BMXのあるライフ

「BMXが欲しい」と思ったときから始まる毎日の記録。

【初心者向けHow to】最初に買う工具

初めてBMXを買った人が最初に揃えておいた方が良いと思う物について書きます。
BMXはある意味、自転車を非常に乱暴に扱うスポーツですので、乗っているうちにあちこちメンテナンスや部品交換が必要になります。
基本的には必要になったときに少しずつ道具を揃えて行けば良いと思います。

ただ乗り始めて早い段階で、そしてその後も恐らく最も多く行う作業がパンク修理じゃないかと思います。
なので、パンク修理に必要な道具は出来れば車体と同時に揃えておくことをおすすめします。
パンクはバニーホップで段差にひっかけてしまった時や、ロールバック等の回転系の技を回りきれなかった時など、初心者が技術不足ゆえにおこしてしまうことが多いトラブルです。
そして、修理しなければ絶対に乗れない状態になるトラブルです。
BMXを買った嬉しさもあって毎日のように練習している状態で、乗れなくなると言うのは非常にモチベーションに影響します。
あまり放置期間が長くなると情熱も冷めてしまうでしょう。

パンク修理に必要な、タイヤを外すレバー、紙ヤスリ、穴をふさぐパッチ、パッチを貼るゴムのり、これら一式がパッケージされたパンク修理キットがホームセンター等で売っています。
image

image

ちょっと値段は忘れましたが、千円位だったと思います。

あとタイヤやチューブ交換などでホイールを外す場合にレンチが必要になります。
ナットのサイズに合っていれば大丈夫なんですが、後々ペグを付けたりもするので、ソケットレンチ等のように奥まった場所のナットを締められるレンチを最初に買っておいた方がいいです。
僕は下の写真のような物を使っています。
ホームセンターで2~3千円だったと思います。
image


あと空気入れが必要です。
BMXは普通のママチャリ等とバルブの形状が違います。
米式のバルブで自動車と同じタイプになります。
ホームセンターで空気入れを買うときは米式バルブに対応している表記のあるものを選びましょう。
空気圧計が付いているものが便利です。
これも2~3千円からあると思います。

最後にもうひとつ。
予備のチューブです。
これは車体を買うときに一緒にショップで買ってしまうのがいいと思います。
僕はいつも修理ずみのチューブを二本用意してあって、パンクしたときはすぐにチューブ交換して乗れるようにしています。
で、パンクしたチューブは後日時間のあるときに修理しておくわけです。
チューブが車体に使ってる一本だけだと、パンクしたら修理する時間が乗るまでに必要になります。
練習を中断させられる時間は短い方がいいです。
イライラしないですみますし(笑)。
すぐに対応できる準備があることで、パンクに対して日常的なこととしてスムーズに対応できるようになります。
なので、予備のチューブは最初から持っていた方がいいと思いますよ。

上記一式でパンクに対する準備は十分だと思います。
その後も各部の調整やメンテナンスで工具などが必要になりますが、最初に書いたようにパンク修理に必要なもの以外は必要になったら買うってスタンスでいいと思います。

肉体改造計画

僕は学生時代から特にのめり込んだスポーツがなくて、絵を描いたりコンピュータを弄ったりするのが好きな、どっちかって言うと室内派でした。
普通の生活をしていて『体力がないな~』と感じるほど軟弱ではないんですが、それでも胸を張って体力自慢なんてとてもできないわけです。
そんな僕がBMXに乗り始めて2年ちょっと。
徐々にですが、そもそもの自分の基礎体力に問題を感じ始めました。
BMXは汗だくになり、体のあちこちを痛めるハードなスポーツです。
うまい人を見るほど、そのテクニックやバランス感覚に憧れますが、それらと同じくらい基礎体力も大切なんじゃないでしょうか。

例えばバニーホップで高さが伸びなくなったとき。
考えられる原因として、刺しなんかの技術的な問題の他に、基礎体力の問題があるだろうと思うわけです。
当たり前ですよね。

『そもそも俺は垂直跳びでどれくらい跳べるのか?』

そんな疑問が僕の頭をよぎりました。
垂直跳びなんて中学か高校以来計測していません。
その疑問の答えが僕に衝撃をあたえ、そして、肉体改造計画へと向かわせたわけです。
何度も跳び方を変えてみたりしましたが、どんなに頑張っても僕の垂直跳びは50cmをこえることはありませんでした。
普段バニーホップで70cm前後跳べているので、なんとなく漠然と60cmくらいかなあって思ってました。
39歳男性の平均がどれくらいか見当もつかないので、はたして僕がホントにそこまで低いのかわかりません。
そもそもこの年齢で垂直跳びを測ることは普通はないでしょう。
測った人は何らかのスポーツをやっている可能性がかなり高いので、平均値のデータがあったとしても現実より高くなりそうです。
それでも50cmに届かない自分にショックを受けました。

『こりゃ自分が思っている以上に俺の体はスポーツをやる前提条件をクリア出来てないんじゃないか?』

まあ、BMXで使う筋肉はBMXに乗れば当然鍛えられるわけで、僕もこの2年でけっこう体つきが変わったと思います。
でももっと基本的な運動能力を高めることができたら、もっと進歩も早くなりそうですよね。
それが39歳からでも可能なら、もう少し上のレベルの自分が見てみたいなあと思ったわけです。

そこで、肉体改造計画(笑)を開始します。
半年後、一年後といった長いスパンで成果を出すことを目標に、少しずつ体を慣らしながら鍛えて行きます。
僕の予想ではポゴやバニーホップの高さにはそうとう影響あるんじゃないかと思ってます。

とりあえず、7/1からスクワットと腹筋を毎日やってます。
今夜はジョギングも行きました。
腕立て伏せなど、体の様子を見ながら徐々に増やしていきたいと思います。
いきなりガツンと行ける年齢じゃないし、仕事に支障をきたすわけにもいきませんからね。
まずは継続を第一に。
このブログで経過をときどきレコーディングすることもモチベーションにしたいと思ってます(笑)。

メンテナンスと愛着

image

久々にハブをばらしてメンテ。
2年前に買った僕のwe the people Reason 2011のリアハブはシールドベアリングとルーズボールのミックスハブです。
ちょうど、その頃からエントリーモデルのハブもシールドベアリングになり始めたんですね。
FIT bikeとかはもうシールドだった記憶があります。
wtpも翌年からは全車シールドベアリングだったと思います。
過渡期だった僕のモデルはミックスと言う異端児(笑)。

ルーズボールベアリングはハブの受け皿に直接ボールを並べ(僕のは13個)、玉押しと呼ばれるコーンナットを締めてそのボールをおさえます。
image


あらかじめボールが封入されたリングを差し込む(圧入)するシールドベアリングに比べると、耐久性は低く、気密性が低いため頻繁なメンテナンスが必要という面倒なベアリングです。

でもね、愛着がわくんですよ(笑)。
グリスを塗って、そこに一個ずつボールを列べるわけです。
で、ガタが無く、なおかつスムーズに回転するギリギリのポイントに締め付けを調整するわけですよ。
2年もやってると、我ながら調整も上手くなったもんです。

シールドベアリングは駄目になるまではある程度の回転のスムーズさをメンテナンスフリーで実現します。
回転が悪くなったときはベアリングを交換する時です。
でも、ルーズボールはメンテナンスしてないと徐々に回転が悪くなっていきます。
それゆえに、メンテナンス直後の乗り味の気持ちよさがあるんですよね(笑)。
悪いときもあるからこそ、良いときが引き立つと言う、なんともアナログな感覚がたまらないわけです。
まあ、無駄な良さな気もしますが…(笑)。

締め付け調整が上手くいった直後のマニュアルは最高に気持ち良いです。
ハブの転がりが良いと、マニュアル中の減速感が無くなってホントに気持ちいいんですよ。
これも悪いときを知ればこその感覚です(笑)。

もう2年も乗ってるし、ホントはそろそろ新しいハブでホイール組んでもいいんでしょうけど…。
なんか、愛着があるんですよね。
今回もばらしてみたら、玉押しの先がちょっと割れてかけていたりしたんですけど、なおしてもう少しこのハブで乗りたいなと思いました。
乗ってる人間がこれだけ怪我してるんだから、そりゃ車体だってダメージあるよね。
なんかそう思うと、いつも一緒だったこのBMXのパーツのひとつひとつが可愛くなってくるんです。

毎日練習して上手くなっていくのも、メンテナンスして徐々にバイクに愛着がわいてくるのも、どっちもBMXの魅力だと思います。
シンプルで余計な物が付いていないぶん、素人でも勉強してなんとかいじれますしね。
これからBMXを始める方も、愛車を可愛がってあげてください。

あ!
ただ、車体の傷は気にしたら駄目です(笑)。
あれは勲章ですから。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ