BMXのあるライフ

「BMXが欲しい」と思ったときから始まる毎日の記録。

2012年03月

マニュアルtoホップの難しさ

最近の娘が歩けるようになる過程を見ていて『なるほどなあ』と思ったことがあります。

最初は立っているだけで精一杯。
フラーフラーと揺れてバランスを崩して尻餅をつきます。
それが、一歩一歩歩けるようになっていくわけですが、数メートル歩けるようになってもまだ必死にバランスをとっているのがわかります。
それが数ヵ月たつころには走ったりジャンプしたりも出来るようになるんですよね。
そこまで来る頃には見ていても歩くのにバランスをとってるようには見えません。
僕たちが歩くときにいちいち頭で体の傾きを考えてバランスをとったりしないのと同じです。
もちろんバランスはとってるんですが、それは無意識で、『歩く』という動作のなかにインストールされているんですね。
そこまで出来て初めて自分の好きなタイミングで歩く速度を速めたり、ジャンプしたりといった次の動作を練習する余裕が出てきます。

長々と書きましたが、マニュアルtoホップの難しさはこれだと思うんですよ。
例えば歩道の縁石に向かってマニュアルでススーと近付いて行ってそのままピョンと飛び乗る。
こんな簡単そうなことがすごく難しいわけです。
これは何もない平地で低めのマニュアルtoホップが出来ていたとしても難しいです。
何故かはやってみれば一発でわかりますが、外的な要因にホップを合わせなければならないからです。
マニュアルをバランスさせる動作がある程度無意識で出来ていないと、とてもそんな余裕は無いんですよね。
バランスを崩しかけて立て直してるときに縁石が…みたいなw

まずマニュアルが上手いほど良いと思うのでいっぱい練習が必要です。
理想は僕らが歩いたり走ったり、自転車を普通に乗ったりするときと同じように、バランスをとってるって感覚が無くなるくらい。
まあ、これは長期的に取り組むとして、平行して平地でマニュアルtoホップしてみます。
マニュアルしながら『今なら飛べそう!』ってタイミングで。
ちなみにこの動作もなかなか難しいです。
それが出来るようになったら、外的な要因にタイミングを合わせる練習をします。
駐車場の線なんかに合わせて飛ぶわけですね。
僕は今ここです。
あとはバニーホップの練習といっしょで空き缶でもなんでも対象物を置いて飛び越える練習をします。
そうして自信がついてきたらストリートに出て縁石とか失敗出来ない対象物を相手に格闘したらいいんじゃないかと(笑)。

勇気のある人以外はいきなり縁石とかでトライしない方がいいと思います。
やるなら5cmくらいまでの、失敗してもそのまま登っちゃうような場所がいいです。

僕、そうとう転びました。
運が悪いとパンクする可能性もけっこうありますw

この平地での練習は、普段の自走でも気軽にできるのがいいですよ。
最近通勤でしか乗る時間が作れてないので、なんとかその限られた時間にも新しいトリックを練習する刺激を!って思ってはじめました。

マニュアルとかバランス系の技はマスターするまでにすごく長期的な継続練習が必要です。
そう言った技は週一回とかの集中練習でやるより、毎日の通勤なんかの自走にインストールしちゃうのがベストだと思います。
一日往復たった30分ですが、ほぼ毎日やることの効果の凄さは半年とかやるとわかります。

人間の感覚って面白いもので、週一回の大切な練習時間にメニューに入れるとつまんない練習になっちゃいますが、それより遥かにつまらない通勤時間に入れるとものすごく楽しい練習になります(笑)。

お久しぶりです

ずいぶん久しぶりの更新ですなw
仕事で会社の成果に直結するポジションを専任することになりまして、そっちにかかりきりになってます。
少なくとも初夏まではこの状態が続きそうですわ。
もともと、色々手を出すと失敗するタイプで、成果を出すためには一点集中が必要なんです。

袖ヶ浦練習会にも今年に入ってから行けず、潤さんにまだ新年の挨拶もしてません…(涙)。
春のGROW JAM出場も微妙な感じです。

じゃあ乗ってないのかというと、毎日乗ってるんです、通勤で!(笑)
なのでマニュアルの距離はかなり伸びてます。
気付いたことも少しあるので、時間のあるときにBMXを始めたばかりの人向けに最初のフロントリフトから丁寧にハウツー記事にまとめられないかな~なんて考えてます。

いい歳して始めた趣味ですから焦っても仕方ないです。
今は去年のガツガツ乗るスタンスから離れて、のんびり付き合うスタンスで良いのだと自分に言い聞かせて仕事に集中しましょうw

暖かい日も増えてきて乗りたい衝動をおさえられなくなったらパークでも行って一気に発散してきます!

そうそう、ソニーのエクスぺリアって携帯電話のCMにフラットですがBMXのライディングシーンが登場しますね。
これがかなりカッコいい映像で必見です。
こう言うスタイリッシュな映像で見るとストリート乗りでも『カッコいい!!』って思いますわ。
こう言うのが広く見られる媒体に出てくると競技人口増えそうで嬉しいですね。
プロフィール

miyabizero

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ