宮城妖怪事典(仮)

はじめまして。宮城妖怪事典(仮)の管理人でございます。

本ブログは宮城県に伝わる妖怪のうち、世間一般どころかインターネット検索でもヒットしないような超マイナーな妖怪たちを郷土資料などから発掘して紹介し、その普及を目指す、そんなブログです。


各妖怪の紹介ページは主に以下のような項目で構成しております。(まだしていないページもあります。)

・【名称】
その妖怪、怪異の固有名称。もしくは参考資料の文中にあるその妖怪を表す表現を名称として採用しています。また、そのいずれも参考資料に記載が無かったものに関しては、なるべく管理人のオリジナリティが反映されないような便宜上の名称を付けて、()付きで命名と記します。

・【出没地域】
その妖怪・怪異が出現したとされる地域です。

・【伝承地域】
その妖怪・怪異が登場する民話や伝承が伝わっていた地域です。採話地や話者の出身地などを参考にしています。

・【要約】
参考資料におけるその妖怪・怪異についての記述の要約です。

・【原文】
参考資料からそのまま引用しました。

・【コメント】
追加で調べた情報や、管理人の感想など

・【参考資料】

質問意見等がもしあれば是非コメントお願いします。出来る限りお返事させていただきます。

ブログ運営に関しては完全に素人です。どうか温かい目で見守ってください…

追記
・【原文】の項目を新たに追加、【要約】【コメント】の内容を一部書き換えました。(2020/1/29)



    宮城県の妖怪を出没地域(不明なものは伝承地域)ごとにまとめてみました。
【本吉郡】
「気仙沼市」
イズナ様/シャチ/大天姿さま/ヒガタタクリとヘソヌキ
(本吉町)
大蝦蟇/桶貸せ/座敷おぼこ/ミズゴロウ
「南三陸町」
(歌津町)  
池がらす/ナガスナガジラ
(志津川町)
【登米郡】
「登米市」
大手の白けつ/ほし柿の霊
(石越町)
虎王仙 
(東和町)
グヒン/東五郎明神
(米山町)
バッチリ爺
(南方町)
食いしん坊
【玉造郡】
「大崎市」
(岩出山町)

蔵人坂の一把藁/虎吉カッパ/白狼/箕ぐらいの顔の女 
(鳴子町)
赤沼河童/岩倉の鬼夫婦/破軍星
【志田郡】 
「大崎市」 
(三本木町)
蚋女房/山猫嫁ご
(古川市)
あがつあかきつつあか婆/さかさ女
【加美郡】 
「加美町」
(小野田町)
川口勘平/小田刈小太郎
(宮崎町)
狢沢のぎんぎょ
「色麻町」
サガリ
【桃生郡】
「石巻市」
(河北町)
【遠田郡】
「大崎市」
(田尻町)
さっくべババ/津花谷地のお龍 
「涌谷町」
願念沢のネンネン狐
【黒川郡】
「大郷町」
手長の怪物/鰻主
「大和町」
エデッカの森/七ツ森の雪男
(船形山)
荒ラ獅子魔王/天龍魔王/貪多利魔王/烈風魔王「富谷市」
(富谷町)

ぼうふり田
【宮城郡】
「塩釜市」
こんにゃくべろ /長頭島
(寒風沢島)
小夜姫の娘たち
(野々島)
木田の大だこ
(朴島)
海坊頭
【柴田郡】 
「川崎町」
観音狐/泥牛蒡/薬罐太郎
「蔵王町」
角神/もとぶろの古イタチ
「柴田町」
海老穴の大エビ
「村田町」
奥州の蛇藤
【伊具郡】
「角田市」
天探女/糸取りグングン/ 明松太郎
「丸森町」
かぶき蛇/山神
【亘理郡】
「亘理町」
九枚莚/泣息屋敷
「山元町」
沼倉の娘ガエル/モグラ婆さん


【名称】山田山の化
【出没地域】宮城県石巻市桃生町樫崎山田
【伝承地域】同地
【要約】
夜遅くに竿の先に提灯を吊るした化物が現れた。化物は山中を駆け回って消えたかと思うと別の山に現れるということを繰り返し、見物人が殺到した。
しかしその正体は「千人の人を驚かすと何でも思うことが成就する」という迷信と好奇心にかられた、数人の若者による悪戯であった。
【原文】
山田山の化
この話しは明治の末期か大正初期であったと
いう。しかしこの化物はすこぶる奇怪な化け物で民家に別に危害を加えるでもなく、人を驚かすのが目的であったらしい。山田山、入辻山の高台に夜遅く竿の先に提灯をつるしてかけ巡り、消えたかと思うと直ちに次の山にともるというような状態が毎夜の如く行われた。
驚いたのは里人であったという。新川の出る
以前の事であるから、その化物見物に遠く中津山又は豊里方面からも大勢おしかけたという。入辻の某豪族では武芸の達人である村田家の下臣を用人棒として雇い入れたとの話しもあったという。
ところがその化物は人間のいたずらということになり、警察沙汰となって、山狩りとなった。警察が取りおさえたところ、数人の若
者共の面白半分のいたずらであったという。そして警察の取り調べになったところ、その言う事が誠にふるっている。千人の人を驚かすと何でも思う事が成就すると聞いたので迷信と好奇心にかられてやったという。さすが警察も怒るやら苦笑するやらで結局豚箱に二~三日入れられて帰されたとの事である。夜遅く化物見物に出かけた人々も、何たる事をするんだと怒るやら苦笑するやらであったと言う。中には仲々うまい手を考えてでかしたものだと殊勝らしがる者もある。しばらくの間はこの話で持ち切りであったと言うが、当時の青年としては今日のように、うさ晴しの場がなかったからこんな、いたずら半分もあったと推される。今はこんな出来事も忘れられて話す人もないので、面白半分にペンを進めた訳であるが御許容願いたい。【参考文献】
『語り伝えられた 桃生のむかしむかし』

このページのトップヘ