verizon米国では、AT&TがiPhoneを販売してきたが、最近、新たにVerizonからも販売された。

キャリアに関する大まかな比較は以下のようになる。

カバー率や通信品質の高さから、これまでiPhoneを使いたいが故にAT&Tを選択してきたユーザーのうち、少なくない一定数がVerizonに移るに違いない。

通信キャリアVerizon WirelessAT&T Mobility
加入者数1位2位
カバー率1位2位
通信方式CDMA2000
 (1x EV-DO)
UMTS(W-CDMA)
HSDPA
音声とパケットの
同時利用
できないできる
同じ通信方式の
日本の事業者
KDDIdocomo,
SoftBank,
EMOBILE

そんなVerizon向けのiPhone販売が始まる日の二日前、AT&Tが現行ユーザーに向けてこんなメールを出したという。

[Subject] Feel free to make a call while reading this email.
                (このメールを読みながら電話をかけてみてください)
[本文]      Bluetoothヘッドセットで電話しながらWebを使う写真と、
                「通話とWEBが同時にできるのはAT&Tだけ」というメッセージ。




Verizonなどの通信方式であるCDMA2000では音声とパケット(データ)の通信を切り替えて使う仕組みのため、それらを同時に利用することが出来ない。だから、電話をしながらWebを見たりメールを送ったりチャットをしたりできないのだ。メールでは、Verizonに移ればそんなデメリットがあることを強調している。

これは同じ通信方式を使う日本のKDDIも同じであり、docomoやSoftBankでは電話中にメールの着信などがあるのに対し、auでは電話を切った後にその間のメールを受信することからも分かる。

大半の人はAT&Tがメールで知らせたようなこと、つまり「Bluetoothヘッドセットで電話しながらWebを使う」などは滅多に行わないと考えるかもしれないが、かわりに「スピーカーーホン(ハンズフリー)を使いながらWebを使う」ということであれば、十分にありうると考えるのではないだろうか。

自分自身、今までにiPhoneでそれをやったことはないけれど、単に思いつかなかっただけのような気がする。今までは、「調べて折り返す」とか、「調べてメールする」ということが多かったけれど、これからはハンズフリーで電話しながら調べるかもしれない。


さて、「電話しながらWebを使う」に類する状況、つまり、音声通話を行いながらパケット通信を行う状況というのは他にもある。それは、パケット通信を行っている最中に電話がかかってくるという状況。

これはよくある状況だと思うし、そういう時はWebなどの作業をやめて電話に出るのが普通で、特に問題がないように思う。しかし、パケット通信の内容がWebではなくSkypeなどのインターネット電話であったらどうだろう。Verizonやauにおいて、Skypeで話している時に通常の電話がかかってくると、いきなりSkypeの通話が切れてしまうはずだ。正確に言えば、auの場合「割込通話サービス」を起動していると(後述のとおり、最近の端末では普通は起動している)、上記の状況でSkypeの通話が切れてしまうことになる。

auの「割込通話サービス」というのは、以下のような特徴のサービス。
  1. NTTのキャッチホンと同等。通話中の電話を保留にして、かかってきた電話に出られる。
  2. パケット通信中に、かかってきた電話に出られる。

「1」はキャッチホン的な機能が必要かどうかで決めればよいだろう。「2」はどういうことかというと、パケット通信中に電話がかかってきた場合、下記のようなメッセージを出してパケット通信を継続するか、パケット通信を終了して電話を着信するかということなのだ(端末がCDMA 1X WINの場合は無料で最初から起動した状態、CDMA 1Xの場合には有料の別オプション)。
  • 「お客様がおかけになった電話は『パケット通信中か』電源が入っていないためおつなぎできません」
しかし実際上、パケット通信中に電話がかかってきたとき、こんなメッセージを聞かせた上に再度かけ直して貰うなどできないだろうから、CDMA 1X WINでデフォルトがそうなっているように、この「割込通話サービス」は起動させておくしかない


また現在では殆ど使っている人はいないと思うが(2012/3/31までサービスは継続中)、docomoでもmova(PDC)の場合には同じような設定がある。通話とパケット通信が同時に行えるため、FOMAの場合にはこのような設定は必要なくなっている

ソフトバンクがかつてどうだったかは不明だが、PDCのサービスが2010/3/31で終了しているため、現在はFOMAと同様にこのような設定は必要ない。

ちなみに、ソフトバンクのiPhoneが音声通話やSkypeの通話中に着信した場合、下記のような結果になった。

状況結果
Skypeで通話中にSkypeから着信・発信側の画面に「着信拒否」と表示される。
着信側は着信があったことは分からないが、
履歴には残る(但し、バッジは付かない)。
音声通話中にSkypeから着信・着信側は着信があったことは分からず、
履歴にも残らない。
発信側は、「○○さんは通話に応答しません
でした。」と表示される。
Skypeで通話中に音声通話から着信・「Skype通話が保留になりました」という
ポップアップが表示され、「OK」をタップすると
電話の「応答」と「拒否」をタップできるようになる。
・「応答」をタップして通話した場合、
通話を終了すると、Skypeの通話に戻る。
・「拒否」をタップした場合、Skypeの通話に戻る。


auが2010年11月にAndroid搭載のIS03を発売した際、Skypeと提携して「Skype au」という独自アプリを用意したが、その際のニュースリリースに「auの携帯電話網を利用するため、携帯電話の安定した通話品質」という記述がある。これはつまり、パケット通信ではなく音声通話用の回線を使用して通話を行うということであるが、通話品質を求めて音声通話用の回線を使用したのではなく、上記の理由でSkypeをパケット通信で使用すると都合が悪いから致し方なくそのようにしたと考えるのが自然かもしれない(そうしないと音声通話の着信によって通話が切れてしまうから)。

このauの特別対応により、「Skype au」は普通に使えるようになった上に以下のような優位性を持つようになったが、それ以外の通常のインターネット電話アプリでは音声通話の着信で通話が切れるはずだ。
  • 「Skype au」でauの携帯電話にかけた場合、通話品質が良い。
  • バックグラウンドで起動している際の消費電力が少ない。

「Skype au」以外のインターネット電話には、いまのところ以下のようなものがある。
  • Skype for Android(日本では最近リリースされた(2011/1/27)。iPhone版は以前からある)
  • fring(以前からあるインターネット電話ソフト。iPhone版とAndroid版がある)
  • Viber(iPhoneでリリースされ、Andoroid版もリリース予定)
スマートフォンの普及に伴い、このようなインターネット電話アプリがより普及するものと思われるが、現在のauやVerizonの通信仕様は、通常の音声通話との共存という意味で、多少、不利である。しかし、通常の音声通話の代わりにインターネット電話を使えば、通話しながらのWeb閲覧という問題は同じパケット通信であるため、解消する。そういう意味で、それほど大きな問題ではないかもしれない。

現在の携帯電話は大まかには3G(第3世代)と呼ばれるが、より細かくは3.5Gという。今後、auやVerizonを含む大半の通信キャリアが3.9Gを経て4Gへと変わっていく予定だ。3.9GはLTEと呼ばれていて、これは4Gへの移行をスムーズにするため、3.5Gまでの通信技術との互換性に配慮を行っていない。そのため、LTE普及する時点でauやVerizonのCDMA2000に起因した音声通話とパケット通信が同時に行えないという制限もなくなることになる。

3.9Gについては、docomoがXi (クロッシィ) という名前でサービスを開始したばかりだが、現在は制限されたエリアでデータ通信のみが行える状況となっている。auについては、2012年頃にサービス開始予定となっているが、実際に一般の端末で広範囲に利用可能になるのは、もうしばらく後になるものと思われる


2011/2/14 追記

VerizonとSkypeの提携が先にあって、auはそれに倣った形である模様。


SkypeはこのたびアメリカのVerizon Wirelessとの提携を発表しました。

以下の記事にVerizonのSkypeが専用アプリであることや、データ回線ではなく音声回線で動作するという記載がある(記事の元々の話は、Skypeを利用する際にWi-Fiを使えないという話があり、その理由は緊急電話(911)に関するFCC法上の制限であるという話)。


Verizon’s ‘Unique’ Skype Implementation

As noted previously, Verizon and Skype worked closely to come up with their implementation of Skype on the VZW network. And it works in some unexpected ways. Rather than run Skype over an open 3G data connection as Skype on the PC would operate the two companies custom-built a solution that delivers Skype calls over the Verizon Wireless voice network, while other Skype services like instant messaging, chat or location/presence and most importantly in this case, call signaling run over the 3G network.


The Skype mobile app, built exclusively for VZW in the U.S. and running over the operator’s voice network, will be available for nine phones this Thursday.

KDDIへの質疑応答。何かいまいちスッキリしない。電話好きとかいう問題だろうか。


Q: 回線交換を利用してSkypeサービスを提供できるのは、国内ではKDDIだけという理解でよいか? またSkypeを導入する狙いは何か? アナウンス効果や、PCベースのSkypeユーザの取り込みを狙ったものなのか?

A: 国内のサービス提供キャリアについては、いつまでかは言えないが、当面はKDDIだけだと聞いている。
今回導入するSkypeサービスは、プレゼンス機能、IM (インスタントメッセージ) 機能、通話機能から構成されていているが、通話機能部分について品質を上げるために回線交換を利用している。
料金は基本的に無料になるが、プレゼンス機能などのデータ通信部分についてはパケット料金としてカウントされる仕組みになっている。
Skypeユーザは電話好きな方が多く、海外の事例では平均的なユーザと比較してSkypeユーザはARPUが1.6倍も高いというデータもある。そういったユーザを新規で獲得できれば増収につなげることができると考えている。
また、一般的に長時間通話する相手としては主に家族や友人になるが、そういった通話についてはすでに割引サービスが適用されている割合が高い。また、データARPUを上げる効果もあるので、既存のお客さまのSkype利用によるARPUへの影響は軽微だと考えている。
Skypeユーザは1,900万人いるが、こういった高ARPUユーザを獲得することで十分増収効果は見込める。また、米国のVerizonを例に取ると、結果として増収となっていることから、われわれも増収を狙えると考えている。
Skypeの事業戦略上の位置づけとしては、LTE時代以降、音声はアプリの一つとして提供されていくと考えている。どの段階でそういった考え方にスイッチするかというのが問題だが、他社に先んじて導入することで結果として良い効果を生むと考えている。また、FMCサービスの展開において、音声通話のプラットフォームや付加価値を生むアプリとして期待できる。結果的にSkypeの導入は中長期的にはポジティブに働くのではないか。

元々の話とはあまり関係ないが、Skypeによるテレビ電話の話。アップル謹製のFacetimeがWi-Fiでの利用を前提にしている中、Skypeは現状の3.5Gでは無理だけれど、3.9G(LTE)以降でテレビ電話に対応という事のよう。


Verizon Wireless と Skype は2011年1月6日、CES(2011 International Consumer Electronics Show)会場で、Verizon Wireless の 4G LTE モバイルブロードバンドネットワークで、近日中にビデオ付き Skype モバイルが使用できるようになる、と発表した。

この、Verizon Wireless からの Skype モバイル新バージョンは、2011年半ばまでには、幅広い 4G スマートフォン製品に組み込まれるという。これらの Android ベースの 4G LTE スマートフォンを使い、Skype ユーザーはビデオコールができるようになる。