2019年03月27日

27回 工業専門部 生徒活動成果発表会


           平成30年10月27日(土) 大崎生涯学習
センター

 

 

【 ステージ発表の部(6団体) 】

 
 最優秀賞 宮城県古川工業高等学校 化学技術研究部

              「DNAの分析による米の品種判別」

 優秀賞 宮城県登米総合産業高校 機械工作部

                  「ロボットコンテスト ~失敗から学んだこと~」

 

【 展示発表の部(4団体) 】

 最優秀賞 宮城県登米総合産業高校 情報研究部

「地域イベント活動への取り組み」

 優秀賞 宮城県石巻工業高等学校 天文物理部2班

「自作光触媒を利用した環境浄化装置の製作」

工業21工業



2019年01月25日

第27回宮城県高等学校日本音楽定期演奏会

平成30年10月30日(火) 
多賀城市文化センター小ホール 4校4チーム47名参加

県内日本音楽専門部加盟校より4校4チームの参加がありました。各校とも日頃の練習の成果を十分に発揮し,すばらしい演奏を披露しました。課題曲と自由曲の2部門で審査が行われ,今年度は佐沼高等学校が最優秀賞を受賞しました。

また,今年度は演奏に引き続き,洗足学園音楽大学講師 吉原佐知子先生による講演会及び研修会が実施されました。箏の歴史や曲の紹介など,高校生にもわかりやすい言葉で説明してくださり,講演の合間に,「水の変態」「さくら」など,箏曲の演奏も披露してくださいました。


最優秀賞:佐沼高等学校 自由曲「箏二重奏曲 桂(桂離宮)」
     (2019さが総文出場予定)

優秀賞: 白石高等学校 自由曲「新潮」

優良賞: 塩釜高等学校 自由曲「雪の華」

     聖和学園高等学校 自由曲「光る海」

nihonongaku_3nihonongaku_4

nihonongaku_5nihonongaku=6



第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文)参加

 平成30年8月10日(金)~11日(土),長野県塩尻市レザンホールで行われた全国総文祭日本音楽部門に白石高校の生徒10名が出場しました。全員で心を一つにし,ホールに響き渡るすばらしい演奏を披露しました。


nihonongaku_1nihonongaku_2





2019年01月10日

回宮城県高等学校新聞コンクール
 

日  時:平成301013日(土)

会  場:美里町中央コミュニティセンター 

参加校:宮城県石巻高等学校 古川学園高等学校 宮城県工業高等学校 

        宮城県仙台向山高等学校 宮城県工業高等学校 東陵高等学校

        宮城県宮城野高等学校(オープン参加)


主  催:宮城県高等学校文化連盟新聞専門部

 

共  催:宮城県高等学校文化連盟 宮城県教育委員会 美里町教育委員会

 

後  援:河北新報社 大崎タイムス社 石巻日日新聞社 朝日新聞仙台総局

        毎日新聞仙台支局 読売新聞東北総局 産経新聞社東北総局

 

結  果:最優秀賞 宮城県石巻高等学校「鰐陵」

        優秀賞  古川学園高等学校「古川学園新聞」

             宮城県工業高等学校「宮工親文」

   

        奨励賞  宮城県仙台向山高等学校「仙台向山新聞」

             宮城県石巻工業高等学校「石工高新聞」

             東陵高等学校「学舎東陵」

 



2019年01月07日

第5回宮城県高等学校弁論大会
日時   平成30年12月15日  土曜日
場所   聖和学園高等学校   薬師堂キャンパス
          サールナートホール
主催   宮城県高等学校文化連盟弁論専門部
共催   宮城県高等学校文化連盟、宮城県教育委員会
後援   仙台市教育委員会、河北新報社

最優秀賞    演題   伴走者になるために
  築館高等学校     田代  比奈

優秀賞       演題   命をつなぐ業
  加美農業高等学校    鹿野  修

優良賞       演題   私の希望
  東松島高等学校     黒須  鳳仙

上位2名〔田代さん、鹿野さん〕が宮城県代表として、2019年さが総文へ出場します。