昨日はGW 唯一の休日だったので、朝から息子と二人で館山を楽しんで来ました。
午前中は白浜で磯遊び。
そのまま海を見ながら昼食を食べて午後はGROWダートへ。

歴一年にして初のダートライドでした。
感想は『想像以上に難しい&疲れる!』です。
ほとんど漕ぐことなく連続したセクションを越えてゆくのですが、それほど大きくないGROWダートでも三周もしたらヘトヘトになります。
つまりバイクコントロールだけでそれだけの運動量を要するってことです。
これは基本的なバイクコントロールを学ぶのには相当効きそうですよ。
『ダートがうまい人は他もうまい』とよく聞きますが、その意味が少しだけわかった気がします。

結局この日はまともに飛べたセクションはありませんでした(涙)。
唯一、『おお、飛んだ!』と思ったジャンプは前輪着地から顔着をメイク。
この日、3回ほどGROWの水道で傷を洗わせてもらいました(笑)。
こんなに転んだのは久しぶりだったなあ。
今日、出勤してすぐに皆から顔の傷に突っ込みが入ったのは言うまでもありません…。

乗ってる時は考える余裕が無かったんですが、帰ってから色々考えちゃって、早くまた行きたくてしょうがないです。

他のトリックと同じで、しっかりライディングを考えることが大切だなと感じました。
例えば飛ぶと決めたセクションまでいかに失速せずにたどり着くか。
そのためには手前のコブは飛ばずに加速に利用しなきゃいけないな、とか。
そもそも高く飛ぶにはどんな体の使い方をするのか。
さらにバックサイド(着地面)まで飛ぶにはもっと距離も必要だ、とか。
きりがないです。

でも後から一番悔しかったのは、せっかくバニホをある程度理解できてるのに、その動きを応用してみるって現場で思い付かなかったことですね。
次回はその辺をしっかり試してみたいです。

そうしょっちゅうは行けないので、しっかり思考準備を整えて少ない時間を有効に使いたいですね。
年に何回行けるか分かりませんが、『ダート』カテゴリーに分けて進歩を記録できたらと思ってます。


潤くんのブログに子供たちが飛んだ写真があります。
上のもその写真ですが、実際乗ってみてからこの写真を見てビックリしましたよ。
僕よりはるかに上手いです(笑)。
一日やそこらで彼らに追い付くのは無理ですわ。

場所がなかなかなく、難しいとは思いますが、ストリートに乗っている人は是非チャンスがあったらダートも乗ってみることをおすすめします。
少ない時間、機会でも相当に得るものがありますよ!


この日は息子もGROW の16インチでダートデビュー。
最初はまたがるのも怖がってたくせに、最後の方は『もう一回、もう一回』とせがんで大変でした。
ダートライドは疲れますが、シートを支えてのダートランはもっと疲れます(笑)。
腰の弱い人は避けましょう(笑)。

息子もまる一日楽しみきって大満足の館山トリップでした。
お世話になった潤くん、一緒にライドしたライくんありがとね~♪