震災に克つ経済

日本経済が20年間の「ゼロ成長」から脱却する方法、そして東日本大震災からの早期復興を実現するための政策とは?  「震災に克つ経済」の著者が著書では語り尽くせなかった内容も含めて提言します。

文藝春秋 7月号へ寄稿しました

こんにちは  宮本一三です
数ヶ月ぶりのブログ更新となりました。

さて、昨年末の総選挙で政権が自民党に交代し、安倍総理が誕生しました。すると早速に「アベノミクス」といわれる一連の経済政策を発表しました。
一時の勢いはここしばらくはなくなったものの「アベノミクス」で円安、株高と日本経済にはいいことばかりのようです。

しかし、「アベノミクス」には大きな「三つの壁」が立ちはだかっており、それをクリアしないことには短期的にはよくても中長期的に見れば経済の活性化には繋がりません。

その「三つの壁」のことを書いて、先月初めに「文藝春秋」に寄稿したところ、本日発売の「文藝春秋7月号」(6月10日号)に載りました。ゴールデンウイーク中に原稿を書きながら危惧したことが、5月末からの株価の乱高下で早くも現れてきているようにも思います。

短い論文ですが、「アベノミクスに立ちはだかる三つの壁」のことについてわかりやすく書いていますので、是非「文藝春秋 7月号」(354頁~)を手にとっていただいてご一読いただければ幸いです。


タイトルは『元大蔵省審議官が告発「消費税増税」は亡国の道』です。

文藝春秋7月号目次

日本経済成長への方策を

こんにちは
宮本一三です

さて、9月は民主党代表選、自民党総裁選と続けて2大政党の党首選がありました。

 しかし、日本経済をどうするのか、どう発展させてゆくのか、その議論はあまりなかったように思います。

  これからの日本を思うときに、社会保障費の増大というある意味避けられない負担がのしかかってくるのです。その為には、消費税を上げろというのが、民主党、自民党とも主流派の意見になっているようです。しかし、この増税政策を実施しますと景気はますます悪化することが心配されます。
 だからそうではなく、まず第一に日本経済の名目GDPを3~4%平均で成長させていくことに専念すべきです。成長以外にその解決はないと思うのです。

 「日本経済成長への方策」をしっかりと示してこそ、これからの日本のリーダーだと思うのです。頑張っていただきたいと思います。

積極的な財政出動こそが財政再建の道

こんにちは
宮本一三です

ほぼ一ヶ月ぶりのブログ更新です。
この間に消費増税関連法案は2012年8月10日、国会の承認を得て正式に成立してしまいました。非常に残念に感じております。

 国民の半数以上が反対していると言われているのに国会では圧倒的多数で可決された。これは一体何なのでしょうか。
 財務省事務次官の卓越した手腕のせいなのかそれとも、経団連の財力、或いはマスコミの財界寄り世論操作のなせる業なのか…。

 こんなことで日本の民主政治は大丈夫なのでしょうか。そもそも消費税は逆進性の強い税であり、貧しい一般庶民に重くのしかかる税金であり、それだけに消費税の導入や引き上げには公平の見地から極めて慎重でなければならないのです。今回、その公平を犠牲にしてまで消費増税を強行しようとしている。この法案に賛成した国会議員は、本気でわが国の財政は破綻寸前の窮地に追い込まれていると思っているのだろうか。日本はギリシャとは全く違うのである。


 また政府は、一昨日(29日)の野田総理への問責決議案の成立を受けて、「赤字国債発行法案」の成立の見込みがないことから9月に支払い予定だった地方交付税の延期(約4兆円)を発表しました。国民生活、日本経済へのマイナスの影響は避けられないでしょう。与野党とも党利党略に走っているだけで、日本の事を本気で考えているのでしょうか。

 「消費増税ではなく、積極的な財政出動で、経済成長することが、財政再建への道」と訴えている私から見ると全てが逆に回っているように思えます。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
震災に克つ経済 財政再建 積極財政 日本経済 宮本いちぞう 震災 東日本大震災 復興
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ