miyabitti2002

“Major Style - Indie Spirit”ヤマモブログextra.ver.

プロレス・格闘技、そして人間が好き。業界を縦横無尽に駆けるヤマモがお贈りする、OPENだけどSECRET、そしてVERY SMARTな日々。

2018年01月

10 1月

【DSW 2018/02/20 新木場1stRING・リングアナウンス】

24176661_1516972101712742_7170506692267945156_n自分の事は知らないと言う方がわりと多いので
今年も引き続き、改めて自己紹介がてら自分史&ブログをしたためて行きます。

初めましてヤマモです・第三回 【活動報告・DSW 2018/02/20 新木場1stRING・リングアナウンス】


これまでにDSWを観たという(自分はまだ予定が合わず観れていない)関係者やファンの方に
「どうでしたか?」とDSWの感想を聞くと 全員が「面白かった」とすぐに言います。

本当に、すぐにそう言います。

しかし
では、どこがどう面白かったのかと聞くと
これもほぼ全員が「それは、一言では言えません」と口を揃えます。

自分はみんながあまりにも同じ反応をするので、驚くと同時に
おそらくと言うか、これは確実に
興行を実際に現場で見た者しかわからない世界であって

現在ある団体やプロモーションがやっているのと
かなり異なる事をジミーさんが日本のファンに提示して来たのだと理解しています。

また、DSWを観たというファンの方々はいずれも相当なプロレス通の方ばかりで
その彼等でさえ、ワードを慎重に選ぶのですから
これは、もう 否が応にも自分の想像力は膨らむばかりで
もうすぐに訪れる2月20日には、一体どんな世界が眼前に現れるのか
今から楽しみで仕方がありません。
ワクワクしています。
しかし
勿論、これは仕事ですから
進行はキッチリとやらせて頂きます。

ただ、今のファンの方には
キッチリしてない進行。いわゆるズンドコな展開さえも、楽しんで消化してしまい
それをも団体の個性として重要視する人がいます。

前回のDSWでも進行上でハプニングがいくつか起きたと聴きますし
実際、それも含めて「行って良かった」という人が居ます。

でも よくよく考えてみれば、プロレスの興行って本来そういうものじゃないかとも思います。
「こうして、こうして、はい、次。はい、OK。はい、終わり。」
では無い世界が確かに前にはあった。

こうなると、次回DSWは
自分が持っているリングアナウンス進行の全てのマニュアルが
ジミーさんが選りすぐったレスラー達が繰り広げる 先が読めない世界に通用するかの、自分にとってはかなりシビアな現場となりそうな気がして来ました。少し怖い。

でも頑張ります。

人生を賭けて興行を打ち続ける、ジミーさんのイメージを最大限に汲み取り
皆さんに過去大会と同じくDSWで無ければ得られないカタルシスを味わって頂けるように ヤマモ、全力を尽くします。みんな、観に来てネ。

と、いうわけで次回も来るぞスリリング。

10 1月

全日本プロレス新春興行

26168964_1548679405208678_1151358778610317371_n新春2日に続き、3日と全日本後楽園を連続観戦。
3日はここしばらくプロレスを見ていなくて 後楽園に来る自体、10数年ぶりだという友人を誘いました。

なので、友人は今の全日本がどうなっているのか サッパリ分からない。
秋山さんは知ってる。

大森さん知ってる。
ゼウス、ボディガー知らない。
宮原知らない。
TAJIRIさん知ってる。

何処から何処までが所属で、何処からがそうじゃないか わからない。
最後に後楽園に来たのは、冬木さんがいた時のFMW。

その状態の友人が第一試合から
「これは面白い!凄い!」
メインの世界タッグになると、もう、あまりのスペクタクルに唖然。

振り返れば、メイン終了後の新チャンピオン組と宮原、ヨシ・タツの挑戦表明のやりとりを除けば そこまでマイクは一切無し。

レスリングだけで後楽園は終始熱狂。
今の全日本は確かに、確かに、本物です。

本当に来て良かったと友人。
そして、未来のプロレスシーンを支える子供達も、全日本の魅力に今からもう気がついている。
 

1 1月

謹賀新年・2018

真の美しさは真の強さに宿る。
本年もプロレス・格闘技をどうぞ熱く応援願います。
そして何よりも皆様の変わらぬ御健康と、よりいっそうの御多幸を心より御祈り致します。

山本雅俊
IMG_1190

プロフィール

山本雅俊

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ