の全カードを掲載します。

メインは両国国技館史上初の電流爆破デスマッチ実現としてここに来て俄かに盛り上がっています。

自分もCPE枠のMCとして「出場」します。

皆さん是非とも、是非とも、観に来て下さい。 何卒宜しく御願い申し上げます。

山本雅俊



2015年7月17日(金)
佐野直万博
at/両国国技館(東京)
16時開場/18時30分(本戦開始)

16:30開始
おっこんプロレス旗揚げ戦
『いきなりメインイベント』60分一本勝負
ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)&コマンド・ボリショイ(JWP) vs “brother”YASSHI(VOODOO-MURDERS)&ライディーン鋼(JWP)

BATTLE AID提供試合
10分一本勝負
戸井克成(BATTLE AID)&雷電(BATTLE AID)&木更津KID(BATTLE AID) vs GANG STAR(フリー)&TA☆KU(EAGLEプロレス)&大野翔士(EAGLEプロレス)


17:00試合開始
▼東海プロレス提供マッチ10分1本勝負
◎脇海道弘一(東海プロレス)vs両国シャドー(フリー)


17:30開始
◎信州プロレス提供試合


18:00開始
◎プロレス系アイドルユニット無敵アイドル・ムテキど~る☆旗揚げ戦
▼第1試合 15分1本勝負
市井舞vs七里芽衣
レフリー斉木すみれ
(七里芽衣デビュー、斉木すみれレフリーデビュー)


▼第2試合 15分1本勝負
市井舞vs椿さくら
(椿さくらデビュー)
新曲発表

【本戦】
◎第1試合 WALLABEE Revolution Aniversario2015ワラビー世界マーシャル・アーツ選手権試合61分1本勝負
▼【王者】矢野啓太(プロレス佐野魂/プロフェッショナル・レスリング・ワラビー)vs.【挑戦者】三州ツバ吉(BUMPMAN)


◎第2試合 奥田朱理復帰戦 ミックスドマッチ30分1本勝負
▼橋本友彦(アパッチプロレス軍)&HASEGAWA(アパッチプロレス軍)&飯田美花(プロレスリングWAVE) vs -奥田朱理(フリー)&Hi69(フリー)&榎本陽介(アパッチプロレス軍)


◎第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
▼スペル・デルフィン(沖縄プロレス)&あいつ(PUNK DRUNKERS)&ZIPANGU(プロレス佐野魂)
vs新井健一郎(DRAGON GATE)&翔太(プロレス佐野魂)&小仲=ペールワン(プロレス佐野魂)


◎第4試合 ピンクタイガー総帥引退記念試合30分1本勝負
▼ピンクタイガー総帥(プロレス佐野魂)&黒田哲広(アパッチプロレス軍) vs 嵐(天龍プロジェクト)&ヒロ斎藤(ドラディション)


◎第5試合 ハンディキャップマッチ30分1本勝負
▼曙(全日本プロレス) vs よしえつねお(フリー)&ガッツ中村(プロレス佐野魂)&園山檸檬(フリー)&タケシマケンヂ(スポルティーバエンターテイメント)&エリザベスフランケン(フリー)


◎第6試合 CPEキャットファイトPresents
どきッ!【一夜限り】女だらけの競泳キャットファイトバトルロイヤル(30分1本勝負)
▼鳳華/平井さん/白玉あも/タイガー愛子/若林美保/羽柴まゆみ/柔道ちぢみ/シバター/ラ・マルクリアーダ with:夢月姫乃&みでぃ&樹本ふわり/範田紗々 with:三代目葵マリー&今西愛&新垣愛菜/さちこYokozuna with:アマヅカゼナ&紫龍みお/ティロ・フィナーレ加川 with:ももえり
【入場曲】小泉千秋&桃杏める
【リングアナ】鈴々舎馬るこ
【リングリポーター】印度の林檎
【実況・解説】山本雅俊&安西伸一&テレンスリー


◎セミファイナル 世界最高峰のハードコアマッチ 時間無制限1本勝負
▼田中将斗(プロレスリングZERO1) vs 金村キンタロー(アパッチプロレス軍)


◎メインイベント“両国国技館史上初!!電流爆破デスマッチ!!”6人タッグマッチ時間無制限1本勝負
▼大仁田厚(フリー)&佐野直(プロレス佐野魂)&千葉智紹(プロレス佐野魂) vs KENSO(全日本プロレス)&バッファロー(先駆舎)&二瓶一将(喧嘩プロレス二瓶組)


以上



山本雅俊PRESENTS

「原点・新日本プロレス」
2015・9・16 18:45

初代ワールドプロレスリング実況・舟橋慶一氏
スペシャルアーカイブトークイベント
http://blog.livedoor.jp/miyabitti2002-yamamosiki/archives/44474975.html

13 7月

“平日昼呑みヤマモ会”

14367671415191436797470892新企画“平日昼呑みヤマモ会”
第一回はこんな感じでした。

山本雅俊PRESENTS

「原点・新日本プロレス」
2015・9・16 18:45

初代ワールドプロレスリング実況・舟橋慶一氏
スペシャルアーカイブトークイベント
http://blog.livedoor.jp/miyabitti2002-yamamosiki/archives/44474975.html

10 7月

face bookの雫有希さんの記事に震える程に感動しました。

face bookの雫有希さんの記事に震える程に感動しました。

雫さんには事後報告で申し訳ないのですが、twitterから自分がシェアした雫さんの該当記事にリンクを貼っていらっしゃる方が既にいて、特に問題がないようなので以下に全文を掲載させて頂きました。

皆さん、是非お読み下さい。
これこそ、プロレスラーとしての社会貢献。
本当に素晴らしいと思います。


これは私が今日体験した話。

たまたま浅草寺を歩いていると、手足を振り回す男性がいた。

まさかと思い覗いてみると、靴が散乱し地面には女性が座り込み「殺される」と叫んでいた。

関係は夫婦。

周りは女性が多く、皆見ているだけ。


なんの疑問もためらいもなく、私はその男の前に立ちはだかった。
「ちょっと、やめませんか?」


私はプロレスラー。

こちらが手を出したら負け。とにかくずぶ濡れになりながら泥まみれになりながら体ひとつで女性の盾になり男に立ちはだかり警察官が来るのを待った。

交番がある場所はわかっていたけど、私が立ち去って交番に向かったらまたこの男は女性を殴る蹴るするだろうから待つだけ。


場所はわかりづらく私以外にも何人も通報者がいたらしい。

女性に私は「もう大丈夫。私はプロレスラーだから。」と言ったら笑みを浮かべた。


そしてさらに言った。
「こういうDVから逃げる方法はいくらでもお巡りさんが知っている。助けを求めたら今助かるから、もう自分を傷つける場所にいるのはやめよう。頑張ろう。」て。

でも、彼女は私の言葉に答えてくれなかった。

気持ちが伝わらなかったのと、今までの怖さで涙が出た。

どんなことがあってもいい。
いつまでも立ち直らないのは自分のせい。
人のせいじゃない。全て自分のせい。

しかし、他の通報者も警察官のもとに駆けつけた際私にいった。

「あなた、すごいですね。」


笑顔で答えてあげた。
「私、プロレスラーですから!」って。


プロレスラーは強い。
そうでないと!


しかし最後に警察官さんに「助かりました、ありがとうございました。」と言われ、名前、住所、職業を言った。

「僧侶とプロレスラーです。」って。

警察官さんにも笑みが戻った。

しかし、人が殴られていても止めにかいかない集団の心理、恐ろしくも悲しくなった。




山本雅俊PRESENTS

「原点・新日本プロレス」
2015・9・16 18:45

初代ワールドプロレスリング実況・舟橋慶一氏
スペシャルアーカイブトークイベント
http://blog.livedoor.jp/miyabitti2002-yamamosiki/archives/44474975.html

6 7月

【御報告】ヤマモ・華名・佐野直・立川志ら乃and more【導火線シモノpresents - punk it out】

シモノさん主催の2015.07.04 - 導火線presents - punk it out パンクはクズであれ!

イベント内で企画された華名さんとのトークコーナー。皆様のおかげで盛り上がりました!

全ての内容は万難を排して会場まで来て下さったファンの皆さんへのプレミアとしてひかえますが、自分的な疑問のひとつだった華名さんが何故落語に心酔したのかが“当事者”の立川志ら乃師匠のお話しでかなり理解出来ました。

それにしても志ら乃師匠はさすがに話術のプロ。
短い時間でしたが このトークは、師匠の飛び入り参加(と言ってもこちらから御願いしたのですが)でワンアンドオンリーな素晴らしいものになったと思います。

爆笑だったのは志ら乃師匠の「で、華名さん 今度は書道って言うのはどういうあんばいで?」のツッコミ。
これには華名さんも会場もどっと湧きました。
当然、自分的には何事にも本気で、異分野に果敢に挑戦してゆく華名さんをこれからも熱烈に支持させて頂きます。

そして自分は佐野直君ともトーク。こちらは何故か新幹線で起きた焼身自殺の謎から話が始まり、いよいよ17日に迫った佐野魂両国に向けて最後の追い込み態勢に入る 佐野君の現在進行の苦労話などで、やはり中味はかなり濃かった。

シモノさんの企画通り、ミュージッシャンの皆さんの熱いLIVEとプロレスがとても良い形でコラボした、かなり良質なイベントになったと思います。
11138686_857629787659097_6750596366979184313_n1907498_872154899526181_5203772629589778640_n11698618_872154809526190_7075828984371281265_nsafe_imageKIMG0650皆様御来場ありがとうございました!!









山本雅俊PRESENTS

「原点・新日本プロレス」
2015・9・16 18:45

初代ワールドプロレスリング実況・舟橋慶一氏
スペシャルアーカイブトークイベントhttp://blog.livedoor.jp/miyabitti2002-yamamosiki/archives/44474975.html

プロフィール

山本雅俊

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ