宮古島のキャバクラで生き返りました

地方のキャバクラでしたがトップになって、

不動産会社の社長から誕生日祝いにワンルームマンションをプレゼントしてもらえるぐらいの生活を夢見てキャバクラで働いてました。

一向に指名が取れずにヘルプ中心だったため、

基本時給の1500円~1800円しかもらえず、実働労働時間は4時間だったため日当で7000円ぐらいで、

そこから衣装代などのレンタル料金を引かれてかなりカツカツの生活を送ってました。

昔一緒に働いていた友人に相談したら、宮古島のリゾートキャバクラで働いてみたらと勧められて、

先の見えない地方のキャバクラを辞めて、宮古島のキャバクラで働き始めました。

店内の雰囲気は新しいお店が多いからか、ゴージャスな雰囲気で個室のVIPルームもあり、

お客様も客層も経済的に余裕があり、優しい人が多く、地方のキャバクラより時給がよかったので手取りは逆に増えました。

接客も優しいお客さんと和やかな雰囲気の職場で、

指名や同伴のノルマがないので、地方のキャバクラで働いていた時のような焦りがなく、楽しく接客ができています。

仕事以外の時間に宮古島のリゾートを楽しめ最高にハッピーに過ごしてます。

宮古島のキャバクラで楽しく働いています

最近は宮古島のリゾートキャバクラで働いています。

リゾート地のキャバクラは趣味と実益を兼ねることができるので楽しいです。

場所から観光客も多く、リゾートキャバクラに来る方々も様々な人がいて面白いです。

幅広い年齢層のお客様と会話ができるので宮古島に来て良かったと感じています。

リゾート地のキャバクラは初めてだったのですが、宮古島で正解でした。

他のキャバクラも候補としてありましたが、海が好きだったので宮古島にしました。

宮古島の海はすごくきれいです。

神奈川県に長く住み、その後、東京都内に住みましたが近くにあった海とは全然違います。

透明な海で泳いでいると、都会での大変だったことが走馬灯のようによみがえります。

東京で働いていた頃は収入は良かったものの疲れていました。

リゾート地に来てからは毎日が休みのような感覚で仕事ができています。

観光地というメリットもあり、楽しみながら働けるので嬉しく感じています。

一石二鳥のリゾートバイト

私は20代の女性です。

短大を卒業してから、特に就職活動をしていませんでしたので、どうしようか悩んでいたところ、友人が旅をしようと言ったので、宮古島に行ってみました。

あまりに素敵な場所で、まさにリゾート地という印象でした。

ここで働いてみたいとも思いました。

それから本気で移住すべく準備をして、宮古島に移住をしました。

まずは職探しをしました。そこでキャバクラの求人があったので早速応募してみました。

面接は緊張しましたが、何とか採用してもらいキャバクラで働くことになりました。

お客様は観光で来ておられる方が多く、お金持ちの方が多いように見受けられました。

実際、給料も都会並に高く、相当稼ぐことが出来ました。

お客様から宮古島に関するお話をお聞きすることが楽しいですし働きながらリゾート地を満喫できるという、一石二鳥の生活を実現させることが出来ました。

この生活に慣れてしまったら、元の生活だと物足りなくなってしまいます。

ギャラリー
  • 宮古島キャバクラ お友達の体験談
  • 宮古ブルー
  • 宮古島キャバ嬢がお勧めする星空スポット「東平安名崎」
  • 宮古島キャバ嬢ブログ-最近、新しいマンションが建っています☆
  • 宮古島キャバ嬢ブログ-7月がそろそろ終わりです☆
  • 宮古島キャバ嬢ブログ-7月いかがお過ごしですか?
  • 宮古島キャバ嬢ブログ-梅雨が明けてもうすぐ7月♪
  • 宮古島キャバ嬢ブログ-ゆるーく楽しんでます♪
  • 宮古島キャバ嬢ブログ-今日から6月です(*´▽`*)♪