2019年01月20日

今週の出来事。研修。そして、感謝。

久しぶりの雨の日曜日です。

出勤する時には少し霙のような感じでしたが名古屋につくころには雨でした。

乾燥していた日が続いていたので久しぶりの雨も良いものです

ということで、今週の宮は研修に参加をしていました。

ケアマネの更新研修です

今週参加したのは、講義ばかりでしたので聞くことがメインでしたが

やはり、講師になり話すもの大変ですが

8時間話を聞くのも大変ですね

しかし、少し以前の更新研修と比較すると心の持ちようが変わったような気がしています。

5年前は・・・

「早くすぎよ〜」の一言でした

しかし、今回は、倫理や国の施策など今のことをもっと知りたいと思えるようになりました。

もう少し早く気がつけばよかったのですが・・・

過去は取り戻せませんので、今からがんばりたいと思います。

実際の内容は、倫理、地域ケア会議、介護保険法などなど

中でも、倫理には違反しても罰則はありませんが、

今の一部の介護サービスのあり方について

倫理観が欠如しているから、不名誉な介護のニュースがのるのではないかなどかんがえさせられる

話が多くありました。

また、認知症の話も少し出てきました。

認知症を予防するには「カレー」が良いそうです

「カレー」は比較的好きなのでうれしいです。

そして「魚」「海草」「まめ」などの日本人が以前から食べていたものを食べるのが良いなどの話もありました。

介護や認知症も少しずつですが進歩してきています

宮が関わりだしてからの介護についても大きな変化があったのではないかと思います

そうした変化を敏感にキャッチできる感度を常に持っておくことが重要なのだと思いました。

日々是学びでしょうか・・・

学びを多くして、より良いサービス提供につなげていきたいと思う今週でした。

追伸

今週、素直にうれしかったことがありました

寄せ書きを頂きました
DSC_0360

1月〜異動になり

以前所属させていただいていた方からのメッセージです

異動と言っても、それほど離れるわけではないので

そのようなことをしていただけるとは思っていませんでした

皆さんが少しでも宮のことをかんがえて時間を使っていただいた

その想いがうれしく思います

ありがとうございました。















miyamura333 at 08:37|PermalinkComments(0)

2019年01月12日

5年後の未来から今を考えてみる?!

今年も早いもので、1週間が経過しました。

まだ初詣など個人的にいけていない宮です

しかし、先週に引き続き

天体観測?!には縁があるようです

昨日も、ISSが日本の上空を通過するということで

たまたま空を見上げていたら、

見つける事が出来ました。

なんだか不思議ですね

小さな光の中に人がいるわけですよね

そして、もしかしたら、ISSからも地球を見ていたり

地球からもISSを見上げていたり・・・

そのうち、人類も宇宙に気軽に行けるようになるのでしょうか?!

と少し壮大な話をしましたが

今週の宮はといいますと

「5年後から現在を見る」

というのがキーワードだったような気がします

これから5年後というと

40代後半になります

子どもは二十歳近くでしょうか?

何をして、何を考えているのでしょうか?!

そしてほほえみは?向の山は?!

そんなことを考えていると

宮の頭は思考停止をしようとしますが。。。

漠然とお仕事で思うのは

介護士が誇りを持って”介護”や向の山、ほほえみで働いてくれていると

いいなぁ〜と思うことでしょうか?!

そのためには

介護福祉士など資格を取得して

プロ集団になっていると

今よりも、さらに介護士のレベルもあがり

より質の高い介護サービスを提供できるのではないかと思います

そのためには、宮自身も勉強でしょうか?!

先ずは、本を読むことから初めていきたいと思う今週でした。





miyamura333 at 07:30|PermalinkComments(0)

2019年01月05日

本年もどうぞよろしくお願いいたします

本年もどうぞよろしくお願いいたします

ということで2019年が始まりました。

そんな2019年の1月4日の朝

通勤のため、いつものように外に出てふと空を見上げると

天頂より一筋の流れ星・・・

しぶんぎ座流星群なるものらしいです。

あまり星に詳しくないので「自分?儀?座?」とよくわからない漢字に変換をしていました。

そして名古屋についてからもあるく途中で、また一筋・・・

星に願いを・・・ではありませんが

流れ星に3回願い事をすると叶う。と聞いた事がありますが

案外、流れるのが早いですね。

なにか願い事を言う前に流れてしまいました。

叶えたいモノがあるときにはそのぐらい毎日頭に思い浮かべておくことが

重要だということでしょうか?!

しかし、流れ星を見れるとは幸先がよいよいで今年も良い年になりますように・・・

ということで

今年の一文字を考えるきっかけがあったので、

考えてみました。

今年は「見」です。

なぜコノ漢字にしたのか?と申しますと

見直す(過去)。見通す(未来)。見る(現在)。と過去から未来まで表す時に使える

漢字だからです。

ほほえみに入社し10年以上がすぎました。

良い部分・改善が必要な部分。今の宮に出来ることを見つめ直し、未来を見通して日々のより良い介護を提供できるように猪突猛進していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします

そして、今年1年が皆様にとってよりよい1年になりますように・・・











miyamura333 at 07:43|PermalinkComments(0)

2018年12月30日

良いお年を

昨日は「雪」でした

朝起きて外を見たらびっくり出した。

そして本日は「極寒」でした。

当然、車のフロントは「真っ白」

車が動ける状態になるまでしばし・・・

車が動き出してからも

なかなか社内が暖まらず、寒い通勤をおえました。

そんな中でも良いこともあります

本日の「朝焼け」は空気が澄んでいたせいか?!とてもきれいでした。

ということで、家ではキッチン周りの大掃除担当の宮です

先日、2019年の内定者さんたちとともに研修を開催しました。

お題は「内定者さんたちのグランドルール決め」

ということで、はじまった研修・・・

始めのうちは見事な「様子見」です

それもそのはず。

内定者全員で集まるのはコレで2回・・・3回目かな?!

しかし、研修が進んでくるうちに

内定者さんから意見が出てきたりと

最期は時間がぎりぎりながら目的の結論「ルール決め」をする事が出来ました。

しかし、毎年内定者さんたちを見ていると

初々しいといいいますか。

これからの未来がうらやましくなります

宮も負けないように

カッコいい歳の重ね方を目指し日々積み重ねていきたいです



最期に



今回の内定者研修の自己紹介で「今年の一文字」を発表しましたが

宮自身は「支」でした。

本厄真っ最中の宮ですが

いろいろな方に支えられた一年でした

感謝です。

良いことも、悪いことも。

一人”力”では、けしてうまくいかないことでも

今ままで周りにいてくださっている方がいるからこそ。

だと思います

来年は、どんな年になるのでしょうか?!

皆様にとって来年も、良い年になりますように・・・

今年もお世話になりました。

では良いお年を。

おしまい













miyamura333 at 07:28|PermalinkComments(0)

2018年12月23日

今年の抱負(勝手に振り返り編)

今週は、プライベートで少しバタバタ日々を過ごしていました。

いろいろ考えてしまいます

年齢を重ねるということは、よくも悪くもいろいろな経験をすることになるわけで

その経験の一つ一つがもしかしたら今後の自分も経験をするかも知れない内容だと思うと

感慨深いです。

ということで少し重めの始まりですが

宮自身は到って「ぼちぼち」です

今年も本日を入れて8日間

早いものです・・・

ということで勝手に今年の抱負を振り返りたいと思います。

皆さんは、2018年の元日に立てた目標(抱負)を覚えていますか?

宮は毎年忘れてしまうので、PC上に付箋で見えるところに貼り付けています。

そんな宮の抱負は9個ありました

9個中達成したのは・・・

6個。

6割ちょっとの達成です

野球なら、すごい打率です。

学生の時のテストなら、赤点は逃れた感じでしょうか・・・

なかなか、目標を達成するというのは難しいものですね。

しかし今回の仕事上の目標についてスタッフのことについても何個か目標があったのですが

何とか達成をすることが出来ていたので

少しは宮が目指す働きやすい職場に近づいたのではないかと思います。

介護はやはり”人(スタッフ)”あってのお仕事です。

いくら上の人が偉くても

良いサービスは提供できません

一人ひとりが”幸せ”と感じれる豊かな心で2019年を向かえ

来年こそは目指せ目標達成率100%

その前に、今年を振り返り。。。

2019年の抱負を考えなくては・・・







miyamura333 at 07:55|PermalinkComments(0)

2018年12月08日

社用車+休日+洗車=もはや趣味?!

12月になり冬本番かと思いきや

暖かい気候になったりと、体が少しついていかない気がしています。

しかし、暖かい休日を利用し、社用車の大掃除をしました。

少し早いですが・・・

毎日100km以上一緒に走る社用車。

DSC_0340

愛着もあります。しかし、距離を走るので、お疲れの時もあります

日ごろの感謝を込めて丁寧に・・・

先ずは、ボディーについたほこりなど余分な汚れを泡洗浄。

ポイントは「泡」ですね。そしてたっぷりの水。

DSC_0341

顔を洗う時などもよく泡で汚れを・・・と聞きますが、

車も一緒。

その次は、粘土クリーナー。

車体に刺さった、小さな鉄粉などをとり、

車体をより滑らかに。

車体の下地が整ったら、ワックスです。

今回はガラス系のコーティング剤を使用しました。

洗車が好きな方は、流水系か親水系など言えばピンとくるかも知れませんが

今回のは、流水系のものを使用しています。

ということで、ここまで1時間半。

洗車は好きなので何の苦労もしていませんが、

ご近所さんからは「あまり洗いすぎると車が白くなるよ。」

とご近所トークもしながら、社用車の洗車を行いました。

いかがでしょうか?

少しは、ボディーの映り込みがきれいになったでしょうか?!

DSC_0342

社用車に感謝しながら大掃除をした一日でした。

おしまい






miyamura333 at 07:24|PermalinkComments(1)

2018年12月02日

12月になりました。

12月になりました。

早いです。

今年の冬はいつもよりも暖かいように言われていますが

宮の地元では、やはり、朝出勤しようと思い、車に乗り込むと

フロントガラスに霜が降りて、真っ白です。

風邪など引かないように体調管理をしながらブログを書いています。

みなさまもご自愛くださいね。

昨日は以前、一緒に働かしていただいていた仲間の結婚式に参加をさせていただきました。

久しぶりにお会いする、仲間はみなそれぞれがんばっているようです。

そして、主役のお二人はとても幸せそうでした。

別々の道を選び、5〜6年が経過。

現在の仕事でも大変な事があるようです

しかし、その中でもがんばっている姿を聞くと宮もがんばらないと。。。と思います。

このような人生の節目の行事に参加をさせていただくと

介護をさせて頂く中で

多くの利用者さまの人生の一部に関わらさせてただくので感慨深いものがあります。

あたりまえですが

現在の利用者さまは80代〜上は100歳オーバーまで

昔から、歳を取っていたわけではないわけで

子どものころも合ったり、

若いときも、子育てや仕事に没頭した時期もあったわけですよね。

そういういろいろな経験を積み重ね今の自分がいるわけです。

尊敬の念を持ちつつ、人生を一部分を支えながら日々の仕事をしたいと思う

今日この頃です。







miyamura333 at 06:23|PermalinkComments(0)

2018年11月18日

ほほえみ旅行 久しぶりの同行

11月に入り、朝晩がすっかり寒くなってきました。

少し早いですが、車のタイヤをせっせとスタットレスタイヤに履き替えました。

3台分ですが年々、タイヤを交換するのが大変になるのは歳のせい?!でしょうか?

しかし、大好きな車のためにもタイヤ交換は安全に交換をしていきたいと思います。

ということで、先週になりますがほほえみの旅行に参加をさせていただきました。

当日は、日ごろの行いの賜物?で見事よい天気になりました。

出発時刻になり、いざ出発と車に乗り込んだ時に、利用者さまから、「トイレ・・・」と一言。

トイレのため再度、車を降りてトイレに行くということもありましたが、

あせっても楽しい旅行が台無しのためあせらず、スタートをしました。

車内では童謡や、日ごろの話題などにぎやかに過ごさせて頂きました。

また、ホテルについてからは、温泉や宴会・・・とあっというまに1日目がすぎました。

夜は利用者さまと一緒のお部屋に泊まらせていただき、一緒に就寝。

施設ではなかなかない体験です。

しかし、これも旅行の楽しみの一つだと思います。



2日目もこれまた良い天気で。。。

さかな広場・デンパークと同行させていただきました。

2日間という長いようで短い旅行。

ご家族さまと一緒に過ごさせていただくことで

以前の若いころの様子などなど

伺いえたりと日ごろはゆっくりお話をすることが出来ないことを話をさせていただきました。

入居者さまのご家族からも「この歳になり、旅行に行く事が出来るとは思わなかった」や

「実は親と旅行に行くのは初めて」などなどお言葉を頂き、

このような機会をいただけたことに感謝です。

介護を必要としても、以前と同じような暮らしや、生活の中での選択をする

自由の幅が広がるように支援をさせていただきたいと思う宮でした。

おしまい

DSC_0336

miyamura333 at 07:02|PermalinkComments(0)

2018年10月28日

1912

こんばんわ。夜勤中の宮です。

10月の後半に入り、だいぶ、朝晩ひんやりしてきました。

秋の深まりと、冬に近づくことでお鍋やおでんが恋しい季節になってきました。

夜勤に入る前に、ふと家族でおでんの話題になりました

おでんはおかずになるのか?

小さいころからおでんをご飯のおかずとして食べるのが苦手?!下手?!な感じがある宮は

おかずにはならないと主張

女性人は、立派なおかずと主張。

男性はやはり味が濃いほうがよいのでしょうか?

そんなことを漠然と思いながらおでんの話をしている宮です。

さてさて、話は変わりますが今日はwさまの誕生日です。

大正元年生まれ

最近、食事量が少なく看護師さんたちも心配気味でした

しかし、今日の誕生日ケーキは”ぺろっり”と食べたうれしそうに看護師さんからお話を伺いました。

やはり甘いものはお好きなのでしょう。

すでに亡くなった宮のじーさんもいつも言っていました。

戦前生まれの人にとって砂糖はぜいたく品だと。

そしてうちのじーさんはコーヒーにスティックシュガーを3本以上入れて飲んでいたのを思い出します。

そんな大正元年というと1912年

第一次世界大戦前です

すでに歴史を感じます

サラエボ事件やロシア・ソビエト連邦が出来る前に生まれたわけですよね

なんだか歴史の重みを感じます。

ご本人様に今朝「おめでとうございます」とお伝えをするとありがとう。

と笑顔を見せてくださいました。

一日でも長く、そして笑顔で過ごせるように支援をさせていただきたいと思う宮でした。





miyamura333 at 22:30|PermalinkComments(1)

2018年10月20日

旅行

10月に入り、またひとつ年齢を重ねました。

誕生日には幾人かの方にお祝いのメールや言葉を頂きました。

他の人の誕生日のことを覚えていただけること自体、ありがたいことだと感じています。

また、そんなほかの人の誕生日をお祝いできる心を持っている方は心が豊かなのだと思います。



そんなことを考えつつ、

仕事をいつもどおり進めております。

最近の関心のひとつに「旅行」があります。

旅行といってもプライベートのものではなく

利用者さまのものです

ほほえみではいくつかの施設が旅行を企画しています。

そんな旅行について

参加申し込みを頂いた、ご家族さまとお話をさせて頂く機会を頂きました。

ご家族さまからは、案内を頂いた時には

「正直行く気がなかった。というよりあきらめていた。」と第一声からはじまりました。

本人も高齢だし、介護度は高いし、家族には迷惑をかけたくないし・・・

認知症と診断された時には、予後は8年ぐらいと。。。先生から言われた。

認知症と診断され8年以上

たぶん、旅行に生きている間に行く機会はこの先ないと想っていました。

とのこと。

そんな時にあるスタッフから声をかけていただいた。

だから今は行こうと考えています。

介護のする家族の想いの深さを介護士と改めて感じました。

ひとつのイベントではなく

思いつきでもなく

行く事ができてよかった。

といっていただけるように日々行動していかないといけないなと感じた

今週でした。

DSC_0334


miyamura333 at 06:16|PermalinkComments(0)

2018年10月13日

今週の宮

1週間が経過するのは早いですね。

今週は休みがあったので

久しぶりに、社用車のアクアを洗車しました!

久しぶりといえば

最近、洗車後のワックスを液体のふき取り不要のものを使っていましたが

シュアラスターの固形ワックスがあったので固形ワックスでワックスがけをしました。

十分な泡で車体を洗い、粘土で車体の鉄粉を取り除き、ワックスがけ・・・

車体が小さいとはいえ、1時間強・・・

さすがに疲れました・・・

しかし、シュアラスターの天然のカウナバロウの甘い香りと固形ワックス後の深みのある艶。

やっぱりよいです。

最近は、洗車をしなくても5年間キープなど技術の進歩もありますが

昔からのもののよさもありますね

今度は宮の愛車もきれいしにしたいと思います。

ということで少々前置きが長くなりましたが、

今週の宮は研修に参加をさせていただきました。

研修の中で宮が考えていたこと

それは。。。「自分の天気を持つ」ということ。

宮の心の中はいつも穏やかにいることを心がけています。

なぜか?

小さい時からあわてると必ず、失敗するから・・・

そういう意味では起用なほうではありません。

自分の天気を持つというのは自分なりにいうと

外的な刺激が起きたときに、それに反応し、自分の心が自動的?によくなったり、

悪くなったりしないことです。

例えば、雨が降るという刺激に、宮は「いやだな〜」と自動的に感情が流れます。

しかし、実際は雨という刺激は「嫌」という感情とは一致しておらず、

勝手に宮の心が揺れ動いているだけないんですよね。

ですから、その揺れ動いている心に気がついて

自分の気持ち(心)を選択しようとしています。

介護というお仕事をさせていただくと

どうしても思うように行かないことがあります。

そんな時に、このことを思い出してみると

なんとなく心にゆとりが生まれて表情も穏やか?になります。

いつも出来るわけではありませんが

出来るだけいつも穏やかに入れるように

日々修行?と思い自分の天気を持つようにしています。

あとがき

しかし、最近は雨の日もよいと思うこともあります。天気は自分では決めれません。

受け入れて、それを楽しむことも出来るのも人の心だと思います。

そんな豊かな人になれると介護をする人も、介護をされる人も幸せなのではないかと思います。





miyamura333 at 22:01|PermalinkComments(0)

2018年10月06日

10月です。早いです。。。

あっという間に10月です

朝は少しずつ過ごしやすく

そして、朝の訪れがだんだん遅くなり始めています。

今朝の朝方に浮かぶ三日月(?)はとてもきれいに見えました。

空気がそれほど澄んでいたのだと思います。

先週もうれしい報告がありましたが

今週もまた、うれしい便りが届きました。

一緒に働いていた仲間からの結婚の報告です。

招待状を見ながらうれしそうにしていると

末っ子が横にきて

「こうたげ」ってなに?

と聞いてきました。

「こうたげ?」=小宴

日本語は難しいですね

「ショウエン」って読むの・・・と教えましたが

たぶん宮の家では「こうたげ」が流行るような気がしています。

と幸せをおすそ分けしていただいている宮ですが

人の立場にたって考えることの難しさを感じた1週間でした。

考えようと日ごろからしていますが

実際は人の気持ちや立場に本当になることはできず

しらず知らずに人の気持ちを無にしてしまったり

悲しませたり。。。

なかなかうまくいきません。

しかし、考えないよりかは考えたほうがよいですね

少なくとも考えない自分より

考えることの出来る自分のほうがいいような気がしますので

日々学びと思い今日も一日笑顔がひとつでも増えるようにがんばりたいと思う朝でした〜







miyamura333 at 06:19|PermalinkComments(0)

2018年09月30日

最期を思い浮かべ、それのために今の選択を考える。

最近、きんもくせいの香りがどこからとも無く、香ることで

秋を感じる宮です。

今朝は、台風の影響で雨かと思っていました。

しかし、雨は現状降っておらず

雲の切れ間から青空(?)もみえていました。

嵐の前の静けさというのでしょうか?!

そんな静けさの中で考えていることは

「最期を思い描く」ことです。

何を始めるにも、やむ雲に初めては効果的でもありませんし

何より、思い描くものにつながらないかも知れませんね。


先日、一緒に昔働いていた仲間からうれしい報告を頂きました。

なりたい夢があり、一緒には働くことが出来なくなりましたが

先日のその仕事につくための試験に受かったと報告を頂きました。

それにもうひとつのうれしい報告もありましたし。

自分ごとのようにうれしく感じました

最近、自分の中でそういった目標ではないですが

夢みたいなものを思わなくなりました。

そのため、少しその仲間がうらやましくもあります。


しかし、なんにしても、がんばった成果が報われたのだと思います。

そんながんばっている仲間に負けないように

今日もひとつでも多くの笑顔を引き出せるように

がんばっていきたいと思います。







miyamura333 at 06:08|PermalinkComments(0)

2018年09月23日

自分の性格は自分でしかなおすことが出来ない?!

雨もひと段落したのか

さわやかな朝を迎えています。

通勤時には霧がすごかったですが、

今はすっかりそのようなことはないようです。

宮の好きな季節が巡ってきました。

もうすぐ中秋の名月です。

世間では、数年後にはどこかの社長がさんが月まで行くと話題になっていました。

月まで行ったらどのような気持ちになるのでしょうかね?

そんなことをぼんやりと考えている宮です。

さて本日のお題は「頑固さ」です。

最近年齢のせいか、素直さよりも頑固だと思うことが増えてきました。

昨日も、整理の仕方で娘と言い争いをしてしまい反省です。

仕事においても、ついついスタッフの意見や利用者さまの意見で

自分と違う意見が出ると

どうやって納得してもらおうか?!

と言いくるめる?!方法を考えてしまいます。

これでは「共感」はほど遠いですね

秋も近いので

少し気分転換に星を見にドライブでもして

自分自身を見つめなおす時間を取ることもよいかも知れないと思う

宮でした〜。

miyamura333 at 06:22|PermalinkComments(0)

2018年09月16日

「後悔」とは自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。

9月に入り雨の日が多い今日この頃です

秋雨前線の影響なのか?わかりませんが

やはりあまり雨の日は好きではありません。

いつ頃からでしょうか?

雨が好きではなくなったのは?

きっと周りの影響と自分の経験によって作られた宮の物事の見方が

雨=嫌なものという印象を創り上げたのでしょう。

そして子どもたちの運動会も順延になり

見に行くことが出来ずまた、少し雨が嫌いになったかも知れません。

ということで、

今日のお題は「後悔」です

(前フリとぜんぜん違いすみません。)

介護(という仕事)をさせて頂く中で

いくつもの後悔をしてきました。

一番大きな後悔をするのは

利用者さまが亡くなられたときです

介護させていただき、もう少しよいサービスを提供出来たのでは?

もっと笑顔を引き出すことが出来たら・・・

もっと・・・

と後悔は大きく付きまといます

カッコをつけるならば

後悔をした分、次は同じ後悔をしないようにより良いサービスを提供しようといえるのですが、

失ったものをかえることは出来ません。

介護士にとって利用者さまは何人もの一人です

しかし、ご家族さまにとってはかけがえのないお父様やお母様です。

そのように考えていくこと

今、宮が携わっている「介護」というお仕事の意味や責務の大きさに正直つぶされそうになります。

介護を通して少しでもご家族さまと利用者様が笑顔で過ごせる時間を増やすことができる

お手伝いをさせていただければ幸いかと思います。

宮だけの力は微力ですが

仲間が同じ想いを感じてくれていれば、今日という毎日が少しは豊かなものとなると思う

秋の雨上がりの朝でした。






miyamura333 at 06:31|PermalinkComments(0)

2018年09月09日

ひとこと

おはようございます

日曜日の朝です

昨日は幸せなひと時を過ごさせていただき、

とても豊かな一日でした。

今週を振り返ると

いいことも悩むことも多くありました。

新聞の社説には

暗い闇があるから、明るい事を幸せに感じることが出来る。暗闇が無ければ明るさは幸せには感じないだろう・・・

みたいな事が書いてあり

悩みがあるから、いいことに気がつけるのかも知れないと思いつつ

平坦な道が好きな宮は

出来るだけ、悩みが無いほうがいいと思う今日のこの頃です

あくまで人生の話です

ドライブはワインディングな道も好きです。。。













miyamura333 at 06:19|PermalinkComments(0)

2018年08月26日

20代も80代も悩みは変わらない?!

夜な夜な、耳を澄ましていると秋の虫の音が聞こえてきます

日の出もだんだん遅くなり、季節の変化を感じています

「平成最期の夏」というキーワードをテレビなどで何度か聞きますが

本当に「平成」という時代が終わると思うと

少し寂しい気持ちになる宮です

そんな宮ですが

最期をどのように過ごしたいかで

普段の行動が変わることが出来る人がいればそれはすごいことだと思います

以前、子ども友人が高校進学の時に

自分は将来は「カフェ」を開きたいから高校は「商業系」の高校に進学した

という話を耳にしました

夢があるから今はこういう判断をしようと考え行動する

これってなかなか出来そうで出来ないものだと思います

介護もそうです

こういう雰囲気の施設にしたい。と漠然と思っていても

なかなか日々の介護の中でも

判断することは自分の考えと違うほうへいってしまったり・・・

以前、テレビで80代でも20代でもそんなに悩んでいることは変わらないと80台の方が話していました。

幾分、年を重ねたので、些細なことでは驚かないようにはなりましたが、

案外、悩んでいることは

働き出した時と今も変わっていないのかも?!と

思う朝でした〜。

miyamura333 at 06:22|PermalinkComments(0)

2018年08月18日

「接遇」について考えてみました

お盆をすぎたあたりからでしょうか?

幾分朝晩が秋めいてきたように感じます

過ごしやすい時期になったのはすごくありがたいです

しかし、こういう季節の変わり目は

体調を崩しやすいので気をつけていきたいと思う宮です



ということで、今回の宮は、前振りとまったくの関係の無いお題、「接遇」です

接遇を辞書で引くと「もてなすこと」とかいてありました

「お・も・て・な・し」

ほほえみでは「行動指針」に「相手の立場に立って考え、行動すること」とあります

相手がしてほしいだろうな?と考えをめぐらせそれを行動する。

例えば、玄関に入てきたお客様に「いらっしゃいませ」と笑顔でおでむかえする。

それには「ようこそきてくださいました、どうぞゆっくりしていってください。」という意味が

含まれていると感じます。

そしてそれは

形だけでは伝わらない。

むしろ、形だけの接遇は「やらされ感」でのイメージが見え隠れするため、

悪影響を及ぼすかもしれない。

では、私たちが本当にしなくてはならない接遇は・・・?

理念にある、幸せを感じていただけるような「接遇」を目指すのだと思います。

心地よい環境をお客様に提供できれば

住んでいる入居者さまにとっても、よい環境といえるのではないかと思う。

来客者への接遇はほぼほぼで入居者さまへの接遇はしっかりやる。

というのはこのように考えると基本的にうまくいかないのだと思う。

やらされ感ではなく

やりたいと思える

お出迎え。(接遇)

ここに来てよかったと思える接遇を目指し、日々を過ごすことで

サービスの質の向上が目指せるのではないかと思う

スタッフにも

今一度「あなたにとっての接遇」とは何かを話してみたいと思う宮でした〜

おしまい












miyamura333 at 06:19|PermalinkComments(0)

2018年08月12日

感想文はもうお済ですか?

夏真っ盛り。

ということで

通勤とお盆の帰省ラッシュがかぶさり

通勤時間が2倍になっている宮です

帰省ラッシュであろう車には

たくさんのお土産らしきものが時折車内に見れて

なんとも懐かしいというかほっこりした気持ちになります。

特養では夏祭りも終わり

入居者さまと甲子園を観ながらのんびりと夏を感じています

そんな夏を感じる特養での宮の今回のテーマは・・・

ずばり「感想文」です

夏の宿題・・・

8/31・・・

あまり良いイメージが沸きませんが

最近、ほほえみではよく感想文を書いています

子どもたちには

なんで大人になっても感想文を書くの?

とか

給与がもらえるの?!とか

至極まっとうな質問を投げられるつつあるも書いています

あまり、読書をする習慣のない宮にとっては良い機会でもありますが

つい難しい文章だと睡魔が来るときもあります

しかし、感想文を書き

他のスタッフの感想文を拝見すると

同じ、文章を読んでいても

違う価値観で捉えてかかれるので

勉強になります

価値観が違うから

分かり合えにくいこともありますが

違うからこそ

自分では想像もしなかった学びもあります

本を読むことも

文章を書くことも

子どもたちの質問に答えることも

ほかの方の感想文を読むことも

日々勉強だらけです

その学びを少しでも介護の現場に活かすことが出来たらよいかな?

とぼんやり思う朝でした。











miyamura333 at 06:10|PermalinkComments(0)

2018年07月24日

「つまむ」ではなく「支える」

毎日暑い日が続いています

毎日の挨拶が「暑いですね〜」からはじまるお決まりのパターンになりつつあります

そんな暑い日にスタッフと話をしていて

思い出した事があります

それは介護は「つまむ」ではなく「支える」で行う。

何の話か?!

”ピン”と来た方は身体介助を多く携わっている方かと思います。

そう、介護で利用者さまの身体の介助をさせていただくときに、

介助者側が、どのように利用者さまの腕や足に触れるか?という時のお話です。

「つまむ」介助をしている人は、上から”つまむ”わけですね。

そうすると、どうしても介助者側は握力を入れます。

つまり、利用者さまからすると、つままれているので、”痛い”かも知れません

しかし、「支える」だと下から腕や足を「支える」ので痛みが幾分軽減されます

何より、介助者の”あり方”がそこに出ているのかも知れません。

上から見ているのか、下から見ているのか?

そんなことをスタッフと話をしていると

自分の介助はどうだっただろう?と見直してみる良い機会をもらえたような気がしました。

初心を忘れず、原点の介護の技術を磨いて、利用者さまの立場にたった介助をしていきたいと

思う今日この頃です。

お・し・ま・い。





miyamura333 at 06:30|PermalinkComments(1)

2018年07月15日

リア充=幸せ?!

熱いです

熱帯夜です

寝れないです

ということでおはようございます

宮です

今朝も4:00には目が覚めてしまいました。

窓の外を見ると空が白々しく明るくなってきているのを見ると

今日も暑くなるのか心配です

話は違いますが・・

最近「幸せ」や「充実」などの文字がやたらと気になります

先日お話の中で「幸せを感じる時」は「欲求が満たされた時」

という解釈があることを聞きました

そこでおもったのが

ふっとした習慣に幸せだと感じる

例えば、家族で何気なく夕食を食べながら会話をしているみたいな・・・瞬間は

そこに家族との親和欲求があったのかと考えることも出来ます。

そこで子どもたちに、「幸せ」や「充実」って何?

と聞いていました

「リア充」との一言

さすが若者・・・

答えになっているかどうかはさておき

なかなか言葉や頭で説明するのは難しいことはわかりました

そしてもうひとつわかったのが

幸せだと先ずは自分が感じることの出来る人のほうが

他の人と関わる時に幸せだと感じやすいということです

逆に言うと

自分が幸せだと感じにくいと

ほかの人といても幸せには成れないのかも知れません

小さな幸せを感じることの出来る介護士になりたいと思う宮でした。



miyamura333 at 06:24|PermalinkComments(1)

2018年07月07日

何気ないことに気がつく介護士

今日も雨でした

昨日は帰り道で5件の事故がおきていました

雨の日は視界が悪く路面も悪いので事故が起こりやすいので

スピードは”控えめ”に、心には”ゆとり”をもって運転したいものです。

ということで、今週?のうれしかったことを自然体に書いていきたいと思います。

うちの職員さんが、ユニットケアのリーダー研修に行ってきました。

その中でどのような”気づき”のお土産あるのか楽しみでした。

まだゆっくりとは話が出来ていませんが、

帰ってきた後に、「居室のドア」があいているのはどうなんでしょうか?と

質問してくれました。

何気ない質問ですが

宮にとっては”まさに”にピンポイントの質問です。

居室のドアというのはプライバシーです。

そのプライバシーに対して、スタッフは往々にして「危ないから」や「効率的だから」などに理由に

居室のドアを開けている事があります

しかし、自分だったらどうでしょうか?

自分が家にいても自分の部屋のドアは開けておかない気がします

宮にとって自宅や自分たちにとって、当たり前の事が

介護施設などで働くことで”慣れ”によりそういう感性が鈍くなるのが怖いのです

ですから

今回、質問をしてくれた職員さんがとても新鮮でうれしく感じました

何気ないことに気がつけるスタッフさんはやはり大切です。

何気ないことに気がつけるスタッフになりたいと思います。



miyamura333 at 06:27|PermalinkComments(0)

2018年07月01日

平成最期の6月も過ぎ去り・・・2018年勝手に振り返り

関東のほうではすでに梅雨明け

そして

沖縄のほうでは台風と

季節の移り代わりに体のほうが大忙しです。

さて、本日の宮は夜勤真っ最中です。

とっても、今日は静かな夜を迎えています。

今のところ・・・。

平成最期の6月も過ぎ去ってしまいました。

ということで2018年勝手に半年間を振り返ります

今年立てた目標(抱負)

皆さんは覚えているでしょうか?!

宮は覚えていません!!(威張ることではりませんが・・・)

ですからメモをしています。

9個の抱負を立案しました

今のところ3/9は目標を達成しています。

しかし、6個はまだ未達成

これではいけません。

一度決めたことは・・・

なかなか継続できませんが

40をすぎ、大人の男性を目指す宮としては

自分の発言に責任を持つことのできる大人になれるよう

がんばりたいと思う夜でした〜

追伸

夕焼けが今日はきれいに見えていたので、

ユニットの窓を開けてみると、おもむろに

入居者さまが窓辺にある椅子のところに・・・

なんだか昔こんなような風景を見たような気が・・・

20代のころに働いていた施設でのことを少しだけ思い出しました

あのころより少しは成長したかな?!
DE5EF206-596B-4089-BCDB-57B11B937D0D

















miyamura333 at 23:03|PermalinkComments(0)

2018年06月25日

何気ない朝

梅雨の一休みというところでしょうか?!

すがすがしい朝を本日は迎えています。

そんな朝に宮の子どもは修学旅行に旅たちました。

朝からばたばたとして

自分の息子ながら

どうして、もう少し早くに準備をしておかないのか?!と思いながらも

こうして、親元を離れていくのかと思うと感慨深いものがあります。

そして

昨日、何かを見ていてたときに

子どもは親を見て育つ。

親ができていないところを子どもはよくみている。

ということを話していました。

確かに、準備については宮自身も

親に怒られた記憶があります。

「どうしてもっと早く準備しておかないの」っと

まぁ、楽しく、元気に旅行を過ごしてくれればよいと思う何気ない朝の始まりです。

宮も少しだけ早くフロアに入り、

朝の雰囲気を利用者さまと一緒にのんびりと過ごしたいと思います。









miyamura333 at 06:24|PermalinkComments(0)

2018年06月19日

ガソリンスタンド+クワガタ=心意気

社用車をお借りして早2年半

通勤の相棒である

トヨタのアクアですが

宮村に乗り継ぎ、走行距離が11万キロを突破しました。

そういって見ればトヨタのル・マン24時間レースの優勝すごいですね。

日本車の優勝はマツダ以来の快挙。

20年以上継続して優勝されたトヨタさんは本当にすごいと思います。

少し話がズレましたが・・・

本題へ(?)

地球を2周は軽くしている距離です。

よく走ってくれています

特に不調もなく

今日も軽快に走ってくれるアクアに感謝です

そのアクアと先日通勤途中の給油のためいつものガソリンスタンドへ

いつものお兄さんとあいさつをしていると

お兄さんから「クワガタいらない?!」との申し出。

どうも、そのお兄さん宮が時々家族でも給油をしているのを見ていて

子どもがいることを把握していた様子

ということで

24時間のガソリンスタンドだと今ぐらいに

クワガタが出始め運が良いととれるそうです

そして、それをつかまえ

子どものいる家にプレゼントというわけです

プレゼントも嬉しいですが

何気なく家族のことを想って行動をしてくれるその心意気が素敵です

サービスや業種は違いますが

そういう心意気のサービスを介護でもしていきたいと思う宮でした
DSC_0320

おしまい





miyamura333 at 06:28|PermalinkComments(1)

2018年06月11日

梅雨の朝に・・・

おはようございます

雨降り?曇り?の朝です

東海地方も梅雨に入りじめじめした日が続くのが嫌な感じです

しかし、考え方を変えると乾燥していなくて良いとも思えます。

ということで、物事すべて自分の目を通してみている。

つまり自分の目という価値観を通してみていることにもなります。

宮は先日母親と話す機会がありました。

その時何度も言われた一言を言われたのを思い出します

「人に迷惑をかけたらいかんよ。自分がされたら、嫌なことはしてはしかん。」

小さなことから何度も言われ続けました

出来るだけ相手のことを考えて行動をするように心がけるようには思っています。

うまくいかないときもありますが・・・

自分の価値観を通すとどうしても、自分の判断基準になります。

主語が自分になるわけです

しかし、相手を主語にすると

「相手はどう思っているのだろう?」と考えるので

必然的に自分を主語にしなくても済む

きっと母親は、相手に思いやりをもちなさい。ということを伝えたかったのかも知れません

価値観はなかなか年を重ねると取る事はできません。

取り去る必要があるかもわかりません

しかし、相手を思いやる気持ちは大切だと介護をさせて頂く中で思います。

うまくいくときも、うまくいかなときも

相手を思いやり、考えて行動する

そんなことを思う、梅雨の朝でした〜

DSC_0316




miyamura333 at 06:04|PermalinkComments(2)

2018年05月24日

夜勤中の”ちょっと”したお話

おはようございます。

雨上がりの朝です

雨上がりの朝はいつも霧が出ています。

ひどい時には、前が見えず、車の運転もより安全になります。

そんな霧や雲の合間から見えるきれいな青空を見ていると

なんだか、気分がそれだけで気持ちよくなります。

さてさて、最近は夜勤続きだったので夜の介護を少し考えてみました

普段は、自分のことはおおむね自分で出来る利用者さまのAさま。

なぜか、0時に起きてこられ、宮に「コーヒー牛乳が飲みたい」との事

そういうこともあるだろうと、コーヒー牛乳をお渡しすると

「ありがとう」と居室に持って行きます。

その5分後再度宮のところを訪れ

Aさま「娘にもやりたいから・・・コーヒーをもらえますか?」

宮「・・・娘?!」

娘様はここにはいないのです。

そして

宮は少し考え提供してみることにしました。

介護士として考えるのは・・・

もしかして2杯目がほしいのかな?

認知症の進行かな?

もし2杯目を提供して、ご自身で飲んだら飲みすぎかな?!

しかし、提供しない。という選択肢を投げ方らどういう風に返答されるかな?

娘がいないことを伝えようか?悲しむかな?!

それとも娘は寝ているという設定にしようか?

などなど

いろいろな想像?ストーリーを考えました。

その結果、提供することにしたのです。

提供してみると、

居室に飲み物を持って行き

そのままテーブルの上に。

しばらく、座っていましたが

10分程度したら寝ていました。

飲み物は飲まれませんでした。

その後、こそっと飲み物は下げさせていただきました。

もし、あの時に、娘様がいないことを伝えたら「こだわり」が強くなっていたかも知れません

そして、今回はうまく?いったほうだったような気がします。

介護をしていると、このような、ちょっとした選択の場面がやってきます。

その人の世界に寄り添う

しかし、急にその人の世界に入るので

どれが正解かはスタッフはわかりません。

しかし、出来ることなら安心した表情で寝ていただける環境を

夜勤の時にはつくりたいと思う今日この頃です










miyamura333 at 06:22|PermalinkComments(0)

2018年05月10日

レクとは何か?自分なりに考えてみました。

雨上がりの次の日の朝はなんだか

ひんやりしています。

なのに、我が家にはすでに一匹の「蚊」が・・・

なんともいえない羽音で起こされた宮です。

そんな宮は、昨日は健康診断でした。

相変わらず血圧高めです。

どうしても看護師さんに血圧を図っていただくと”緊張”して高くなります。

何をされるわけでもないのですが・・・

苦手です。

そして健康診断のアンケート項目で困るのが

運動習慣をつけたいと思いますか?

の質問。

つけたいと思うが

今まで、○をつけて運動習慣がついた記憶が無い。

ぼちぼち、健康も気になるお年頃なので

楽しみながら運動をしていきたいと思う今日この頃です

ということで

今回は最近宮の中で考えていることのひとつ

”レクリエーション”

たしか学校で習ったのは

レ=Re(復権・もどす)+ クリエーション=創造

直訳すると創造を復権すると成りますが、元気を回復するための余暇活動や休息などのこととならったような気がします。

遠い記憶ですが・・・。

つまり、元気を回復するもの=自分の楽しみならばレクになるということ。

どうしても、”レク”と考えると難しく介護士としては、楽しんで頂かないと。や全員に。といった概念がつきます。

確かに大切な要素ですし、人を楽しませるワーカーさんはプロとしてすばらしいです。

しかし、今回は取っ掛かりとして

考えているのは、

利用者さまのなじみを考えたレクも大切だということです

例えば、5月のなじみ?!を考えてみると

菖蒲湯などはなじみなのかも知れません。

そういう利用者さまにとってのなじみは、安心材料にもなるので

きっと話も弾み、元気を取り戻すきっかけにもなるかも知れません

そんなレクも今後も取り入れていきたいと思う宮でした。




miyamura333 at 06:47|PermalinkComments(1)

2018年04月27日

なんだか今日は・・・

今日は一日だめだった〜っと思う日もあれば

今日はなんだかついていたなぁ〜と思う日もあります。

なんだか、今日はついているほうです

仕事が詰まっており、体力的には厳しい今週

でしたかが、今日はパートさんが急遽出てくれることになり、事務仕事が少し出来ました。

本当にありがたいです。

そして、プライベートでも以前の職場のスタッフさんから結婚式のお誘い。

本当にありがたいです。

このように人付き合いがあまり得意ではない宮にそのようなお誘いをいただけるとは・・・幸せなことです。

今年の秋にも冬にも楽しみが増えました。

ということで

周りの人にいつも支えられている宮です

本当に周りには感謝です。

特養のリーダーさんは宮のシフトをみて無理があると、「変わりますよ」と声をかけてくれます

なんだかそういうときって、がんばれるんですよね。不思議と。。。

がんばっている人が傍にいるだけでがんばれるときってありませんか?!

ですから、宮もそんな一人になれるといいです

そして、それも「お互いさま」

悪い事があっても、「お互いさま」

自分だけが悪いわけでも、

相手だけが悪いわけでもない。

お互いがお互いのことを思いやれたら

幸せな感じになりそうです。










miyamura333 at 22:50|PermalinkComments(0)

2018年04月21日

生活の匂い

昨日も暑かったですが

本日も暑くなりそうです。

春?初夏?といった季節の移ろいを感じる今日この頃です

先日の休みに、家のテーブルをきれいにしてみました

子どもたちが小さいころから使っていたので

だいぶ汚れたのを機に塗り替えを行ってみました。

汚れていたニスなどラッカー剤をはがし、ヤスリをかけて、またニスを塗ってとほぼ1日かかりましたが

何とか1日で終わりました。

深い傷は残りましたが、そこそこきれいに出来たのではないとい思います

とここまではよかったのですが

ニスの臭いが部屋中に残ってしまい

子どもたちから「臭い、臭い」のブーイングでした。

1日たてば収まるのですが・・・

とりあえず、窓を開け換気

夜近くの夕方の風を受けて子どもが

「夜の匂いがする」といっていました

夜の匂い・・・忘れていた感覚です

介護もそうですが

夜の匂い、ご飯を炊く匂い、お風呂の匂いなど生活にはいろいろな匂いがあります。

そんな匂いは、脳の記憶の部分と深いつながり?があると聞いた事があります。

そのような匂いなどの5感を大切にした介護をもう一度見直そうと思います。



miyamura333 at 06:31|PermalinkComments(0)