【名称】魔鬼女(まきじょ)
【出没地域】宮城県石巻市湊牧山
【伝承地域】同地
【要約】  
石巻市にある牧山観音は、富山観音(松島町)、箟岳観音(涌谷町)と並んで奥州三観音と呼ばれている。三観音縁起によると、奥州の達谷窟にいた大武丸、高丸、悪路王を坂上田村麻呂が討った時に、大武丸の首、胴体、四肢を三つに分けて埋め、その上にそれぞれ観音堂を建立したのが、この三観音であるという。
また、牧山観音に関しては別の由来も伝わっている。その昔、箟岳山には大嶽丸という鬼がいて、牧山には大嶽丸の妾の魔鬼女(まきじょ)が住んでいた。田村麻呂がこれらを退治して都へ帰る際に、魔鬼女のもとどりを納めた正観音を本像として魔鬼山寺を建立し、魔鬼女の霊を慰めたという。
【参考文献】
『坂上田村麻呂伝説』大塚徳郎
IMG_20201010_173930
妖怪画提供:大蛇堂 様