image

久々にハブをばらしてメンテ。
2年前に買った僕のwe the people Reason 2011のリアハブはシールドベアリングとルーズボールのミックスハブです。
ちょうど、その頃からエントリーモデルのハブもシールドベアリングになり始めたんですね。
FIT bikeとかはもうシールドだった記憶があります。
wtpも翌年からは全車シールドベアリングだったと思います。
過渡期だった僕のモデルはミックスと言う異端児(笑)。

ルーズボールベアリングはハブの受け皿に直接ボールを並べ(僕のは13個)、玉押しと呼ばれるコーンナットを締めてそのボールをおさえます。
image


あらかじめボールが封入されたリングを差し込む(圧入)するシールドベアリングに比べると、耐久性は低く、気密性が低いため頻繁なメンテナンスが必要という面倒なベアリングです。

でもね、愛着がわくんですよ(笑)。
グリスを塗って、そこに一個ずつボールを列べるわけです。
で、ガタが無く、なおかつスムーズに回転するギリギリのポイントに締め付けを調整するわけですよ。
2年もやってると、我ながら調整も上手くなったもんです。

シールドベアリングは駄目になるまではある程度の回転のスムーズさをメンテナンスフリーで実現します。
回転が悪くなったときはベアリングを交換する時です。
でも、ルーズボールはメンテナンスしてないと徐々に回転が悪くなっていきます。
それゆえに、メンテナンス直後の乗り味の気持ちよさがあるんですよね(笑)。
悪いときもあるからこそ、良いときが引き立つと言う、なんともアナログな感覚がたまらないわけです。
まあ、無駄な良さな気もしますが…(笑)。

締め付け調整が上手くいった直後のマニュアルは最高に気持ち良いです。
ハブの転がりが良いと、マニュアル中の減速感が無くなってホントに気持ちいいんですよ。
これも悪いときを知ればこその感覚です(笑)。

もう2年も乗ってるし、ホントはそろそろ新しいハブでホイール組んでもいいんでしょうけど…。
なんか、愛着があるんですよね。
今回もばらしてみたら、玉押しの先がちょっと割れてかけていたりしたんですけど、なおしてもう少しこのハブで乗りたいなと思いました。
乗ってる人間がこれだけ怪我してるんだから、そりゃ車体だってダメージあるよね。
なんかそう思うと、いつも一緒だったこのBMXのパーツのひとつひとつが可愛くなってくるんです。

毎日練習して上手くなっていくのも、メンテナンスして徐々にバイクに愛着がわいてくるのも、どっちもBMXの魅力だと思います。
シンプルで余計な物が付いていないぶん、素人でも勉強してなんとかいじれますしね。
これからBMXを始める方も、愛車を可愛がってあげてください。

あ!
ただ、車体の傷は気にしたら駄目です(笑)。
あれは勲章ですから。