宮城妖怪事典(仮)

はじめまして。宮城妖怪事典(仮)の管理人でございます。

本ブログは宮城県に伝わる妖怪のうち、世間一般どころかインターネット検索でもヒットしないような超マイナーな妖怪たちを郷土資料などから発掘して紹介し、その普及を目指す、そんなブログです。


各妖怪の紹介ページは主に以下のような項目で構成しております。(まだしていないページもあります。)

・【名称】
その妖怪、怪異の固有名称。もしくは参考資料の文中にあるその妖怪を表す表現を名称として採用しています。また、そのいずれも参考資料に記載が無かったものに関しては、なるべく管理人のオリジナリティが反映されないような便宜上の名称を付けて、()付きで命名と記します。

・【出没地域】
その妖怪・怪異が出現したとされる地域です。

・【伝承地域】
その妖怪・怪異が登場する民話や伝承が伝わっていた地域です。採話地や話者の出身地などを参考にしています。

・【要約】
参考資料におけるその妖怪・怪異についての記述の要約です。

・【原文】
参考資料からそのまま引用しました。

・【コメント】
追加で調べた情報や、管理人の感想など

・【参考資料】

質問意見等がもしあれば是非コメントお願いします。出来る限りお返事させていただきます。

ブログ運営に関しては完全に素人です。どうか温かい目で見守ってください…

追記
・【原文】の項目を新たに追加、【要約】【コメント】の内容を一部書き換えました。(2020/1/29)



    宮城県の妖怪を出没地域(不明なものは伝承地域)ごとにまとめてみました。
【仙台市】
生首杉
(青葉区)

足長小僧/唸り坂獺の大入道/鳥滝不動の女郎蜘蛛/ふしぎな大名行列
(泉区)
ぬけ首のお化け/ぬす人松/普美子・竹阿
(宮城野区)
おたふくの化け物/旅人の血/宮千代・宮城野の老人
(若林区)
チャッパガニ 
(太白区)
御出山の大男/お茶孕みの子/木伐り坊・山男/ホー鳥/片目の仙人様/竜駒
【塩釜市】
こんにゃくべろ /長頭島
(寒風沢島)
小夜姫の娘たち
(野々島)
木田の大だこ
(朴島)
海坊頭
【多賀城市】
夕顔に似た化け物
【宮城郡】
「七ヶ浜町」

ジンベサマ/代ヶ崎浜の入道坊主/長根のパーヤ/のろ坊主/人取り沼
「松島町」
 ああ、ああ/烏帽子柿の化物/お大師様/蛇が崎の長左衛門キツネ/どこでそろ/夏井沢のお夏
「利府町」
がに
(鳴子町)
赤沼河童/岩倉の鬼夫婦/破軍星
(三本木町)
蚋女房/山猫嫁ご
(田尻町)
さっくべババ/津花谷地のお龍 
【古川市】
あがつあかきつつあか婆/さかさ女
【加美郡】 
「加美町」
(小野田町)
川口勘平/小田刈小太郎
(宮崎町)
狢沢のぎんぎょ
「色麻町」
サガリ
【石巻市】
田道将軍の怨霊/魔鬼女
(河北町)
(桃生町)
十兵衛蘭土/垂この毛とおぢゃん狐/取首坂/山田山の化物
(雄勝町)
石峰の天狗・天神の河童/雪婆
(金華山)

帝鮫/亡霊の水クラゲ
【東松島市】
(矢本町)
黒羽織ムジナ/火の口山のお化け
【牡鹿郡】
柿入道
「女川町」
(江島)
イヌメ/栄存法印 
【遠田郡】
「涌谷町」
願念沢のネンネン狐 

【柴田郡】 
「川崎町」
観音狐/泥牛蒡/薬罐太郎
「蔵王町」
角神/もとぶろの古イタチ
「柴田町」
海老穴の大エビ
「村田町」
奥州の蛇藤
【角田市】
天探女/糸取りグングン/ 明松太郎
【伊具郡】
「丸森町」
「亘理町」
九枚莚/泣息屋敷
「山元町」
沼倉の娘ガエル/モグラ婆さん

【名称】おぶさってえ 
【出没地域】宮城県白石市不澄ケ池 
【伝承地域】同地
【要約】
白石温麺を創始した「大味」こと大畑屋の鈴木味右エ門が若い頃、延命寺の不澄ヶ池のそばの欅の大木の上から「おぶさってえ」と何者かに声を掛けられた。「おぶさってみろ」と答えると、皮袋に入ったずっしりと重いものが肩にドスンと落ちてきたので、朝になって見てみるとそれは大判小判が詰まった袋だった。そこから味右エ門の家運が開き始め、温麺の製造を始めたことで、白石有数の大商人になったという。
【原文】
大味が金持になった話
 短ヶ町に住み、白石温麺を創始した大味こと 鈴木味右エ門(大畑屋味右エ門)が若いころ 延命寺の不澄ヶ池のそばの欅の大木に妙な噂があるのを聞き、よーし、 このおれが 実否を確かめようと張り切っていた。ある日、小下倉での用事の帰りに、わざわざ、夜の更けるのを待って真夜中にこの けやきの大木の下を通った。すると、噂通り木の上から「おぶさってえ」(背負ってほしい)という声がし、つづいて子供の泣き叫ぶ声がした。肝玉の座った 味右エ門でもさすがにどきりとしたが、「そんなにおぶさりてえなら、このおれさおぶってみろ」と大声で叫んだ。そうすると、革袋に入ってたらしいずっすり( ぎっしり)重いものがドスンと味右エ門の肩に落ちてきた。さすがの味右エ門も気味悪がったが、ためらわずに両手を後ろに廻して、それをしっかりつかんで、いちもくさんに家に走って帰った。肝をつぶした味右エ門は、 一休みして夜が明けるのを待ち、その袋をあけてみたら、大判・小判がぎっしり入っていたという。大味はそれから家運が開け始め、うーめん製造を始めた。酒の醸造も始め、一層商売が繁盛して、白石有数の金持になり、ついで苗字帯刀御免の大商人になる。これは今から300年ほど前の話である 。
【コメント】
まさか白石温麺誕生に妖怪が関わっていたとは…!温麺といえば、『日本怪異妖怪事典 東北』にも載せた「温麺ばっぱ」なんてのもいましたね。温麺関連妖怪…意外と多い…。
【参考資料】
『白石市史 3の2』(特別史 下の1)

このページのトップヘ