2018年07月15日

リア充=幸せ?!

熱いです

熱帯夜です

寝れないです

ということでおはようございます

宮です

今朝も4:00には目が覚めてしまいました。

窓の外を見ると空が白々しく明るくなってきているのを見ると

今日も暑くなるのか心配です

話は違いますが・・

最近「幸せ」や「充実」などの文字がやたらと気になります

先日お話の中で「幸せを感じる時」は「欲求が満たされた時」

という解釈があることを聞きました

そこでおもったのが

ふっとした習慣に幸せだと感じる

例えば、家族で何気なく夕食を食べながら会話をしているみたいな・・・瞬間は

そこに家族との親和欲求があったのかと考えることも出来ます。

そこで子どもたちに、「幸せ」や「充実」って何?

と聞いていました

「リア充」との一言

さすが若者・・・

答えになっているかどうかはさておき

なかなか言葉や頭で説明するのは難しいことはわかりました

そしてもうひとつわかったのが

幸せだと先ずは自分が感じることの出来る人のほうが

他の人と関わる時に幸せだと感じやすいということです

逆に言うと

自分が幸せだと感じにくいと

ほかの人といても幸せには成れないのかも知れません

小さな幸せを感じることの出来る介護士になりたいと思う宮でした。



miyamura333 at 06:24|PermalinkComments(1)

2018年07月07日

何気ないことに気がつく介護士

今日も雨でした

昨日は帰り道で5件の事故がおきていました

雨の日は視界が悪く路面も悪いので事故が起こりやすいので

スピードは”控えめ”に、心には”ゆとり”をもって運転したいものです。

ということで、今週?のうれしかったことを自然体に書いていきたいと思います。

うちの職員さんが、ユニットケアのリーダー研修に行ってきました。

その中でどのような”気づき”のお土産あるのか楽しみでした。

まだゆっくりとは話が出来ていませんが、

帰ってきた後に、「居室のドア」があいているのはどうなんでしょうか?と

質問してくれました。

何気ない質問ですが

宮にとっては”まさに”にピンポイントの質問です。

居室のドアというのはプライバシーです。

そのプライバシーに対して、スタッフは往々にして「危ないから」や「効率的だから」などに理由に

居室のドアを開けている事があります

しかし、自分だったらどうでしょうか?

自分が家にいても自分の部屋のドアは開けておかない気がします

宮にとって自宅や自分たちにとって、当たり前の事が

介護施設などで働くことで”慣れ”によりそういう感性が鈍くなるのが怖いのです

ですから

今回、質問をしてくれた職員さんがとても新鮮でうれしく感じました

何気ないことに気がつけるスタッフさんはやはり大切です。

何気ないことに気がつけるスタッフになりたいと思います。



miyamura333 at 06:27|PermalinkComments(0)

2018年07月01日

平成最期の6月も過ぎ去り・・・2018年勝手に振り返り

関東のほうではすでに梅雨明け

そして

沖縄のほうでは台風と

季節の移り代わりに体のほうが大忙しです。

さて、本日の宮は夜勤真っ最中です。

とっても、今日は静かな夜を迎えています。

今のところ・・・。

平成最期の6月も過ぎ去ってしまいました。

ということで2018年勝手に半年間を振り返ります

今年立てた目標(抱負)

皆さんは覚えているでしょうか?!

宮は覚えていません!!(威張ることではりませんが・・・)

ですからメモをしています。

9個の抱負を立案しました

今のところ3/9は目標を達成しています。

しかし、6個はまだ未達成

これではいけません。

一度決めたことは・・・

なかなか継続できませんが

40をすぎ、大人の男性を目指す宮としては

自分の発言に責任を持つことのできる大人になれるよう

がんばりたいと思う夜でした〜

追伸

夕焼けが今日はきれいに見えていたので、

ユニットの窓を開けてみると、おもむろに

入居者さまが窓辺にある椅子のところに・・・

なんだか昔こんなような風景を見たような気が・・・

20代のころに働いていた施設でのことを少しだけ思い出しました

あのころより少しは成長したかな?!
DE5EF206-596B-4089-BCDB-57B11B937D0D

















miyamura333 at 23:03|PermalinkComments(0)

2018年06月25日

何気ない朝

梅雨の一休みというところでしょうか?!

すがすがしい朝を本日は迎えています。

そんな朝に宮の子どもは修学旅行に旅たちました。

朝からばたばたとして

自分の息子ながら

どうして、もう少し早くに準備をしておかないのか?!と思いながらも

こうして、親元を離れていくのかと思うと感慨深いものがあります。

そして

昨日、何かを見ていてたときに

子どもは親を見て育つ。

親ができていないところを子どもはよくみている。

ということを話していました。

確かに、準備については宮自身も

親に怒られた記憶があります。

「どうしてもっと早く準備しておかないの」っと

まぁ、楽しく、元気に旅行を過ごしてくれればよいと思う何気ない朝の始まりです。

宮も少しだけ早くフロアに入り、

朝の雰囲気を利用者さまと一緒にのんびりと過ごしたいと思います。









miyamura333 at 06:24|PermalinkComments(0)

2018年06月19日

ガソリンスタンド+クワガタ=心意気

社用車をお借りして早2年半

通勤の相棒である

トヨタのアクアですが

宮村に乗り継ぎ、走行距離が11万キロを突破しました。

そういって見ればトヨタのル・マン24時間レースの優勝すごいですね。

日本車の優勝はマツダ以来の快挙。

20年以上継続して優勝されたトヨタさんは本当にすごいと思います。

少し話がズレましたが・・・

本題へ(?)

地球を2周は軽くしている距離です。

よく走ってくれています

特に不調もなく

今日も軽快に走ってくれるアクアに感謝です

そのアクアと先日通勤途中の給油のためいつものガソリンスタンドへ

いつものお兄さんとあいさつをしていると

お兄さんから「クワガタいらない?!」との申し出。

どうも、そのお兄さん宮が時々家族でも給油をしているのを見ていて

子どもがいることを把握していた様子

ということで

24時間のガソリンスタンドだと今ぐらいに

クワガタが出始め運が良いととれるそうです

そして、それをつかまえ

子どものいる家にプレゼントというわけです

プレゼントも嬉しいですが

何気なく家族のことを想って行動をしてくれるその心意気が素敵です

サービスや業種は違いますが

そういう心意気のサービスを介護でもしていきたいと思う宮でした
DSC_0320

おしまい





miyamura333 at 06:28|PermalinkComments(1)

2018年06月11日

梅雨の朝に・・・

おはようございます

雨降り?曇り?の朝です

東海地方も梅雨に入りじめじめした日が続くのが嫌な感じです

しかし、考え方を変えると乾燥していなくて良いとも思えます。

ということで、物事すべて自分の目を通してみている。

つまり自分の目という価値観を通してみていることにもなります。

宮は先日母親と話す機会がありました。

その時何度も言われた一言を言われたのを思い出します

「人に迷惑をかけたらいかんよ。自分がされたら、嫌なことはしてはしかん。」

小さなことから何度も言われ続けました

出来るだけ相手のことを考えて行動をするように心がけるようには思っています。

うまくいかないときもありますが・・・

自分の価値観を通すとどうしても、自分の判断基準になります。

主語が自分になるわけです

しかし、相手を主語にすると

「相手はどう思っているのだろう?」と考えるので

必然的に自分を主語にしなくても済む

きっと母親は、相手に思いやりをもちなさい。ということを伝えたかったのかも知れません

価値観はなかなか年を重ねると取る事はできません。

取り去る必要があるかもわかりません

しかし、相手を思いやる気持ちは大切だと介護をさせて頂く中で思います。

うまくいくときも、うまくいかなときも

相手を思いやり、考えて行動する

そんなことを思う、梅雨の朝でした〜

DSC_0316




miyamura333 at 06:04|PermalinkComments(2)

2018年05月24日

夜勤中の”ちょっと”したお話

おはようございます。

雨上がりの朝です

雨上がりの朝はいつも霧が出ています。

ひどい時には、前が見えず、車の運転もより安全になります。

そんな霧や雲の合間から見えるきれいな青空を見ていると

なんだか、気分がそれだけで気持ちよくなります。

さてさて、最近は夜勤続きだったので夜の介護を少し考えてみました

普段は、自分のことはおおむね自分で出来る利用者さまのAさま。

なぜか、0時に起きてこられ、宮に「コーヒー牛乳が飲みたい」との事

そういうこともあるだろうと、コーヒー牛乳をお渡しすると

「ありがとう」と居室に持って行きます。

その5分後再度宮のところを訪れ

Aさま「娘にもやりたいから・・・コーヒーをもらえますか?」

宮「・・・娘?!」

娘様はここにはいないのです。

そして

宮は少し考え提供してみることにしました。

介護士として考えるのは・・・

もしかして2杯目がほしいのかな?

認知症の進行かな?

もし2杯目を提供して、ご自身で飲んだら飲みすぎかな?!

しかし、提供しない。という選択肢を投げ方らどういう風に返答されるかな?

娘がいないことを伝えようか?悲しむかな?!

それとも娘は寝ているという設定にしようか?

などなど

いろいろな想像?ストーリーを考えました。

その結果、提供することにしたのです。

提供してみると、

居室に飲み物を持って行き

そのままテーブルの上に。

しばらく、座っていましたが

10分程度したら寝ていました。

飲み物は飲まれませんでした。

その後、こそっと飲み物は下げさせていただきました。

もし、あの時に、娘様がいないことを伝えたら「こだわり」が強くなっていたかも知れません

そして、今回はうまく?いったほうだったような気がします。

介護をしていると、このような、ちょっとした選択の場面がやってきます。

その人の世界に寄り添う

しかし、急にその人の世界に入るので

どれが正解かはスタッフはわかりません。

しかし、出来ることなら安心した表情で寝ていただける環境を

夜勤の時にはつくりたいと思う今日この頃です










miyamura333 at 06:22|PermalinkComments(0)

2018年05月10日

レクとは何か?自分なりに考えてみました。

雨上がりの次の日の朝はなんだか

ひんやりしています。

なのに、我が家にはすでに一匹の「蚊」が・・・

なんともいえない羽音で起こされた宮です。

そんな宮は、昨日は健康診断でした。

相変わらず血圧高めです。

どうしても看護師さんに血圧を図っていただくと”緊張”して高くなります。

何をされるわけでもないのですが・・・

苦手です。

そして健康診断のアンケート項目で困るのが

運動習慣をつけたいと思いますか?

の質問。

つけたいと思うが

今まで、○をつけて運動習慣がついた記憶が無い。

ぼちぼち、健康も気になるお年頃なので

楽しみながら運動をしていきたいと思う今日この頃です

ということで

今回は最近宮の中で考えていることのひとつ

”レクリエーション”

たしか学校で習ったのは

レ=Re(復権・もどす)+ クリエーション=創造

直訳すると創造を復権すると成りますが、元気を回復するための余暇活動や休息などのこととならったような気がします。

遠い記憶ですが・・・。

つまり、元気を回復するもの=自分の楽しみならばレクになるということ。

どうしても、”レク”と考えると難しく介護士としては、楽しんで頂かないと。や全員に。といった概念がつきます。

確かに大切な要素ですし、人を楽しませるワーカーさんはプロとしてすばらしいです。

しかし、今回は取っ掛かりとして

考えているのは、

利用者さまのなじみを考えたレクも大切だということです

例えば、5月のなじみ?!を考えてみると

菖蒲湯などはなじみなのかも知れません。

そういう利用者さまにとってのなじみは、安心材料にもなるので

きっと話も弾み、元気を取り戻すきっかけにもなるかも知れません

そんなレクも今後も取り入れていきたいと思う宮でした。




miyamura333 at 06:47|PermalinkComments(1)

2018年04月27日

なんだか今日は・・・

今日は一日だめだった〜っと思う日もあれば

今日はなんだかついていたなぁ〜と思う日もあります。

なんだか、今日はついているほうです

仕事が詰まっており、体力的には厳しい今週

でしたかが、今日はパートさんが急遽出てくれることになり、事務仕事が少し出来ました。

本当にありがたいです。

そして、プライベートでも以前の職場のスタッフさんから結婚式のお誘い。

本当にありがたいです。

このように人付き合いがあまり得意ではない宮にそのようなお誘いをいただけるとは・・・幸せなことです。

今年の秋にも冬にも楽しみが増えました。

ということで

周りの人にいつも支えられている宮です

本当に周りには感謝です。

特養のリーダーさんは宮のシフトをみて無理があると、「変わりますよ」と声をかけてくれます

なんだかそういうときって、がんばれるんですよね。不思議と。。。

がんばっている人が傍にいるだけでがんばれるときってありませんか?!

ですから、宮もそんな一人になれるといいです

そして、それも「お互いさま」

悪い事があっても、「お互いさま」

自分だけが悪いわけでも、

相手だけが悪いわけでもない。

お互いがお互いのことを思いやれたら

幸せな感じになりそうです。










miyamura333 at 22:50|PermalinkComments(0)

2018年04月21日

生活の匂い

昨日も暑かったですが

本日も暑くなりそうです。

春?初夏?といった季節の移ろいを感じる今日この頃です

先日の休みに、家のテーブルをきれいにしてみました

子どもたちが小さいころから使っていたので

だいぶ汚れたのを機に塗り替えを行ってみました。

汚れていたニスなどラッカー剤をはがし、ヤスリをかけて、またニスを塗ってとほぼ1日かかりましたが

何とか1日で終わりました。

深い傷は残りましたが、そこそこきれいに出来たのではないとい思います

とここまではよかったのですが

ニスの臭いが部屋中に残ってしまい

子どもたちから「臭い、臭い」のブーイングでした。

1日たてば収まるのですが・・・

とりあえず、窓を開け換気

夜近くの夕方の風を受けて子どもが

「夜の匂いがする」といっていました

夜の匂い・・・忘れていた感覚です

介護もそうですが

夜の匂い、ご飯を炊く匂い、お風呂の匂いなど生活にはいろいろな匂いがあります。

そんな匂いは、脳の記憶の部分と深いつながり?があると聞いた事があります。

そのような匂いなどの5感を大切にした介護をもう一度見直そうと思います。



miyamura333 at 06:31|PermalinkComments(0)

2018年04月19日

ちょっとした一休み

今年の桜もあっという間に葉桜になり

今日の名古屋の最高気温は25度と伺いました

夏日です。

ということで気候もよくなってきたので

そろそろ運動をしなくはと思いつつもなかなか重い腰が上がらず

日々格闘をしている宮ですが

休日に晴れると

自転車で、2時間ほどの運動を再開をさせて頂いています。

少し運動をすると汗ばむのですが、宮が走るコースは山道や川沿いが多いので

休憩をするとひんやりした空気が汗をひかしてくれます。

山は若葉が芽吹き、茶色の山からつつじやフジの花、新芽の新緑と

鮮やかな山の風景がきもちよく自転車をのるのには良い季節です

相変わらず、自転車を本格的に行っている方にはすごい勢いで抜かれますが・・・

自分のペースでゆっくりと楽しんでいます

仕事においては、

新卒が入りましたね

初々しい感じがまだまだ抜けませんが

良い意味でも、

この時期の気持ちを忘れず

1年後3年後と一緒にがんばってほしいと願いばかりです





miyamura333 at 06:51|PermalinkComments(0)

2018年03月30日

春の朝に

あっという間に今年度もあと本日を入れて2日間

早いものです

そして、桜も満開

春を楽しんでいるようです

今年は、幸いに雨も降らないようなので桜を楽しむには良い環境が整ったようです

ブログの不具合もあり、なかなか更新が進みませんが

そんななかでも、見ていただいている方もいるようで

大変ありがたく思っています。

ということで

ここ最近考えていることですが

ずばり「ビジョン」です

社福に異動してきて

早いもので約1年半が経過しました。

リーダーにはビジョンが大切だ。と思い考えていたのですが

なかなか浮かびませんでした。

移動前の職場のイメージは何年かかけて作り上げてきたので

縁側や庭、お風呂などイメージやビジョンが沸きやすかったのですが

社福に来て、本当にどうしようか?と悩んでもいました。

しかし、最近、スタッフと面談をさせていただいている時に

ビジョンにはいろいろあるのだと少し光が見えたような気がしています

以前のところも、今の社福も自分が考えているのは

「スタッフが楽しく働ける環境を整えること。そのためには思いやりが大切」だと

楽しい職場には自然に人が集まります。

正直、自分自身が中心になり人を集めるのは苦手です。

しかし、自然に集まれるのは居心地が良いからだと思います。

そのために

良い介護サービスを提供したいですし

今の社福は「ユニットケア」サービスを提供しているので

環境や人をうまく利用し

なじみの暮らしの継続がたとえ、介護が必要になろうと

出来るだけ出来るようにしていきたいと思います。

例えば、お風呂は寝る前の夜に入りたい・・・など

まだまだビジョンは薄いですが

宮自身がわくわくするビジョンを語れるように日々サービスの質の向上に

スタッフとともにがんばりたいと思う

春の朝でした〜。

48B98071-77EA-412B-9F37-1D1A82E50E49

おしまい





miyamura333 at 06:27|PermalinkComments(0)

2018年03月03日

ここ最近のあれこれ

あっという間に3月です。

久しくブログを更新ができておらず面目ないです。

遊んでいたわけではございません

ただ、何を書こうか?

悩んでしまい、書くことを一度ストップしていました。

ということで

ここ最近をざっくりまとめて言うと

厄払いです。

今年、本厄になるため

厄払いをしてきました。

本来は節分の前までにいくのが良いようでしたが

なかなかいけず

2月の後半になってしまいました。

正直いって、厄払いを自分がするとは思ってもいませんでした。

なぜか?

あまりそういうことについての信仰心みたいなものがないためです。

しかし、人間、年を重ねると、考え方なども変わってくるんですね。

日本にある伝統とか、やっぱり意味があるんだろうな。って考えるんです。

というのと、家族から厄払いにいくように・・・と再三言われ続けた結果です。

まぁ、これで、家族や周りにいる人に嫌な事が起きなくなるのなら

良いのですが。。。

人間、おきてみないと今の幸せを感じることがなかなかできないので

何も無いことを幸せに感じつつ自然体でいきたいと思います。


前置きが長くなりましたが

今年も3/1から学生さんたちの就職活動が開始されましたね。

いろいろ学生有利だの何だの言われていますが、

結局、学生さんたちも大変だと思います。

いろいろなことを考える節目の年でもあると思いますので

先ずは健康で笑顔で就活をがんばってほしいと思うのは

宮の子どもの年齢が今がんばっている学生さんと近いからでしょうか?!

しかし、就職活動といえば

宮が活動していたのは20数年も前のことですね

思えば、年も重ねるものです

就職活動の目的は「会社の内定をもらこと」だとは思いますが

本当に大切なのは自分がしたいこと=夢は”なに”で

夢を実現するために「どの会社がよいのか?」を選ぶことだと思います

そして会社を決めたからには、そこの会社を信じて

運命だと思い、ついていってみる。

そして、働いて3年ぐらいした時になにかわかってくるものがある。

と少しかっこよく書きましたが

昔、言われた一言です。

今はあまり言わないのかもしれませんが

自分が就職を決めた時になどは親から3年は働きなさい。

といわれたのを今でも覚えています

今と少し仕事に対する社会の価値観が変わっているのかも知れませんが。

自分の子どもたちにはとりあえず言ってみようとは思います。

ではでは継続は力なり

ブログも継続なり

ということで自分にいい聞かせて自然体で書いていきたいと思います。
















miyamura333 at 23:00|PermalinkComments(1)

2018年01月19日

なぜ、どうして、物事の背景を知ると納得しやすくなる。

1月も後半に差し掛かりました。

巷では、インフルエンザなどが流行り始め

仕事柄、嫌な時期がやってきました。

自分ごとで言うと40代に入り、何かと厄年なので何か起こるのではと思う今日この頃ですが

今のところ、大きな災難もなく平和に過ごせていることに幸せを感じています。

さて、そんな厄年の宮が最近思うことといえば

理念だったり

設立の想いだったりします。

なんでそのようなことを想うかは正直わかりません。

なんとなく

仕事を行って行く上で

背景だったり、何で行っているのか?など

知りたい時期なのかも知れません、、、



ということで私たちの仕事の根幹。

介護保険制度

当然理念があります。

簡単に言うとこんな感じでしょうか?!

「自立支援」「自己選択」「利用者本位」

自立とかは言うは簡単ですが

宮自身も本当の意味で自立しているかどうかは定かでは無いですね。

じゃぁ、宮たち介護士は

何をするかというと、

この3つの柱(理念)に基づき行動することが大切で

利用者さまに”自己選択”が出来るように正しい情報を伝え、

利用者さまのために何が出来るかを考えて、行動する。(利用者本位)

その結果、その人らしい、生活が営める(自立)

こんな感じに考えています。

やはり言うのは簡単ですが

実現するのは難しいですね。

しかし、理念が無くては、何を行うにも目先ばかりで長期的な視点にたって物事が考えられず

結果、得たい成果も得れなくなることもあります

ですから、理念を大切に行動をしていきたいと思う今日この頃です。










miyamura333 at 23:39|PermalinkComments(0)

2017年12月31日

年末のご挨拶

今年も残すところ本日のみになりました

2017年を振りかえる話題を多く耳にするような気がします

先日もラジオのお題で「今年に点数をつけるなら?」と盛り上がっていました。

皆さんだったらどのような点をつけますか?

宮自身は61点ぐらいでしょうか? !

悪くも良くもなく、まぁ、ぼちぼちでしょうか?

きっとこのくらいが、宮にはちょうど良いのだと思います。

2018年も”自然体”でぼちぼち過ごしたいと思う、宮でした。

良い出会いも、別れもあり

別れたからこそ大切に思うことが出来ることや

失ったからこそわかること。

後悔しないように・・・

と思いつつも、ついつい後悔はしてしまうもの

一期一会ではありませんが

今を大切にするから、未来を大切に出来ると考え

大切な時間を過ごしたいと思います。



それでは、2017年お世話になりました。

2018年もよろしくお願いいたします



miyamura333 at 06:15|PermalinkComments(1)

2017年12月26日

年始の目標とあっという間の一年

月日が流れるのは早いです

もうすぐ年末

クリスマスもおわり

正月モードに・・・

正月といえば

年始の目標です

毎年、目標を立てては忘れてしまうので

今年も、文章化し保存しておきました

月1回見てはいましたが、はたして達成度合いは。。。。

9項目中。。。2項目

2項目出来たといえばよいのですが

2項目しかできなかったというのが

本音でしょうか?!

1年間

あっというまです

まだある、まだあると思っていたら

もう年末。

残り数日ですが

もう1項目プラスで出来るように

ひと踏ん張りです

今年の仕事は今年のうちに・・・

と思う年末でした







miyamura333 at 07:22|PermalinkComments(1)

2017年12月21日

研修 パート2

12月に入り寒さが一段と身にしみてくる季節になりました。

今年はラニーニャ?の影響で

寒くなるそうです。

そういってみればラニーニャに対なす、エルニーニョ

ラニーニャは女性でエルニーニョは男性らしいです

ということで

なにがということかわかりませんが、

研修についてガンバってくれている仲間がいます。

そもそも

ほほえみにはいくつかの研修がありますが

今回はリーダー研修です。

いろいろな想いややる気を感じながら

素直に勉強を出来る環境があることはうらやましいことだとも感じます

そして

行ってる内容

いろいろ行っていますが

ついつい「なぜその内容をリーダー研修」で行ってるのか?

何を上司や仲間は伝えたいのかと受講者ではありませんが気になります

研修などを行う時に、講師は目的を持って研修に望みます

それをただ受けていては少しもったいない気がします

研修の項目で何が伝えたいのか?

その部分がわかったらきっと今より成長できた自分に会えるのではないでしょうか?

と少し偉そうに書きましたが

自分も絶賛模索中です

いったい目的は何にあるのか

受講生の仲間と一緒に学んでいけたら幸いです






miyamura333 at 00:02|PermalinkComments(0)

2017年12月14日

もやもやした想いと理念と現実

12月です

寒いです

通勤のため車に向かうと

当然のことながら、フロントガラスはバリバリに凍っています

社外の温度計は「マイナス5℃」

う〜ん。やっぱり寒い

その寒い中、他のスタッフの協力を得ながら

「理念」について考える2日間を頂きました。

なぜ、今、理念なのか?

正直明確な答えは自分の中でありません

現場が”ばたばた”しているのもわかりますし

理念が大切なのもわかります。

ひとつ今回明確にわかったことは



自分は考え方が、10年前も5年前も今もそんなに変わっていない。ということでしょうか?



今回の研修では自分の強みや弱みなど知り、その考え方を変えるにはどうしたらよいのか?

を自分で考え、ほかのメンバーからも意見を頂き、内省⇒考え⇒行動する。


研修でも考えましたが

研修後も頭の片隅にあり、ずーっと考えています。

答えは出ていません

しかし

今回の研修で他のスタッフととの距離が少し詰まったような気がしています

また、

遠慮ではなく配慮をする行動を再度行うこと

自分の求められている立場や能力と今の現状のギャップがあること。

自分がしたいことと、今に対して溝があること

はわかった気がします

誰かの”せい”ではなく

自分のその行動が今の結果を生み出しているのだと思います

ではやっぱり変えられるのは誰か?

自分しかいないのだと思います

ほほえみの基本理念は大切に

社福の「あなたとつながる」の意味を考えて

自分の言葉で説明が出来るよう

今日からもがんばりたいと

自然体に思う宮でした〜

。。。










miyamura333 at 06:37|PermalinkComments(0)

2017年10月31日

この特養の片隅で

10月も本日で最期の日です

なんだか雨の多い月でした。

しかし、少し空や周りを見渡すと

秋めいてきています。

秋を楽しんでいきたいものです。

ということで、

特養の駐車場の片隅で咲いていました。

アスファルトから?!

少し前に流行りましたが

ど根性○○

とでもいうのでしょうか?!

生命力はすごいです

アスファルトから花は無理と最初から決めずに

やってみなければわからない

と学ばせていただいた

特養の片隅の花でした〜。

DSC_0305







miyamura333 at 07:39|PermalinkComments(1)

2017年10月24日

何気ない会話に、好きが隠れているかも?!

台風一過・・・。

ということで昨日は晴れ間も見えましたが

強風でしたね。

通勤中、車が横にハンドルを取られそうになる横風に一瞬ひやり

としながら毎日車に乗れるのが楽しくてしょうがない宮です。

家に帰ると、家族がなべをつつきながら、「今日は学校が休みだったの」と話してくれました。

確かに、小学校のころ、警報で学校が休校になると

なんだか、得した気分になったのをぼんやり思い出しました。

そんな宮ですが

週末は、以前一緒に働かせていたスタッフと一緒に過ごさせていただきました。

その中で、今はそれぞれ違う場所で働いているけれど

「介護」という仕事を続けているのはうれしいね。と会話をする瞬間がありました。

なんとなく、宮はうれしいものです。

虐待や不正などのニュースでは嫌な部分がクローズアップされがちです。

しょうがないですが、気分はめいります。



”好き”という言葉自身にポジティブな力があるのだと思います。



とはいっても、以前に一緒に働いていた仲間に

自分が何かしたわけでもありませんし

ましてや、自分の力でもありません。

ただ、介護という仕事が好きと思ってもらえるスタッフがいることに幸せを感じます。

きっと宮の周りにも、話をしないだけで”介護がすき”と思ってくれているスタッフがいると思います。

そういう思いを大切に出来る職場にしていきたいと思う、週末でした。


好きこそ”モノ”の上手なれ

宮の好きな言葉のひとつでした。










miyamura333 at 06:35|PermalinkComments(0)

2017年10月16日

自分色

今週は雨の1週間。。。

雨といえば。。。

フローの研修を思い出す宮です。

さて、今日も雨のなか通勤してくる途中。

宮の唯一(?)の情報源のラジオを聴いていると

今日は「自分色の日」だそうです。

自分色?

自分の好きな色やイメージカラーのようなものでしょうか?

皆さんは何色を思い浮かべますか?!

宮が浮かぶのは「青」と「紫」でしょうか?!

懐かしい話ですが

戦隊者の5人がいるとなぜか「青」色の人が好きだった子どもでした。

「紫」は理由は”?”です

紫の使い方も難しいので嫌な使い方もあるのですが

なぜか好きな色です。

そういってみれば

ほほえみのカラーは「橙色」

橙色は「温かみのある色」だからだと以前社長にうかがったことがあります。

色にはイメージがあるようです。

以前勤めていた施設ではユニホームが無かったのでいつも青色の服を着ていました。

そうしたらちょっとした認知症の方には「青色の兄ちゃん」と名前は覚えていただけませんでしたが

色は覚えていただきました。

色ってすごいですね。

利用者様の服もいろいろな服の色があります。

どうしても施設に入ると同じような服を着てしまいがちですが

どのような服が好みなのか?

今日は何を着ようかな?

など「選択」の楽しみも増やしていけると良いと思う

自分色の日の始まりでした〜。









miyamura333 at 06:10|PermalinkComments(1)

2017年09月24日

しみじみ

もうすぐ10月です。

季節の過ぎるのは、早いです。

もう少しゆっくり季節が流れてくれると、季節を楽しむことが出来るのに・・・と思う宮です。

最近は、子どもたちの運動会ラッシュっということもあり、昨日も

一番下の運動会に参加をさせていただきました。

小学校の運動会に参加するのも今年で最後です。

綱引きや徒競走、組体操などどれも毎年見慣れたものですが

最後だと聞くとなんだか少し寂しい気分になります。



介護も、人との別れなどもそうかも知れません。

いつもの風景は、何も感じませんが、「これが最後かも知れない」と感じると

いつもの風景も特別な風景に変わる。

最後だとわかっていればまだ幸せなのかも知れません

介護や人との別れはこれが最後とは教えてくれないことが多々あるように感じます。

だからこそ、毎日毎日くいが無いように声をかけさせていただいたり、

後悔が残らないように一生懸命に介護をさせていただくことが大切なのかも知れないと

しみじみ考える運動会でした。。。






miyamura333 at 06:21|PermalinkComments(1)

2017年09月09日

頭の隅にあるもの

昨日、今日と空の高さが日に日に高く秋らしくなってきました。

食べ物がおいしくなる季節ですね。

栗もそろそろ、早生ものだったら取れるのかな?!


そんな秋らしくなってきた本日のお題は「理念」です。



先日、何年かぶりに、以前ほほえみの理念を再構築する時にお手伝いいただいた

研修の社長さんとお会いし、お話をさせていただきました。

そのことがきっかけで再度、理念について頭のすみにあったのだと思います。

その頭の隅にある理念のことを思いながら

昨日はお休みでした。

家族は仕事や、学校で久しぶりに一人で過ごす休日です。

夏休み後の休日はなんだか、ぽっかりと家の中が抜けたような雰囲気で、

なんとも「ゆったり?!」「だるい?!」感じがしていました。

そんな、家にいるのも何だったので、少し考え事をしようと、ドライブに出かけました。

行き先は特に決めていませんでした。

・・・

走っている最中に、スタバがあったので、

コーヒーでも飲んで、家に買っていこう。と思い、スタバに。



コーヒーを頼み、家用のコーヒー豆を見ていると

店員のスタッフさんが、何かお探しですか?!と声をかけてくれました。

「コーヒーに詳しく無いので・・・」と宮

いろいろとコーヒーの味を説明してくれるスタッフ。

あいまいな返事を繰り返していると

今度はスタッフさん

いろいろな試飲用のコーヒーを持ってきてくれます。

1杯、そしてまた1杯。

最後にはなにやらノート?メモ帳のようなものをもってきてくれて

説明をしてくれます。

「良かったら見てくださいね。」とスタッフさん



それはメモ用紙とコーヒーのことが書かれたものでした。

何気ない会話でしたがとても親身になって相談?!をしていただき

居心地が良かったです。



そういってみればスタバの目指しているものって「サードプレイス」というようなコンセプトが

あったのをふっと思い出しました。

理念とコンセプトは違いますが

理念を体現するひとつの手段(?)がコンセプトに現れているのではないかと思うと

自分たちが目指すものは理念であり、そのイメージを体現をする環境(場所や人)を

考えていかなくてはならないなぁ〜とドライブをしながら思いました。





miyamura333 at 07:07|PermalinkComments(0)

2017年09月03日

秋らしくなって思うこと。。。

9月に入りました

なぜか急に「秋らしく」なってきました

朝晩が少し過ごしやすく感じるせいでしょうか?!

一年の中で一番好きな季節。

夏のにぎやかさとも

冬の静けさとも違う

季節の変わり目です

そん宮ですがここ最近は?!っといいますと、

ご家族さまとお話をさせていただくことが少しずつ増えてきました。

ありがたいことです。


その中で気がつくこと。

それは忘れかけていた「介護に対するふとした疑問」

そんな疑問を質問された時に

「ドキッ」とする時があります。



「いつまで食事を自分で食べれるんでしょうね?」

ご家族さまとしてはいろいろな心境があったのだと思います。

もしかしたら”疑問”ではなく”話をきいてほしかった”のかも知れません。

そんな心の声のようなものが漏れたのかも知れません。

認知症などを患うと緩やかに進行していきます。

最後のほうは「食事」を自分で食べることができなくなります。

その時期を出来るだけ遅くするのが介護士の力です。

介護をして、食べさせるのは簡単かも知れませんが

出来るだけ自分の力で食べていただくよう支援する。

それも楽しく。

ご飯が箸で食べれないようでしたら

おにぎりを自分で食べるように。

そんな介護の工夫創ることで

「最後まで自分の力で元気に食べれますよ」

と答えれる自分になりたいと思います。



















miyamura333 at 06:20|PermalinkComments(0)

2017年08月21日

心にゆとりのある人でありたいと思う。

夏もお盆が過ぎ後半に入りました。

子どもたちも、夏休みの終わりが見え始め、少しそわそわし始めています。

最近は、夕立ではなく、線上降水帯なるものが雨を降らしているようで

急な雨が局地的に降るので怖いですね。

通勤時も、晴れていたと思って走っていると、山を越えて急な雨であわててスピードを落とす。

なんてこともあり、注意が必要だと感じます。

そんな宮ですが、

本日のテーマはコチラ

「言葉使い」

です。

介護士にとって利用者さまと接するなかで気をつけなくてはならないものです。

しかし、心や体力にゆとりがないとついつい、

きつい言葉使いになっている自分にふと気がつきます。

「いま、イライラしているな」と反省

”イライラ”はどうして起こるのか?

自分はこうしてほしい(期待)



相手の行動(現状)

この期待と現状のギャップが大きいほど

イライラは大きくなるのかも知れません

そんな時に宮が自分にだす処方箋は2つ。

まずは「期待」をしている自分に気がつく。

期待をしているということは、なんらかの見返り、

つまり自分の思うように行動してほしい。と思っていることです。

ですから、まずは期待をしていることに気がつくと、少し一呼吸おく事ができ

イライラしにくくなります

もうひとつは、

期待と現状のギャップを楽しむ。

人はみんな違うのでギャップが生まれた時に「そう来たか?!」と楽しむように考えをシフトします。

それで少しは収まるのかなって日々考えながら行っています。

誰もきつい言葉を使いたくて会話をしている人はいないと思います

そのような環境にならないように環境を作りたいし

そういう環境になることがあるのでれば

その環境を”なくす(0にする)”のではなく、まずは”減らす”ようにしていきたいと考える今日この頃でした。











miyamura333 at 06:25|PermalinkComments(1)

2017年07月11日

怪我の功名?!

何かと最近怪我が多いです・・・

昨日も、フロアにいる時にキッチンの扉に手をはさみ流血・・・

なんというか?

ドジなのでしょうか?

それとも、年のせいでしょうか?

いや、きっと前厄のせい・・・?

でしょうか?

先月も、指の腱をきってしまいました。

改めて思う、体の一つ一つの大切さ。

できている時は何も思いませんが

いざ、使えなくなるとこうも不便なのか?!と思う毎日です。

しかし、このようなことが起こると必ずその反対に

このぐらい怪我ですんでよかった。

きっと体が注意を促しているのだと

考えます。

心のバランス”力”というか?

フローのおかげというか?!

うまくバランスを取ってくれるので

ありがたいです。

ということで、

小さなことですが

障がい?!を得たことで思い出したのが

学校で習った障がいのうけいれの心理段階

現状は「防衛」でしょうか?

ショック⇒回復への期待⇒悲哀⇒防衛⇒適応

なんか、遠い昔習ったような気がします。

利用者さまも年齢を重ねる中で

昔はできたことができなくなったり、できにくくなったりすることが多くあるのだと思います

その中で

生まれる葛藤

そしてそれを、打ち負かす心の強さ

年齢を重ねることで

わかるそのすごさ。

改めて

その方たちの生活の一部を支援させていただけることに

感謝と誇りを持ちます。

と前書きが長くなってしまいましたが

結論

皆さんも健康には気をつけて

「いい笑顔は

  心身ともにあるところから」

今日も一日踏ん張って参りましょう。







miyamura333 at 06:40|PermalinkComments(0)

2017年06月30日

明日から2017年の後半戦

梅雨に入りようやく梅雨らしい曇り空が続いています。

雨が降らないと、降らないで夏の水不足が心配になり

雨が降ると、ふるで気持ちが萎えるので「嫌だな〜」と考えてしまう

身勝手な宮です。

以前、ほほえみの研修で「フロー」の研修がありました。

このフローというものの考え方。

幾分、宮の支えになってくれていることに気づき始めます。

例えば、今回の”雨が降る”という現象について

気持ちが「嫌だな〜」と感じる。

しかし、実際には雨に嫌だなぁ〜と意味づけしているのは自分自身であり

その意味付けしている自分に気づけること自体が

心をプラスの作用に持っていく力があるのだという考え方

いろいろな考え方がありますが、自分はこの考え方(?)みたいなものがとても合っていて

嫌なことがあると自分の心に対して何が”嫌”何だろう?

と少し”俯瞰”できます。

その嫌な気分に感じているのは誰なんだろう?!

と考えます

そうするとなんだか少しだけすっきりした気分になります。

しかし、現状に何も変わりはありませんが。。。

ですから行動することが大切になるのですが、

そのスイッチみたいなものはフローで押される気はしています。

ということで、宿直明けで少し、眠りが浅かったこともありますが

6月も今日で最終日。

2017年の後半が明日から始まります

2017年の正月に立てた9つの抱負に対して

現状の達成率は1/9ですが・・・

2017/12/31には9/9の100%でいられる自分でいたいと思いますので

後半戦、気を引き締めて

行きたいと思う今日この頃でした。。。



miyamura333 at 07:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月07日

長生きの秘訣

昨日までのきれいな快晴がうそのような

曇り空です

う〜ん

梅雨です

正式、入梅したというニュースを今日聞きました。


と、朝の挨拶を利用者さまとしていると

「入梅(にゅうばい)」だね。と返事が返ってきました

そうです。

梅雨に入る時期という意味で「入梅」

日本には多くの季節をあらわす言葉が存在します。

二十四節気や七十二候などなど

宮や自身が忘れかけている

ことばを利用者さまに教えていただけるのも、介護をさせていただいてよかったと感じる

ひとつです。

ということで、

日々学びの宮です。

そんな今日は入浴のひと時をお送りします。

昨日入浴のお手伝いをさせていただいたのは

今年で105歳を迎えようとしている、○様

ひょんなことから年齢のお話に・・・

誕生日は?と聞くと

大正元年・・・

1912年

第一次世界大戦の開戦前。。。

歴史を感じるお年。。。

そこで長生きの秘訣を聞くと

「そんなのないわぁ〜」と笑顔

嫌いなものは?

「無い」

タバコやお酒は?

「吸わない」

睡眠時間は?

「よく寝る」

なるほど

健康に良いはずです。

そして最後に

「私のころはよく働いたで大変だった」とにんまり。

「よく働き、よく寝て、好き嫌いをしない。」

宮の出した長生きの秘訣でした。

これからも健康で長生きをしていただきたいものです。

おしまい















miyamura333 at 06:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2017年05月28日

環境のちから

徐々に暑くなる季節です

そしてもうすぐ梅雨・・・

じめじめ・・・




なぜだろ?

君と過ごす6月は

雨の日が多い。。。



当たり前ポエムというのが少し流行っていると子どもたちに聞き

宮も少し考えて見ました

いかがでしょうか?

当たり前ぽいっでしょうか?!

まだまだ修行が足りません。

ということで

6月の五月晴れの朝にブログを更新しいている宮です



先日ですが

特養でユニットの勉強会を開催していただきました

施設長ありがとうございます!

その中で

気になったことをひとつ

ずばり!『環境の力を使う』

聞きなれないですが

なるほどと思いました。

ベッドの位置や

玄関の雰囲気

家具の位置などなど

何をもって

その位置に配置されているか?!

例えば

居室のベッドの位置

介護のしやすさ

是も大切ですが

利用者さまに

外の風景を楽しんでいただくため

これも大切

その利用者さまの思いや

スタッフの思いをカタチにした環境になっているかが大切だと改めて感じました。

そして、そんなスタッフの想いを汲み取る人でありたいと思う今日この頃です。









miyamura333 at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月19日

一歩ずつ前へ。。。

すっかり季節は春から、夏になりかけています。

木の芽も一雨ごとに

木々の緑も鮮やかになります。

ということで

久しぶりの、ブログ更新です。

特養での勤務も少しずつなれて

新しいスタッフさんも増え、

新しい考え方

今までの考え方

それぞれの考え方をミックスし

より良い介護サービスの提供を目指すために

課題もありますが

課題に気づけているので

ひとつずつ

一歩ずつ

解決し進んでいきたいと思います。



その中で

力を入れているのが

「排泄」ケアです

人は

食べて

出す

それを繰り返して、生きています。

しかも、毎日。

しかし、その食べて出す

気兼ねなく、自分のペースで

介護施設に入ったから”できない”のではなく

継続できるように、介護士の”力”で支援をさせていただきたいと感じています。


まずは、知識と技術が必要になります。

昨日行われた、ミーティングでも排泄について話しあう時間がありました

それぞれの思いや考え方を聞くことでも”知識”を増やすことが出来ます。

そして、記録の様式を少しずつ変更することで、

入居者さま一人ひとりのタイミングで排泄を支援することも出来ます。

そのように、まずは排泄に力を入れ始めています。

スタッフに合わせるのではなく

入居者さまの時間に合わせる。

まさしく”暮らしの継続”

ユニットケアを行っている意味がここにあると思います。

うまくいくとき

うまくいかないとき

いろいろあるとは思いますが

スタッフと協力しながら

介護の質をあげて

入居者さま。家族さまから

「ここに居れて良かった。」

と安心していただける施設をこれからも仲間と目指して行きたいと思います。





あとがき

3月のぐらいのブログで自転車のお話をさせていただきました

3日坊主かと思いましたが

今のところ

休みのときに

運動がてら、乗っています。

先日は、

愛知県や名古屋市では

庄内川と呼ばれる

源流が

岐阜県にある

「土岐川」

源流のひとつである自宅から

約20km(片道)の

寿老の滝を目指し

走ってきました。。。

正直

後悔をしました。

結構山の中にありました。

そして

自分が

走っている横を

颯爽と走り抜ける

自転車の若者

そして、空腹

「源流」と「運動不足」「空腹」というキーワードが

頭の中をぐるぐると回りつつ

何度やめて引き返そうと思いましたが

また負けず嫌いが発揮され

約1時間30分後

なんとか、滝に着きました。

マイナスイオンを感じつつリフレッシュです。

おかげで気持ちはさっぱり

足は”パンパン”です。

DSC_0273


今度は無理しない場所で練習を繰り返したいと思いました。

おしまい



























miyamura333 at 06:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)