今日の昼は絶対にここで! 向かったのは高根沢町のそば店〝ひかり〟、初TRY。
 県道10号から県道181号で氏家方面へ。烏山線の踏切を渡って少し走ったところの左カーブでいきなり現れたが、後続車がいて急ブレーキも何なので一旦行き過ぎてから戻っての到着。
20190609 ひかり ①

 (幟が立っているから気付けたが、これは分からないよ^^)
20190609 ひかり ②

 11:00am開店のところでの11:06amは今日の一番客。 1日限定30食も一番客なので問題なし。
20190609 ひかり ③


 
20190609 ひかり ④

20190609 ひかり ⑤

 いざ、入店。
20190609 ひかり ⑥

 メニュー。
20190609 ひかり ⑦

20190609 ひかり ⑧


20190609 ひかり ⑨

 後で大将から説明されたが「まる塩」に入れてある塩はとても高価な塩。
 (岩塩の方は天ぷら用)
20190609 ひかり ⑩




 もりそばを大盛り(¥800+200)で。(〝大盛りは2産地相盛り〟とある。)


 5分で到着。2産地相盛り、左は馬頭産で右が高根沢産との事。
20190609 ひかり ⑪

 先ずは馬頭産を素で。
20190609 ひかり ⑫

 馬頭=八溝そば、栃木のそばは基本的にどこも美味しいのだが八溝のそばはちょっと・・・、と云うのが自分の印象だったのだがこれは今までに食べた八溝とは全然違う。
 宇・ちゃ 「馬頭って八溝そばですよね。香りに香ばしさがあるんですけど。」
    加えて甘みもある。
 大将   「まぁ、馬頭は八溝系だけどこれは違うよ。」
 大将曰く、八溝の殆どは川沿いで作っているがこの粉は馬頭の山の中で生産されていて特約で取り寄せているそうな。昨年の粉は大雨の影響であまり出来が良くなかったそうで当たり年ならもっと香りと甘みが強いそうだ。
 続いて高根沢産。 高根沢は水田ばかりでそば畑を見かけた事など無いのだが・・・
20190609 ひかり ⑬

 結構自分好みではあるが馬頭産のインパクトが有り過ぎ・・・^^

 塩を振って見ろとのお薦め。使っているのは会津の山塩。会津の山塩とは云っても産地がいくつかあるそうだがここのは磐梯熱海温泉産で1Kg¥13,000もするのだそうだ。 

20190609 ひかり ⑭

20190609 ひかり ⑮

 これは旨いっ! 全然塩っぱさが無く甘みがある。これはハマる。

 付けっちょもあるので・・・
20190609 ひかり ⑯

20190609 ひかり ⑰

 付け汁も塩っぱくなくて上品な味だが・・・



 今日の組み合わせであれば馬頭産を山塩、高根沢産を付けっちょで食べるのが自分でのお薦めだがそれは結果論。 山塩にハマってしまって殆どこればかりで食べてしまった。
 ごちそうさまでした。(付けっちょ、大あまり・・・)
20190609 ひかり ⑱



 話し好きな大将と色々と情報を聞き出したい自分、最初から最後まで喋りっぱなし。
 十割そばの打ち方、そばの産地事情・・・いろいろと勉強になりました。
 
栃木県塩谷郡高根沢町大谷98-3
営業時間 11:00~14:00
木・金定休

 今度は家族全員でリピします。